連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第15回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第15回

優人はまず、明子をソファの上で四つん這いにさせた。

下着を下ろすと、秘部だけでなく、アヌスまで丸見えになる。

「ねぇ、ちょっと、この体勢恥ずかしいわよ……」

「我慢してください。今から拡張プラグを挿れますから……」

「本当にそんなのが入るの? 結構大きいみたいだけど」

「大丈夫です。ゆっくりやりますから……」

優人は拡張プラグに唾液をたっぷりと垂らし、ヌルヌルとさせた。

そして、それを明子のアヌスに向かって突き立てていく。

「く……、うぁ……、き、キツイ……」

「最初はキツイかもしれませんけど、直ぐに慣れるはずです。頑張ってください」

「あぁ……。う、うぅぅ……」

メリメリと、拡張プラグがアヌスの中に侵入していく。

直腸の壁を、強引に切り開かれていくような感覚が広がっていった。

「は、はぁ……、あぅぅ……、これがお尻に挿れられるってことなのね……」

「そうです。ずっぷりと全部入りましたよ」

「何か変な感じよ。催すっていうか、うんち出ちゃいそう……」

「その内慣れるはずです。少しずつ動かしていきますから」

彼はそう言うと、黒光りする拡張プラグをゆっくりと動かしていった。

ずっぷりと奥深くまで突き刺さった拡張プラグが、静かに動いていく。

「はぁん……、お、お尻が裂けちゃうわ……、それに、凄い熱い……」

「裂けてませんよ。今のところ、何の問題もありません。続けますからね」

「く、くぅぅ……、あぁぁ、お、お尻が熱くて火傷しそうよ」

「それだけ興奮してるんですよ。もう少ししたら、お尻も広がって気持ちよくなるはずです」

静かなるペースで抽送を続けていく優人。

耐えがたい排泄感が明子を襲うが、彼女は必死になって耐えていた。

(あぁ、これがお尻を犯されるってことなの……。何か、凄い変態になった気分だわ……)

と、明子は感じていた。

同時に、激しい羞恥を感じている。だが、それが徐々に心地よくなっていくのである。

「明子さん、どんな感じです? お尻にプラグを挿れられるのは?」

「うぅぅ……、ど、どんな感じって……、凄く変な気分よ。でも、引き抜かれる時は少し気持ちいいかもしれない」

「引き抜く時がいいんですね」

「そう……。じゅりゅって引き抜かれると、とっても心地いいの……。でも、お尻全体が熱いわ。熱湯をかけられたみたい……」

優人は拡張プラグを奥深くまで挿入すると、それを一気に引き抜いていった。

めりゅめりゅと、プラグが直腸内を駆け巡っていく。

「あぁぁ。そんな急に引き抜かないでぇ……」

「でも感じるんでしょ? 気持ちいいって言ったじゃないですか」

「気持ちいいけど、こんな強引に……、お尻がおかしくなっちゃうわ……」

「少しずつアナルも広がってきましたね。中の粘膜まで見えてますよ……」

「いやぁん、そんなとこ見ないで……、汚いわぁ……」

「汚くなんかないですよ。むしろ、凄くキレイな色合いをしていますよ」

引き続き、優人は拡張プラグを出し挿れさせていった。

心地いい刺激が、アヌスを通じて全身に広がっていく。明子は、お尻の穴を拡張され、その虜になりつつあった。

「この後、おちん×んを挿れるの?」

「もちろんです。そのために、お尻を広げているんですよ」

「本当に入るかしら……。何か不安だわ……」

「心配しないでください。俺も、なるべく優しくしますから。安心していいですよ」

「私、お尻を犯されるのは初めてなの。……だから、あんまり乱暴にしないで……」

「はい。優しくしますよ。俺は明子さんが好きですから……」

優人の言葉を聞くと、どこか勇気を貰える。

明子は、苦痛と快感が入り混じった感覚を覚えながら、優人のことを考えていた。

「そろそろ、ち×ぽ挿れてみますか? 多分、入ると思うんですけど……」

「え、えぇ……、わかったわ。挿れてみて頂戴……」

「ありがとうございます。最初はゆっくり挿れてみますね」

「はぅぅ、おちん×んがお尻に入ってくるのねぇ……」

期待感が、全身を貫いていく。

アヌスという、未知なる器官を刺激され、明子の興奮もピークを迎えていた。

「明子さん、一度、プラグを抜きますね……」

「はぁん。……抜かれる時、気持ちいいの……。お尻がこんな気持ちになるなんて、不思議な感覚だわぁ……」

明子の言葉を聞いた優人は、静かに拡張プラグを引き抜いた。

僅かに、ツンとする刺激臭がしたが、それは決して不快ではない。むしろ、興奮を誘う高貴な香りであると感じられる。

「大分、アナルが広がっていますね。これなら俺のち×ぽでも問題なく入りそうだ」

「本当? 本当に大丈夫なの??」

「問題ありません。最初は変な感じがするかもしれませんが、直ぐに快感に変わりますよ。だから、安心してください。さぁ、俺と一緒に気持ちよくなりましょう……」

優人は、四つん這いになった明子のアヌスに、ペニスを突き立てていった。

拡張プラグにより、アヌスは広がりを見せており、直腸内の様子が良く見える。

「挿れますよ。……明子さん」

「はぅぅ……、おちん×んがお尻に入ってくる。私、お尻の処女を奪われちゃうんだわぁ」

「そうですよ。明子さんのアナル処女は、俺が貰います」

「くぅぅん……、アァァ……、優人君、優人君……んんんぁ……」

優人はペニスに唾液を垂らし、それを潤滑油代わりにして、そのままアヌスの中にペニスを導いていった。

ずぶずぶずぶと、ペニスが直腸内に吸い込まれていく。

「あぁ。入った。入りましたよ。明子さん……」

「くぅぅ……、アッ……あぁぁん、おちん×ん、大きくて、お尻が裂けそう……」

明子の直腸内は、どこかフワフワとしており、甘くペニスを締めあげていく。

通常、アヌスは挿入口だけが窮屈であり、内部は空洞になっているケースが多いが、明子の直腸は、ペニスに絡みつく柔軟性があったのである。

「凄い締め付けだ。ち×ぽが噛み千切られそうですよ……」

「あ……、あぅぅ……、お、お尻が熱い……。おちん×んがお尻に入ってきて、凄く熱くなってるのぉ……」

アヌスへの挿入は想像以上の衝撃があった。

最初は、激しい排泄感を覚えたが、それは時間と共に薄まっていく。

「最初はゆっくり動きますからね……」

と、優人は言い、静かにペニスを抽送させていく。

「はぁ……、あぁ……、お尻がどんどん広げられていく……。あぁぁん、……、凄い感覚だわ……」

「気持ちいいですか? 明子さん??」

「まだよくわからないわ。でも、そんな悪くないの。お尻全体が火が付いたみたいに熱いのぉ」

一定のリズムを刻み、優人はペニスを動かしていく。

次第に、明子の中でも快感を覚えるようになっていった。

「優人君、ああ……、イイわ。何か気持ちよくなってきたの……。やっぱり、おちん×んを引き抜かれる時の方が気持ちいい……、ずりゅって引き抜かれると、何だが、とっても気持ちいいのぉ……」

「引き抜くときは力強くしてみますね。こんなのはどうですか?」

優人は、唐突に深く突き上げ、その状態から一気に引き抜いた。

すると、電流が走ったかのような衝撃が、明子を身体を貫いていく。

「きゃぁ……、ああ、それ、イイの……、凄く気持ちいい……、あぁん……あはぁ……、おちん×ん、もっと引き抜いてぇ……」

「たくさん突いて、そのまま勢いよく引き抜いてあげますからね……」

「そうしてぇ、優人君、お願いぃ……」

「明子さんのお尻の中、何だか、ち×ぽに絡みついてきて、凄く気持ちいいんです。おま×ことは違った刺激があります」

「くぅぁ……、おま×こもイイ。それにお尻も気持ちいいの。どっちもイイわぁ……」

優人は少しずつ抽送のリズムを上げていく。

メリメリと直腸の壁を擦りながら、ペニスを動かしていくと、明子の身体がビクビクと跳ねた。

「あ……、んんぁ……、だんだん速くなってるぅ。お尻がおかしくなる……。それに癖になっちゃうわぁ……。お尻なしじゃいられなくなっちゃう……」

「俺が、毎回アナルセックスしてあげますよ。だから、安心して変になってください。俺、変になった明子さんが見たいですから」

「くぅぅん……。お尻を犯されて、心地よくなってる……。あぁ。快感が止まらないの……。どんどん気持ちよくなって、身体が震えちゃうわぁ……」

優人は姿勢をやや前傾にさせ、上から下に突き刺すように抽送を続けた。

若干であるが、挿入の角度が変わり、違った刺激が伝わってくる。

「お尻を犯されて、気持ちよくなってるぅ。あぁあん、もう止まらない。もっと、……もっと突いてぇ。お尻を激しく犯してほしいのぉ……」

「俺も凄く気持ちいいですよ。ち×ぽがじわじわ締め付けられて、とにかく心地いいんです。こんな感覚初めてかもしれません」

「私も初めてぇ……、お尻がこんなに気持ちよかったなんて知らなかったわぁ……。あぁぁん、……優人君、もっと激しくしてもいいわよ」

「もっと激しくですね。やってみます」

優人はさらに抽送のペースを上げていった。

すると、耐えがたい射精感が襲ってくる。このペースでは、あまり持たないかもしれない。

「明子さん、これ以上速くすると、俺、イッちゃいます」

「え、イキそうなの? ちょっと待って。もう少し我慢してぇ。まだ気持ちよくなっていたいの……」

「明子さんはイキそうですか? お尻を突かれて、イキそうになっていますか??」

「ふぁ……、くぁ……、あぁぁん、私、もう少しでイケるかもしれない。だから、優人君、もう少し我慢してぇ」

「わかりました。限界まで耐えてみせます」

優人はキュッと下半身に力を入れ、必死になって射精感を押さえ込んだ。

しかし、確実に限界は近づいてきている。

「はぁ……はぁ……、お尻が熱くて、ずりゅっと引き抜かれると気持ちいい……、あぁぁん、もう本当に癖になっちゃうわぁ……、もうここから抜け出せない……。あぁぁ……、いやぁん……」

「明子さん、……明子さん。うぉぉ……」

最後の力を振り絞って抽送を続ける優人。

その思いが通じたのか、明子も大きなアクメを感じ始めた。

「くぁ……、ゆ、優人君、凄い……、何かお尻が変……、気持ちよくなって、……体中がジンジンして。何かイキそう……。優人君、私もそろそろイクわぁ……」

「わかりました。俺もイキそうです。お尻の中に精子出してもイイですか?」

「えぇ、たくさん精子を出して頂戴ぃ、私のお尻の中にたっぷり精子を注いでぇ……」

優人の限界もピークを迎えた。体中がガクガクと震え出し、ペニスが収縮を始める。

止めどない射精感を覚えた後、強烈なオルガスムスが襲ってきた。

「あぁぁ。明子さん、出る……、精子が出ます……」

「ふぁ……、あぁぁん、たくさん出して、私のお尻を精子でいっぱいにしてぇ……」

「うわぁぁぁ。……ダメだ、出る、イク! イキます」

優人は叫んだ。

そして、身体を大きく震わせて、牡の欲望を一気に放出させた。

ビュルビュルドピュ。勢いよく白濁色の子種が直腸内に放出される。

「きゃぁぁ……、お尻の中にたくさんの精子がぁ……、あぁあん……、凄く熱いぃィ……。お尻が蕩けちゃうわぁ……」

「どんどん精子が出てくる。あぁ、凄く気持ちいいぃ……」

最後の一滴まで精子を絞り出した優人は、激しい射精を終えて、そのままソファの上に崩れ落ちた。

アヌスからペニスを引き抜くと、ややカフェオレ色になった精液がドロリと零れ出していく。

「あぁ。お尻から精子が出ちゃうわ……、いやらしい……、それにもったいない……」

「明子さん、凄くよかったです。アナルセックス、最高でした」

「私もこんな気分になったの初めて……。とても興奮したわぁ……」

優人は明子をヒシっと抱きしめると、そのまま優しく口づけをした。

甘く蕩けるようなキスが展開され、明子も心の底から満足していく。

「明子さん、好きです……。俺、明子さんが好きです……」

「優人君。でもあなたには千尋が……」

「千尋も大切ですけど、俺には明子さんも必要です」

燃えるような瞳で、優人は明子を見つめた。

そんな瞳で見つめられると、ゾクゾクとしてしまう自分がいる。

「やっぱりダメよ。あなたは千尋と幸せになるべきだわ……」

「で、でも俺は明子さんが……」

「これを最後にして、ね、お願い……」

「明子さん、なら、俺から提案があります」

「提案?」

「そうです。もう一回俺としてください。そして、その時は千尋も呼びます。つまり、三人で楽しむんです。それでも尚、あなたが俺との関係を終わらせたいと思うなら、その時は諦めます。だから、最後にチャンスを下さい」

「千尋も一緒に……、そ、そんなこと……」

「俺、二人を幸せにさせたい。だから、お願いです」

優人の必死の懇願に、明子も断り切れなかった。

何よりも、身体は優人のペニスを求めているのである。

「わかったわ。千尋と一緒にしましょう。それで優人君が満足するならいいわ」

「ありがとうございます。絶対後悔はさせませんから……」

こうして、明子は優人の願いを聞き入れた。

千尋を交えた、濃密な情事が展開されてようとしている――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました