連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第13回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第13回

ヌルヌルになった秘唇に怒張を突き立てると、そのままゆっくりと吸い込まれていった。

ずぶずぶずぶと、めり込むように胎内に侵入していく。

「あぁ、千尋の中、凄くトロトロだよ」

「うぅん……、はぁ、おちん×んが入ってくるぅ……」

「おま×この中、ねっとりとしていて、ち×ぽに絡みついてくるんだ」

「はぁうぅん……あ……、あぁぁ……、もっと、動いてぇ……」

最初はゆったりとしたペースで抽送を続けていた。

ペニス全体が、じんじんするように甘締めされ、心地よくなっていく。

「お、おちん×ん、大きいぃ……。凄く気持ちいいよぉ……」

「俺も気持ちいい……、凄い快感だよ……」

「はぁぁん……、う、うぅぅ……、くぅん……、あぁぁん……」

「どんどん奥を突いてあげるからね……」

「うん、もっと突いてぇ、激しくしてほしいのぉ……、そっちの方が気持ちよくなれるのぉ。ふぁん……、あぁ……、イイ……、凄くイイよぉ……」

徐々に腰を穿つスピードを速めていく優人。

それに合わせて、千尋も腰を振っていく。心地いい刺激が全身を貫いていった。

「ふぁ……、あぁぁ……、優人のおちん×ん、好きぃ……、大きくて、おま×こを掻き回してくれるから、好きなのぉ……」

「ち×ぽがどんどん吸い込まれていく……。あぁ……、凄く心地いい……」

優人は姿勢をやや前傾にさせて、千尋に覆い被さる体勢になる。

そして、獣のようなセックスを展開していく。

「きゃぁ……、はぁん……、う、うぅぅ……、優人ぉ、優人ぉ……」

「千尋のおま×こ、キュッと締まって気持ちいいよぉ……。凄くイイ感じだ」

「アッ! あぁぁん、私も気持ちいい……、身体が溶けちゃいそう……」

「もっと、気持ちよくなって……、俺が突きまくるからね」

「うん……、もっと、突いてぇ。お願い……、そっちの方が気持ちよくなれるのぉ……」

優人は、千尋の覆い被さり、乳房を揉み始めた。

犯しているという感覚が強くなり、心地よさも倍増していく。

「はぁ……、おっぱい……、おっぱい弄られてるぅ……、あぁぁん……、おっぱいクリクリされると、気持ちよくなっちゃうのぉ……」

「千尋は胸が好きなんだね……、もっと弄ってあげるよ」

手指をフルに使って、バストを揉みしだいていく優人。

おっぱいに触れれば触れるほど、千尋の身体が、弓なりになり、快感に身を捩らせていく。

「千尋のおっぱい凄く柔らかい……。プニプニしてて、マシュマロみたいだ」

「くぅん……、優人におっぱい揉まれると、堪らなくなる……。体中がじんじんして、耐えきれないよぉ……」

「次は乳首を弄ってあげるよ。胸を揉まれながら、挿入されると、どんな感じ?」

「あ、あぁぁん、……もう、よくわかんない……。でも、おっぱい凄い気持ちいい……、おっぱい弄られながら、おちん×ん突かれると、激しく興奮しちゃうのぉ……」

乳首を捏ね繰りまわしていく優人。

クニクニと胸の蕾を刺激していくと、千尋の淫声も艶を帯びていく。

「乳首弄りながら、ち×ぽ入れると、おま×こがキュッと締まるよ……。まるで生きてるみたいだ……」

「うぅぅ……、おま×こもおっぱいも両方気持ちいい……、ジンジンしちゃうのぉ……」

「次はこんなのはどう?」

「え、何をするの……??」

優人は姿勢をやや垂直にさせ、そして、千尋の片足を持ち上げた。

すると、牡犬がおしっこするような形になる。

「きゃぁぁ……、こんな体勢恥ずかしいよぉ……」

「恥ずかしいけど、気持ちいいでしょ? おま×こからエッチなお汁がどんどん出てくる……」

「う、うぅぅ……。ヌルヌルになったおま×こ、もっと突いてぇ……。たくさん突かれると、もっと気持ちよくなれるのぉ……」

「もう少しペースを上げていくよ……」

優人は、自然と抽送のリズムを上げていった。

にちゃにちゃと、淫猥な音が鳴り響き、静かな室内に染み渡っていく。

「ち×ぽが奥まで届いてるよぉ……。はぁん、堪らない……。どんどん気持ちよくなって……、頭がフワフワとしてくるのぉ」

「俺もち×ぽが蕩けそうになるよ。おま×こ全体が、トロトロになっていて、ち×ぽに絡みついてくるんだ。あぁぁ、俺も凄く気持ちいい……、最高だよ……」

「きゃぁん……、ひぃ……、ふぅふぅ……、ああぁ……、あ、……あぁぁん」

脚を掲げたことにより、挿入の角度が変わっていく。

やや下から突き立てるように挿入していくと、ペニスは奥の方まで届いた。

「おま×こ、メリメリって言ってる……。おち×ぽが擦れて、おま×こ気持ちいいのぉ……」

「千尋、可愛いよ……、ヨガってる千尋、凄く魅力的だ……」

「はぁん……、あぁぁ、力が抜けちゃう……、そ、そこ、ダメェェ……」

掲げていた脚を元に戻すと、一転して千尋の両腕を掴み、姿勢を反り返らせた。

「くっ……、うぅん……、な、何をするの??」

「こうして腕を掴まれると、強引にされてるみたいでしょ?」

「うん、何か激しい……。くぅ……、あぁぁ、先っぽが当たって……」

千尋の身体は反り返り、突きの一撃の度に、ブルンブルンと乳房が揺れていく。

全体的に小ぶりなバストだが、それでも形が良く、優人の心を満足させていくのであった。

「っは……、うぅ……ンッ……あぁぁ。も、もぉ、おま×こ突かれてぇ、心地よくなってるのぉ……」

「俺のち×ぽも喜んでるよ……、とにかく最高だよ……」

優人は千尋の腕を離すと、今度は秘部の前方に手を回していく。

そして、挿入を繰り返しながら、陰核に触れ始める。

「アッ……、あぁぁん、クリトリス、弄っちゃダメェェ……」

「クリトリス弄った方が気持ちよくなれるよ。クリクリしてあげるからね……」

「ふぁん……、ダメだよぉ……、そんなに弄られたら……、おかしくなっちゃう……」

優人は器用に陰核の包皮を剥くと、手指を使って、こねくり回していった。

すると、秘唇がヒクヒクと震えて、キュッと締まり始める。

「クリトリス、気持ちいいだろ? 千尋、もっと可愛い顔を見せて……」

「うん、クリも気持ちいい……。はぁぁん……、あぁぁ……、あぁ、そこぉ……、イイのぉ……」

「千尋、俺、そろそろイキそうだ。イッてもいい??」

「優人、イキそうなの? あぁあん、わ、私ももう少しでイケそう。だから、一緒にイコう」

優人はガンガンと腰を穿ち、最後の仕上げを行っていく。

ペニス全体が心地よくなり、耐えがたい射精感が襲ってくる。

「うわぁぁ、で、出る、精子が出ちゃぅ……。中に出してもイイ?」

「うん、中に出してぇ、たくさん精子を出してほしいのぉ……、お願いぃ……」

次の瞬間、優人の欲望が一気に発散された。

ビュルビュルドピュと、勢いよく子種が膣内に放出されていく。

「あぁぁん。中に精子がたくさん……。ビュルビュルって出てる……。あぁぁ、堪んない。お腹が凄く熱くなってるぅ……」

「精子がどんどん出るよ。と、止まらない……」

優人は、最後の一滴までスペルマを絞り出すと、そのままガクッと崩れ落ちた。

千尋の秘唇がペニスを抜くと、ドロリと白濁色の精子が零れ出していった……。

「優人の精子がこんなにたくさん……。あぁ、凄い……」

「気持ちよかったよ。千尋……」

「私も……。優人好きだよ」

「俺も千尋が好きだ……。大好きだよ……」

二人のセックスはこうして終わりを告げた。

ただ、優人は再び明子と関係を持ってしまう。明子は既に、優人なしではいられなくなっているのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました