連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第14回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第14回

(どうしてだろう? 勝君といると、エッチな気分になってしまうよ)

それは不思議な感覚であった。

エッチなことに興味がないわけではない。ただ、勝といると、猛烈に性を感じてしまうのである。

(それに、おま×こがぐっしょり……、これじゃ変態みたいだ)

既に、秘唇はたっぷりとした淫蜜で覆われている。

クロッチ部分を激しく湿らせ、くっきりとわかるくらい、色が変色しているのだ。

「先生、おま×こ濡れてますよ。俺のち×ぽをパイズリして、興奮してしまったんですか?」

と、勝は得意げに告げる。

恥ずかしさでいっぱいになった瑞希は、ぶんぶんと首を左右に振った。

「ち、違うんだ。こ、これは……、自分でもどうしてかわからないんだが……」

「エッチなことをして、おま×こが濡れるのは自然なことですよ。恥ずかしがらないで下さい。俺、エッチな女の人の方が好きだし……」

「でも、まるで変態みたいじゃないか? ち×ぽを舐めて、あそこを濡らすなんて」

「う~ん、そうですかね? でも、俺は嬉しいですよ。先生がち×ぽを舐めて興奮してくれて。今度は俺がもっと興奮させてあげますから」

勝はそう言うと、ショーツを下ろしていった。

あっという間に秘部が開帳され、ヌラヌラと光る女部分が印象的である。

「濡れてるおま×こって本当に卑猥ですよね。凄くエッチな気分になります」

「うむ、私は凄く恥ずかしいのだが」

ベンチに瑞希を座らせ、脚を広げさせる。

女壺がくぱぁを押し開かれて、サーモンピンクの粘膜がよく見えた。

「先生、おま×こ触りますよ……」

「あぁ、わかった。乱暴にしちゃダメだぞ」

「もちろんです。ちゃんと丁寧に扱いますから、安心してください」

勝の言葉を受け、瑞希はキュッと目を閉じた。

忽ち、目の前が暗闇になり、その分性器の感覚が鋭敏になっていく。

「凄くヌルヌルで、とっても熱い……、先生のおま×こ、本当に魅力的ですよ……。もっとクリクリしてあげます」

勝は、膣口を指でクニクニと弄り回していくと、淡い快感を生み出していった。

指先には、べっとりと淫蜜が付着し、それが潤滑油となってスムーズに動いていく。

「うわぁ、おま×こを弄ると、どんどんエッチなお汁が出てきます。先生、気持ちいいんですか?」

「んんぁ……、あぁん、気持ちいいよ……。指で弄られると、凄く気持ちいいんだ」

「今度は、奥まで指を挿れてあげます」

「指を……、そんな……、あぁん」

勝は指先をスッと胎内に導いていく。

忽ち、指回りがねっとりと包まれて、温かくなっていくのであった。

「んんん。先生のおま×この中、凄く熱いです。火傷しそうだ」

「うぅん……、あぁ、おま×この中、指で掻き回されて、心地よくなってる……。んんぁ、堪らないよ、勝君……」

「エッチな声が可愛いです。先生ってクールだから、こんな風に喘がれると、新鮮な感じがして嬉しいです。先生の知られざる一面を覗いたような気がします」

「はぅん……、だ、だって、そんな風に弄られたら、誰だって興奮しちゃうよぉ……。あぁん、もっと、指を奥まで挿れてぇ」

「奥がいいんですね。奥まで挿れてあげます」

メリメリと、指を奥深くまで挿入していく勝。温かな質感が、指先に纏わりつき、彼を恍惚とさせていく。しとどに溢れる愛蜜が、ねとねととして光っている。

「んんんぁ……、あぁん、指が……、あぁ、奥まで……、奥がイイ、奥を指で弄られるの気持ちいいのぉ……」

「おま×こが指を咥えて離さないんです。しっとりと指に絡みついて、あぁ、感動的です。ち×ぽを挿れたら、きっと気持ちよくておかしくなってしまいますよ」

ビクッと肉竿が反応する。既に射精したばかりだが、衰えることを知らず、ギンギンにいきり立っている。

「あぁ、先生、可愛いです……、もっと可愛い所を俺に見せて」

「勝君……、あぁん、くぅ……、うううう……、気持ちいいぃ」

勝は顔をゆっくりと近づけ、瑞希の唇に自分の唇を押しつけていった。

ぷちゅっと唇同士が密着し、プルンと柔らかな質感が、勝の唇に伝わっていく。

「んちゅ……、にちゅ、ちゅぱちゅぱ……」

キスの雨を降らせていく勝。

触れるだけの些細なキスであるが、瑞希はそれだけでは足りないようである。

(勝君……、我慢できないよぉ……)

瑞希は手を勝の首元に回し、ギュッと抱きしめる。

そして、その状態のまま、激しく舌を絡め、ディープなキスを展開していく。

(あぁ、先生の舌が、俺の口の中に……、あぁ温かい……、否、マグマみたいに熱いよ)

口元から唾液が滴り落ち、ベンチに落下していく。

二人は、互いの唾液を啜り合いながら、濃密なキスをして、身も心も満足していくのであった。

(うぉぉ、先生の唾液、しっとりとして、仄かに甘みがある。これが、女の人の味なんだ……、うわぁ、堪らないよ……、うううううー)

と、勝は感じていた。圧倒的なキスを受けて、勝は心地よくなっていた。

キスを止めた勝は、今度、陰核を責めることに決める。

「先生、クリトリスを弄ってあげますよ。そっちの方が気持ちよくなるでしょ?」

「え、クリを……、そこは敏感だから、優しくするんだぞ」

「はい。大丈夫です。先生のクリトリスを弄って、気持ちよくしてあげます」

「はぁん、んんぁ……、クリ……、クリを弄ってぇ……」

甘い淫声が零れ落ちていく。

勝は、指先で陰核の包皮を剥くと、白い女豆を露出させた。

「ほら、クリをクリクリしてあげますよ。こんなのはどうです」

「きゃぁ……、あぁん、刺激が……、刺激が強いよ、勝君、もっと優しく……」

「少し強引なくらいがいいんですよ。ほら、先生のクリトリス、プクっとなって飛び出してきました」

ぷっくりと膨らんだ陰核は、包皮から飛び出してきて、ヒクヒクと震えていた。

その姿は、どこか生き物を彷彿させるようで、勝をますます興奮させていく。

「クリを弄ったら、おま×こがキュッとなりましたね。やっぱり気持ちいいんですね? 女の人ってクリトリスが感じるって言いますからね」

「はぐぅ……、あぁん、クリが気持ちいい……、お願い、もっと弄って気持ちよくしてぇ」

「もちろんです。おま×この中に指を挿れ、さらにクリを弄ってあげますよ」

「んんぁ……、あぁん……、おま×こも……、クリも……、両方気持ちいいのぉ……、はぁん、おかしくなっちゃう……、あぁ、あそこがじんじんしてきて堪らないよ」

淡い快感が、性器を通じて、全身に広がっていく。

恍惚とした気分で手マンを受けていると、本当に狂ってしまいそうであった。

「次は、おま×こを舐めてあげますよ。先生、おま×こ舐められるの好きでしょ?」

「はぅん……、好きぃ……、おま×こベロベロされるの大好きなのぉ……、だからお願い、おま×こたくさん舐めてぇ……」

勝は、スッと瑞希の下半身に顔を近づけていく。

性器に顔を近づけると、ツンとした熟れた果物のような匂いが鼻を突いた。

「先生のおま×こ、凄くいい匂いがします。ちょっと汗の匂いもしますけど、それが逆に興奮させます」

「勝君、ダメだよ、おま×この匂い嗅いじゃダメェ」

「無理ですよ、こんなにいい匂いなのに、嗅がないのなんて無理です。もっと嗅いじゃいます」

「あぁん、止めてぇ……、恥ずかしすぎる……、うぅ、うぅぅー……」

クンカクンカと鼻を動かし、淫裂の馨しい匂いを嗅いでいく。

興奮を誘う高貴な香りで、その匂いを嗅いだ勝は、クラクラとしてしまった。

「んじゅ、じゅるじゅる……じゅぷぷ……」

次の瞬間、勝は瑞希の秘唇にむしゃぶりついた。

熱く熟れているおま×こは、仄かな塩気が感じられる。

「くちゅ、にちゅ……、くちゅん……、先生のおま×こ、凄く美味しいです……。あぁ、堪らないですよ……、こんな卑猥なおま×こしてるなんて、先生はホントにエッチなんですね」

「あぁん、エッチだなんて言わないでくれ……、私もびっくりしてるんだ。勝君といると、どんどんエッチになってしまうよ」

「もっとエッチになってください。そっちの方が、俺は嬉しいですよ」

「んんんー……、あぁん、おま×こもっと舐めてぇ、レロレロ舐められるの気持ちいいのぉ……。あぁ、あぁぁん……」

淫声を轟かせ、身を捩らせていく瑞希。

快感の塊が全身を貫き、ビクビクと打ち上げられた魚のように反応していくのであった。

「クリも舐めてあげますからね……、クリも好きですよね?」

「うん、クリも舐めてくれ……。おま×こもクリもどっちも好きだからぁ……」

「チュッチュッ、ちゅぱ……、くちょん、クリトリスがヒクヒクしてます……、うわぁ、可愛いですね」

「んんぐ……、アァツ……、あぁん……、クリちゃん弄られるの気持ちいい……、うぐぅ……、もっと、もっと舐めてぇ」

「んちゅ……ちゅちゅん……、くちゅん、先生、イキたくなったらいつでもイッて下さいね」

「はぐぅ……、気持ちいいのぉ……、イキたくなっちゃうよぉ……」

激しい陶酔感が、瑞希を襲っていく。

じわじわとした、アクメを覚え、全身を貫かれていくのであった。

「おま×こがヒクヒクと痙攣してきましたね、もう少しでイッちゃいそうですか?」

「そうなの。気持ちよくてイッちゃいそう……。勝君におま×こ舐められて、私、心地よくなってるのぉ……。んんぁ……、あぁん。ダメェェェー」

「イクところを俺に見せてください。お願いします……。もっと淫らな姿を俺に見せて」

「はぅん……、んん、ダメ! あぁ、もうダメだよ、勝君。おま×こ気持ちよすぎて、変になっちゃう……、あぁん!」

ビクビクッと身体を震わせると、大きなオルガスムスが襲ってきた。

電流が走ったかのような衝撃を覚える瑞希。イク寸前であった。

「あぁぁ、ダメェェェ、イク! イッちゃう!! ああぁん」

白目を剥いて、アヘ顔を決める瑞希。

年下の男子に性器を舐められて、激しく昇天を迎えてしまったのである。

「先生、イッたんですね。おま×こがブルブルと震えてました」

「あぁ、イッてしまったみたいだ。恥ずかしいけれど、凄くよかったよ。勝君、ありがとう」

「いえ、俺も嬉しかったです。先生をイカすことができて、俺も満足できました。でも、まだ終わりじゃないですよ。ここまで来たからには、最後までやらせてください」

「つまり、おま×こにおち×ぽを挿れたいのだな」

「はい、そうです。もう我慢できません。ち×ぽが破裂しそうなんです」

「うむ。私も興奮してるし、おま×こにおち×ぽを挿れてくれ。そして、二人で気持ちよくなろう」

「ありがとうございます」

人気のない公園の奥地で、二人は激しく求め合った――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました