連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第12回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第12回

秘部はとろりとした蜜液で満たされており、いつでも挿入できるようになっている。

優人は、秘唇にペニスをあてがうと、そのままゆっくりと腰を動かし始めた。

「挿れるよ……、千尋……」

「はぅぅ……、おちん×んが入ってくるぅ……」

ずぶずぶずぶ……。

ペニスが静かに胎内に吸い込まれていく。膣内の温かな感触がペニス全体に伝わる。

「あぁぁ。凄く温かいよ。千尋の中……」

「おちん×ん、大きい……、早く動いてぇ……」

「最初はゆっくり動くからね……」

「あぁぁん、おま×こがジンジンしちゃうぅ……」

優人は静かにペニスを穿ち始めた。

一定のペースで腰を動かしていくと、自然と快感が降り注いでくる。

「おま×この中、ねっとりとしていて、気持ちいいよ……」

と、恍惚の表情を浮かべる優人。

自然と腰の動きもスムーズになっていく。

「あぁぁ……、あ……、あっぁん……、おち×ぽ大きくて……、凄く気持ちいいよぉ……」

「俺も気持ちいい。蕩けそうだ……」

「んんぁ……はぅぅん……。おちん×ん、もっと動かしてぇ……」

「おま×こがねっとりとしていて、絡みついてくるよ……。最高だ……」

「優人……、あぁぁん、……優人……、もっと……、もっと激しくしてぇ……」

「うん。激しいのがいいんだね? わかった……、もっと突いてあげるよ」

「はぅぅ……、嬉しいよ……、あぁぁん……」

千尋の声も徐々に色気を帯びていく。

そんな声を聞きながら、優人はますます興奮していくのであった。

「優人、ねぇ……、キスして……、おちん×ん挿れながら、キスして……」

「キスして欲しいの?」

「うん。して欲しい……、たっぷり愛して欲しいのぉ……」

「わかった。キスしてあげる……」

優人は姿勢を前傾にさせていった。そして、千尋に覆い被さっていく。

お互いの顔が近くなり、囁くような吐息が混じり合う。

「んちゅ……、んちゃ……にちゃ……」

優人は、千尋の唇に自らの唇を重ねた。

触れるだけのキスが展開され、天にも昇るような気持になる。

「んぐ……、んちゃ……、にちょん……」

「んんんぁ……、はぁん……、んぐ……むぐ……」

(千尋の唾液、何だか甘いや……、最高だよ……)

と、優人は感じていた。

僅かに甘みのある唾液を啜り合い、濃密なキスを展開させていく。

(もっと、愛し合いたい……。これじゃ足りないよぉ……)

千尋は、自らの舌を強引に絡めていく。

お互いの舌同士が絡み合い、ねちゃねちゃと淫猥な音が発生する。

「んぐ……んんぐ……、ぐぅ、にちょ……にちょん……、っはぁ……」

「んんぁ……、はぁはぁ……、んぐ……あぁ、アッ……あぁぁん」

二人は濃厚なディープキスを展開していき、深く愛し合っていく。

徐々に優人の抽送のペースも速まっていく。

「千尋、気持ちいい……、凄くイイよ……」

「私も気持ちいい……、もっと、もっとしてぇ、激しいのが好きなの……」

キスを終えた二人は、再びセックスに集中していく。

優人は姿勢を前傾にさせたまま、彼女の乳房を揉み始める。

「千尋のおっぱい凄く柔らかいよ……」

「はぁうぅん……、おっぱいも気持ちいい。おっぱい弄られると、興奮しちゃう……」

「プニプニしていて、プリンみたいだよ。フワフワだ……」

「あぅぅ……、頭がフワフワするよぉ……、もっと触ってぇ……」

円を描くように乳房を揉みしだく優人。

手指の力も自然と高まっていく。

「次は乳首を弄ってあげるよ……」

「うん……、乳首も好き……、乳首も弄ってぇ……」

千尋はあられもない淫声を上げる。

その喜悦の声を聞きながら、優人は手指に力を込めていった。

「乳首、クリクリってしていて、勃起したみたいに勃ってるよ」

「あぁぁぁん、だって、そんな風に触られたら、自然と勃っちゃうよぉ……。仕方ないの……、はははっぁん……」

「花の蕾みたいになってる。それに凄く弾力があるよ……」

「ふぁ……、あぁぁん……、乳首……、イイの。……触られると、気持ちよくなっちゃうのぉ……」

指先を使って、乳首を捏ね繰りまわしていく。

すると、自然と膣内が締まり、ペニスを甘締めしていった……。

「おま×こがキュッと締まった。おっぱいとリンクしているみたいだ……」

「おっぱい弄られると、自然と締まっちゃう……、それだけ興奮してるのぉ……。凄くイイ感じだよぉ……」

「乳首とおっぱい、両方責めてあげるよ……」

「はぁん……、両方弄ってぇ、私をおかしくしてぇ……」

やがて、優人は顔を乳房に近づけていった。

すると、ふんわりといい香りが漂ってくる――。

「千尋のおっぱい、凄くいい匂いがするよ……」

「きゃぁ……、そ、そんな匂い嗅いじゃいやぁ……」

「堪らない匂いがする。もう止められないよ……」

「う、うぅぅぅ……、恥ずかしいよぉ……」

千尋の体臭と、性臭が入り混じり、馨しい香りが鼻を突く。

こんな匂いを嗅いでしまうと、ますます興奮してくる自分がいるのに気が付いた。

(千尋の匂い、堪んないな…………、凄くイイ感じだ……)

「はぅぅ……、あ……、あぁぁん……、おっぱいとおま×こ、どっちも気持ちいい……、どっちもよくて、おかしくなっちゃうぅ……」

「おかしくなっていいんだ。もっと気持ちよくなってよ……、俺も頑張るから……」

優人は、懸命に抽送を続けた。

腰を一定のリズムで動かしていくと、自然と自分も心地よくなっていくのである。

「乳首、舐めてあげるよ……」

「う、うん……、舐めてぇ、いっぱい気持ちよくさせてぇ……」

「レロ、レロ……んちゃ、にちゃん、んちょん……」

音を上げながら、乳首を吸ったり舐めたりを繰り返す。

甘みのある味わいが、口腔いっぱいに広がっていくのであった。

「乳首、舐められると、感じちゃう……、あぁぁん、イイのぉ……、凄く気持ちいいのぉ……」

「ますます乳首が硬くなってるよ。花の蕾みたいだ……」

「あ……、んんぁ……、はぁ、はぁ……んんぁん……、あぁぁん……ふぁ……」

胸の蕾を舐めつつ、さらに軽く甘噛みしていく。

すると、ビクンと千尋の身体が跳ねた。

「きゃぁ……、乳首噛まないでぇ……、癖になっちゃうよぉ……」

「千尋の乳首、ゴムみたいな感触だよ……」

「う、うぅぅ……、甘噛みされると、刺激が強すぎるよぉ……」

「でも、気持ちいいでしょ。おま×こ締まってるよ」

「はぁん……、気持ちいい……。凄く気持ちいいの……、くぁぁぁん……」

乳房をあらかた責め続けると、今度は下半身に集中していく。

抽送のリズムを更に上げ、胎内の感触を十二分に味わっていくのであった。

「奥までち×ぽを挿れてあげるよ……」

「い、イイ……、奥までちん×ん入ってる……、子宮が喜んでるのぉ……」

「千尋のおま×こ、エッチなお汁でヌルヌルになって、ち×ぽがスムーズに動いていくよ……」

「はぁん……、奥までおちん×んが刺さって、狂っちゃう……。本当に変になっちゃうくらい気持ちいいのぉ……」

激しい抽送を続けながら、尚且つ動きが単調にならないように工夫していく。

三度浅く突き、四度目で深く突く。このようにして、動きに変化を加え始めた。

「う、ううぅぅ……、おま×こ気持ちいい……、もっと、……もっとしてぇ……、激しくされると、凄く気持ちよくなっちゃうの……」

「激しいのがいいんだね……。乱暴の方が燃えるの?」

「そうなの。乱暴にされると、犯されてるみたいで、興奮しちゃう……。だから激しくしてぇ……、私を乱暴に犯してぇ……」

「わかった。強引に挿れてあげるからね……」

優人は懸命に突きの一撃を繰り出していく。

恐ろしい速さで、抽送を続けていくと、ペニスに快感が迸ってくる。

「あぁ、俺も凄く気持ちいい……、おま×こヌルヌルで、それでいて、ち×ぽを甘く締めてくれて、とてもいい感じだ……」

「うん……、もっと、してぇ、優人のおちん×ん最高……、優人のおちん×んがもっと欲しいのぉ……」

「おま×こが締まりすぎて、ち×ぽが噛み千切られそうだ」

「はぅぅ……、ううぅん……、おま×こが気持ちよくて、自然と締まっちゃうの……」

優人は姿勢を起こして、千尋の両脚を掲げた。

そして、垂直に脚を上げて、その状態で突き続ける。すると、膣内の形状が変わり、心地よさのレベルも上がっていく。

「脚を上げたら、おま×こがキュッと締まったよ……、どんな感じ??」

と、優人は尋ねた。

千尋は、目を閉じながら、快感に集中していく。

「うん。何かよくわかんないけれど、恥ずかしくて興奮しちゃう……。それに気持ちいいよぉ……」

「俺も気持ちいい……、素晴らしい快感だ……」

「あ……あぁああああ……!! 嬉しい……。来た、来てるよぉ……! おっきいの……いっぱいになって……ああぁん……」

ペニスの先端からはカウパーが滲み出し、それが蜜液と入り混じり、ヌルヌルになっていた。

奥の方までペニスを導いていくと、優人も堪らない気持ちになる。

「あっ! アァッ!!おちん×んが動いてる……、私の中でいっぱい動いてるのぉ……。あぁ……アァっ……、ひぁぁぁぁ……!! おちん×ん、いっぱい来てる……、凄く気持ちいのぉ……」

腰を引いては、一気に肉棒を膣内に落として快感を生み出していく。

子宮全体を叩くように抽送を続けていくと、快感のレベルもどんどん上がっていくのであった。

「は、ひゃややや……あぁっぁ……、す、ごい、……奥に何回も入ってきて……、来てる……、うん、……来てるの、凄いのが来てるぅ……」

一突きされる度に、千尋の脳髄に快感が響き渡っていく。

歓喜の声を上げながら、千尋は身体をくねらせていった。

「千尋……。ち×ぽが爆発しそうだ……。気持ちよくて堪らない……」

「う、うううぅん……、んッ! んッ! アァツ……、ひぁぁぁ……」

優人は千尋の脚を広げ、さらにまんぐり返しのような姿勢を取らせた。

そして、上から下に突き刺すように抽送を続ける。

「きゃぁぁぁ……、恥ずかしいよぉ……、こんな体勢……、いやぁぁん……」

「恥ずかしい方が興奮するだろ?」

「でもこれじゃ、全部丸見えだし、あぁぁん、恥ずかしいいぃ……」

「千尋、そろそろ体位を変えたいんだけど、イイかな?」

「え? 体位を変えるの?」

「うん、ずっと正常位だと飽きるだろ? そろそろバックでしてみたいと思って」

「わかった、イイよ、優人の好きなようにしてぇ……」

「ありがとう、じゃあ今度は四つん這いになってくれる?」

「恥ずかしいけれど、やってあげるね。……四つん這いになればいんだよね」

優人は一旦秘部からペニスを引き抜いた。

ぬるりとした蜜液を纏った肉竿はキラキラと輝いて見える。

「四つん這いになった千尋、凄く可愛いよ……」

「あ、あぁぁぁ!! 凄く恥ずかしい、お尻の穴まで見えちゃってる……」

「お尻も素敵だよ、ヒクヒク動いてる……」

「いやぁん、あんまり見ないでぇ……」

優人は、千尋の臀部の双肉を押し広げると、秘部を開帳させ、ヌレヌレになった女の部分に、ペニスをあてがっていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました