連載官能小説『サキュバス』第5回

連載官能小説

連載官能小説『サキュバス』第5回

(あぁ。早くち×ぽをおま×こに挿れたい……。エリザさんの中に入りたいよ……。うぅ……、くぅ…………)

興奮しながら和人はペニスを秘唇にあてがっていく。

初めてのセックス。女性の中に入っていくのである。興奮はピークを迎えた。

「エリザさん、挿れますよ」

「はい。挿れてください。和人さんのおちん×んを、私のおま×こに挿れてぇ……」

和人は膣口にペニスを押し当てると、そのままゆっくりと貫いていく。

ヌメヌメとした感触が、ペニス全体を覆っていくのであった。

(うわぁ……。何だこれ……、凄く気持ちいい。ヌルヌルで、温かくて。こんな感触を味わったのは初めてだ……)

「あぁん。おちん×んが入ってきましたぁ……。久しぶりのおちん×ん、気持ちいい……。もっとおちん×んで、おま×こズボズボしてくださいぃ」

「うん。少しずつ動くからね。ちょっと待って……」

最初のセックスは、挿れた瞬間にイッてしまう。そんな話を聞いたことがある。

確かに、あまりに心地よくて、忽ちイッてしまいそうになってしまう。

(気を引き締めないと、直ぐにイッてしまいそうだ……)

和人は、最初から飛ばさずに、ゆったりとしたペースで抽送を始めた。

ヌルヌルと、ペニスが膣壁を擦りあげていき、圧倒的な快感が迸ってくる。

「く、ぅぅ……。あぁ、気持ちいい……。大きなおちん×んで、おま×こ突かれますぅ……。はぅ……、やっぱり、生のおちん×ん最高ですぅ……。堪りませんわ……」

エリザは、淫声を轟かせながら、快感を覚えていく。

対する和人も自分のペースでペニスを動かしていった。

(これがセックスなんだ……。俺、今エリザさんの中に入ってる……。エリザさんの中、凄くトロトロで、ち×ぽが蕩けてしまいそうだよ……)

迸る快感を覚えながら、和人は抽送を続ける。

エリザもゾクゾクとしているのか、喜悦の表情を浮かべてセックスを楽しんでいる。

「和人さん、もっと、もっと激しくしてぇ……」

「激しくしたいけど、初めてだから、上手くできなくて……」

「はぅ、焦らされているみたいです……。はぁ激しいのが好きなのぉ。お願い、和人さん、激しくおま×こを突いてください……」

「わかった、やってみるよ。激しいのがいいんだね?」

「そうですぅ。激しいセックスが好きなのぉ……。私を犯してぇ……」

和人は少しずつ抽送のリズムを上げていく。

初めてのセックスであるため、なかなか速く動くのが難しい……。

(うわぁ、速く動くと、ち×ぽが抜けちゃいそうだ……、しっかりしないと……)

懸命にペニスを動かし、秘部を突き続ける和人。

段々セックスにも慣れてきて、一定のペースで突くことができるようになった。

「あぁぁん……。そ、そう、それイイです。凄く気持ちいい……。おま×こ、いっぱい突いてください……。ハァ……ハァ……」

エリザは激しく感じているのか、身体をくねくねと動かしている。

また、着衣のままであるから、何だか激しくレイプしているような気分になってきた。

(エリザさんのおま×こもいいけど、白い脚も魅力的だなぁ……)

和人は、エリザの脚を掲げると、太ももの裏側を舌で舐め始めた。

レロレロと、アイスを舐めるように太ももの裏を舐めると、エリザの身体がビクンと跳ねた。

「やぁ、太もも舐めないでぇ。和人さん、変態ですぅ」

「エリザさんの脚、凄くキレイで俺を誘惑するんだ。この脚、堪らないよ……」

「脚が好きなんですか?」

「うん。好きだよ。キレイな脚、凄く好き……」

たっぷりと唾液を含ませながら、和人は太ももを舐め回しつつ、突きの一撃を加えていく。

ずんずんと、ペニスが奥の方まで届き、エリザを満足させていった。

「きゃぁわ……。お、おちん×んが奥まで当たって……、子宮に届きそう……、はぁん……、ズボズボ突かれて、私、気持ちよくなってる……」

「俺も気持ちいいですよ……。凄く気持ちよくて、変になりそうです」

「あぅ……、私もですぅ。久しぶりのセックスなのぉ。だから凄く気持ちいい……。もっとパコパコ突いてください」

和人は、素早い動きでペニスを動かしていく。

先ほどイッたばかりであるのだが、既に射精感を覚え始めていた。

(う、うわぁ、ち×ぽ、心地よすぎて、イッちゃいそうだ……。でも我慢しないと。まだセックスは始まったばかりなんだから……)

必死に射精感を押さえ込みながら、和人は抽送を続けていく。

下半身にグッと力を入れると、幾分か射精感が引いていくようであった。

「久しぶりのおちん×ん、イイですぅ。……おま×こが壊れちゃいそう……、でも激しいのが好きなのぉ……、激しくされると、無理矢理されるみたいで興奮しちゃうの……。だから、もっと激しくしてぇ……」

「エリザさんのおま×こ、キュッと締まってち×ぽに絡みつくんです。あぁ、堪んないよ……。凄い感覚だ……」

ねっとりとした胎内の質感に包まれて、和人は大きく満足していった。

もちろん、エリザも心地よくなっており、この行為を心の底から楽しんでいる。

「う、うぅぅ……。ハァ……、あぁぁん……、か、和人さん、キス……、キスしてくださいまし……」

「キス? キスすればいいんだね?」

「はい。おちん×ん、ズボズボしながら、キスしてください。お願いしますぅ……」

和人はその言葉を受けて、姿勢を前傾にさせていく。

エリザに覆い被さるような姿勢を取ると、自身の顔を、彼女の顔に近づけていった。

(エリザさんの唇、ぽってりとしていて、美味しそうだ……)

和人は顔を近づけるなり、直ぐに唇を奪っていく。

「んちゃ、にちゃ、んんぁ……」

貪るようにキスを展開していく。

唇同士を重ねると、エリザが和人の首に手を回し、激しく抱き着いた。そして、舌を伸ばし、ディープなキスを生み出していった。

「んんぁ、んちゃ……、にちゃん……、くちゅ、ちゅぱ……、ちゅぱん……」

(エリザさんのキス、凄く濃厚だ。それに唾液がほんのりと甘くて美味しいや……)

お互いの唾液を激しく啜り合い、二人は濃密なキスを行っていく。

エリザは瞳にたっぷりと涙を浮かべて、感動しながら、キスをしていった。

「和人さん、あぁぁん、和人さん。んんぁ……、あぁぁん」

何度も和人の名前を呼ぶエリザ。

その言葉を聞き、和人はますます興奮してきた。こんな美少女に名前を連呼され、嬉しくないわけがないのだ。

和人はキスを止めると、そのまま顔を下に下げていった。

胸部がはだけており、少しだけ乳房が見えている。

(服を着たままだから、何か無理矢理犯してるみたいだ……、凄く興奮するよ……)

エリザの着用しているドレスは肩が大きく開いている。

そのため、肩から一気に服を脱がし、それを腹部の方までずり下げていくと、大きな乳房が露出された。

「おっぱいも弄ってあげますからね……」

と、和人は言い、静かに乳房に触れ始めた。

プニプニとマシュマロのように柔らかいバストが、彼の手のひらを包み込んでいく。

「きゃぁ……、おっぱいも弄ってください……。乱暴にされるの好きなのぉ……」

「乱暴なのがいいんですね……。乱暴にしますよ……」

和人は、やや強引に乳房を揉みしだくと、そのまま顔を近づけて、大胆に胸の蕾を舐め始めた。

「う、うぅぅ……、あぁ、激しいです……。激しいのイイの……。激しくされると、気持ちよくなっちゃうのぉ……」

「んちゅ、にちゃ……、くちょん……」

激しい淫音を鳴り響かせながら、彼は乳房を舐め回していく。

もちろん、ペニスを一定のリズムで突き続けたままである。

(あぁ、凄く気持ちいい……、お、俺、エリザさんを犯してるんだ……。何か強引にしているみたいで、心地いいなぁ。こんな美少女を、犯してるんだ……。凄い感覚だよ……)

「はぅ……、和人さん、あまりに気持ちよくて、おしっこ出ちゃいそうです。やぁん、おしっこ出ちゃう……」

「おしっこ出しちゃってください。俺に犯されて、お漏らしするエリザさんがみたい……」

「やぁ……、恥ずかしいです……、で、でも我慢できないぃ……。あぁあん、おしっこ出ちゃいますぅ。やぁぁん……」

エリザは秘部を思い切り突かれながら、尿道からピッピッと尿を迸らせた。

結合部が大洪水になり、くちゅくちゅと淫猥な音が鳴り響き始める。

「エリザさんがお漏らしてる……。ああぁ、凄い光景だ……。エリザさん、おしっこ漏らしちゃうくらい気持ちいいんですか?」

「そうなの。気持ちよすぎて、おしっこ漏らしちゃいましたぁ……。あぁ、私、何てはしたないの……、殿方の前でお漏らししてしまうなんて……」

「お漏らしするエリザさん、凄く可愛いですよ……。もっとイジメたくなります……」

「ハァハァ……、もっとイジメて、私を乱暴に犯してくださいぃ……」

和人はおしっこをちょろちょろと漏らすエリザを尻目に、彼女の陰核を指で擦り始めた。

すると、エリザの身体がビクンと跳ねる。

「あぁん、く、クリトリスらめぇぇぇ!!!」

「クリトリス弄ったら、おま×こキュッとなりましたよ。うわぁ、凄い、もっと弄ってあげます……。おかしくさせてあげますよ……」

指先で陰核を摘まみ上げ、コリコリと刺激していく。

あまりに強い刺激であったため、エリザは軽く失神してしまう……。

「はぐぅ……、うぅ……、んんぁ……。らめれすぅ……、そんな……」

「エリザさん大丈夫ですか? 刺激が強すぎますか?」

「んんん……、軽くイッちゃいました。それに気持ちよすぎて、意識が飛びそうです……。あぁん、和人さん。早くお精子を注いでください。おま×このたっぷりお精子を下さい……」

「な、中に出してもいいんですか? でもそんなことしたら赤ちゃんができちゃうんじゃ……」

「大丈夫です。サキュバスは自分の月経周期を完全に把握してますから。今日は大丈夫な日なんです。それにセックスは中出しじゃないとダメです。そうしないと、サキュバスの力が高まらないんです。だから、中に出して、濃いお精子をビュルビュルって出してください……」

「わかった、中に出すよ……。たっぷり精子を注いであげるからね……」

「きゃぁ……、嬉しいです……、和人さん、早くお射精してぇ。私のおま×こをお精子でいっぱいにしてくださいぃ……」

徐々に射精感が高まってくる。

必死になって耐えていたのであるが、そろそろ我慢の限界が近い。

(ダメだ、そろそろ、イキそうだよ。精子……出ちゃう……)

「あぁん、くぅ……、ひぃ……ひぃ……、おちん×ん、ビクビクしてますぅ……、お射精しそうですか?」

「エリザさん、そろそろイキそう……、もう限界……」

「我慢しないで、たくさん出してください……。お願い、私のおま×こにお精子くださいまし……」

「うぉぉぉぉ。……ダメだ、あぁあ……、イク、イクよ。精子出すよ……」

「きゃぁ……、お精子、お精子ください……」

次の瞬間、和人の欲望が一気に放出された。

ビュルビュルドピュ。白濁色の子種が、勢いよく胎内に流れ込む。

「あぐぅぅ……、出てる……、精子が出てます……。お腹が熱いぃ……」

ビクビクと身体を捩らせながら、エリザは感じていく。

サキュバスは中出しされることで、最大の快感を覚えるのである。

「あぁん、お精子が凄い……、きゃぁ、気持ちいい……、中出し、気持ちいい……、お精子をピュッピュッと出されて、私気持ちよくなってますぅ……」

「うわぁ、精子が止まらない……、どんどん出てくる……」

長すぎる射精を終えると、和人は力なくベッドに崩れ落ちた。

陰部からペニスを引き抜くと、ドロリと濃いスペルマがシーツの上に零れ落ちる。

「エリザさん、凄くよかったです。あまりに気持ちよくて……。俺、何て言っていいのか……」

「私も気持ちいです。中出しされると、凄く気持ちいいんです……。それに体力や気力が十分に充填されます」

「そうなんだ。ならよかったよ……」

射精したばかりのペニスは、まだ小さくなっていなかった。

エリザの淫らな姿を見て、むしろ逆にギンギンになっていくのであった。

「おちん×ん。まだ大きいですね? え、もしかすると、まだできるんですか?」

すると、和人は恥ずかしそうに、

「うん。実はまだまだセックスしたいかも……。もう一回してもいいかな……」

「そ、そんな……嘘でしょ……、普通、殿方は一回してしまったら、ぐったりとしてしまうのに……」

「ん? 俺は大丈夫だけど……」

「もしかすると、和人さんは特別な体質なのかもしれません。わかりました。もう一回してくださいまし……。私のおま×こにもう一回お精子注いでください……」

「次は後ろから挿れてみたいんだけどいいかな?」

「はい。後ろからですね。たっぷりと突いてください……」

エリザはそう言うと、四つん這いになり、お尻を高く上げて、フリフリと動かし、彼を誘惑していった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました