連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第11回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第11回

「こ、こらぁ、ダメだったらぁ……、お尻はダメェェェ」

抵抗を見せる奏であったが、縛られているため、されるがままになってしまう。

勝は、指先にたっぷりと唾液を付けると、菊筋をスリスリと擦りあげていく。

「んんぁ……、あぁん、ダメェェェ」

「先生、お尻の穴がヒクヒクしてますよ。凄く可愛いです」

(目隠しされてるから、余計に興奮しちゃう……。あぁん、私、お尻の穴をクリクリされて感じちゃってる……、はぁん)

奏にとってアヌス責めは初めての経験である。

不浄な穴を弄られて、激しく羞恥心を煽られるが、どういうわけか気持ちよくなってしまう。

「先生、お尻の穴、気持ちいいですか?」

「そ、そんな……、気持ちよくなんか……」

「嘘言わないでください。お尻を弄ったら、ますますおま×こも濡れてきてますよ。これって興奮してる証拠じゃないんですか?」

確かに、アヌスを弄られると、それに呼応して秘唇まで疼いてしまう。

それは言い逃れができない事実であった。

(私、おま×こ濡らしちゃってる……、お尻を弄られて……、感じてるの?)

「先生、奥に指を挿れてあげますね」

「やぁ、やぁー、止めてぇ……、そんなことされたら……」

「そんなことされたら、なんですか?」

「う、うぅぅ……、とにかく止めなさい。そこは出す穴で、弄る穴じゃないわ」

「大丈夫ですよ。アナルセックスっていう言葉もあるくらいですから……。アナルだって弄れば気持ちよくなるかもしれないですよ」

「はぅ……、ま、勝、覚えておきなさい。後で、必ず後悔させてやるんだから」

年上の女としての威厳を保つため、奏は何とか言い放つ。

しかし、それでも勝は全く気にせず、指先を直腸内に挿れていった。

「ぐぅ、あぁぁん、指挿れちゃダメェェェ」

「先生のアナル、キュッと指先を締め付けますよ。物凄い窮屈です」

肛孔がキュッと締まり、指先に食い込んでいく。さらに奥の方まで指を入れていくと、フワフワとした感覚に包まれ、優しい締め付けになった。

「あぁ、あぁん……、ちょっと、それ以上は止めて……、お願い」

「無理ですよ。まだ始まったばかりです。もっとクリクリしてあげます」

指先を直腸内で動かし、更なる刺激を加えていく勝。

尻孔が、ジンジンと熱くなり、奏も徐々に感じ始める。

「お尻とおま×こを両方弄ったらどうなりますかね?」

「く、うぅぅ……、お尻が熱い……、それに出ちゃいそう」

「出ちゃうって何が出そうなんですか?」

「そんなこと言えないわ……、ぐぅ……、あぁん」

「言って下さいよ。お尻の穴弄られて、何か出そうなんですね……。ほら、もっと弄ってあげます」

ぐりぐりと刺激を強めていく勝。それを受け、奏は激しい排泄感を覚えた。

「はぁん、そ、そんなに強くしないで……、ダメ、ダメだったら……、ホントに出ちゃう。うううん……」

「だから何が出そうなんですか? それを言ったら刺激を弱めてあげます」

激しく凌辱されて、奏はわなわなと震えた。

凌辱されているのに、身体は相反して、気持ちよくなってしまうのである。

「う、うんち……が、うんちがでちゃう」

「うほぉ、奏先生が、うんちって言った。あぁ、興奮するなぁ……。だけど……流石に、僕はスカトロ趣味はありませんから、漏らさないでくださいよ」

そう言うと、勝は菊孔への刺激を弱めた。

その代わり、空いたもう片方の手で、女の部分をグリグリと刺激し始める。

「お尻とおま×こ、両方弄ってますけど、どっちがいいですか?」

「ぐぅ……、そんなの……わからないわ」

「先生はやっぱりおま×この方がいいんですかね? でも今日はお尻の穴っていう気分なんですよね。だからお尻を徹底的に弄ります」

「はぅ……う、うぅ……、あぁん、止めて……、お尻が広がっちゃう……」

「大丈夫ですよ。後で俺のち×ぽを挿れるんですから、これくらい広がらないと、ダメです」

「あ、あんた何を言ってんの? おち×ぽ挿れるって、お尻の穴に挿れるつもりなの?」

「もちろんです。テストでいい点を取ったご褒美は、アナルセックスでいいです。でも先生も期待してるんでしょ。先生って変態ですよ。アナルを弄られて、おま×こをビショビショに濡らす牝犬ですもんね」

「め、牝犬って、あんた、私に向かって何を言ってるの?」

「その強がりがいつまで続きますかね。今度はクリと、お尻をセットで弄ってあげます」

勝は、陰核を指で捏ね繰り回していくと、同時に、尻孔を刺激し、ダブルで弄り始めた。

あまりに強い悦楽に、抵抗することができなくなった奏は、ただただ、感じ続ける。

(あぁん、ダメ……、このままじゃイカされちゃう……。悔しいけど……、私、興奮してるの……。あぁん、いけないことをしてるってわかってるのに、身体が求めてしまう……、はぁん、私って牝犬なのかしら……)

「先生、クリトリス弄られるの好きですよね? 口元から涎が垂れていますよ。目隠ししてるからわかりませんけど、きっとアヘ顔を決めていると思います」

「そ、そんな……、う、うぅぅ……アヘ顔って、そんなこと……」

「ほら、そろそろお尻にも慣れてきたでしょう? 気持ちよくなってるんじゃないですか?」

そう問われ、理性が吹き飛びそうになる。

確かに心地よくなっているのは事実である。同時に、もっと弄って欲しくなるのであった。

「先生、口元も寂しそうですね。そろそろ俺のち×ぽが欲しくなってきたでしょう。ここまで我慢した俺に、俺のち×ぽをしゃぶらせてあげます」

勝は、いきり立った肉竿を、強引に奏の口腔内に挿入していった。

いきなりの挿入であったため、奏は酷く驚き、そのままえずいてしまう。

「ほら、先生の好きなち×ぽですよ。ちゃんとしゃぶってください」

奏は縛られたまま、陰核や菊孔を弄られ、さらに、フェラチオを強要される。

奏が下になり、上に勝が覆いかぶさっているので、ペニスが口腔の奥深くまで突き刺さり、しゃぶるのが大変であった。

「んぐ……、んんんぁ……、じゅる……じゅるる……」

ここまで強引にフェラを求められているのに、嫌になるどころから、ますます興奮してしまう自分がいるのに気が付いた。どういうわけか、身体がペニスを求めてしまうのである。

「先生、上手いですよ。俺も気持ちいいです……。ちゃんと、お尻とおま×こ弄ってあげますから、安心してち×ぽをしゃぶってください」

「ふぐ……、んんぁ……、ぐちゅ……ちゅぐぐ……、じゅるん……」

必死になってフェラを続ける奏。

こんな風にして凌辱されているのに、身体はもっと過激なプレイを求めていた。

(あぁ、私、どんどん興奮していく……。恥ずかしい姿勢でお尻とおま×こ弄られて、さらに口にち×ぽを挿れられて……。こんなレイプみたいなことされてるのに、感じちゃうの……、あそこが疼いて仕方ないわ)

「先生、おま×こがグチュグチュですね。やっぱり先生は変態だ。こんなに酷いことされてるのに、興奮してるんですから。俺、先生みたいなキレイで高飛車な人を、一度虐げてみたかったんですよね。おかげで夢が叶いました。ありがとうございます」

勝は、奏の口腔を、女性器に見立てて、激しく抽送を繰り出していった。

あまりに素早い動きに、奏は激しくえずき、目隠しの奥で涙を浮かべる。

「今度は、お尻の穴を舐めてあげますよ……。もっと気持ちよくなってください」

「勝は顔を陰部に近づけ、アヌスに舌を当てていく。

ツンとした刺激臭があるが、それは決して不快な香りではなく、むしろ興奮さを誘う高貴な匂いであった。

「先生のお尻の穴、いい匂いがしますね、牝の匂いだ……、変態牝犬の匂いですよ」

「んんんぁ……、むぐ……、んなぁ……じゅる、ゲホ、ゲホ……」

(止めてぇぇ、お尻の穴の匂いなんて嗅がないでぇ……)

口をペニスで塞がれているので、抵抗が声にならなかった。

それでも、勝は勢いを衰えさせるのではなく、むしろ強めていく。

「先生、俺もイキたくなってきました。先生の口の中に、たくさん精子を出すんで飲んで下さい」

(うぅぅ……、飲むって精子を? う、嘘でしょ……、そんなこと……、この私が、勝の精子を飲むですって)

奏は牡汁を呑んだ経験がない。だからこそ、初めての精飲に躊躇していた。

しかし、昂る牡の欲望を、すべて受け止め、そのまま飲み干したいという思いもあったのである。

「うう……、先生、気持ちいい……、ち×ぽが気持ちよくて堪りません。はぅ……、本当に最高だ。先生を凌辱しながら、無理矢理フェラをさせて……、男の夢ですよ」

陶酔感に浸っていく勝。興奮もピークを迎え、徐々に射精感が強まっていくのであった。

(あぁ、勝のおち×ぽがビクビクしてきた……、きっとイキそうなのね……、うぅ……、ぁあぁん、私も、私もおま×ことお尻が気持ちいい……、両方気持ちよくて、イッちゃいそう……)

この時、奏のアクメを覚え始めた。断続的なアクメが、徐々に強まっていき、快感の塊となって降り注いでくるのであった。

「先生、出る! 精子が出そうです……。俺の精子を受け止めてください」

腰をビクつかせ、とうとう牡の欲望を発射させる勝。

ビュルビュルドビュと、勢いよく子種が奏の口腔内に放出される。

(んんんぁ……、あぁん、凄い量の精子……、零れちゃうわぁ……)

口腔いっぱいに注がれた精子を処理するためには、やはり飲み下すしかない。

そう考えた、奏は、一気に吐き出されたスペルマを飲み込んだ。

「んじゅる……、じゅる、じゅるん……、ゴックン」

粘り気のあるザーメンが、咽頭を駆け巡っていく。どろりとした牡汁を飲み込むと、自分もオルガスムスを迎えて、ビクビクと身体を震わせた。

「先生のおま×こが痙攣してる。……イッてるんですね。精子飲みながらイッちゃう先生、最高ですよ!」

勝は気分がよくなり、最後までクリトリスや肛穴を弄り続け、彼女を気持ちよくさせた。

「先生、このままアナルにち×ぽ挿れてあげますからね」

怒張を口腔から引き抜くと、ようやく奏は話せるようになる。

「ねぇ、ホントにするの? 私、そんな経験ないんだけど……」

「大丈夫です。俺が指でお尻の穴を広げておきましたから、問題なく入るはずです」

「あんた、後で覚えておきなさいよ……。私にこんなことして、ただで済むとは思わないことね」

とはいうものの、奏の身体は勝のペニスを求めていた。

アヌスはヒクヒクと震え、今か今かと肉竿の挿入を待ち構えている。

「先生だってお尻が気持ちよかったんでしょ? だからもっと気持ちよくなってください」

勝は菊筋に、ペニスを押し当てると、ゆっくりと挿入していくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました