連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第13回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第13回

「今日は瑞希先生の授業だ。毎回走るから、憂鬱なんだよなぁ」

学校を終え、自宅で一人佇んでいる勝。今日の授業は体育の日なのだ。

そして、担当の家庭教師は瑞希である。

「恒例のランニングさえなければ、もっと授業も楽しくなるのになぁ……」

そう、瑞希の授業は、とにかく体育会系なのである。

とりあえず走りましょうという感じで、授業が進んでいくのだ。

(瑞希先生とも、もっとエッチなことをしたい。そうすれば、授業も楽しくなるぞ)

瑞希と初めてセックスをして以降、なかなかエッチなことができず、彼は悶々としていた。

何しろ、瑞希はスタイル抜群の美女であるため、やたらとペニスが反応してしまうのである。

(あ、そろそろ、瑞希先生が来る時間だ。面倒だけど、準備しなくちゃ)

瑞希の授業は、基本的に運動できる格好で行われる。また、大抵公園に行き、ランニングから始まるのであった。勝は運動着に着替えて、瑞希の到着を待つ。

(はぁ、走りたくない……。本当に嫌になるよ……)

そうこうしていると、来客を告げるインターフォンが鳴った。

玄関に向かい、トビラを開くと、目の前に瑞希が立っているのがわかった。

「勝君、こんにちは。元気にしてたかい?」

「はい。瑞希先生。あの、今日も走るんですか?」

「もちろんだよ。ランニングは、すべての運動の基本だからね。体力づくりにはもってこいなんだ。さぁ、今日も走ろう」

あははと、豪快に笑いながら、瑞希は勝を連れて公園に向かった。

走りたくない勝は、溜息をつきながら、瑞希の後を追う。

「そろそろ、走るのにも慣れてきただろう。少しペースを上げてみようか?」

「えぇぇー、無理ですよ。俺は、トロトロ走るのが丁度いいです」

「それじゃいつまで経っても体力は付かないよ。君はちゃんと卒業したいんだろう?」

「もちろんです」

「なら徐々に運動の負荷を上げていく必要があるな。漸進性過負荷の法則だよ」

「なんですか、それ??」

「つまり、成長するためには、少しずつでもいいから負荷を上げていく必要があるって意味さ。いつまでのトロトロやっていてもダメ。厳しくてもしっかり運動しないとね」

妙なやる気を見せる瑞希。これも三品先生の命令なのかもしれない。

「先生、あの、そうしたら、何かご褒美ください」

「ん、ご褒美? どうして??」

「だって俺、運動するの辛いんですよ。でも、何かご褒美が待っているとわかれば、頑張れるような気がするんです」

「飴と鞭というやつだな。まぁ、イイだろう。無事走り切ったら、君にご褒美をあげるよ」

「ご褒美って何でもいいんですよね?」

「んんん、まぁ常識の範囲内で頼むよ。例えば、一億円くれと言われても絶対無理だからね」

「そんなお願いはしませんよ。ただ、して欲しいことがあるんです」

「して欲しいこと?」

「はい。それは運動が終わった後に言います。断らないでくださいね」

「フフフ……、何を考えているかわからないが、まぁイイだろう。それで君のやる気が出るのなら、私は構わないよ」

「わかりました。では楽しみにしておきます」

「よし! では走ろう。今日は私に付いてくるんだぞ」

と、気合を入れる瑞希。やれやれと思いながらも、勝は仕方なく走り始めた。

三十分後――。

「ぜぇはぁ……、先生、ペース速すぎです」

「ん、そうか。これくらい大丈夫だろう」

「ふぇぇぇキツイよぉ……」

「後少しだ。頑張りたまえ」

肩で激しく息をしながら、ようやく運動の時間は終わる。

まさに地獄のような時間であった。

「よくやったぞ。勝君。着実に成長しているよ」

「はぁ、はぁ、ありがとうございます……。先生、約束覚えていますよね?」

「ん。約束?」

「惚けちゃだめです。走り終わったらご褒美くれるって約束ですよ」

「あはは、もちろん覚えているよ。それで、何がして欲しいんだい?」

「えっと、その、実は、エッチなお願いがあるんです」

エッチなお願いと聞き、瑞希は顔を赤らめた。

以前、勝と交わった時の記憶が蘇ってくる。

「エッチなお願い……。そ、そんなの」

「約束ですよ。何でも言うこと聞くっていいました」

「まぁ、確かに言ったが……。ちなみに何をして欲しいんだい?」

「あの、先生のおっぱいで、俺のち×ぽを挟んで欲しいんです。つまり、パイズリってヤツです」

「パイズリ。ええと、胸の谷間で男性器を挟む行為だな」

「そうです。いいですか?」

「ううむ……、私はそんな経験がないからなぁ、上手くできるか……。そんなにして欲しいのかい?」

「はい。先生のおっぱい、凄く大きいから簡単にできると思うんですけど」

瑞希はふむと唸った。生徒のやる気を挫かないためにも、ここは言うことを聞くべきなのだろうか? その思いが、彼女の脳内を駆け巡っていく。

「先生、お願いします」

「あぁ、仕方ない。今日の君は特に頑張ったからな。そのくらいしてあげよう」

「うわぁ、ありがとうございます。じゃあ、俺走っている時に、公園の中にある小屋を見つけたんです。そこでしましょう」

「なんだって? 外でするのかい?」

「はい、そっちの方が興奮すると思うし……」

「しかし、誰かに見つかったら、色々問題だぞ」

「大丈夫ですよ。もう夕暮れだし。小屋の中に来る人間なんていませんよ」

半ば強引に瑞希を説得させ、勝は公園の奥にある小屋に向かった。

確かに、彼に言う通り、公園の奥地にあるため、全く人気がない。

「こんなところに小屋があったんだな。知らなかったよ」

「はい。意外と静かでしょ?」

「まぁ、そうだな……」

辺りは赤焼けた夕焼けの光に包まれつつあった。

全体的に哀愁じみた空気が広がっている。

「じゃあ先生、おっぱい見せてください」

「あぅ……、ホントにするのかい?」

「そうですよ。約束ですからね」

「しかし、運動後で汗を掻いているし」

「大丈夫です。俺、先生の匂いが好きですから。少し匂うくらいがいいんです」

「君は本当に変わってるな。仕方ない。胸を見せよう」

と言い、瑞希は着ているジャージを脱ぎ、Tシャツ姿になった。そして、そのままTシャツを脱ぐと、スポーツブラ姿になる。

「ブラも外してください」

「んんん。ちょっと待ってくれ。今脱ぐから」

ベージュ色のスポーツブラを外すと、プルンと大きな乳房が露になる。

まるでメロンのような大きさであった。

「先生のおっぱい、本当に大きいですね。うわぁ、魅力的だなぁ」

「大きいと運動に支障があるから、私は嫌いなんだけどね」

「大きい方が女性らしいじゃないですか? 俺のち×ぽを挟んでください」

「挟めばいいんだな。やってみよう」

その言葉を聞き、勝はジャージパンツを脱ぎ、さらにボクサーパンツを下ろした。

興奮からか、既に怒張はいきり立っていて、赤黒く変色し、血管が浮き出ている。

(う、うぅ……、凄い大きなペニスだ……。それに、匂いも強烈……。あぁ、こんな匂いを嗅いでしまうと、興奮してしまう……)

立ち昇る牡の逞しい性臭を嗅ぎしめると、ズキリと秘唇が疼いた。

理由はわからないが、勝といると、性的に興奮してしまうのである。

「こんな感じでいいのか?」

小屋の中にはベンチがあり、そのベンチの上に、勝は仰向けになった。

瑞希は、彼の上に乗り、乳房でペニスを挟み始めた。

「うわぁ、凄く柔らかいです。ち×ぽが気持ちいい……」

「挟んだらどうすればいいんだ?」

「そのままシコシコと上下に動かしてください」

「動かせばいいんだな……、こうか?」

言われるままに、瑞希は胸の谷間に怒張を挟むと、そのままシコシコと上下に動かし始めた。プニプニとした乳房の弾力に包まれて、勝のペニスはビクビクッと震える。

「あぁ、先生、気持ちいいです……、凄い感覚だ」

勝自身、パイズリという経験は初めてである。

エッチなビデオなどで、その行為自体を見た経験はあったが、実際に体験するのは初なのである。それ故に、圧倒的な感動を覚えていた。

「亀頭から、エッチなお汁が出てきたぞ」

「はい。それだけ興奮してるんです。先生のおっぱい、凄く柔らかくて、とにかく気持ちいいんです……」

「そんなに気持ちいいのか?」

「そうです。これはもう罪深いレベルですよ」

瑞希はたわわに実ったバストをフルに使い、勝のペニスを扱いていく。

カウパー腺液がしとどに溢れ出し、胸の谷間に流れ、それが潤滑油となって、ヌルヌルとペニスを擦りあげていく。

「うほぉ……、堪らない……。先生、胸でち×ぽを挟んだまま、今度は、亀頭をレロレロと舐めてください」

「んんぁ……、舐める? 亀頭を舐めればいいんだな?」

「そうです。やってください。お願いします」

教え子の頼みとあっては、断り切れない。

瑞希は舌先をスッと伸ばすと、その切っ先を亀頭に押しつけていった。

「あぁ温かい。舌で亀頭をレロレロされるの気持ちいいです……」

「ううむ……、ちゅ、にちゅ……、ちゅるん……」

舌先を丁寧に使い、亀頭全体を舐り回していく。淡い刺激が、徐々に鋭くなっていき、恍惚とする高揚感が、勝に降り注いでくる。

「うわぁ、凄くイイです。堪らない。パイズリされながら、ち×ぽ舐められるの、凄く気持ちいいです。本当に最高だぁ」

肉竿はフワフワとした乳房に包まれて、さらに亀頭を優しく舐められる。

そんなダブルの刺激に、勝はクラクラとなって喘ぎ始める。

「勝君。おち×ぽがビクビク震えてるぞ」

「はい。あまりに気持ちよくて、もう暴発しそうなんです」

「イキそうなのかい?」

「あと少しでイケそうです。先生、口で受け止めてくれますか?」

「いいだろう。君の言う通り、口で受け止めてあげるよ」

「うわぁ、ありがとうございます。お、俺、幸せです」

ジンジンとペニスが熱くなり、小さなアクメを迎えつつあった。

そのアクメは、次第に大きくなっていき、圧倒的な快感となって彼を支配していく。

(パイズリって、こんなに気持ちいいんだ……、知らなかった……。凄い刺激だよ)

感動しながら、勝は必死に射精感に耐えていた。

しかし、徐々にアクメが強くなり、限界が近づいてくる。

(おぉ、勝君のおち×ぽが小刻みに動いているぞ……、もう少しでイキそうなんだな……)

牡の欲望の高鳴りを感じていると、女の部分が激しく反応してしまう。

パイズリして亀頭を舐めていると、彼女の陰部も熱く濡れてくるのであった。

(あぁ、私、おち×ぽ舐めながらおま×こ濡らしちゃってる……、どうしてなんだろう? 勝君と一緒に居ると、どんどんエッチになってしまう)

勝には性的興奮を誘う何かがあるように感じられた。

その正体不明の大きな力に引っ張られ、瑞希の興奮も高まっていく。

「勝君、イキそうか?」

「はい。イキたいです。精子、出してもいいですか?」

「もちろんだ。私の口の中に、たくさん精子を出したまえ」

「はぅ……、あぁ……アッ、で、出る……」

鋭い快感が、全身を貫く。そう思った瞬間、心地いいオルガスムスが全身を包み込む。

勝は頗る気分がよくなり、とうとう、牡の濃厚な欲望を発射させる。

「うわぁー、い、イク! 精子出ます!」

と、勝は叫んだ。

ビュルビュルドビュと、勢いよく子種が瑞希の口腔内に放出される。

「んご……、んんんぁ……」

あまりの量のスペルマであったため、すべてを口に含むのは難しい。

瑞希は、ゴクリと咽頭を震わせると、そのままねっとりとしたザーメンを飲み干した。

「先生、あぁ、先生が俺の精子を飲んでる。嬉しいです。ありがとうございます」

精飲は牡の悦びでもある。瑞希の好意に、勝は激しい感謝を覚えていた。

「勝君、凄い濃い精液だったぞ。ねっとりとしていて、濃厚だ」

「はい。先生、飲んでくれてありがとうございます」

「うむ、てしかし、依然としておち×ぽが大きいままだな。やはり若いから一度の射精では満足しないのだな」

「そうかもしれません。先生、このまま続きさせてくれませんか?」

「続き?」

「はい。次は、俺が先生を気持ちよくします。おま×こ見せてください」

勝は高らかに言い放つ。ギンギンになった肉竿は決して衰えることを知らなかった。

「とりあえず、ジャージ脱がしますね」

対する瑞希は、勝の言葉を受けて、女の部分を激しく濡らしていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました