連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第8回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第8回

四つん這いになったことで、秘部だけでなく、アヌスまで丸見えになっている。

(あぁ、すべて見られてるのね……。恥ずかしい……)

と、明子は感じていた。

そんな彼女の姿勢を受け、優人は秘唇にペニスをあてがっていく。

「明子さん、挿れますよ? いいですね?」

「あぁぁん、早く……来てぇ……」

「おま×こからエッチなお汁が溢れ出てますよ」

「くふぅん。だって、こんな姿勢になったら、自然と興奮しちゃうじゃないの……。仕方ないの……。はぁん……」

あられもない声を上げる明子。

その声を聞き、優人はペニスを一気に挿入していった。

「うぉぉ。入った。ち×ぽがおま×こに入りましたよ」

「うぅぅん……、はぁ、はぁ、大きなおちん×ん、おま×この中に……、優人君、速く動いて……、私をめちゃくちゃにしてぇ」

「速く動いて欲しいんですね?」

「そうなの……。ずんずんって突かれると、おま×こが気持ちよくなってしまうのぉ……」

「おま×こがトロトロで、ち×ぽが蕩けそうだ」

「んんぁ、あぁ……、はぁはぁ……、おま×こ気持ちいい……」

ゆったりとしたペースで腰を穿つ優人。

浅く突いたり、深く突いたりを繰り返し、刺激に変化を加えていく。

「おま×こからどんどんエッチなお汁が出てきますよ。興奮してるんですか?」

「はぅうん、興奮してるの。こんな体勢になって、おま×こ丸見えなのに……、気持ちが高鳴ってしまうの……。あぁぁん」

「明子さんは本当にエッチですね。俺のち×ぽの虜になってる」

「だ、だってぇ、優人君のおちん×ん、凄く多くて、おま×こを掻き回してくれるんだもの……、そんなことされたら、おかしくなってしまうわ……」

「もっと突いてあげますからね。明子さんも腰を振ってください」

「うぅぅぅ、……腰を振ればいいのね? 腰を振るから、もっとおちん×ん下さいぃ、お願いぃ……」

明子は自然と腰を振り始める。

それは、どこまでも卑猥に見えた。

「おっぱいも揉んであげますよ」

「きゃわぁ……、おっぱい……、おっぱいも触って……、強引にされるのが好きぃ……」

優人は姿勢を前傾にさせて、明子に覆い被さった。

そして、その体勢のまま乳房を揉みしだいていく。

「くぅん……、はぁん……、お、おっぱい気持ちいい……、ジンジンしちゃうの……。もっと揉んでぇ」

「明子さんのおっぱい、凄く柔らかいです。ぷにぷにとしていて、マシュマロみたいだ……」

「う、ううぅぅ……、アァツ……、おっぱいとおま×こを弄られて、私感じちゃってる……、感じちゃってるのぉ……」

「腰の振りが速くなってきましたね。おま×こもキュッと締まってる。凄く気持ちいいですよ」

「私も気持ちいい……。本当に、うぅん……、はぁぁん、……うほぉ……、おちん×ん、凄い素敵ぃ」

「俺のち×ぽでもっと気持ちよくなってください。俺もたくさん突いてあげますから……」

優人は少しずつ抽送のスピードを速めていく。

にちょ、ぐちょと、淫猥な音が鳴り響き、リヴィング内に響き渡っていくのであった。

「はぁ……、ち×ぽが気持ちいい……、おま×こがキュッと締まって、ち×ぽを甘締めしていくんです。まるでおま×こが生きてるみたいだ」

「あまりに気持ちよくて、おま×こが締まっちゃうの……。もう我慢できない……、とにかく突いてぇ、たくさん突いて、私をめちゃくちゃにしてぇ……」

「うぉぉ、突きまくってやる。どんどんペースを上げていきますよ。こんなのはどうですか?」

優人は乳房を揉むのを止め、姿勢を起こした。

そして、明子の片足を持ち上げ、その状態で突きまくる。

「きゃぁぁぁ……こ、こんな体勢、恥ずかしいわぁ……、や、止めてぇ……」

「本当に止めていいんですか? 気持ちよくなれないですよ」

「で、でもでも……、こんな体勢、ワンちゃんがおしっこしてるみたいじゃないの」

「そっちの方が興奮するでしょ。明子さんの声にも艶が出てきてますよ」

「はぁう……、う、うぅぅ……、恥ずかしいぃ……、だけど、興奮しちゃう……、凄く興奮するのぉ……、恥ずかしいポーズをさせられて、私、おかしくなっちゃう……」

明子は気持ちよさそうに声を上げると、顔を朱色に染めた。

そして、額からは汗が滲み始める。

「明子さん、凄くいいですよ。こんなに気持ちいいセックスは、初めてからもしれない」

「私も……、優人君のおちん×んで、凄く気持ちよくなってる……、はぁぁん、イイの……、蕩けるみたいに感じちゃうのぉ……」

「嬉しいですよ、憧れの明子さんが、俺のち×ぽでヨガってる。最高だ……。俺、ますます興奮してきます」

「ぁ、ぅっふ……、あぁぁ、もう、ちょ、っとぉ……、っ! んく……、つぅ……、ひぅう……」

脚を持ち上げ、やや斜め下からペニスを突き上げるように挿入する。

すると、より一層奥まで届き、快感が迸ってくるのであった。

「うん……、っひぁ……、あぁ、っひぅ……んんぅ……ぁ、いっ……、あぁ、あぁうっ」

「ち×ぽ、もっと奥まで挿れてあげますよ」

優人は、自然と腰の動きを速め、ペニスを奥深くまで導いていく。

対する明子は、潤んだ声で叫び、気持ちよさを最大に、表現していった。

「んむぅ……、っぅ……、んんぅ……、あっぁん」

「今度はこんなのはどうですか?」

優人は脚を掲げるのを止め、今度は一転して、明子の腕を持った。

そして、その腕を自分の方に持っていき、彼女の体勢を反り返らせる。

「ふぅ……ふぅ……、い、一体、何をするつもり……」

「腕を掴んで、強引に挿れてあげます」

「んっ……うんっ……、んーんー……、あぁ、犯されてるみたいよ」

「そうです。明子さんは犯されてるんです。俺のち×ぽで突かれて、どんどん気持ちよくなっている。いい感じでしょ? 明子さん??」

「アァっ……、も、もう……、でも、乱暴にされるの、好きかもしれないわぁ……、何だか興奮しちゃって、おま×こが疼いちゃうのぉ……」

「どんどんエッチになっていく明子さん、とてもいやらしいですよ。凄い素敵だ……」

「優人君のおちん×んも凄い素敵よぉ、私をここまで気持ちよくしてくれるんだから……」

優人は明子の腕を離し、再び姿勢を前傾にさせる。

そして、淫裂の上方にある陰核に指を沿わせ、クリクリと刺激していく。

「アー。く、クリ、気持ちいい……、もっと弄ってぇ、お願いいぃ……」

「クリトリス、本当に好きですね? 明子さんは本当にエッチだ。生まれながらのエッチの才能があるのかもしれない……」

「あぁ……ふぅ……、んく……、つっう……んふぅ……」

陰核を刺激しつつ、その状態のまま、腰をグラインドさせ、突きの一撃を繰り出していく。

明子ははぁはぁと、喘ぎながら、必死になって快感に耐えていく。

「おま×こ、じんじんしてきたぁ……、ゾクゾクしてぇ、もうちょっとでイキそうよぉ……」

「もうイキそうなんですか?」

「はぁうん……、そうなの、イキそう、おま×こ気持ちよくて、激しくイッちゃいそう……」

「俺もイキそうになったら、中に出しますよ。いいですね?」

「中に……?? うん、いいわぁ、中に出して、中出しされると、凄く気持ちよくなれるの……、だから、たくさん中に精子出してぇ……」

徐々に、高鳴る射精感を、優人は覚え始めた。

圧倒的な心地よさである。やや体を丸めつつ、射精感を押さえこむと、必死なって突き続けた。

「うぉぉ……、俺も凄くイイ……、ち×ぽがヌルヌルになって、おま×こに包まれて……、とにかく快感が凄い……。あぁぁ……」

「まだ足りない……、優人君、まだ満足できないのぉ。あなたのおちん×ん、もっと頂戴……、お願い……、私を激しく犯して頂戴ぃ……」

熱い……。迸る淫蜜が、肉棒に絡みつき、自然と悦楽を発生させる。

迸るアクメを覚えながら、優人は必死に腰を動かし続ける。もっと明子を気持ちよくさせるために――。

「クリトリス弄りながら、おま×こ突かれるとどうですか? まだ足りないですか?」

「クリもおま×こも気持ちいいぃ……、だけど、まだよ、まだまだ足りないぃ……、はぁん、くふふうん……、声が出ちゃう……、あぁぁぁん」

まだまだ明子は物足りないようである。

淫乱の血が流れているのかもしれない。優人は、懸命にペニスを抽送し続けた。

「くわぁぁ、明子さん、お、俺、そろそろイキそうです……。イッてもいいですか?」

「んッ……くふぅぅぅん……、よぉぉ……、あぁつ……、アァツ……もっと、もっと動いてぇ、限界までおま×こ掻き回してぇ」

「もう限界ですよ。精子が出そうだ……」

「んんぁ……、私ももう少しでイクから、それまで耐えて、後少し……、お願いそれまで突き続けてぇ……」

止めどない射精感が優人を襲う。しかし、彼は懸命に耐えていた。

アヌスにしっかりと力を入れて、グッと射精感を押しとどめ、そして、突き続ける。

「うぉぉ、これでどうです? 俺の最後の突きを見てください……」

「うぅ、うぅぅん……、凄くイイわ、……、あぁあん……、じわじわしてきた、おま×こが気持ちよくなってきたわぁ……」

「明子さん、もう出ます、中に出します」

既に限界を超えていた優人は、悲痛な声を上げた。

対する明子も、自然とアクメを覚え、徐々に快感の塊が全身を貫いていった。

「私もイキそう……。あぁぁん、優人君、イッて……、激しく精子を出してぇ……」

「わかりました……、精子出します……、たくさんおま×この中に出しますからね……」

「はぁうん……、ビュビュって出して……、いっぱい中に出してぇ……」

明子は叫んだ。そして、身体中で感じ始める。

少し遅れて、優人はとうとう果てる。一気に牡の欲望が爆発する。

「あぁぁ……、精子がたくさん出てる。お腹の中に、たくさん……、はははぁん、凄い気持ちいい……」

「精子が止まりません……。どんどん出てくる」

「最後の一滴まで出して、私の中に出し尽くしてぇ……」

「わかりました。うぉぉぉぉ……」

優人はペニスを絞り出し、最後の一滴まで精子を放出させる。

明子は、膣内で精子を受け止めながら、快感を覚えていく。

「明子さんの中に精子たっぷり出しましたよ。もう、これ以上は出ません……」

「んんぅ……、お腹が熱いわぁ……、精子で満たされてるのぉ……」

彼は、ペニスを蜜壺から引き抜いた。

すると、収まりきらなかった精液がゴポリと零れ出してくる。

「あぁぁん、精子が出ちゃう……、おま×こから精子が……」

「なんて卑猥な光景なんだ。おま×こからトロトロの精子が滴り落ちてる……」

「やぁ……、み、見ないでぇ……、恥ずかしいからぁ」

二人の淫らな時間はこうして終わりを告げた。

しかし、この光景を見ていた一人の人物がいることに、優人と明子は気づかなかったのである。

(う、嘘でしょ、優人と、お母さんが……どうして……?)

リヴィングのトビラ前で、少女はそっと囁いた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました