連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第15回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第15回

瑞希をベンチに手を付かせて立たせると、勝は後ろから挿入することに決めた。

野外であるため、立ちバックからした方が、都合がいいように思えたのだ。

「瑞希先生、後ろから挿れますね」

「うむ。わかった。いつでもいいよ」

瑞希は脚を広げ、お尻をツンと突き出した。

ヌラヌラと光る膣口が顔を出し、そこに向かって勝はペニスをあてがっていく。

「それじゃ挿れます」

勝はそう言うと、ゆっくりと怒張を貫いていった。

ずぶずぶずぶとめり込むように剛直が胎内に吸い込まれていく。

「う、うぐぅ……、あぁ、入ってきたぁ」

「そうですよ。俺のち×ぽが先生の中に入ってるんです。どうです? 気持ちいいでしょ??」

「はぅ……、おち×ぽズボズボされるの気持ちいい……、はぁん、勝君、動いてくれ」

「わかりました。少しずつ動いていきますからね。最初から飛ばさず、ゆっくりやらせてもらいますよ」

ゆったりとしたペースで、腰を穿ち続ける勝。

ペニス全体が、キュッと甘締めされて、心地よくなっていくのであった。

「先生のおま×こ、締まりがいいですね。やっぱり運動しているからなんですかね」

「そ、そんなの知らないよ。ただ、おま×このおち×ぽ突き挿されると、自然とあそこが締まっちゃうんだ」

「本当に締まりがいいですよ。ち×ぽがいい感じで締め付けられます」

「はぐぅ……、んんあぁ、ち×ぽが奥まで刺さってる……、あぁん」

「立ったまま挿入するのって興奮しますね。なんか無理矢理犯してるみたいだ……」

「う、うぅぅ。確かにそうかもしれない。私も興奮してるんだ……、そ、その、後ろから挿れられて……」

「後ろから挿れられるの好きですか?」

「はぅん……、好き……、後ろからおち×ぽ入れられると気持ちいいのぉ……」

「そうですか、なら、もっと気持ちよくなってください」

少しずつ、抽送のリズムを押し上げていく勝。

結合部分から、半透明の糸が伸び、おまけにずちゅにちゅと、淫猥な音が響き始める。

「先生、片脚をベンチの上に乗せてください」

と、勝が告げる。

それを受け、瑞希は淫声を上げながら答えた。

「ベンチの上に? こうかな?」

言われるままに、瑞希は片足をベンチの上に乗せた。

すると、若干であるが挿入の角度が変わり、やや斜め下からヌルリと怒張が入るようになる。

「これで突き上げるように挿入できますね」

「あ、あぁん……、ずちゅって奥まで入るのぉ……」

「奥までち×ぽが当たると、気持ちいいんじゃないですか?」

「うん、気持ちいいよ……、勝君、凄く気持ちいい……」

ペニスを突き上げるように挿入し、バンバンと膣奥にぶつけていく。

ねっとりした粘膜に、怒張が包まれていき、鋭い悦楽を発生させる。

(おま×この形が変わったみたいだ。なんか凄くイイ感じだぞ)

初めて体感する体位に、彼は満足していた。

必死になって、剛直を突き上げ、瑞希の快感を高めていくのであった。

「んんん、んんぁ……、あぁん……、勝君、もっと、もっと突いてくれ……」

「もっと突けばいいんですか?」

「そうだ。おま×こを突き上げて、滅茶苦茶にしてほしいんだ……、んんぁ……、あぁん」

瑞希のエッチなお願いに、勝の気分も昂揚していく。

激しく突き上げるために、彼は姿勢を前傾にさせ、瑞希に覆い被さった。

「うぉぉぉ……、突きまくってあげますよ……、どうです?」

「はぁん、イイ! それ凄くイイよ。おち×ぽがおま×こを擦りあげて、とにかく気持ちいいんだ……」

「先生のおま×こ、突けば突くほど、濡れてきますね。後ろから無理矢理挿れられてるのに、先生は興奮してるんだ。もしかすると、変態かもしれませんよ」

「はぅぅ……、そんな……、そんな風に言わないでくれ……。あぁん、で、でも、勝君のおち×ぽでおま×こ掻き回されると、どんどんエッチな気分になってしまう……。自分でも理解不能なんだ」

勝から立ち昇る、エッチなオーラに包まれて、瑞希も同じくして淫らな気分になっていった。

発情している犬のような気分になり、自然と腰を振り始める。

「先生、お尻が自然に動いてますよ。フリフリして、誘惑してるみたいだ……」

「んんぐぁ……、あぁん、だって、だってぇ、おま×こが気持ちいいからぁ……、自然にお尻が動いちゃうのぉ……、あぁん……」

「それだけ気持ちよくなってるんですね。俺、嬉しいですよ。先生と一つになれて、感動しています」

「あぐぅ……、んんん。あぁん、おち×ぽ気持ちいい……、はぁん、おま×この中、掻き回されて、気持ちいいのぉ……」

「瑞希先生、こんなのはどうです?」

今度、勝は瑞希の両手を掴み、自分の方へ引き寄せた。

すると、瑞希の体勢が弓なりになり、乳房がツンと突き出て行く。

「あぁ、な、何を……、何するんだ、勝君……」

「先生の腕を掴んで自由を奪ってあげるんです。こうすると、本当に犯されてるみたいでしょ」

「う、うん、レイプされてるみたいだ。後ろから無理矢理挿れられて、気持ちよくなってるぅ……。んんぁ……、うぐぅ……、おち×ぽが気持ちいいのぉ……」

「大きな胸がブルンブルン震えています。あぁ、感動的だなぁ……」

頗る気分がよくなっていく勝。突けば突くほど、心地よくなっていくのであった。

腕を引き寄せた体勢から、少し変え、彼は瑞希の乳房をやや乱暴に揉み始める。

「ち×ぽ挿れながら、おっぱい揉んであげます……。どうです? 興奮するでしょ??」

「あぁん。興奮する……。おち×ぽ挿れられながら、おっぱい弄られてる……、んんぁ……、こんな変態みたいなことされて、私、興奮しちゃってるのぉ……」

豊満な瑞希のバストを揉んでいくと、自然とペニスも反応して、ググっとより一層硬くなっていく。胎内のねっとりとして感触を味わいながら、勝は挿入を続けていくのであった。

「先生のおっぱい、マシュマロみたいに柔らかいですよ……。この爆乳で、さっき俺のち×ぽを挟んだんだ」

「あふぅん……、勝君は大きい胸が好きなのか?」

「俺は大きくても小さくてもどっちも好きですよ……。大きいおっぱいにも魅力がありますし小さい方も素敵です。どっちも可愛いから、選べませんよ……」

「はぁ……、乳首も、乳首も弄ってくれ……、そうされると、もっと気持ちよくなれるんだ……」

「乳首ですね? わかりました。コリコリって刺激してあげます……」

「きゃぁ……、んんん……、あぁん」

勝は手指を使って乳首を挟み込むと、クリクリと刺激し始めた。

花の蕾のようになった乳首は、コリコリと硬く、適度な弾力がある。

(乳首でクニクニしていて、触り心地がいいんだよな……、ハリがあるし、興奮するよ)

「あぐぅ……、くぅ……、ち、乳首、気持ちいい……、乳首、コリコリされるの気持ちいいのぉ……」

「乳首弄られながら、おま×こ突かれてるんですよ……。それも、ひっそりとした公園の中で……、はぁ、興奮しますね……本当に……」

「おま×こズボズボされるの気持ちいい……、んなぁ……、もっとしてぇ……、もっと突いて滅茶苦茶にしてぇ」

「もちろんですよ。突きまくってあげます……」

さらに抽送のペースを上げていく勝。

ずりゅ、めりゅとめり込むように怒張が吸い込まれていき、膣粘膜を擦りあげていく。

「はぁん……、勝君、激しいよ……、でも、激しいのがイイの。激しくされると興奮しちゃう……」

「先生は激しいのが好きなんですね……。乳首捏ね繰り回されて、おま×こにち×ぽで蓋をされ、アンアン喘いでいるんだ……、本当に最高ですよ……」

「ふぐぅ……、あぁ、堪らないよ……、こんなに気持ちよくなったのは初めてかもしれない……。勝君といると、どんどん淫らになっていて、気持ちよくなってしまうんだ。こんな獣みたいな体勢で犯されてるのに、物凄く興奮しちゃうし……、あぁ、私、ますますおかしくなっていくぅ」

「ハァ、ハァ……、先生、今度は俺がベンチに座るんで、その上に跨ってください」

「んんん、つまり、変則的な騎乗位をするわけだな?」

「そうです。ここまで来たからには、騎乗位でもプレイしてみたいんです」

「わかった。やってみよう。勝君がそうしたいのなら、私は従うだけだよ」

「うわぁ、ありがとうございます。俺、感動してますよ」

勝は一旦ペニスを引き抜くと、脚を広げてベンチに腰掛けた。

そしてその上に跨るように瑞希が腰を落としていく。

「対面式の密着騎乗位だな……」

「そうです。これなら、キスしながらセックスできますよ」

「はぁん……、それに、挿入が深い……、さっきより奥まで……、子宮に当たっちゃう……」

騎乗位は後背位に比べると、挿入が深くなる。ずっぽりとペニスがめり込み、子宮口に届く勢いで剛直が突き刺さっていく。

「あぁ、先生ッ、先生ッ、ホントに気持ちいいです……、ち×ぽがおま×こを擦って気持ちいいんです……」

「私もだよ……、おま×こにおち×ぽがずっぽり刺さって、さっきよりも気持ちいいかもしれない」

「下から思い切り突き上げてあげます」

「私もその突き上げに合わせて腰を振ろう。二人で気持ちよくなるんだ」

「はい。先生、最高です!」

下から突き上げるように腰を動かしていく勝。恐ろしく速いペースでペニスを突き上げる。それに合わせて、瑞希も腰を振り、ピッタリと勝に密着していった。

「キス……、勝君、キスしてくれ……。そっちの方が興奮するから」

「わかりました。キスしてあげますよ……」

瑞希をキュッと抱きしめると、勝は唇を押しつけていく。

ぷちゅっと唇同士が密着し、恋人同士のような甘いキスが展開される。

「んんちゅ……、ちゅぷ……、ちゅぱん……、チュ、チュッ」

(キスされながらおま×こ突かれるの気持ちいい……、あぁん、堪らないよ……、本当に……)

ジュワッと淫蜜が噴き出し、一層結合部を滑らせる。

勝は、ペニスを突き上げながら、自分の舌を瑞希の口腔内に入れ込んでいった。

(あぁ、勝君の舌が、私の中……、舌同士が絡まっていくぅ)

お互いの唾液を激しく啜り合い、濃密なキスを生み出していく。

ねっとりとした唾液は、ほんのりと甘く、蜜のようでもあった。

「先生、お、俺、そろそろイキそうです……」

「んんぁ……、あぁん、イク? イキそうなのか? 勝君」

「はい、先生のおま×こ、あまりに気持ちよくて、もう我慢できません……」

「うむ、私ももう少しでイケそうなんだ。二人で一緒にイコう。それでいいかな?」

「わかりました。一緒にイキましょう。俺も頑張ります」

激しい射精感を覚えながら、勝は懸命に吐精に耐えていく。

ジンジンとペニスが熱くなり、快感の塊が降り注いでくる。

「あぁん、勝君、私も、私もイキそう……、おま×こビクビクしちゃう……」

「本当ですか? 俺もイキたい! イッてもいいですか?」

「あぁ、イコう、一緒にイクんだ!」

瑞希の女壺がヒクヒクと痙攣を始める。イク兆候が現れ始め、彼女がガクガクと身体を震わせる。対する勝も最後の力を振り絞って抽送を続ける。

「あぁ、ダメだ! 先生、もうダメ! イキそうです」

「きてぇ……、勝君、精子をたくさん出してぇ……」

「中に出しますよ……、イイんですね?」

「あぁ、中に出してくれ。中出しセックスがいいんだ」

「うぉぉぉー、で、出る! イキます!!」

勝は強く叫んだ。

そして、その叫び声に呼応して、牡の欲望が発射された。

「あぁ、精子が出てる、私のお腹に中に……」

「はい、中出ししてます。はぁ、気持ちいいぉ……、蕩けそうだ」

「はぁん、私も気持ちいいのぉ、中出しされるの気持ちいい……、精子がビュルビュル出ておま×こ熱くなっちゃう……」

激しく身を捩らせて、快感を表現する瑞希。

圧倒的なオルガスムスを覚え、そのまま果ててしまった。

「精子が止まりません。どんどん出てきます」

「最後の一滴まで搾り取ってあげるよ……、う、うぅうん……」

秘唇をキュッと締め上げ、ペニスを甘締めしていく。

ギリギリまで、スペルマが搾り取られると、勝は放心状態になる。

「先生、気持ちよかったです。ありがとうございました」

吐精を終えて、満足感に浸りながら勝は答えた。

それに対し、瑞希もにっこりと微笑みながら、

「私も気持ちよかったぞ……、勝君のおかげで、楽しい時間が過ごせたよ」

「先生……、またセックスしてくださいね」

「君は本当にエッチだなぁ。しっかり体育の勉強して、卒業するんだぞ。それができるのなら、協力しよう」

「もちろんです。俺、頑張りますから」

勝は意気揚々と告げると、瑞希をキュッと抱きしめた。

二人の間に、まったりとしたムードが流れ、心地いい気分にさせていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました