連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第11回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第11回

優人のペニスは、既にギンギンになっており、ビクビクと小刻みに震えている。

その敏感になった肉竿を、千尋は手で握りしめた。

「あぁ。……凄く、熱くなってる……」

「うん。それだけ興奮してるんだ……」

「どうされたいの?」

「う~んと、亀頭を手で撫で回してほしいかな……」

「亀頭って、おちん×んの先端だよね? わかった。やってあげるね……」

「ありがとう……」

千尋は、そっと優しく亀頭を包み込むように握りしめた。

そして、自分の唾液を垂らして、ヌルヌルにしていく。

「エッチなお汁が出てるね、優人……」

「我慢汁だよ。千尋が弄ってくれるから、俺のち×ぽも喜んでいるんだ」

「うふふ……、じゃあもっと弄ってあげる。んんんぁ……」

千尋は、亀頭を中心に弄りまわしていく。

温かな手指に包まれて、優人は心地よくなっていった。

「あぁ、凄いイイよ。気持ちいい……」

「ねぇ、お母さんにもこうしてもらったの?」

「え、あぁ……、まぁね」

「ちょっと嫉妬しちゃうな……。私が彼女なのに……」

「ゴメンね。でも、千尋も明子さんも両方大切なんだよ。もちろん、千尋のことは好きだよ。ずっと一緒にいたいと思うし……」

「うん……。でも、お母さんも大切なんでしょ?」

「そうなんだ。どっちかを選べない……。だから、何て言っていいのか……」

「ううん、イイよ、相手がお母さんなら許す。でも、今は私に集中して……。私だけを見て欲しい……」

「もちろんだよ。千尋が好きだ。だから、俺のち×ぽをもっと気持ちよくして」

「クスクス……。おちん×ん、どんどん大きくなってるね。ビクビクして、何か生き物みたい」

「敏感になってるんだ。千尋の手先が気持ちよくて、思わずち×ぽが震えてしまう。それだけ、気持ちいいってこと……」

「ありがとう。優人のおちん×ん、凄く大きいけど、何か可愛いな。愛したくなっちゃう……」

千尋は、そう言うと、ヌルヌルになった亀頭を撫でまわしていった。

淡い刺激が全身に伝わってくる。

「千尋……、亀頭の裏側も弄って……、そっちも気持ちいいから……」

「裏側? そっちがいいの??」

「そう、カリ裏っていうんだ。そこも気持ちいいんだよ」

「わかった。弄ってあげる……、覚悟してねぇ」

千尋は、手指をスッと亀頭の裏側に向けた。

そして、カリ裏をカリカリと爪先で刺激し始める。

「あぁ。イイよ。それ、凄くイイ」

「おちん×んがビクッて跳ねてる。気持ちいいんだね?」

「うん、凄く気持ちいい。もっと弄ってくれぇ」

敏感になったペニスを弄られて、優人は随喜の声を上げる。

まるで、全身が性感帯になったかのように心地いい。

「お汁がどんどん出てきてるね。ビクビクして、おちん×んが震えてる」

「あぁ、それだけ気持ちいいんだ。千尋、最高だよ」

「そんなにカリ裏が気持ちいいの? 次は、扱いてあげるね」

「うん。お願い……。千尋、俺のち×ぽをもっと弄って……」

優希の言葉を受け、千尋は肉竿を握りしめる。

そして、その状態で、シコシコと上下に動かし始めた。

「優人のおちん×ん、血管が浮き出て、何か凄いことになってる」

「あぁ、気持ちよすぎて、ち×ぽが破裂しそうだよ」

「まだだよ。まだ始まったばかり……。これからが本番だよ」

「わかってる。まだイクわけにはいかないよね。大丈夫、まだ耐えられるから……」

「おちん×ん、シコシコされるとどんな感じ?」

「凄くイイんだ。とにかく気持ちいい。悩殺される感じだよ」

千尋は、少しずつ抽送のペースを上げていく。

にちゃにちゃと淫猥な音が鳴り響き、室内に染み渡っていった。

「速く動かすと、おちん×ん、気持ちいい?」

「あぁ、気持ちいいよ。もっとペースを上げてもいいくらいだ」

「あんまり速く動くと、イキそうになっちゃうんじゃない?」

「まだ大丈夫だよ、イキそうになったら言うからね」

「イキたくなったらイッてもいいからね、私が受け止めてあげる」

せっせとペニスを扱く千尋から、甘い吐息が漏れる。

必死になっている千尋を見ると、優人は心の底からありがたくなってくるのであった。

「千尋。タマも弄ってみてくれる?」

「タマ? それって睾丸のこと?」

「そう、ダブルで弄られると気持ちいいんだよ」

「わかった。やってあげるね……」

千尋は言われるままに、睾丸を優しくマッサージし始めた。

対する優人は、キュッと目を閉じて、快感に集中していく。

「タマタマ弄られて痛くないの?」

「優しいタッチだから大丈夫。このままやってくれる?」

「うん。おちん×んも弄っていていいの?」

「もちろん、ダブルで刺激されると嬉しいな……」

「フフフ……、優人、何だか変態みたい……」

「俺は変態かもしれないけれど、千尋だって」

「私も変態かな?」

「多分ね。でもいいじゃん、お互い変態同士、仲良くやって行けるよ」

たったこれだけで、変態と呼べるかはわからないが、二人はより一層親密になる。

何より千尋は、優人を心地よくさせている事実が嬉しかった。

「優人、そろそろ、おちん×ん舐めてあげようか?」

「フェラしてくれるの?」

「うん、おちん×ん舐めたいの。何だかおま×こが疼いちゃって、我慢できないのよ」

「もしかして、おま×こ濡れてる?」

「いやぁん、そんなこと聞かないでぇ……」

「お願い教えて、さっきイッたばかりだけど、もうおま×こ濡れてるの? それとも、ずっと濡れっぱなしだったの?」

恥ずかしそうに、千尋は顔を赤らめる。

そして、疼く下半身を強引に押さえ込む。

「ずっと濡れてるよ。それだけ興奮してるんだよぉ」

「濡れたおま×こ見せて」

「おま×こみたいの? さっきもずっと見てたのに……」

「みたい。おま×こ見せながら、フェラして、お願い……」

優人の願望を、そのまま千尋は受け入れる。

脚を開いてしゃがみ込み、秘部を開帳させると、その状態で、優人のペニスを舐め始めた。

「俺が立った方がいいみたいだね、そうした方が、おま×こが見える」

「うん。こういうの、仁王立ちフェラって言うんだよね??」

「確かね……。よくそんなエッチな単語を知ってるね」

「ウフフ……。何か私もますます興奮してきた。それにおちん×ん、凄く美味しい」

優人のペニスからは、牡の性臭が漂っていた。

どことなく生臭いというから、青臭い香りが漂っている。しかし、それは決して不快ではない。

「私ね、おちん×んの独特な匂いが好きなの」

「俺がおま×この匂いが好きなのと一緒だね」

「うん、何かね、凄く興奮するのぉ。優人のおちん×ん、堪らない匂いがする。うずうずしてくるよぉ……」

「千尋の舌先、温かくて気持ちいい。お湯の中に浸かってるみたいだ」

「んちゅ……、にちゃ……、んんぁ……、あぁん、おちん×ん、どんどん大きくなって……」

「あぁ、凄いイイ感じだ。千尋のフェラ最高だよ。カリ全体をもっと舐めて……」

「カリがいいのね……。わかった……。もっと舐めてあげるから……んんぁ、……んちゅう……、ちゅうちゅう、んちょぱ……」

淫猥な音を鳴り響かせながら、カリ表を刺激していく千尋。

亀頭の先端から滲み出したカウパー腺液が、舌先に付着し、苦みのある味わいが広がっていく。

「カリ裏も弄ってあげる。レロレロレロォ……」

「はぁう……、千尋、気持ちいいよ……、それ、凄くイイ!」

あまりの快感に、思わず嬌声を上げる優人。

淡かった刺激が、徐々に鋭くなっていく。

「んちゅ……、んちゃぷ……にちゃ……にちゃぷ……にちょぱ……。エッチなお汁がどんどん出てくる。……あぁ、凄く卑猥……」

「千尋、ち×ぽを根元まで咥えて。全体を刺激して」

「んちゃぷ……おちん×ん全体ね。ビクビクしてるよ。本当に気持ちよさそうだね」

「あぅぅ……、ち×ぽが敏感になって、恐ろしいくらいに気持ちいいよ……。蕩けてしまいそうだ」

千尋は、肉胴を根元まで口腔で包み込む。

やや咳き込みそうになるが、必死になって、フェラを続けていく。

「んんちゃ……、にちゃん……くちょん、ちゅぱんちゃぱ……、じゅる、じゅるじゅる……」

「うわぁ……千尋……千尋ぉ……」

「ち×ぽミルクがどんどん出てきて、ヌルヌルになってるのぉ。それに物凄く熱い……。んんんぁ、……んちゃん、にちゃん……。

「千尋もおま×こを弄っていいんだよ。おま×こ弄りながらフェラして」

「あぁぁん、おま×こ弄っちゃうの?? おま×こ弄りながら、おち×ぽ舐めて、私、気持ちよくなってるぅ……」

「千尋のおま×こ、凄いトロトロになってる、濡れまくってるんだね」

「はぁあん……、おま×こ疼いて仕方ないの。おち×ぽ舐めると、おま×こも気持ちよくなっちゃうぅ……」

次第に、心地いい射精感がせり上がってくる。

身体の奥底から熱くなり、ペニスに快感の塊が降ってくるのだ。

「千尋、俺、そろそろイキそうかも……」

「おちん×ん、イキそうなの?」

「うん、限界が近いよ。出してもイイ?」

「いいよ、たくさん精子出してぇ。私の口の中に、精子を頂戴……」

「うぐぐぐぐぅ……、あぁ……気持ちいい……、凄く気持ちいい……」

ガクガクと身体を震わせ始める優人。

とうとう限界が近くなり、ペニスが収縮を始める。

(あ、おちん×んが震えてる……、優人、イキそうなんだ)

と、千尋は考える。

そして、最後の力を振り絞って、フェラでペニスを心地よくさせていく。

「うわぁぁぁ……、ち、千尋……、イク、イクよ……、精子が出る!」

「うん。出して、いっぱい出して、濃い精子を私にぶちまけてぇ……」

千尋の言葉を聞いた優人は、とうとう青い欲望を発射させる。

ドクドクと、尿道を精液が駆け巡り、オルガスムスを迎える。

「んんん……、んんぁ……うはぁん……」

口腔をいっぱいに広げ、発射された精子を受け止める千尋。

苦みがあり、ドロリとした濃厚な液体が、口いっぱいに広がっていく。

(これが優人の精子……。あぁぁん、堪らない……、凄くエッチな味がする……)

「あぁぁ、精子が止まらないよ……、どんどん出てくる……」

最後の一滴まで、精子を絞り出す優人。

体中を心地いい刺激が襲っていく。

「んぐ……、むぐ……んんんぁ……、ゴックン……」

千尋は吐き出された白濁色の牡汁をすべて飲み干した。

粘っこく粘度の高い液体が、喉元に絡みつく。

「千尋、俺の精子飲んでくれたの??」

その言葉を聞き、千尋はようやくペニスから口を離した。

「うん。そっちの方が喜んでくれると思って……」

「ありがとう、凄く嬉しいよ……」

「凄くエッチな味がするよ。濃厚な大人の味って感じ……」

そこまで言うと、優人は千尋を抱きしめた。

千尋は「むぅ」と、声を上げると、彼の腕の中で小さくなる。

「千尋。俺、セックスしたい……」

「うん。私もしたい。おま×こにおちん×ん挿れて……。そして、もう一回ち×ぽミルクを注いでほしいな……」

「わかった。二人でたくさん気持ちよくなろう。俺、頑張るから……」

「優人、早く来てぇ、おま×こがおちん×んを求めてるぅ……、早く気持ちよくなりたいの……。我慢できないぃィ……」

熱く抱擁した後、優人は千尋を解放した。そして、彼女を押し倒すと、両足をくいっと広げた。すると、ヌレヌレになった秘部が顔を出す。

(千尋のおま×こ、凄いトロトロだ……。何てエッチな光景なんだろう……)

エッチな体勢になった千尋を前に、優人は再びペニスをフル勃起させていく。

「まずは、正常位でやるからね。行くよ。千尋……」

「うん、来てぇ、優人、早くおちん×ん頂戴ぃ……」

二人の情事は、まだまだ続く――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました