連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第8回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第8回

(勝さんのおちん×ん、凄い大きくなってます)

と、加奈は感じていた。

彼女は男性の勃起した性器を、これまで一度も見たことがないのである。

「あ、あの、どんな風に弄ればいいんですか?」

「先生が彼氏にするような感じでお願いします」

「私、彼氏なんていませんよ。そ、それにおちん×ん見るのだって……、そ、その初めてなんです」

「え? もしかして先生って処女ですか?」

「はぅぅ……、恥ずかしいですけど、処女なんです。でもでも、エッチぃことは結婚してからじゃないとダメですよぉ」

「そんなことないですよ。今時、結婚するまで純潔を守るなんて稀だと思うし。それに、ち×ぽに慣れていた方がいいと思いますよ」

「う、うぅぅ。慣れる……。そうなんでしょうか?」

「とにかく、俺のち×ぽを触ってみましょう。話はそれからですよ」

「わかりました。じゃあ、早速……」

恐るおそる、肉竿に手を伸ばす加奈。

軽く触れると、ビクッとペニスが震えた。

「あ、動いた。ビクビクしてます」

「はい。軽く握ってみてください」

「握ればいいんですね」

「そうです。優しいタッチでお願いします」

そう言われ、加奈はペニスを軽く握りしめた。

すると、じんわりとした怒張の熱を感じる。

(あ、おちん×ん、凄く熱くなってます……。火傷しそう)

「先生、どんな感じですか? 初めてのち×ぽは?」

「えっと、何か不思議な感じです。ビクビク動いていて、それでいて凄く大きいんですね」

「俺のち×ぽは大きいみたいですからね。でも、直ぐに慣れますよ。軽く握ったら、上下に動かしてみましょうか?」

「はぅぅ……、やってみます」

生徒のために、必死になってペニスを扱き始める加奈。

その献身的な姿に、勝も興奮してくるのであった。

「あの、先っぽからなんか出てきましたよ」

「はい、それは我慢汁です」

「我慢汁?」

「そうです。男が興奮すると出す液体って言えばいいのかな? 精子みたいなものです」

「そうなんですか……、私、知りませんでした」

「シコシコ扱いて、少しずつ動きを速くしてください」

「はい。こ、こんな感じですか?」

ペニスを素早く扱き、加奈は尋ねる。

初々しい手コキに、勝も恍惚とした気分になっていた。

「先生、いい感じですよ。凄く気持ちいいです」

「おちん×んをシコシコすると気持ちいいんですね?」

「そうです。先生もおま×こクリクリされると気持ちいいでしょ? それと同じです……」

「勝さん、ひ、卑猥ですよぉ。ちゃんと女性器って言ってください」

「そんなまどろっこしいこと言えませんよ。女性器じゃなくておま×こです。そっちの方が興奮しませんか?」

「そんなことは……」

とはいうものの、おま×こというリアルなフレーズを聞き、彼女は静かに興奮していた。

ズキリと秘唇が疼くのである。

「先生、おま×こって言ってください」

「そんなこと言えません……、恥ずかしすぎます」

「イイから言ってくださいよ。先生の口からエッチな言葉が出てくると、俺、凄く興奮するんです。生徒のためだと思って言ってください」

生徒のため……。そう言われると、首を左右に触れない。

自分は勝を卒業させるために、遣わされた先生なのである。ここで引き下がれない。

「私が言えば、ちゃんと勉強しますか?」

「もちろんです。たくさん勉強しますよ。先生に迷惑はかけません」

「わかりました。じゃあ、言ってあげます……」

少しの間があり、加奈は恐るおそる声を出した。

「お、おま×こ……」

「もう一回言って」

「おま×こ!」

「よく言えました。おかげでち×ぽがますますビンビンになりましたよ」

確かに、肉竿がビクッと反応し、さらに硬さが増したような気がする。

(うぅぅ、恥ずかしいですぅ……、私、何て卑猥な言葉を言ってしまったんだろう)

「先生、次は、ち×ぽを舐めてみましょうか」

「え? 舐めるんですか? でも、どうやって」

「まずは舌先を軽く亀頭に付けてみますか」

「亀頭っていうのは?」

「ち×ぽの先っぽです。我慢汁が出てくるところですよ」

「舌を出せばいいんですね?」

「そうです。やってみましょう」

そう言われ、加奈は舌をスッと伸ばした。

顔をペニスに近づけると、ムッとするような牡の性臭を感じる。

(はぅ……凄い匂いがします……。でも、この匂い、とっても興奮しますぅ……。どうして?私、おちん×んの匂いを嗅いで興奮してる……)

牡の逞しい香りを嗅ぎ、加奈はクラクラとし始めた。

こんな青々しい匂いを、モロに嗅いだのは初めてである。

「先生、舌を亀頭に当てて……」

「んちゅ、にちゅ……ちゅぱん……」

亀頭に舌先を乗せ、そのままチュッチュッと吸い上げる。

カウパー腺液が舌先に付着し、仄かに苦みのある味わいが広がっていく。

(あぁ、これが男の子の味なんですね……。凄くエッチな味がしますぅ)

初めてペニスを舐めて、独特の味わいを感じていく加奈。

レロレロとアイスを舐めるように肉竿を責めていくのであった。

「先生、気持ちいいです。凄く上手ですよ。初めてとは思えません。そのまま肉胴の方も舐めてください」

棹部分に舌を当て、そのまま沿わせていく。

熱くなっているペニスは、赤黒く変色し、血管が浮いている。

「おちん×ん、凄く熱いです……。それに小刻みに動いてますぅ」

「あぁ、凄い刺激だ。先生、次はち×ぽを咥えてみましょう。バナナを食べてると思って、ち×ぽを咥えてみてください」

(バナナを……、咥える……。あぁ、何かエッチぃ感じがしますぅ)

パクっと怒張を咥えこむ加奈。

あまりに大きな剛直であるため、小さな口に含むと顎が疲れてしまう。

「そのまま歯を立てないようにして、シコシコと口の中で動かしてください」

「んじゅ、じゅる、じゅるじゅつ……、んんんじゅ……」

必死になって肉棒を舐める加奈であったが、次第に自分の秘唇が熱くなっていくのを感じた。

(私、あそこが濡れてる……、おちん×んを舐めて興奮してるみたい……、あぁ、どんどんエッチぃ体になっていくぅ)

「あの先生、しゃがみ込んで、自分のおま×こを弄りながら、俺のち×ぽをしゃぶってくれませんか?」

「え? えぇぇぇ。自分の性器に触れるんですか? そんなエッチすぎますぅ」

「性器じゃなくておま×こです。ほら、おま×こ触って、ち×ぽをしゃぶってください」

抵抗したいところであるが、秘部がズキリと疼いて仕方ないのである。

ゾクゾクとした感覚が広がり、女壺を弄りたくなる。

「んぐ、んんじゅる……、じゅる……ちゅぱ、くちゅん……」

ペニスを咥えこみ、加奈は自分の秘唇に指を当てた。

すると、秘部がじんわりと濡れているのがわかった。

(あぁ、私、おま×こが濡れてますぅ……。どんどん濡れちゃう……、あぁんいやらしい先生だと思われちゃうぅ)

「先生、おま×こ濡れてるみたいですね……。やっぱり興奮してるんですね」

「きゃー違います。こ、これは汗です……」

「おま×こからエッチな汗が出てるんですね。まぁいいです。そのままおま×こ弄りながら、ち×ぽをしゃぶってください」

ペニスを口腔いっぱいで含みながら、自分の性器を弄っていくと、とても気持ちいいことに気づいた。じわじわと淡い悦楽が降り注いできて、彼女を満足させるのであった。

(やだぁ、おま×こがどんどん濡れちゃう……。あぁん、それに、指が止まらない、気持ちいいよぉ。おちん×ん弄りながら、おま×こクリクリするの気持ちいいぃ)

「先生のいやらしい格好を見て、俺もますます興奮してきました。先生、イキそうになったら、口の中に出してもいいですよね?」

「え? 出すって何をですか?」

「決まってるでしょ。精子ですよ。男って気持ちよくなると精子を発射するんです。そのくらい知ってるでしょ」

もちろん、射精の存在は知っている。しかし、実際に見たことがないので、焦るばかりであった。

「わかりました。口の中に出してもいいですよ……。んぐ……、んちゅ……にゅちゅ……」

「ありがとうございます。俺、先生にフェラされて凄く幸せです」

徐々に、快感の昂ぶりを覚え始める勝。ペニスが熱く反応し、鋭い悦楽を感じ始めた。

一方、加奈の方も気持ちよくなっていた。じんじんとした女壺は、アクメ寸前である。

(あぁん、おま×こが気持ちよくなってきましたぁ……、あぁ、指で弄るの気持ちいいのぉ……、あぁん、止まらないぃ……)

「先生、お、俺、そろそろ限界です。精子出します……」

「んんぁ……にちょん、じゅぼじゅぼ……、じゅるるる……、出してぇ、精子だしてくらさいぃ」

若干呂律が回らなくなった加奈が大きく叫んだ。

その声を聴くと、勝の興奮もピークを迎える。

(ううう、ダメだ! 出る。もう我慢できない……)

激しいオルガスムスを感じ始める勝。ペニスがキュウキュウと収縮を始め、射精の兆候が現れる。

(あ、おちん×んが激しく動いてます……。これがイクってことなの? 精子が出るの??)

次の瞬間、勝は勢いよく牡の欲望を発散させた。

ビュルビュルドビュと、尿道に精液が駆け巡り、そのまま飛び出していく。

(んんんー。んんぁ……、あぁ熱い……、精子が出てる。私の口の中に精子がたくさん……う、うぅぅ……)

「先生、気持ちよくて精子が止まりません。どんどん出てくる」

(あぁ、口に含み切れない……、凄い量ですぅ……)

「先生、飲んでください。俺の精子を飲んで!」

「んんんぐ……、んんぐぅ……、ゴックン……」

大量に吐きだされた粘り気のあるスペルマを、加奈は一気に飲み下した。

ドロドロとした液体が、咽頭に流れていく。

「す、凄い量の精子です……。何とか飲めましたけど、これでいいですか?」

「ありがとうございます。俺、感動しました」

「これでちゃんと勉強できますね。エッチぃことばかりじゃダメですよ」

「先生、まだです。まだ終わってないですよ」

「? どういうことですか?」

「先生の処女を、俺に下さい。大切にしますから」

「え? えぇぇぇぇ。それってつまり、私と性行為をしたいことですか?」

「性行為じゃなくてセックスです。ダメですか?」

「だって、だって私と勝さんは先生と生徒っていう立場ですよ。これ以上エッチぃことは……」

とはいうものの、彼女はいきり立った肉棒を、秘唇に挿れてみたいと感じていた。

自分の指で性器を弄るだけでは、満足できなくなっているのである。

「先生、お願いします。俺とセックスしてください……」

「ま、勝さん……、う、うぅぅー……」

二人の間に、より一層淫らな空気が流れ始めた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました