連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第12回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第12回

「あぐぅ……、ち×ぽがお尻の中にぃ……、あぅぅ、キツイぃ……」

嗚咽を漏らす奏。肛虐されているのであるが、決して嫌な感じではなかった。

むしろ、ゾクゾクとする感覚が湧き上がってくるのである。

「先生のお尻、凄くキツイですね。キュッと窄まって、ち×ぽに絡みつきます」

「勝、ゆっくり、ゆっくり動いて……、あんまり速く動くと、お尻が裂けちゃうわ」

「もちろんです。ちゃんと丁寧に扱いますから安心してください」

勝は、ペニスを直腸の奥深くまで挿れていくと、少しだけ静止し、直腸内の感覚を味わっていった。

(先生のお尻の中、全体的にフワフワとしているな。これがアナルセックスなのか……。凄く感動的だよ)

挿入口は、キュッと密着している。それでいて、奥の方に入れると、ピッタリと吸いつきペニスを甘締めしていく。通常の膣を使った性交とは全く違った感触を味わえるのであった。

「先生、お尻にち×ぽ挿れられてどんな感じですか?」

「ど、どんなって、屈辱よ……、覚えておきなさい。後で後悔させてあげるんだからね」

「そんなこと言って。ホントは気持ちいいんじゃないですか? 腰がクネクネ動いていますよ。それって気持ちいいっていう証拠じゃないんですか?」

確かに腰が自然と動いてしまう。激しい排泄感があるものの、同時に心地よさも感じられるのである。だからこそ、腰を動かして感じてしまうのであった。

「勝の癖に生意気。私のお尻を犯して、いい気になってるんじゃないの?」

「先生みたいな、高飛車な女の人のお尻を犯してみたいと思っていたんです。だから、夢が叶いました」

「あぐぅ……、お尻が熱いのぉ……、う、うぅぅ……、あんまり動かれると、おかしくなっちゃうわ」

「おかしくなってもいいですよ。どんどんおかしくなって、淫らな姿を俺に見せてください。多分、目隠ししてるから、余計に感覚が鋭くなっているんですよね。もっと、感じてください」

少しずつ、勝は抽送のリズムを上げていった。

にちゅ、ぐちゅと、淫靡な音が聞こえ始め、淫らな空気が室内に流れていく。

「はぁ、お尻の穴にち×ぽ挿れると、こんなに気持ちいいんですね。おま×この中とはちょっと違いますよ。もっと、締め付けが強い感じです。先生のお尻もどんどんケツマ×コになっていきますよ」

「あぁ、あぁん。だ、だからあんまり突かないで……。もよおしちゃうからぁ」

「大丈夫ですよ。その内気持ちよくなっていきますからね……。それに、突かないとち×ぽが気持ちよくならないじゃないですか? だから突きまくっちゃいます」

「くぅ……、あぁん、勝の癖にぃ……、私を凌辱するなんて……、あぐぅ……、んんぁ……、あぁん」

「先生、俺、凄く気持ちいいですよ……、感動的です。先生のご褒美、ホントに最高ですよ」

(あぁ、私、お尻をち×ぽで弄られて、気持ちよくなってる……、あぁん、これじゃまるで変態じゃないの。嫌なのに……、無理矢理されて嫌なはずなのに、どうして気持ちよくなっちゃうの……、あぁん……)

激しい排泄感は、突きの一撃を繰り出されるごとに、少しずつ収まりを見せていった。ただ、その代わり、じわじわとした快感が降り注いできて、心地よくなっていくのであった。

「先生……、先生……、うぉぉぉー気持ちいい……」

興奮した勝は、姿勢を前傾させて顔を近づけると、そのまま奏の唇を奪った。

目隠しをしているため、顔が近づいたことに気づかなかった奏は、不意にキスをされて、ビクッと身体を震わせた。

「んちゅ……、にちゅ……、ちゅぱちゅぱ……くちゅん……」

(アッ。キスされてる……、お尻におち×ぽ挿れられて、無理矢理キスされてる……、んなぁ……、あぁん、やだぁ、興奮してきちゃったぁ……)

尻孔を強引に犯されているというのに、奏は心地よくなっていた。

キスの感触を受けると、自分でも舌を伸ばし、勝の舌に絡めていく。

(先生が舌を絡めてきた……、やっぱり気持ちいいんだな。強情なところがあるけど、やっぱり先生は素敵だ……、もっとイジメたくなるよ)

お互いの唾液を啜り合うように、ディープなキスを展開していく。

仄かに甘みのある唾液は、ハチミツのように蕩けていくのであった。

「先生、後ろから挿れてもいいですか?」

キスを止めた勝は、必死に腰を穿ちながら、そんな風に尋ねた。

後ろから肛虐される。考えただけでゾクゾクしてしまう。

「後ろからしたいの?」

「はい。いいでしょ? ご褒美なんだから」

「無理矢理犯しておいて、よく言うわよ……、だけど、イイわ。そんなに後ろから挿れたいのなら、後ろから挿れて……。あのね、私もお尻が気持ちよくなってきたの」

「それはよかったです。先生のお尻の穴、おま×ことは少し違うんですけど、ねっとりとしていて気持ちいいんです。それに、俺ばかり気持ちよくなっていたら、申し訳ないですからね。だから、先生ももっと気持ちよくなってください」

「あぁん、早く、早く後ろから挿れてぇ……、後ろからお尻をバコバコされたいのぉ」

快感に心を奪われ、淫声を上げて感じ続ける奏。

彼女の声を聴いていると、勝もますます興奮していくのであった。

「後ろから挿れますね。お尻を高く上げてください」

「んんぁ……、あぁん、はぅ、お尻が丸見えになっちゃうぅ……」

四つん這いになり、お尻を高く上げる奏。くぱくぱとアヌスが口を開き、早く挿れて欲しそうな顔を浮かべている。

「うおぉぉ、ち×ぽが後ろから入ったぁ……、うん、やっぱり気持ちいい……、後ろから挿れると、本当に犯している気分になりますよ……」

「本当に犯してるのよ……、勝、あんたは私を犯してるの……」

「でも、先生は犯されて気持ちよくなってるんですよね? 可愛い声を出してるじゃないですか?」

「はぅ……、んんぁ……、あぁん、そうなの、無理矢理されるのってちょっと興奮しちゃうのよぉ……、後ろからお尻の穴をズボズボされて、私、気持ちよくなってるのぉ」

「後ろから挿れると、もっとち×ぽが奥まで届きますよ……。きっと気持ちよくなると思います。ほら、ズンズンち×ぽが入っていきます」

後背位での挿入は、正常位に比べると突きの一撃が鋭く、奥まで届くようになる。

メリメリと、直腸の壁を擦りあげ、圧倒的な快感を生み出していくのであった。

「あぁん、んんぁ……、気持ちいい……、お尻がジンジンして気持ちいいのぉ……、勝、お願い、もっとズボズボしてぇ……、思い切り犯してほしいのぉ……」

「もちろんです。もっとペースを上げていきますよ……。たくさん突いてあげますからね」

リズミカルに腰を動かしていく勝。彼のペニスもピッタリと甘締めされて、素晴らしい快感が降り注いでくる。一突きごとに、悦楽が溢れ出し、心地よくなっていく。

「先生、おっぱいも弄ってあげますよ……。先生のおっぱいは大きいから揉みごたえがあります」

「はぅ……、おっぱいも弄ってぇ……、揉み揉みってされておち×ぽ突かれると気持ちよくなっちゃうのぉ……」

勝は姿勢を前傾にさせて、奏に覆い被さっていく。

そして、たわわに実った彼女の乳房を、手指を使って揉み上げていくのであった。

「先生、おっぱい揉まれて気持ちいいですか?」

「はぁん……、き、気持ちいい……、気持ちいいのぉ。おっぱい最高。揉み揉みされるの気持ちいいのぉ」

徐々に、勝の中でも射精感が湧き上がってくる。

ペニス全体が、ゾクゾクとした感覚に包まれて、勝の興奮もピークを迎えつつあった。

「先生、クリを弄ったらどうなります? お尻突かれながら、クリトリス弄ったら、もっと気持ちよくなるんじゃないですか?」

「きゃー、クリも弄って、クリを弄られながら、お尻ズボズボされたみたい……。んんぁ……、あぁん、興奮しちゃうわぁ……」

乳房を弄るの止め、勝は手を奏の陰部に回していく。

器用に陰核の包皮を剥き、ヒクヒクとした女豆を露出させると、そこをクリクリと刺激する。

「くぅん……、あぁん、やぁ、そんなに乱暴にしないで……、敏感なのぉ……」

「少し乱暴なくらいが興奮するでしょ……。ほら、お尻もピクッて震えましたよ。お尻とクリが繋がってるみたいですね」

剥き出しになった陰核は、指で捏ね繰り回され、プクっと膨らんでみせた。小さな突起のようになり、小刻みに震えている。

「先生、クリちゃん大きくなりましたよ……。あぁ凄い、感動的だ。先生がお尻を犯されながら感じてる……、はぁ、堪りません……」

「んぐぁ……、あぁん、クリは敏感なのぉ……。だから優しく扱わないとダメなのぉ……」

「先生は少し乱暴な方が好きなはずですよ。だって、こうして犯されて感じてるんですから」

「きゃぁ……、んんぁ、クリを弄られながら、お尻をバコバコされてる……、変態みたいなセックスなのに、気持ちよくなっちゃうのぉ……あぁぁん」

「俺も気持ちいいです……、もう少しでイキそうです。お尻の中に精子を出してもいいですよね?」

「精子出そうなの?」

「はい、限界が近いです……」

「私もお尻を突かれてイキそうだから、一緒にイッて……、お願い。一緒にイキたいの」

「わかりました。一緒にイキましょう」

「はぁん、嬉しいぃ……、お尻が気持ちよく過ぎて、イキたくなっちゃう……」

「うぉぉぉー。気持ちいい……、最後は激しくいきますよ」

「激しくしてぇ……、私のお尻を激しく犯してぇ……。お願いぃ……」

最後の力を振り絞って抽送を続けていく勝。

そして、とうとう彼も限界を迎え始めるのであった。

「先生、出る……。精子が出そうです……」

「出して、私のお尻に精子をビュルビュルって出しなさい。搾り取ってあげるからぁ……」

「先生も一緒にイッて下さい。お願いします……」

「私もイク! ケツマ×コ、気持ちいいのぉ……、んんぁ、あぁん……」

勝のペニスが著しく収縮し、暴発寸前になった。

ゾクゾクとしたオルガスムスが襲ってきて、彼はいよいよ牡の欲望を発散させる。

「あぁ、出る! 精子が……、うおぉぉぉー!」

ビュルビュルドビュと、勢いよく白濁色の子種が放出される。

大量のスペルマが肛孔に注がれ、トプトプと直腸内を満たしていくのであった。

「うほぉ、出てる。熱い精子がビュビュっと出てる……、あはぁん、気持ちいい……、んんぁ。お尻に精子出されるの気持ちいいのぉ……。アナルセックス最高なのぉ」

「精子が止まらない……、どんどん出てきます……。ううぅ、堪らない……」

こうして、二人のアナルセックスは終わりを告げた。

ドクドクと流れる射精の感覚を味わいながら、勝は彼女の目隠しを取り、奏をキュッと抱きしめる。

「勝の癖に生意気なのよ……、ホント、全く嫌になっちゃうわ」

「でも、気持ちよかったでしょ……」

「まぁね、だから許してあげる。なんかね、あんたといると、どうしてかエッチなことしたくなっちゃうの」

「俺の前ではエッチでいてください。俺も先生とエッチなことしまくりたいです」

「ホント生意気! エッチなことばかりじゃなくて、ちゃんと勉強もするのよ」

「もちろんです」

勝は奏にキスをして、にっこりと微笑んだ――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました