官能小説レビュー 第58回『姉ちゃんのススメ♡~お姉ちゃんのイタズラ性生活♡♡~』

官能小説レビュー

官能小説レビュー 第58回『姉ちゃんのススメ♡~お姉ちゃんのイタズラ性生活♡♡~』

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ぷちぱら文庫の官能小説は、非常にエッチで興奮させてくれます。

今回は、そんなぷちぱら文庫の官能小説をご紹介。

それは、橘トラさんの『姉ちゃんのススメ♡~お姉ちゃんのイタズラ性生活♡♡~』です。

 

魅力的なお姉さんたちと、エッチなことをしていきます。

本記事では、詳しいストーリーをネタバレアリで解説。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、早速見ていきましょう!

 

□登場人物とストーリー

 

本作品は全5章の構成となっています。

各章の詳しいストーリーと、主な登場人物を見ていきましょう。

 

【登場人物】

・夏野晋次……主人公の高校2年生

・夏野藍衣……晋次の姉。喫茶店のマスターをしている

・神谷青葉……晋次のことが好きな年上のお姉さん

 

【ストーリー】
第1章

第1章は前半が晋次と藍衣のパート。後半が晋次と青葉のパートです。

晋次は藍衣がやっている喫茶店「ナツノ」を手伝っています。

そんな晋次ですが、学校の友達とゲームをして負け、その罰ゲームである女子に告白することに。

その相手が、松永時雨という女の子です。

 

この女子は、男子からの告白をすべて断っていると有名なのですが、晋次の告白を受け、友達ならOKと答えるのです。

そして、時雨と一緒に「ナツノ」に行くと、姉の藍衣に見つかってしまいます。

 

藍衣は結構歪んでいて、晋次の童貞を守ろうとします。

自分以外の女とエッチなことをしていないかをチェックするために、おちん×んを見せろと言ってくるのです。

晋次は、最初は拒絶しますが、結局、成すがままに。

おち×ぽをチェックされて、最終的にフェラチオされてしまうのでした。

 

章の後半では、青葉が登場します。

青葉は晋次が時雨に告白したと聞き、動揺するのです。

そして彼の気を引くために、エッチなプレイを展開していきます。

ペニスを太ももに挟んで、スマタみたいなことをさせて、晋次を気持ちよくさせていくのでした。

 

さらに、いい雰囲気なった二人は、そのまま本番に移ろうとするのですが、寸前のところで藍衣がやってきて、彼の童貞を守ります。

 

第2章

第2章も引き続き、前半が晋次と藍衣のパート。後半が晋次と青葉のパートです。

青葉とエッチなことをした晋次の気を引くために、藍衣は、晋次を誘惑します。

本当はセックスがしたいのですが、グッと抑え込んで、スマタプレイに突入。

実の姉と淫らな行為をして、動揺する晋次でしたが、徐々に受け入れていきます。

 

後半は青葉が登場し、晋次を奪い合います。

青葉は、晋次が藍衣とスマタをしたと知り、それを超えるパイズリで彼をもてなします。

初めてのパイズリを受けて、晋次は心地よくなっていくのです。

そして、胸の谷間で射精し、その性器を青葉は飲み干していくのでした。

 

第3章

第3章は、本番のパートです。

最初に晋次と藍衣。次に晋次と青葉がセックスをします。

 

藍衣は、晋次の童貞が気になって、彼から離れられなくなります。

晋次はそれを鬱陶しいと感じ、それを諌めるには、セックスするしかないと考えます。

晋次は藍衣を求め、二人は姉弟の垣根を超えて結ばれるのです。

 

一方、青葉は、晋次のことが好きで、彼の童貞を手に入れたいと思っていました。

ただ、藍衣に先を越されて、ショックを受けます。

それでも、やはり晋次を求めてしまい、彼をラブホテルに連れ込み、情事に誘うのです。

晋次も断り切れず、青葉の本当の気持ちを知り、身体を重ねていくのでした。

 

第4章

第4章も晋次、藍衣、青葉が登場します。

まずは、晋次と藍衣のパートからです。

 

藍衣は晋次とのセックスを覚え、彼なしではいられなくなります。

セックスをしないと、仕事ができないようになってしまうのです。

そして、喫茶店の店内で、晋次とセックスに耽ります。

晋次も藍衣を求め、深く愛し合うのでした。

 

後半は青葉が登場します。

藍衣との過剰なスキンシップを知った青葉は、夜の公園に晋次を呼び出すのです。

そして、公園の中にある休憩所で、晋次を求めます。

 

公園という野外でのセックスに驚きを覚える晋次ですが、性欲には勝てません。

青葉を後背位で犯し、野外でのセックスを楽しみます。

身も心も満足した二人は、夜の公園でセックスの余韻に浸るのでした。

 

第5章

第5章は大団円的なパートです。

晋次は、藍衣と青葉を仲良くさせるために、三人で旅行に行くことを提案します。

藍衣も青葉も、晋次の頼みであるため、仕方なく旅行を了承するのです。

 

もちろん、ただの旅行で終わるわけはありません。

どっちが晋次を先にイカせるかで、藍衣と青葉が競ってしまうのです。

どちらの女性も選べない晋次は、結局危険日であるにも関わらず、二人に種付けしてしまいます。

 

最終的に二人の内、どちらかを選べない晋次は困ります。

そんな彼の気持ちを知らず、藍衣と青葉は晋次をエンドレスに奪い合うのでした。

 

□登場人物は多いが、イベントは絞られている

 

本作品はギャルゲーが原作であるため、小説中にも、魅力的な女性が多々登場します。

ただ、ページの都合からか、エッチなイベントが起こるのは藍衣と青葉の二人のみです。

 

一応、時雨という学園の女の子や、義理の母親である詩子という女性も出てくるのですが、ちょっと登場するだけで、イベントの発生はありません。

 

個人的に、時雨というキャラは結構存在感が強かったので、小説中にもイベントがあればいいなぁと感じましたが、それは仕方ないかもしれません。

気になる方は、ギャルゲーをプレイしてくださいということでしょう。

 

ただ、藍衣も青葉も魅力的なキャラクターであるため、読んでいて非常に楽しめました。

弟のおちん×んをチェックする、姉のイキすぎた行動に、思わず興奮してしまうでしょう。

 

□プレイ内容はソフト! 文章もキレイで読みやすい

 

登場人物がお姉さんということで、ついつい過激なプレイを求めてしまいますが、本作ではハードな描写は一切ありません。

淡々とノーマルなプレイが続きます。

個人的には、アナル責めや、放尿なんかがあってもよかったと思いました。

野外ファックがあるので、少しハードな描写があってもバランスが取れたかなと感じます。

 

また、橘トラさんの作品はこれが初めてなのですが、非常に読みやすい文章を書く作家さんです。

官能小説特有の、やや諄いような言い回しはほとんどありません。

そのため、フランス書院さんなんかの作品を読み慣れていると、少し物足りないかもしれませんね。

 

それでも、端正で読みやすい文章が続くので、しっかりと最後まで読み通せます。

例えば、

『まるであやすようなゆったりとした刺激に煽られ、いつまでも欲望の解放が続くような錯覚に襲われる。それでいてその感覚が心地良く、俺は喘ぎながらアオ姉ぇの口に白濁を吐き出し続けた。』

P108より抜粋

 

このようなキレイで整頓された文体が魅力です。

 

□思わずギャルゲーもプレイしたくなる作品

 

いかがだったでしょうか?

今回は橘トラさんの『姉ちゃんのススメ♡~お姉ちゃんのイタズラ性生活♡♡~』を紹介しました。

お姉さん系の作品として、非常に魅力ある官能小説だと感じました。

主に、若い読者向けの小説ですが、おじさんが読んでも楽しめると思います。

 

本記事では、作中の詳しいストーリーや主な登場人物を紹介していきました。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、次回の官能小説レビューでお会いしましょう。ではでは……。

 

コチラの作品はここで購入できます↓
姉ちゃんのススメ 〜お姉ちゃんのイタズラ性生活〜

ギャルゲーをプレイしたい方はコチラ↓
姉ちゃんのススメ 〜お姉ちゃんのイタズラ性生活〜

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました