連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』最終回

連載官能小説

連載官能小説『彼女のお母さんに憧れて』最終回

優人にとって、二度目のアナルセックスが展開されようとしている。

前回は明子。そして、今回は千尋である。

「千尋、それじゃ挿れるよ……」

「うん。お願い……、来てぇ……」

四つん這いになった千尋は、フリフリとお尻を振って彼を誘惑していく。

優人はというと、彼女のお尻に手を置いて、ペニスを菊孔に押し当てていった。

「うわぁ、キツイ……。凄い締め付けだ……」

「く、うぅぅ、お尻が熱いぃ……」

ずぶずぶと狭いアヌスにペニスが入っていく。

直腸の壁をメリメリと開拓していき、奥の方まで突き刺さっていった。

「入ったよ。千尋。俺のち×ぽがずっぽりとお尻の中に……」

「はうぅ……、これがお尻を犯されるってことなのね……、はぐぅぅ……。何か凄く辛いけど、興奮するの」

「少しずつ動くからね……」

「うん、最初はゆっくり動いて、お願い……」

「わかった。痛かったら言ってね。なるべく痛くないようにするから」

「ありがとう優人……。多分、大丈夫だと思う……」

優人のさりげない優しさが嬉しく感じられる。

千尋はお尻をグッと高く上げると、立ち昇る排泄感に耐えていた。

(これがアナルセックス……。凄いハードなんだわ……。でも頑張らないと……。お母さんができたんだから、私だってできるはず。大丈夫。大丈夫だよ……)

と、千尋は自分を鼓舞していく。

対する優人はゆったりとしたペースで腰をグラインドさせていく。

ずぶずぶと尻孔にペニスがめり込み。ずちゅずちゅという、淫靡な音が聞こえ始めた。

「千尋のお尻の中、何かフワフワとしていて、ペニスを優しく包み込むよ……。うん、凄くイイ感じだ……。ねぇ、千尋、大丈夫?」

「は、あうぅ……。うん、大丈夫。何か凄い興奮するの……。お尻の穴をおちん×んで突かれて、私、堪らなく興奮してる……。あぁぁん。変になりそう……。お尻が熱くて……。ズンズン突かれて、心地よくなってるのぉ……」

「俺も凄い気持ちいい……。おま×ことは違った刺激があるよ」

「おま×こも気持ちいいけど、……お尻も気持ちいい……。はぁん……、お尻が火傷するくらい熱くなってるぅ……」

自然と、腰を振り始める千尋。

彼女の尻の動きに合わせて、優人は突きの一撃を繰り出していく。

「あ、あぁぁ……、ふぐぅ……、あん、アッ、あぁぁぁ……」

「千尋、千尋……。あぁ、ち×ぽが包まれて、堪らないよ……。どんどん気持ちよくなっていく……。うぐぅ。このままだとすぐにイッてしまいそうだ」

「まだイクのはダメだよ。始まったばかりなんだから……」

「わかってるよ、なるべく耐えるから……」

「う、うぅ……。あぁん、お尻がじんじんしてきて、癖になりそう……」

優人は姿勢をやや前傾にさせ、千尋に覆い被さるような体勢を取った。

その姿はまるで獣のような感じである。

「優人……、おっぱいも触って……。お尻とおっぱい、両方刺激してぇ……」

「おっぱいだね、おっぱいを触って欲しいんだね……。よし、行くぞぉ……」

優人は手を前に回し、千尋の乳房を揉み始めた。

適度に弾力のある千尋のおっぱいが、優人の手のひらの中でぐにゃりと潰れていく。

「きゃぁ……、おっぱいも気持ちいいぃ……、お尻を犯されながら、おっぱいも弄られてるぅ……、うくぅ……、あぁぁ。あぁん……」

「千尋のおっぱい、凄く柔らかいよ。もっと揉めば大きくなるかもしれないね」

「うん、もっと揉み揉みしてぇ。そして、私のおっぱいを刺激してぇ。お願いぃ……」

千尋の乳房を刺激しながら、同時に腰を大きく動かし、尻孔を突きまくっていく。

最初は、痛烈な排泄感があったのであるが、少しずつ快感に変わり始める。

(あぁん……、何だかお尻が気持ちよくなってきた……。どうしてだろう? とにかくお尻が気持ちいいのぉ……。それにあまりに気持ち過ぎて、おしっこ出ちゃいそう……)

優人は一定のリズムで彼女の尻孔を突き続けた。

すると、千尋がガクガクと震え始める。

「優人、何か、おしっこが出そうなんだけど……。どうしよう?」

「え? おしっこ出そうなの? なら、そのまま出してもイイよ」

「え、えぇぇぇ……。そんなの無理だよ。お漏らしなんて……」

「お漏らししてよ。千尋のおしっこみたい……」

あまりの提案であったが、千尋は我慢できなくなっていった。

ずんずんと菊孔を突かれると、膀胱が同時に刺激され、激しい尿意を覚えた。

「あぁん、ダメ、あぁぁ……、出る、出ちゃう……」

お尻を突かれながら、千尋はピッピッと、おしっこをしてしまう。

必死に我慢しているのであるが、少しずつ漏れてしまうのであった。

(いやぁぁぁ……、おしっこ出てる。あぁん、でも、止まらない……)

「千尋がお漏らしてる……。あぁスゴイ興奮するよ……」

結合部分から、黄金色の尿が流れ出していく。

温かな感覚が、優人の太ももに伝わっていった。

(ダメなのに……、私、おしっこ漏らして興奮してる……。子供みたいにおしっこ漏らして……、あぁん、こんなの完全に変態だよ……)

ちょろちょろと尿を漏らし、激しく赤面する千尋であったが、気持ちよさはひとしおであった。他人の前でおしっこを漏らして、興奮してしまったのである。

「千尋、気持ちいいんだね。おしっこ漏らすほど、気持ちよくなってるんだね……」

「あぐぅ……。恥ずかしいよぉ……。私、お漏らししちゃった……」

「俺は全然気にしないよ。むしろ、嬉しいくらいだよ。千尋の素の姿が見れて、感動したよ……」

優人は、千尋の両手を掴むと、くいっと自分の方に引っ張っていき、彼女の身体を反り返らせた。そして、その状態のまま、激しく菊孔を突き続ける。

「はぅぅ……。凄い激しい……。犯されてるみたい……」

「そうだよ。千尋は犯されてるんだ。俺が今、犯しているんだよ……」

「はぐぅ……。私、犯されてる……。なのに、凄い興奮してるのぉ……。堪らなく気持ちよくなって……おかしくなりそう……」

「おかしくなっていいよ。おかしくなって、もっと気持ちよくなって……。そうした方が、俺も嬉しいから……」

「はぅん……、優人……、優人ぉ……。はぁん……、あ、あぁぁん……、お尻、ズンズン突かれて、ますます気持ちよくなってる……。もう止まらないの……。ハァ、あぁ、お尻……、癖になっちゃうぅっ……」

「千尋、立ってごらん。立ったまま犯してあげるから……」

「え、立つの? わかった……」

挿入したまま、ゆっくりと千尋は立ち上がった。

そして、ソファの端に手を置いて。身を前かがみにさせる。

「立ちバックでお尻を犯してる……。千尋、気持ちいいだろ?」

「あぁ……、あぁぁん。気持ちいい……、凄くイイのぉ……、立ったままおちん×んを挿れられると、物凄い気持ちいいのぉ……。はぅん……、あぁ……、あぁぁぁん」

立ちバックの状態で、優人は器用にペニスを穿ち続ける。

少しでも気を抜くと、抜けそうになってしまうが、それでも彼は懸命に肉竿を動かし続けた。

「お尻が捲れちゃう……。はぁん……、ずりゅじゅるって、お尻を犯されて、どんどん気持ちよくなってる。おしっこ漏らして、恥ずかしいはずなのに、どうしてか興奮しちゃうのぉ……」

「俺も気持ちいいよ。千尋のお尻の中、ねっとりとしていて俺のち×ぽを包み込むんだ」

「きゃわぁ……、はぁうん……、うぐぅ……、優人……優人ぉ……」

甘い声を出し、千尋は叫び続ける。

その声を聞いていると、優人もますます興奮してくるのであった。

「千尋、こんなのはどうかな?」

「え? 何をするの、優人……」

優人は千尋の右足を持ち抱えると、それをグイッと上に掲げた。

まるで犬がおしっこするような体勢になり、秘部や結合部分が丸見えになる。

「はぁう……、優人、こんな体勢恥ずかしいよぉ……」

「お尻の穴にずっぷりとち×ぽが入ってる。よく見えるよ……」

「きゃぁ……。いやいや、止めてぇ……」

「お尻の締め付けが強くなったよ。やっぱり興奮してるんだね? 千尋ってすごいエッチだと思う。だって、こんな体勢になって、アンアン喘いでいるんだもん。それにおま×こも濡れてるよ……」

菊孔を突かれ、彼女は秘唇から大量の蜜を垂らし続けていた。

それが太ももを伝い、床に流れ落ちていく。

「だって、だってぇ。こんな体勢で突かれたら、おま×こ濡れちゃうに決まってるよぉ……。それに、私はエッチじゃないよ。優人が強引だから仕方なくしてるんだもん……」

「でも、こんなにおま×こ濡らしていたら、説得力ないよ。俺はエッチな千尋の方が好きだよ。そっちの方がセックスを楽しめるからね……」

「ぐぅ……、うぅ……、私、どんどんエッチになってるぅ。優人の所為だからね……。優人がエッチだから、私までエッチになっちゃうの……。はぁん、……だから責任とってぇ、ちゃんと、私を最後まで気持ちよくさせてぇ」

優人は懸命になってペニスを穿ち続けた。

次第に、大きな射精感が彼を襲い始める。

「あぁ、千尋、俺、そろそろ限界かも……、ち×ぽ、暴発しそうだ……」

「精子出そうなの?」

「うん。精子出したい。千尋のお尻の中に、精子たくさん出したいよ」

「ふぐぅ……、わかった、それじゃたくさん精子頂戴。私のお尻の中に、たっぷりおちん×んミルク出してぇ……」

じわじわとペニス全体が熱くなっていく。

少しずつ肉竿が収縮を始める。完全にイク兆候が現れ始めた。

「うぐぐぅぅ……、千尋、もうダメ、俺限界だよ……」

「あぁぁん、出して、ち×ぽミルク一杯頂戴……」

「うぉぉ……、ダメだ……、で、出るぅ……」

優人は最後の力を振り絞って、抽送を続ける。

恐ろしい勢いを突きまくり、とうとう彼は圧倒的なオルガスムスを覚え始める。

「出る、イクよ、千尋のお尻にたくさん精子出すからね……」

「うん、お願いぃ……、来てぇぇぇ……」

次の瞬間、優人は激しく牡の欲望を発散させた。

ドクドクと白濁色のスペルマが、千尋の直腸に注がれていく。

「はぐぅ……あぁ、凄い、たくさんの精子が私のお腹の中に入ってくるぅ……」

「うわぁ……、精子が止まらないよ。どんどん出てくる……」

優人は最後の一滴まで精子を絞り出すと、ペニスをゆっくりと引き抜いた。

すると、尻孔からどろりとしたスペルマが零れ出してくる。

「あぁ、お尻から精子が……出ちゃう……。はぁん……」

「千尋、凄い気持ちよかったよ……。ありがとう」

二人のアナルセックスは終わりを告げた。

優人がぐったりとしていると、そこに明子がやって来る。

「優人君、まだ終わりじゃないわよ。私のおま×こに、もう一度おちん×ん挿れてぇ。ねぇ、まだまだ足りないのぉ。お願い……」

「明子さん……、わかりました。じゃあ、もう一度しましょう……」

すると、二人のやり取りを聞いていた千尋が口を挟む。

「優人、私もまだまだ足りないからね。もう一回したいよ……」

「わかった、じゃあ明子さんの次にまた千尋とするから。ね、それでいいだろ?」

「うん。絶対だよ。今日はセックスしまくるんだから……」

既に明子は妖艶なポーズを取り、優人を誘惑していく。

三人の淫らな集いはまだまだ終わりそうにない……。

(明子さんも、千尋も、凄いエッチだ。今日は頑張らないとダメだな……)

優人は覚悟を決める。同時に、肉棒がムクムクと回復し、大きくなっていくのを感じていた――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました