連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第6回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第6回

優人とのセックスを終えて、明子は悶々としていた。

禁断の関係。何しろ、娘の彼氏と関係を結んでしまったのである。

(あぁ。私、なんてこと……)

考えても仕方ない。

ただ、あの快感が忘れられずにいた……。

(身体が、うずうずするわ……)

自宅のリヴィングで一人、彼女は物思いに耽る。

徐に、手を下半身に向けていく。

(こんなことしちゃだめなのに……、手が止まらない……)

明子は一人、マスターベーションをし始めた。

ロングスカートの中に、手を突っ込み、ショーツ越しに秘裂を触る。

「あぁぁん、お、おま×こが……、こんなに濡れて……」

あられもない声を上げて、ヨガル明子。

既に秘部は、愛蜜で満たされていた。

「きゃぁん……、んんぅ、ふむぅ……」

秘唇を弄れば弄るほど、愛蜜が溢れてくる。

最早、手を止めることができない。

「あぁぁん、指が止まらない……、どうしたらいいの?? 私、どうなってしまうの?」

心のどこかで、優人を求める自分がいる。

優人に会いたい。そう思った時、来客を告げるインターフォンが鳴った。

(誰かしら? こんな時に)

マスターベーションを一旦中止し、玄関に向かう。

「は~い、どちら様?」

そう言い、トビラを開ける明子。

すると、トビラの向こうから一人の少年が入ってきた。それは、優人である。

「明子さん、こんにちは……」

「ゆ、優人君、どうしたの?」

「ほら、昨日も言ったじゃないですか? またセックスするって」

「え、で、でも、……本当にするの?」

「もちろんです。明子さんだって、したいと思ってるんじゃないですか?」

どこまでも見透かされている。……そんな気がした。

明子の頬のスッと朱色の赤みが差す。

「とにかく入って。今は誰もいないから」

「ありがとうございます」

そう言い、優人はリヴィングに通される。

二人の間に、ドキドキとする沈黙が流れる。

(私、またしちゃうのかしら……??)

一人、心臓の鼓動を高鳴らせる明子。

心のどこかで優人を求める自分がいるのである。

「明子さん。何だか、エッチな匂いがしますね」

「え?」

「もしかして、ここでオナニーとかしていました?」

「そんなこと……、してるわけないじゃない」

「ホントですか? 何か、いやらしい匂いがしますよ」

その言葉を受け、明子はドキッとしてしまう。

まさか、先程のマスターベーションが見抜かれているのだろうか?

「まぁいいや。じゃあ早速しますか? 俺、明子さんを抱きたいんです」

「でも、あなたには千尋がいるじゃないの」

「何度も言わせないでください。千尋は千尋、明子さんは明子さんです。俺は、二人とも手に入れたい。いつか三人でセックスするのもいいですね……」

「そ、そんなこと、できるわけ……」

「いいじゃないですか。母娘でセックスするのって禁忌を犯しているみたいで、気持ちいいかもしれませんよ」

母娘して優人に抱かれる。

そんな背徳的な関係が、正しいわけはない。しかし、心惹かれるものがある。

「明子さん。今日は千尋の制服を着て欲しいんです」

「制服? 高校のかしら?」

「そうです。千尋の部屋にありますから、それを着てください」

「入らないわよ。千尋の制服なんて」

「否、明子さんはスタイルがいいから入るはずです。とにかく着てみましょう」

なかなか強引なことを言う。

しかし、拒絶できない自分がいるのだ。

「千尋の部屋に制服がありますから、取ってきますね」

「え、で、でも……」

「大丈夫ですよ。クリーニングにも出せば、使ったってわかりませんから」

優人は、千尋の部屋に行き、制服を取ってきた。

どこにでもあるセーラー服である。

(この歳になってセーラー服を着るなんて)

スッと、顔を赤らめる明子。

その様子を見て、優人は嬉々として告げる。

「熟女のセーラー服姿。見てみたいなぁ、早く着てください」

「それより、写真はちゃんと消したでしょうね?」

「大丈夫ですよ。安心してください。もう消しましたから……」

写真を消した……。それならば、彼に従う意味はない。

しかし、心のどこかで、優人を求める自分がいるのであった。

「本当に消したの?」

「もちろんです」

「なら、もうあなたに従う必要はないわね」

「いいんですか? そんなこと言って。明子さんはもう俺と関係を結んでしまった。もしも、明子さんが拒絶するなら、俺はこの関係を皆にバラします。千尋にも言いますよ。それでもいいんですか?」

「や、止めて、それだけは……」

もしも、この関係が露になれば、自分は蔑みの目で見られるかもしれない。

そうなったら、生きていけなくなってしまう。

「ククク。でも明子さんが言うことを聞いてくれれば、俺は何もバラしませんよ。とにかく、セーラー服を着てください」

「わかったわ。着るから、少し向こう向いていてくれる?」

「着替えている所も見たいんです。俺の前で着替えてください」

「はぅぅ、そんな、恥ずかしいわ」

「セックスした仲じゃないですか。 今更恥ずかしがる必要もないでしょう」

相変わらず強引である。

あまり彼を刺激できない。今は言うことを聞くしかないだろう。

「あんまりじろじろ見ないでね」

「フフフ、恥ずかしがってる明子さんも素敵ですよ」

明子は着ているロングスカートと、ブラウスを脱ぎ、ブラとショーツ姿になった。白のシンプルなセットアップである。あまり華美な所がなく、明子の雰囲気に合っていた。

「明子さん、もっとセクシーな下着を着たらどうですか? 似合うと思いますけど」

「私が何を身に付けようと、勝手でしょ。放っておいて」

「今度、俺がセクシーな下着をプレゼントしますよ。実は、千尋と一緒に下着を見に行ったこともあるんです。その時、明子さんに似合いそうな下着があったから、着てもらいたいなぁ」

確かに、今着ている下着はセクシーさに欠ける。

年下の男の子から下着をプレゼントされると、どんな気持ちになるのだろう?

「下着は置いておいて、今はセーラー服を着てください」

「これを着ればいいのね。着てあげるから、関係は秘密にしてね」

「もちろんですよ」

明子はセーラー服を着用する。流石に少し窮屈であったが、スタイルがいい明子は、すんなりと制服を着用できた。熟女のセーラー服姿は、途轍もない色気が感じられる……。

「凄い、素敵ですよ明子さん……」

「恥ずかしいからあんまり見ないで……、お願い……」

「後ろ向きになってください」

「あぁぁん、スカートが短くて下着が見えてしまうわ」

「もっと短くてもいいですよ。スラっとしてキレイな脚ですね……」

明子を後ろ向きに立たせ、優人はじいっとした視線を向け始めた。

明子の制服姿に、彼の怒張はムクムクと大きくなっていく。

「それでしゃがんでみましょうか?」

「え? しゃがんだら、下着が……」

「今更パンツが見えたくらいで恥ずかしがらないでください。そうだ、なら、パンツを脱ぎましょう。ノーパンになってください」

「え? えぇぇぇ、そ、そんな無理よ……、だってそんなことしたら、あそこが見えてしまうわ」

「あそこじゃなくておま×こです。俺は、明子さんのおま×こが見たいんです。早く下着を脱いでください」

「はぁうぅぅ……。本当に言ってるの?」

「マジですよ。さもないと、この関係をバラしますよ」

「わかったから、脱げばいいでしょう、脱げば……」

半ば自棄になった明子。

彼女は下着を下ろし、ノーパンになってしゃがみ込んだ。

(あぁぁん、おま×こが見えてる、見えちゃってる)

優人はスッと彼女に近づき、そしてショーツを奪い取った。そして、クロッチ部分を確かめる。

「明子さん、ショーツが濡れてますよ。どうしてですか?」

「そ、それは……、そんな恥ずかしいこと言わせないで……」

「興奮してるんですね。それとも、俺が来るまでに、やっぱりオナニーでもしていたんじゃないですか?」

「ち、違うわ。そんなことは……」

「ふ~ん、そうですか、でも濡れていることには違いありません。俺は嬉しいですよ。なぁんだ、意外と明子さんもやる気じゃないですか、安心しましたよ」

「うぅぅぅ、もういいでしょう。あんまり見ないで……」

「そのまま四つん這いになってください」

「え?」

「だから、制服を着たまま四つん這いになってください……」

「そんな恥ずかしい体勢……、無理よ……」

「いいんですか? そんなこと言って。秘密をバラしますよ」

その脅しを受け、明子は屈してしまう。

彼女は渋々四つん這いになる。スカートがかなり短いので、秘部が丸見えになってしまう。

(あぁ、この体勢じゃおま×こだけじゃなく、お尻の穴まで丸見えじゃない……)

「明子さんのおま×こってキレイですね。ビラビラが薄いピンク色だ。それにムダ毛がほとんどない。あぁ、お尻の穴まで見えていますよ」

「いやぁん、恥ずかしいから見ないでぇ……」

「どれ、ちょっとおま×こをチェックしますからね」

そう言うと、優人は明子の臀部に手を回し、そして、秘部に触れ始めた。

温かな指先が膣口に触れて、ドキッと脈動を打つ明子。

「あぁぁん、ど、どこを触ってるのぉ」

「おま×こ濡れてますね。トロトロだ。なんて卑猥なおま×こなんだろう。セーラー服を着て、四つん這いになっただけで、こんなに濡らしてしまう明子さんは、根っからの変態なのかもしれませんね」

「いやいや、私は変態じゃないわ……」

「ククク……、俺は変態でも大歓迎ですけどね。お尻も触ってあげましょうか?」

「きゃぁ、そ、そこは……、そこはダメよ……、汚いわ」

「明子さんの身体に汚い部分なんてないですよ。ヒクヒク動くアナルが、卑猥すぎて我慢できません。少しだけですから、触ってみますよ」

優人は強引だった。右手の人差し指をアヌスに押して当てると、クニクニとマッサージするように刺激し始めた。

「はぁうん、……ぅぅ……んんぁ……、触っちゃダメェ……」

「アナルがヒクヒク震えていますよ。感じてるんですか?」

「か、感じてなんか……、お願い、おま×こにして……、お尻はダメよ」

「もちろん、おま×こも弄ってあげます。おま×ことお尻、ダブルで弄ったらどうなるんでしょうね??」

嬉々として告げる優人。

彼は右手の人差し指をアヌスに当て、さらに左手の人差し指を秘部に挿入していった。

「くぅ……、うぅ……あぁぁん。はぁ……んんぁ……」

明子の声は徐々に色気を帯びていく。

もちろん、その声を聞いて優人も興奮も高鳴っていった。

「アナルを弄ると、おま×こがキュッと締まりますね。それにたっぷりとお汁が染み出してきました」

「ハッ……んんぁ、むぅん……きゃぁん」

身体を捩らせて感じる明子。

アヌスがここまで感じるとは、彼女にとっては意外であった。

「アナル、締め付けが強いですね。何だかぬるぬるとしてきましたよ」

「あぅぅ、お願いだから、指を抜いてぇ。……はぁん、うぅん……、はぁはぁ……」

「おま×ことアナル、どっちがいいですか?」

「お尻はダメよ……、おま×こにしてぇ、お願いだから」

「お尻は気持ちよくないんですか? こうするとどうだろう??」

優人はアヌスにずっぷりと指を深く挿入し、そして一気に引き抜いた。

メリメリと、直腸内を掻き回されて、堪らない刺激が明子を襲う。

「きゃぁぁ……。あぁぁん、お尻が捲れちゃう……。止めてぇぇ」

「アナルを弄るとおま×こが締まりますね。やっぱりアナルも気持ちいいんですね。正直になってください」

最早、この快感には耐えられなかった。

明子はくねくねと身体を捩らせて、随喜の声を上げる。

「イイの。お尻に指を挿れられて、引き抜かれると気持ちいいのぉ……」

「引き抜く時がいいんですね。なら、もっとしてあげますよ」

「はぅぅ、指でシコシコして、お尻が気持ちいい……、ハァん……、んんぁ、あぁぁん」

明子はあられもない声を上げてヨガリ続ける。

優人は、指を奥深く挿れて、一気に引き抜く行為を繰り返した。

「おま×ことお尻を弄られて感じる明子さんは、ド変態だ。最高ですよ」

「やぁん、変態じゃないわ。でも感じちゃうのぉ……、お尻、気持ちいいぃ」

「明子さん、そろそろ俺のち×ぽも弄ってくれますか? 俺も気持ちよくなりたいんです。ここでイカれたら、拍子抜けしてしまいますからね……」

「おちん×んをしゃぶって欲しいの?」

「手でもいいですし、フェラでもいいですよ。そうだ、シックスナインしますか。そうすれば二人で気持ちよくなれますよ。シックスナイン知ってますよね?」

その単語は知っている。しかし、夫と少しだけ経験したことがあるだけであった。

「明子さん、俺が床に寝そべるんで、その上に乗っかかってください。そして俺のち×ぽを弄ってください」

「私が上になればいいのね。わかったわ」

二人はシックスナインの体勢になり、お互いの性器を弄り始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました