連載官能小説『サキュバス』第3回

連載官能小説

連載官能小説『サキュバス』第3回

「ひゃぁ……、ふ、服は……、お洋服は着たままでもいいんですか?」

「うん。そのままでいいよ。ただパンツは脱がすけど……」

興奮しっぱなしの和人は、鼻息を荒くしながら、エリザを押し倒す。

とはいっても、まず何からすればいいのかわからない……。

(いきなりおま×こを触るのっておかしいのかな……)

必死に思考し、和人はキスから始めることにした。

(キスしよう……。エリザさんとキス……。あぁ、堪んないよ……。こんな美少女とキスできるなんて、夢じゃないだろうか……)

どんどん興奮していく和人。

彼はエリザの顔に自分の顔を近づけていった。

「キスしたい……。エリザさん……」

「はぅ……。いいですよ。してください。サキュバスは、キスからでもエネルギーを受けられるんです」

「へ。そうなの? なら丁度いいね……」

「はい。お願いします……」

和人は優しくエリザの唇に、自身の唇を重ねる。

プニっと柔らかい唇の質感が、和夫を覆っていく……。

(あぁ、エリザさんの唇、凄く柔らかい。これがキスなのか……)

和人はキスが初めてである。

それ故に、甘く切ないキスを体験して、夢見心地になっていった。

「んぐ、むぐ……、んぁ」

エリザの口元から、ツツッと涎が滴り落ちた。

彼女は、触れるだけのキスから、さらに激しいキスを求めていく。

(あ、エリザさんの舌が入ってくる……。うわぁ凄く熱い……)

舌を絡めるディープなキスが展開されていく。

和人も必死になって、エリザの舌に自分の舌を絡めていった。

「んちゅ、にちゃ、……くちょん……、ちゅぱ、ちゅぱ……」

お互いの唾液を啜り合っていく。

和人にとって、エリザの唾液はハチミツのように甘く感じられた。

(くぅ。エリザさんとのキス……。凄いや……。強烈に気持ちいい……)

ただキスをしているだけなのに、痛烈な快感が襲ってきた。

キスをしていることで、頭がフワフワとしてきて、夢見心地になっていく。

「んちゃ……、んぐぅ……、あ、あの、和人さん……、おっぱいも……、おっぱいも触ってください……」

「え? おっぱいも触っていいの?」

「はい。触って欲しいんです。お願いします」

エリザの着用している洋服は、ワンピースになっており、胸を露出させるのが難しかった。

ただ、肩が大きく開いたデザインなので、肩の方から服をずらして、胸を露出させていく。

(女の子のおっぱい……。はぁ、見たいなぁ……)

ドレスを肩からお腹の方にずらすと、可愛らしいブラジャーが顔を出す。

白のレースが多用された、ファンシーなブラであった。

(ブラってどうやって外すんだろう??)

ブラの外し方がわからず、オドオドとしていると、エリザがそれを察し、ニコッと笑った。「後にホックがあるんで外してくださいまし」

「あ、ゴメン。慣れてなくて……」

エリザはスッと背中を上げ、ホックを外しやすそうな体勢を取った。

それを見て、和人は素早くブラのホックを外していく。

(ようやく外せた。とうとう見れるんだ。エリザさんのおっぱい……)

ブラを外し、乳房を露出させる。

エリザの乳房は、かなり大きかった。もしかすると着やせするタイプなのかもしれない。

(これがエリザさんのおっぱい……。うわぁ、凄い柔らかそうだ……)

「はぁん、あんまり見ないでください。恥ずかしいです」

恥ずかしがっているエリザは、どこまでも魅力的であった。

おずおずと、和人はエリザの乳房に触れてみる……。

「あ、凄い……。これが女の子のおっぱい……、や、柔らかい……」

エリザのおっぱいは恐らくFカップ前後あるだろう。

たわわに実ったメロンのような乳房であった。

「エリザさんのおっぱい、滅茶苦茶柔らかいです」

「はぅぅ……。和人さんの触り方、とってもエッチです……」

「うん、凄くエッチな気分だよ。それだけ、エリザさんの身体が魅力的なんだ……」

「はぁ……。おっぱい触られて、私、凄く興奮してます……。あぁ、何か気持ちいい……」

エリザもフワフワとした気分になってくる。

彼女はサキュバスであるため、男性と淫らな関係になったことが多々ある。

しかし、和人の触り方は、どんな殿方の触り方よりも官能的であった。

(うわぁぁ……、エリザさんのおっぱい……、プニプニしていて、気持ちいい……。またち×ぽが硬くなってきちゃった)

「か、和人さん、おっぱいを少し乱暴に揉んでくれませんか?」

「え? 乱暴なのがいいの?」

「はい。そっちの方が興奮するんです……」

「わかった。じゃあ少し乱暴にしてあげるよ」

円を描くように、和人は胸を揉みまわしていく。

先ほどよりも、手指の圧をかけて、やや乱暴に揉んでいった。

「あぁん、は、激しい……。きゃぁ……、おっぱい乱暴にされて、私、気持ちよくなってるぅ……」

「エリザさん、乳首がプクっと勃ってきましたよ。あぁ、何て卑猥なんだろう……」

「んぁ……、はぅぅ……。んんん……、きゃぁ……、あふぅ……」

エリザの声も徐々に艶を帯びていき、官能的になっていく。

その声を聞いていると、和人もますます興奮していくのであった。

「乳首をコリコリすると気持ちいいですか?」

「きゃわぁ……、乳首も気持ちいいです。指でくりくりされると、感じちゃいます……」

ビクビクとエリザは身体を震わせていく。

その様子を見て、和人は次なる行動に移していった。

「エリザさん。おっぱい舐めてもいいですか? 舐めたいんです……」

「はぅぅ……。お願いします。舐めてぇ。おっぱい舐め舐めしてぇ」

和人は顔を乳房に近づけていく。すると、ふんわりとしたいい香りが漂ってくる。

馨しい牝フェロモン臭を嗅いでいくと、和人の身体もどんどん興奮していった。

(エリザさんの身体、凄くいい匂いがする……。あぁ、もっと嗅ぎたくなってくるよ)

必死に鼻を動かして、和人は匂いを嗅ぎまわっていく。

性的な興奮がどんどんが上がってきて、エネルギーが満ちていくのであった。

「ちゅぱ、んちゃ……、ちょぱん……、ちゅぱん……」

赤子のように、必死に乳房を舐め回していく和人。

甘く蕩けるような味わいが、口腔内に広がっていく。

(エリザさんのおっぱい……、堪らない味がする……。凄く甘くて、プリンみたいだ……)

「か、和人さん、あ、あのぉ、そろそろ、おま×こを弄ってもらえませんか?」

「おま×こだね。もう我慢できないの?」

「はい。さっきから疼きっぱなしで、どんどんエッチなお汁が出てきます」

「わかった。じゃあ弄ってあげるよ。ちょっと待ってね」

和人は最後に乳首を甘噛みしていった。

ゴムを噛んでいるような感覚が広がり、彼を満足させていく。

(エリザさんのおま×こ……。俺、女の子のあそこ初めてみるよ……)

和人は童貞であるため、当然であるが、女性器を見た経験がない。

今の時代、無修正の動画などが普通に買えるから、見ようと思えば、女性器を見ることは可能である。しかし、彼はそういった動画を見てこなかった。

(おま×こ……、おま×こが見たい!)

和人の興奮はますます高鳴っていく。

彼はエリザのドレスのスカートを捲り上げ、ショーツを露出させた。

(あ、凄い濡れてる……。パンツに染みができてる)

ショーツ越しに秘部に触れてみる。

すると、じんわりと熱を持っているのがわかった。

(あ、凄い熱い……。おま×こ、熱を持ってる……)

「はぅ……、おま×こもっと触ってください……」

と、エリザが甘い声で呟く。

和人は指先でくりくりと秘唇を刺激していった。

「はぐぅ……、んんぁ、……、んん。き、気持ちいい……、指でくりくりされると、おま×こ気持ちいいですぅ……」

「どんどんエッチなお汁が出てくるよ。まるでお漏らししたみたいだ……」

ショーツのクロッチ部分は、既にぐっしょりと濡れて、色が濃くなっている。彼女の穿いているショーツは白のレースであったが、女の部分が触れる部分は、濃いグレーに変わっていた。

「はぅ……、そんな風に触られたら、どんどん濡れちゃいます……。あふぅん……、も、もっと、もっと触ってください……」

「エリザさんは本当にエッチなんだね……。おま×こ触られて、こんなに興奮してるんだもん」

「だ、だってぇ。私はサキュバスだから仕方ないんですぅ。身体がどんどんエッチになっていくの……。おま×こ弄られて、どんどん興奮していきますぅ……」

「そろそろパンツ脱がしてあげようか。ヌレヌレで気持ち悪いよね……」

和人は、ショーツに手をかけ、ゆっくりと下におろしていった。

するとヌラヌラと光る秘部が顔を出す……。

「あれ、エリザさん、毛がない。おま×こに毛が生えていないよ……」

「はい。そうです。淑女の嗜みとして、キチンと剃っていますから」

幼女のような秘唇は、どこまでも淫らに見えた。

くっきりと割れ目が見え、ツツッと蜜液が流れ出ている。

(こ、これが女の子のあそこ……。なんてキレイなんだ……)

初めてみる女性器に、和人はただただ興奮していた。

あまりにキレイであり、それでいて卑猥な形をしている。

「おま×こ、触ってもイイ?」

「はい、触ってくださいまし」

ぷっくりとしたヴィーナスの丘の下に、キレイな大陰唇が見える。

そして、その大陰唇を押し開くと、小陰唇のビラビラと、奥の方に膣口が見えた。

(あぁ、凄い濡れてる。もう、トロトロになってるよ……、エリザさんのおま×こ……)

すっと指先を伸ばし、秘唇に触れてみる。

にちゃっと淫猥な音がこだまし、吸い込まれるように指先が胎内に飲み込まれていく。

「ぅ……、ぅぁ……、くぅ……、あぁぁん、指が……、和人さんの指が入ってきます……。あぐぅ……。き、気持ちいい……」

「おま×こ触られて気持ちいいんだね?」

「はい、凄く気持ちいいです。もう、蕩けちゃいそうです……」

「それなら、もっと触ってあげるよ……。たっぷり気持ちよくなってね……」

「あぅ……、あぅ……、ありがとうございます。おま×こたくさん弄ってください……」

エリザはくねくねと身体をくねらせていく。

その淫らな変身を見て、和人の指先にも力が入っていった。

(うわぁ、おま×こ凄く熱くなってる……、それに、濡れまくっていて、指にビラビラが絡みつくよ……)

エリザの胎内はねっとりとした粘膜で覆われており、指を咥えこんで離さなかった。締め付けが強く、指先が甘締めされていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました