連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第18回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』第18回

(あぁ。優人のおちん×ん……、早く舐めたいよぉ……)

と、千尋は感じていた。

イッたばかりだというのに、ズキリと秘唇が疼くのである。

それに対し、明子も優人のペニスを望んでいる。

(優人君のおちん×んを千尋と二人で……、そんな淫らなこと……)

動揺がないわけではない。

しかし、ペニスを舐めて優人を気持ちよくさせたかった。

「千尋、明子さん、俺のち×ぽを弄ってください。もうこんなになってるんです……」

優人は着用していた衣類を脱ぎ始めた。あっという間にボクサーパンツ姿になる。

既にあそこはギンギンとなっており、激しくテントを作っていた。

(ふぁ……、優人のパンツ、はち切れそうになってる……)

「千尋、パンツ脱ぐね……」

優人はそう言うと、ゆっくりとボクサーパンツを脱ぎ始めた。

すると、ギンギンになったペニスが天に向かって反り返る。

(凄いわ……。優人君のおちん×ん。あんなにビンビンになってぇ……)

思わず感嘆の瞳を向ける明子。相変わらず、優人のペニスは大きく感じられた。

まず、最初に動いたのは千尋であった。彼女は、ペニスを握りしめると、ゆっくりと上下に動かし始めた。

「優人、おちん×ん弄ってあげるね……」

「あぁ……、千尋が俺のち×ぽを弄ってる……」

シコシコと肉竿を扱き始める。すると、優人の顔が薄紅色に変化していく。

娘が手コキをしている姿を、一歩下がって見つめていた。

(優人君、本当に気持ちよさそう……)

明子はゴクリと生唾を飲み、二人の様子を見つめている。

自分のこの輪の中に入りたい。だけど、どうしていいのかわからなかった。

「優人、おちん×ん気持ちいい?」

と、千尋が不安そうに尋ねた。

すると、優人はにっこりと笑みを浮かべながら、

「うん、凄く気持ちいいよ……。もっと、速く動かしてもいいかもしれない……」

「もっと速くだね。わかった」

千尋の手コキのペースが徐々に上がっていく。

ペニスの先端からは、じっとりとしたカウパー腺液が滲み出し、それが千尋の手指に付着していく。

(あぁん、優人のちん×んの先っぽから何か出てきたよぉ……)

「くぅ……、うぁ……、千尋、その調子……、凄く気持ちいい……」

若い二人の淫らな行為を見て、明子も自分の興奮を擽られた。

全体的に、うずうずしてくる。あそこからとろりと潤沢な蜜液が流れた。

「優人君、私は何をすればいいの? 私にも何かさせて」

と、明子は懇願する。

それを聞いた優人は、スッと視線を明子に合わせると、何やら考え込んだ。

「明子さん……。そうしたら、俺の乳首を弄ってもらえますか? 後ろから手を回して、クリクリと刺激してもらえると、ありがたいです」

「乳首を弄ればいいのね? わかったわ……、やってみるから……」

意気揚々と明子は優人の後ろに回った。

彼は仁王立ちになり、千尋の愛撫を受けている。

明子はその背後に回り、手指を優人の乳首に沿わせていった。

「あ……、優人君の乳首、少し硬くなってるわ……」

「はい。男も興奮すると、乳首が硬くなるんですよ」

「うふふ、嬉しいわ。もっと気持ちよくなって頂戴……」

コリコリと優人の乳首を刺激していく明子。

年下の男子の乳首を弄っていると、何だか不思議な気分になってくる。どこかこう、もっと喜ばせたくなるのである。

「優人君の乳首、硬くなって、ピンと立っているわ」

「くぅ……、ハイ。それだけ気持ちいいんです……」

対する千尋も、必死になって手コキを続けている。

弄れば弄るほど、カウパー腺液が滲み出し、トロトロになっていくのであった。

「優人、おちん×ん、どんどん硬くなってるよぉ」

「う、ううぅ……、堪らないよ……、千尋、凄く気持ちいい……。千尋のち×ぽ弄られて、心地よくなってる……。あぁ、最高だよ……」

ガクガクと身体を震わせる優人。

段々立っているのがしんどくなっていくのであった。

(はぁん、……優人のおちん×ん、凄い匂いがする。ツンとして、何だか逞しい香り……。こんな匂いを嗅いじゃうと、こっちまで興奮してきちゃう……)

手コキを続けていると、ペニスの匂いをモロに感じるようになった。

青臭いというか、牡の香りというか、鼻を突くような独特な香りが漂っていく。それを嗅ぎながら、千尋も少しずつ興奮していった。

「千尋、タマも弄って……、お願い……」

「タマ……、わかった。弄ってあげる……」

千尋は手コキを続けながら、空いたもう片方の手で、睾丸を軽くマッサージしていった。

やや硬度のある睾丸が、千尋の手指によってマッサージされていく。

「く、くぁ……、最高だ、タマもち×ぽもダブルで気持ちいい……。千尋……、千尋……」

千尋の名前を念仏のように唱える優人。

気持ちよさの塊が、徐々に降り注いでくる。頗る気持ちよくなり、彼はとろんとした目つきになった。

(アァツ……、優人君、凄く気持ちよさそう……、千尋におちん×んを弄られて、心地よくなってるんだわ。ファ……、私も負けていられないわね……。優人君をもっと気持ちよくしてあげなきゃ……)

明子は乳首を弄りながら、優人の顔を見つめ、そのまま彼の唇にキスをした。

これには優人も驚いたようであったが、直ぐに状況を理解し、すんなりとキスを受け入れていく。

「んちゅ……、にちゃ……、ちゅちゅん……」

甘く切ないキスが展開されていく。

明子の濃密なキスを受け、優人も満足感で包まれていった――。

「んんぁ……、優人君、はぁ、ハァ……」

「明子さん、明子さん……」

触れるだけのキスから、やがて舌を絡め合うディープなキスを展開していく。

お互いの唾液を啜り合い、にちゃにちゃと淫猥な音を鳴り響かせながら、キスを続けていった。

(くぁ……、明子さんの唾液、何だか甘いや、蕩けるくらいに濃密だよ……)

と、優人は感じていた。

彼女の濃厚なキスを受けていると、何だか頭がフワフワとしてくる。

全体的に気持ちよくなり。体中が心地いい刺激に満たされていく。

「んちゃ、……んちょ、あ、明子さん、キスの次は乳首を舐めてください……、レロレロって乳首を刺激してください。お願いします」

優人は必死に懇願した。

それを受け、明子は物欲しそうにキスを止めると、そのまま顔を下に下げていき、カプッと乳首に吸いついた。そして、チューチューと激しく音を上げながら吸引していく。

「にちゃ……、ちょぱ、ちゅぱ、にちゃぱ……」

吸ったり舐めたりを繰り返し、明子は乳首を責め続ける。

優人も堪らなくなり、短い嗚咽を吐くようになった。

「優人、私もおちん×ん舐めてあげる。んちゅ……、にちゃ……」

「はぁぁ……、千尋……、う、うわぁ……、それ、凄いイイよ……、もっとしてくれぇ」

ビクビクと身体を動かしていく優人。痛烈な刺激が襲ってくるのであった。

千尋は肉胴を奥深くまで口腔で包み込むと、激しく吸引しながら動かし始める。

(千尋、バキュームフェラをしてる……、あぁ、堪らないよ……、千尋……、凄く気持ちいい……)

優人は、懸命に快感に耐えている。しかし、次第に限界が近づいてきたようである。

迸る射精感を覚えながら、彼は下半身をギュッと硬直させた。

「千尋、明子さん、俺、そろそろイキそうです」

「優人、イキそうなの?」

「うん。イキたいよ。精子が出そうだ」

「なら出して、私の口の中にいっぱい出してェ……」

そのやり取りを聞いていた明子は、じゅんと秘唇を湿らせる。

(あぁ。私も優人君の精子を浴びたい……。あの白濁色のスペルマが欲しいわぁ……)

千尋は最後の力を振り絞って、フェラを続けていった。

なるべく歯を立てないように注意しながら、口腔をフルに使ってフェラを行う。

「うぉぉ。ダメだ、千尋、もう限界、俺出る……、精子が出るよ……、出ちゃうぅぅ」

優人の額から汗が流れ出した。それが床に落下していく。

ペニスがヒクヒクと震え始め、大きなオルガスムスを感じ始める。

(んんぁ、優人のおちん×んが何だか膨れ上がって来たような気がする……)

そう千尋が思ったのも束の間、優人が劈くような声を上げた。

「千尋、出る! イクよ。精子が出るぅ!!」

次の瞬間、激しい性の暴発があった。

ビュルビュルドピュと、勢いよく白濁色の子種が、千尋の口腔内に注がれていく。

千尋は口をいっぱいに広げて、精子を受け止めた。

(千尋が優人君の精子を受け止めてる……、私も欲しい……。ダメなのに……、でも身体が動いちゃう……)

「千尋、私にも精子を頂戴……」

明子はそう言うと、千尋の顔を近づけて、そのまま唇を重ねた。

そして、強引に精子を啜り始める。

「んちゃ……、んんぐぅ……、むぐ……、んぁ……精子の味、堪らないわぁ」

「お母さんズルいよぉ。私も精子が欲しいのにぃ」

母娘は仲良く吐き出された精子を飲み込んでいった。

その様子を優人は満足げに眺めていた。

「千尋、明子さん、ありがとうございます。俺、凄く気持ちよかったです。今度はおま×このち×ぽを挿れてあげますよ」

「うん、優人、おちん×ん、おま×こに挿れてぇ。早く気持ちよくなりたいのぉ。お母さん、私が先でもいいよね??」

その問いに、恥ずかしそうに明子が答える。

「わかったわ、まずは千尋と優人君がしなさい。私は後でいいから」

「ありがとう、お母さん。さぁ、優人、早くしよぉ……」

急かすように千尋が囁く。

その言葉を胸に、優人は千尋をソファの上に押し倒していった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました