連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第7回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第7回

「明子さんのおま×こ、本当にトロトロですよ……」

「あぁん、そんな風に言わないでぇ……、恥ずかしいわぁ……」

恥ずかしそうに顔を背ける明子。

しかし、止めどなく溢れる愛蜜は止められない。

「それに、物凄く馨しい匂いがします。う~ん、堪らないや」

「止めて、匂いを嗅がないで……」

「おま×この匂いってどうしてこんなにも卑猥なんでしょうか? 物凄く興奮しますよ」

「優人君のおちん×んも、ムンムンする香りがするわ……」

「そうでしょう。これがセックスの匂いなんですよ」

明子の秘部から迸る性臭は、熟れた果物のような香りがした。

同時に、その馨しい香りが、優人の鼻孔を擽っていくのであった。

「じゅる……、じゅじゅ、ちゅぱちゅぱ、んちゅ……、んぐ、んむぅ……」

優人は激しく音を上げながら秘部を舐め回していく。

対する明子も、優人のペニスを弄りながら、快感を生み出していった。

「んぐ……、むぐ……、はぁ、はぁぁん、お、おちん×ん、物凄く大きくなってる」

「それはそうですよ、明子さんが魅力的だから。俺のち×ぽ、美味しいでしょ?」

「はぅ、癖になるわ。大きくて、こんな大きなおちん×んで突かれたら、私、変になってしまうわよ……」

「変になっていいんです。お互いに気持ちよくなりましょう。俺も、もっと、明子さんを気持ちよくさせたい」

優人はそう言うと、秘唇をべろべろと舐め回していき、更なる快感を発生させていく。

明子は、その随喜の感覚を味わいながら、懸命にペニスをしゃぶり続けた。

「んじゅる……、じゅん、くちゅん、……きゅつ、くぅじゅぅ、じゅりゅん」

明子も音を上げながら、ペニスを舐め回していく。

これには、優人も堪らない。圧倒的な快感が迸ってくるのであった。

「おま×こからエッチなお汁がたくさん出てきてますよ」

「きゃぁ……、だ、だって、そんな風に舐められたら、感じてしまうわ……」

「おま×こ気持ちいいですか?」

「気持ちいい……、おま×こ気持ちいいのぉ。堪らないわ…。どうしてこんなにおま×こが気持ちよくなるのかわからない……、とにかく気持ちいいわぁ……」

「ククク……、俺もち×ぽが気持ちいいです。このまま二人で気持ちよくなりましょう……」

優人は、舌先を膣内に挿入し、掻き回すように舐めていく。しっとりとした蜜液が、顔中に付着し、止めどない性臭が漂っていった。

「クリトリスを弄ってあげますよ……」

「はぁん、クリちゃん、弄ってぇ、もっとぉ気持ちよくなりたいのぉ……」

「明子さんもしっかり俺のち×ぽを舐めてくださいよ」

「うぐぐぅ、はっぁぁん、気持ちよすぎて、……はぁん、はぁはぁ……、あぁぁん、おちん×んを舐められない」

「ダメですよ。ちゃんとち×ぽを舐めないと、こっちも弄るのを止めます。それでもいいんですか?」

「いやいやぁん、止めないで、今おま×こ弄るの止められたら、それこそ、おかしくなっちゃうぅぅ。意地悪しないでぇ……」

「なら、しっかりとち×ぽを舐めてください。舐めるのが無理なら、手で扱いてもいいですよ」

優人はそう言った。そして、彼女の陰核を責め始める。

クリトリスの包皮を剥くと、白い豆が飛び出し、それがヒクヒクと震えているのがわかった。

「クリトリス、ヒクヒクしてますね、凄く可愛いですよ」

「はぁん、早くクリちゃん弄ってぇ、お願いいぃ……、優人君、あんまり焦らさないでぇ……、おま×こが疼いて仕方ないの」

「本当に明子さんはエッチな人ですね。大丈夫ですよ、ちゃんと弄ってあげますから……」

「エッチな女にしたのは、あなたなのよ、ち、ちゃんと責任とって……」

優人は、クリトリスに舌先を這わせ、レロレロと舐め始めた。

すると、明子の身体が弓なりに反りかえる。

「きゃぁん、……、あぁっぁん、く、クリちゃんが、クリが気持ちいいぃ……。もう、何も考えられない……」

「んちゅ、れろれろ、……んぐぅ……、むぅ……くちゅくちゅ」

「はぁうぅ、気持ちいい……、クリちゃんを弄られて、気持ちよくなってるのぉ……、うぅぅ……、あっぁぁん……」

「明子さん、ち×ぽを弄る手が止まっていますよ。ちゃんと弄らないと、クリトリスを弄るのを止めます」

「ダメよぉ、ここで止めないでぇ……、ちゃんと弄るから、お願いぃィ……」

迸る快感に耐えながら、ペニスを弄る明子。

しかし、あまりに気持ちよくて腕や口に力が入らない。

「ほら、どうしたんですか? ち×ぽ舐めて、あなたの好きなおちん×んなんですよ。明子さん、おちん×ん好きでしょ?」

「好き好き……大好き……。優人君のおちん×ん、大きくて立派で、素敵なのぉ。このおちん×んで、思い切りおま×こを犯してほしいのぉ……」

「だったら、ち×ぽを舐めてください。舐めるまで、しばらくクリトリスを弄るのを止めます……」

そう言い、優人は陰核を弄るのを止めた。

というよりも、彼は明子の秘唇全体を弄るのを止めてしまったのである。これには、明子は堪らなくなる。

「あぁぁん、どうして止めちゃうのぉ……、ぅぅぅん、くぅん、はぁん……、ンんんむぅ……、お、おま×こ弄って、お願いだから」

「ダメですよ。自分だけ気持ちよくなるなんてズルいです。明子さんはズルい女ですよ」

「はぁん、だってぇ、だってぇ、おま×こが気持ちよくて、手が動かなくなってしまうんですもの……。仕方ないじゃない……」

泣き声を上げる明子。お預けの時間が長くなり、秘唇がどんどんと疼いてくる。

彼女は気持ちよくなりたい一心で、ペニスを咥えこみ、しゅぼしゅぼと動かし始めた。

「じゅぶ、くちゅ……、んじゅる……、じゅるじゅる……」

「おおおぉ、明子さん、復活しましたね。俺、凄い気持ちいいですね」

「んぐぅ……、むぐぅ……、だったら、あなたも私のおま×こ弄って……、もっと気持ちよくさせてぇ……」

「わかりました、それじゃあ続けましょう……。たっぷり気持ちよくなってください」

やがて、優人も射精感を覚え始めた。じんじんとする淡い快感が、徐々に鋭くなっていく。

下半身に力を入れながら、必死に射精感を抑え込み、再び秘部を舐め始める。

「んちゅ……、んちゃにちゃ……、くちゅんきゅん、きゅちょん、ちゅぱん……」

「はぁぁん、お、おま×こ気持ちいい……、お願い、優人君、クリも弄ってぇ」

「注文が多いですね。でもわかりました。弄ってあげますよ」

言われるままに、優人は陰核を責め始める。

迸る明子の性欲は、留まることを知らなかった。

「ゃぁん、ぁぁぁん、……はぁ……、ひぃひぅ……、んんぁ……」

「おま×こが大洪水だ、お漏らししたみたいにびしょ濡れですよ」

「だ、だって……、勝手にお汁が出ちゃうのよぉ、耐えきれないのぉ……」

「こっちを弄ったらどうかな?」

と、優人は言い、今度はアヌスを舌で舐め始めた。

ビクビクと明子の身体が震え、あられもない淫声を上げる。

「はぁぁん、そ、そこはダメ……、お尻は止めてぇ……」

「どうしてですか? アナルを舐めたら、おま×こが締まりましたよ。本当は気持ちいいんじゃないですか?」

「癖になっちゃうわ。お尻じゃないとイケなくなっちゃう……」

「いいじゃないですか? 慣れてきたら、アナルセックスもしてみましょう。きっと気持ちいいですよ……」

「ぁぁっぁん、はぁうん……んんぁぁ、あぁぁん、お、お尻も気持ちいい、変になっちゃう……、うぅぅん……」

「やっぱりお尻も気持ちいいんですね? 正直に言ってください」

「はぅん、そうなの、お尻も気持ちいい……、じんじんして、気持ちいいのぉ……、もっとしてぇ……」

年下の男にアヌスを弄られて、随喜の声を上げる明子。

このような快感を味わってしまうと、もう二度と戻れないような気がした。

「アナルがヒクヒク震えてる。舌を挿れると、ググっと窄まって舌を絡みとっていきます」

「やぁん、お尻に優人君の舌が……、舌が入ってくるぅ……」

「指も挿れてあげますよ」

「え? ……指を挿れるの? 本当に??」

「本当ですよ。確か、引き抜かれる時が気持ちいいんですよね?」

「そう……。そうなの、指をググっと引き抜かれると、お尻が気持ちよくなってしまうの……。だからお願い、指で思い切りお尻を掻き回してぇ……」

「わかってますよ……。ちゃんと弄ってあげますから安心してください」

優人は、指先を唾液で湿らせると、そのままアヌスに導いていった。

窄まったセピア色の菊門に指が触れ、静かに吸い込まれていく。

「あ…………あぁ……、こ、これ、……これよ。この快感を待っていたの……。うほぉ、気持ちいい……」

「やっぱりアナルになるとかなり窮屈ですね。指が食いちぎられそうだ……。明子さん、俺のち×ぽも舐めてくださいよ」

「んちゅ、はむぅ……、舐めます……、優人君のおちん×ん舐めますぅ……、あぁぁん、だからお尻とおま×こダブルで弄ってぇ……」

次第に、アクメを覚えていく明子。

体中を震わせて、快感を覚えていく。

「はぁ……、明子さん、俺も気持ちいい、ち×ぽが蕩けそうだ……、イキたくなったらイクんで、俺の精子を受け止めてください」

「あぁぁん、精子、精子が欲しいのぉ。私にたっぷりかけてぇ……」

「うぐぅ……、ち×ぽが気持ちよくて堪らない。そろそろイキそうです……」

優人の射精感もそろそろ限界を迎え始めた。

ペニスがビクビクと震え、小刻みに蠢いていく。

「私もイク! おま×ことお尻を弄られて、気持ちよくなってるのぉ……あぁぁん、イク……、イッちゃう……」

「二人でイキましょう。うぉぉぉ出るぅ……」

「ゃぁん……、あぁっぁぁあん、イク、イクわ!」

二人の声がシンクロし、次の瞬間、牡の欲望が発射される。

ドクドクとした白濁色のスペルマが、明子の口腔内に注がれた。

「んぐ……、んんん……、はぁ……んんぁ」

「あぁぁ、精子が止まらない、凄く気持ちいい……」

「じゅる、んんじゅ……、んちゅ……、んぐんぐ……」

悶えながら、明子は精子をすべて受け止める。そして、それを一気に飲み下した。

彼女の咽頭を精子が駆け巡っていく。欲望を発射した優人は恍惚とした表情を向けた。

「明子さん、飲んでくれたんですね?」

「優人君の精子、とっても濃いわぁ、若い味がするの……」

「一緒にイケて嬉しいですよ。でも、まだこれで終わりじゃないですよ」

「ぇぇ、わかってるわ……。大きなおちん×んで、私のおま×こをぐちょぐちょにしてぇ」「ククク……、すっかりやる気ですね。俺も嬉しいです。今日は、バックでしましょうか?」

「後ろから突いてくれるのね? いっぱいおま×こを突いて……、ずんずんっておちん×んで突かれると、凄く気持ちいいの……」

「わかってますよ。さぁ始めましょうか?」

優人の言葉を受け、明子は四つん這いになった。

ヌラヌラと光る秘部が、妙に官能的に見え、優人のペニスを再び隆起させていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました