連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第10回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第10回

「今日は確か、奏さんの授業の日だよな。頑張らないと」

奏には、五科目教えてもらっている。

そして、少しずつ勉強の成果が出ているのであった。

(今回のテストもバッチリだったし、これで無事に卒業ができそうだな)

アルベール症候群という奇病に犯され、入院を余儀なくされ、不遇の時代を送っていたのだ。ようやく病気が寛解し、普通に高校生活を送れるようになった。

(やっぱり学校に通えるのはありがたいよな。三品先生には感謝しないと。それに奏先生にも……)

自宅に戻った勝は、奏が到着するのを待っていた。

時刻は午後四時。奏が来るのは大体四時過ぎだから、そろそろやって来るだろう。

(テストの成績もよかったし、奏先生も喜んでくれるかな?)

そうこう考えていると、来客を告げるインターフォンが鳴った。

もちろん、やって来たのは家庭教師である奏だ。

「あ、奏先生。こんにちは」

「勝。しっかり勉強してる? 今日もビシバシ教えるからね」

「はい。テストの成績もよかったんです。ありがとうございます」

玄関で話すもの疲れてしまうので、二人は勝の部屋に入り、机の前で話し合った。

「この私が教えているんだから、テストの成績が上がるのは当然よ。でも、頑張ったのは勝なんだから、誉めてあげてもいいわ」

「嬉しいです。このままだと、無事に卒業できそうですよ」

「卒業してくれないと、私は困るんだけどね。」

勝は、チラッと奏の格好を見つめた。

オフショルダーのニットに、太ももが丸出しなホットパンツを穿いている。

(奏先生の格好、凄くエッチなんだよなぁ……、あぁ、不味い、ち×ぽが勃ってきちゃった)

ズボンにテントを張らないように、彼はペニスの位置を素早く直した。

しかし、鋭敏な感覚を持つ奏は、勝の不審な行動に気づいてしまう。

「勝。今、見てたでしょ?」

「見てたって何がですか?」

「私の身体見てた。女の子は意外とそういう視線に敏感だから、気づいちゃうんだからね」

「す、すみません。あまりにキレイで、見惚れてしまいました」

「お世辞とか言うんだ……。年下の癖に」

「そういうわけじゃ、本当にキレイだと思っているんです」

「でも、おち×ぽビンビンにさせているでしょ?」

「え?」

「さっき下半身を弄ったの、私気づいているの。勝、あんた、エッチなことがしたいのね?」

図星を突かれ、勝は顔を真っ赤にさせる。

しかし、エッチなことがしたいのは、間違いない事実である。

「したいですけど、勉強しないと」

その言葉は、奏にとって意外であった。

てっきり飛びついてくると思ったのである。

(勝ったら、ホントはエッチなことしたいくせに、我慢しちゃって)

と、想いを馳せる奏。

実は、彼女自身も激しく興奮していたのである。隙あれば、理由を付けて淫行をしようと考えていたのだ。

(勝といると、どういうわけか興奮しちゃうのよね。なんでなんだろう? 年下の癖に……)

ジュワッと淫蜜が噴き出していくのを感じていた。

ただ、年上の女のプライドとして、自分からは誘いたくない。

「たまには勉強の息抜きも必要よね?」

「息抜きですか? それってどういうことですか?」

「テストを頑張ったんだから、ご褒美上げてもいいわよ」

「ご褒美……」

ますます顔を赤らめる勝。ズキリと肉棒が痛むのであった。

(ほらほら、エッチしたいって言ってごらん。相手になってあげるから)

期待感で胸が高鳴る奏。しかし、勝は予想外のことを言ってきた。

「ご褒美は勉強でいいです。俺に勉強を教えてください」

「え? あんた、何言ってんの?」

「だから勉強したいんです」

「この私が、ご褒美をあげるって言ってるのよ? それが勉強って……、あんたバカなの? 死ぬの?」

「へ? あ、あの、もしかして先生、俺とエッチなことがしたいんですか?」

「ぐぅ……、なんでそうなるのよ」

「否、何となくです。格好もエッチで俺を誘ってるみたいだし、それに、急にご褒美何て言うから、そんな風に感じたんです」

「だ、誰があんたと……、でも、あんたが求めるのなら、受け入れてもいいわ……」

「先生、じゃあ俺の前でおま×こ見せてください。もしも誘ってるんじゃないなら、おま×こは濡れてないですよね? でも仮に濡れていたら、誘っているってことになります」

「な、何を……」

「おま×こチェックさせてもらってもいいですか?」

「だ、ダメよ……、そんなの……」

既に秘唇はたっぷりと湿っているのである。

女の潤いが、クロッチ部分に染み出しているのであった。

(勝ったら、私を挑発してるのね。全く生意気なのよ)

抵抗を見せる奏であったが、勝は彼女の肩を掴むと、そのままベッドに押し倒した。

年下とはいえ、男の力である。奏はされるがままになったのである。

「ちょ、ちょっと勝、何するのよ?」

「だからおま×こチェックするんです。先生、おま×こ濡らしてるんじゃないですか?」

勝は奏のホットパンツに手をかけると、そのまま勢いよく脱がしてしまう。

そして、ショーツ一枚にすると、クロッチ部分を指でなぞり始める。

「いやぁ、そんなとこ触らないで……」

「先生、パンティに染みができてますよ。どうしてですか? 俺とエッチなことしたかったんですか?」

「ば、バカァ! ち、違うわよ」

「じゃあ、どうして濡れてるんですか?」

おま×こを濡らしてしまっていては、何を言っても説得力がない。

そこで、奏は開き直ることにした。

「そうよ。今日はあんたとエッチなことしたくてやって来たの。勝だって、私とセックスしたいでしょ?」

すると、勝は意外なことを口走った。

「先生、ご褒美って何でもいいんですか?」

「何でもって、何かしたいことがあるの」

「俺、先生みたいな高飛車な女の人を、虐げてみたいんです」

「は? な、何言ってんの、勝??」

「先生、縛ってもいいですか? 手足を拘束して、更に目隠しもします」

「そ、そんな変態みたいなこと、できるわけ……」

「おま×こ濡らしてる先生も、十分変態ですよ。縛ってもいいですか?」

奏はそれなりに性体験をしてきたが、縛られるのは初めてである。

それ故に、どこか期待してしまう自分がいるのであった。

「ビニールテープで手足を縛ってみたいんです。もちろん、痛くしませんから安心してください」

「あんたがしたいのなら、協力してあげてもいいわ。その代わり、酷いことしちゃダメよ」

「もちろんです」

勝は、ビニールテープを取り出すと、奏の両手を縛った。そして、その後にM字開脚されて、足首をベッドのフレームに縛り付けて固定する。すると、あっという間にあられもない格好になってしまった。

「目隠しはないんで、俺が使っているネクタイを使いますね」

最後に、勝はネクタイで奏の目部分を覆い、視界を断絶させる。

初めて体験する緊縛プレイに、奏はゾクゾクとし始めた。

(や、やだぁ、私、縛られて興奮してるの? おま×こがまた濡れちゃう……)

「先生、縛っただけなのに、おま×こからエッチなお汁が流れ出てますよ」

「だ、だって、こんな格好させられたら、誰だって興奮するでしょ?」

「そうですかね? 普通は嫌がると思いますけど。多分、この状態でおま×こを濡らすっていうのは、先生がエッチだからですよ」

自分をエッチだと言われ、奏は顔を真っ赤にさせる。

今日のセクシーな装いも、実は勝を誘うためであるとは、口が裂けても言えなかった。

「パンティがマン汁でぐっしょりですね。脱がしてあげます」

とはいうもの、足を縛っているため、ショーツは下せない。

そこで、勝はハサミをつかってショーツの端を切り取った。

「やっぱり、先生おま×こがぐっしょりですね。ヌラヌラと光ってます」

「あぁん、な、何をするの? 視界が閉ざされてるからわからないわ」

「おま×こ弄ってあげますよ。そうして欲しかったんでしょ? 勉強を教えるっていいながら、ホントはエッチなことがしたくて堪らなかったんだ。それだけ、先生はエッチなんですよ」

そこまで言うと、勝は指を秘唇に沿わせていった。

膣口をスリスリと摩ると、それだけの刺激で奏はアクメを迎えてしまう。

「あぁぁん、だ、ダメェェ……」

「アレ? 先生もしかしてイッたんですか? まだ少ししか触ってないのに……」

(縛られるだけでなく、目隠しされて、あそこが敏感になっている……。簡単にイッちゃった……)

「おま×こ敏感になってるみたいですね。でもこれで終わりじゃないですよ。もっとクリクリしてあげます」

イッばかりの敏感な女壺を、指で巧みに弄られる。

ゾクゾクとした感覚が広がり、奏は陰部をますます濡らしていくのであった。

「指が奥まで入りますよ。おま×この中、凄くヌルヌルしてます」

「んんぁ……、あぁん、イッたばかりだから、あんまり弄らないでぇ」

「嘘言っちゃダメですよ。ホントは弄って欲しいくせに……、先生は強情ですね。でも、そんな高飛車な女の人を屈服させるのが、俺の悦びでもあるんです。もっと淫らな声を聞かせてください」

指を奥の方まで入れると、膣襞が、ピッタリと指に絡みつき、くちゅくちゅと淫音を鳴り響かせ始めた。

(あぁ、ダメ……、感じすぎちゃっておかしくなりそう……)

ビクビクと身体を震わせ、奏は悦楽を感じ続ける。凌辱に近いことをされているのに、嫌になるどころから、より一層彼の指を求めてしまうのであった。

「先生、次はもっとエッチな格好にしてあげます」

そう言うと、勝は足首のビニールテープを外し、奏を仰向けに寝かせたまま、足を大きく持ち上げた。そして、まんぐり返しの体勢にさせると、その姿勢のまま、左右の足首をくっつけて縛り上げた。あられもない格好で縛られ、じゅんと淫蜜が噴き出してくる。

「な、なんて格好させるのよ。止めなさい勝」

「止める? 興奮してる癖に。止めませよ。おま×こもいいですが、お尻の穴まで丸見えですよ……」

「やぁん、見ちゃダメ……、そんなところ……、ダメだったらぁ」

「お尻の穴がヒクヒクしてますよ。ここを弄ったらどうなるんですかね?」

「ば、バカ! そこはエッチなことに使う穴じゃないでしょ。止めなさい」

「俺、お尻にも興味があるんです。高飛車な女の人のお尻をグリグリ刺激したいんですよ」

勝はそう言うと、おま×こから指を抜き、ヌラヌラと愛蜜で満たされた指先を、アヌスに導いていった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました