連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第18回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』第18回

(ふぁ、勝さんのおちん×ん、凄く大きくなってますぅ……。あ、あれが私の中に……)

ゾクゾクする気分を味わいながら、加奈は大きく息を吸った。

対する、勝はスク水の股部分を少しずらし、秘部を露出させると、女の蜜孔に向かって、ペニスを押し当てていく。

「加奈先生。挿れますよ。いいですね?」

「はい、挿れてください……、私の中に来てください」

「わかりました。では挿れます」

膣孔にペニスが吸い込まれていく。ヌムヌムと、めり込むように胎内に怒張が入っていき、加奈は挿入感をいっぱいに覚えていった。

「あぁん、入ってきたぁ……、おちん×ん、大きいですぅ」

「うぐぅ、先生のおま×この中、凄く窮屈で、ち×ぽが噛み千切られるみたいですよ」

「はぅ、おま×こが自然に締まっちゃうんです。だから、わざとじゃないです。小っちゃいおま×こは嫌いですか?」

「いえ、嫌いじゃないですよ。締め付けが強い方が、ち×ぽは気持ちいいです」

「勝さん、おちん×ん、ズボズボしてください。もっと強い方がいいです」

「激しいのがいいんですか?」

「はい。そっちの方が気持ちいんです。だから、お願いします」

「可愛い顔して、激しいのを求めるんですね。でも、イイですよ。激しくしてあげます。こんなのはどうですか?」

そう言いながら、勝は腰の動きを速めていった。

彼の恥骨と、加奈の臀部がぶつかり合い、パンパンパンとリズミカルな音を上げる。

「どうです? さっきよりも激しくなったでしょ? こんな感じがいいんですか?」

「はぅ……、うぅ……、気持ちいいです。激しいのが好きぃ……」

処女を卒業してから、まだ日が浅い加奈であったが、どんどん自分が性的に貪欲になっていくのがわかった。不思議にも、勝といると淫らな気分になってしまうのだ。

「うぉぉ、先生のおま×こヒクヒクしてきましたね。痙攣してるみたいです」

「はぐぅ……、おま×こが気持ちよくて、ビクビクしちゃうんです。アァツ、また来たぁ」

加奈は断続的なアクメを覚え、挿れられた瞬間にイッてしまったようである。

それだけ、秘部は敏感になっていたのだ。

「加奈先生、イッたんですか? 白目剥いてますよ」

「は、はぅ……、イッちゃったみたいです。あまりに気持ちよくて、我慢できません」

「我慢しないで、どんどんイッちゃってください。俺、先生がイキ狂うところを見たいんです」

「い、イキ狂うなんて、そんなこと……。はぁん、まるで変態になった気分ですぅ……」

「先生はもしかすると淫乱なのかもしれませんね。エッチなことが大好きなんだ……」

「あぐぅ……、エッチぃことはいけませんよぉ」

「いけないってい言ってる割に、先生は、俺のち×ぽの虜になっているんですよ。ホントはエッチなことしたくて堪らなかったんじゃないですか?」

「ひぃ……、わかんないですぅ。もう、頭がぐちゃぐちゃで、混乱しちゃいますぅ」

自分でも、乱れていくのがわかっているのであるが、それを認めたくなかった。

エッチなことに溺れていく自分に、抵抗感があったのである。

「先生、もっと奥まで突いてあげますよ。多分、奥にち×ぽが当たると、気持ちいいはずだから」

「ぐ、ぐぅ……あぁん、奥におちん×ん、当たってますぅ……、子宮の入り口におちん×ん、当たってるんです……」

「俺のち×ぽがデカいから、子宮に届いちゃうのかもしれませんね。先生、奥までずっぽりち×ぽを挿れられてどんな感じですか?」

「はぅ……、そんな、どんな感じって、言わせないでくださいよぉ」

「言ってください。おま×こ気持ちいいって」

「う、ううぅぅ……、お、おま×こ気持ちいいですぅ……」

「先生みたいな可愛い人が、おま×こって言うと興奮します。もっとエッチな言葉を囁いてください。そうすると、俺もたくさん興奮できます」

「お、奥がいいんです……。おま×この奥をおちん×んでコンコンされると、気持ちよくなっちゃいますぅ……」

「多分、ち×ぽの先でGスポットを刺激してるんだと思います。それで気持ちいいんですよ」

「勝さんのおちん×ん、気持ちいいのぉ。奥までズボズボしてくれるから、堪りません」

結合部分からは、半透明の糸が伸びていた。

それはどこまでもいやらしい光景であり、勝の興奮を高めていく。

「あぁ、おま×こからどんどんエッチなお汁が出てきて、ち×ぽをヌルヌルにするんです。俺も気持ちいいですよ。先生のおま×こ、ホントにいやらしいです」

「きゃわぁ……、そ、そんな風に言わないでください。恥ずかしすぎますぅ」

「恥ずかしがっても、おま×こは濡らしちゃうんですね。先生、可愛すぎますよ」

「あくぅ……、んんぁ……、エッチぃことしたら、おま×こ濡れるのは当たり前なんです……。それが普通なのぉ……」

「普通よりも、たくさん濡れてますよ。ヌルヌルで、温かくて、凄い気持ちいい…」

勝は、少しずつ抽送のリズムを押し上げていく。

ずりゅ、めりゅっと、淫猥な音がこだまし、室内に染み渡っていくのであった。

「先生、水着を着たままエッチするのってどんな感じですか?」

「はぅ……、いけないことしてる気分です……。でも、それが逆に興奮しちゃいます……。水着はエッチぃことするアイテムじゃないのにぃ、私、おちん×ん、ズボズボされてますぅ」

「水着を着たままセックスすると、何というか、犯してる気分になりますよ……。俺も興奮してイイ感じです」

「勝さんのおちん×ん、私の中でどんどん大きくなってますぅ……。おちん×んの先っぽがおま×こを擦るの気持ちいいです……、も、もっと、もっと擦りあげてぇ」

「もちろんですよ。きっと、カリの部分で膣壁を擦ると気持ちよくなるんですね。わかりました。たくさん膣壁を引っ掻いてあげます」

勝のカリ首はキノコのように張り出していて、それが膣内に引っ掛かり、カリカリと掻き回していくのであった。その時の衝撃が心地良く、加奈を満足させていくのである。

「んんん……、あぁ……、激しい……、さっきよりも激しくなってます……。んんぁ……」

「先生、おっぱいも弄ってあげますよ」

「え? おっぱいですか。そんなぁ、私のおっぱいは小さいから、ほっといてください」

「俺、小さいおっぱいも好きなんです。ほら、こんな風に触ってあげます」

ぴったりとした水着を着ているので、ナマ乳は触れない。しかし、水着越しに乳房を触れられると、ビクッと興奮してしまうのであった。

「あぁ……、おっぱいクリクリしないでぇ……。おかしくなっちゃいますぅ」

「加奈先生、乳首が立ってきましたよ。水着の上からでもくっきりわかります。うわぁ、なんて卑猥な光景なんだろう。先生のちっさいおっぱいが興奮してる……」

「乳首弄られたら、立っちゃいますぅ……、それは自然の反応なんですぅ」

「おっぱい揉み揉みされながら、俺のち×ぽでおま×こ突かれてるんですよ? 変態の先生なら、興奮してるんじゃありませんか?」

「いやぁ、私は変態じゃありません。そんな風に言うなんて、酷いですぅ……」

「違いますよ。俺は褒めてるんです……。俺、エッチな女の人の方が好きだから、先生くらい変態の方がありがたいんです。可愛い顔してるのに、ち×ぽでおま×こ突かれると、アンアン言っちゃう姿が可愛いんです」

褒められているのか、貶されているのか、加奈はわからなかった。

ただ一つ言えるのは、圧倒的に気持ちいいということだろう。とにかく快感の波が降り注いでくるのだ。

「んなぁ……、おほぉ……、あぁん……、おま×こが壊れちゃいそうです……。刺激が強すぎます」

「大丈夫ですよ。先生は乱暴なのが好きだから、直ぐに慣れますよ……」

バコバコと激しい淫音を上げて、突き続ける勝。

彼女を征服しているような気分が強くなり、満足感で支配されていく。

「先生、今度は後ろから挿れてもいいですか?」

「えぇ? 後ろからですか? そんなワンちゃんみたいなポーズ、恥ずかしいですよぉ……」

「後ろから突いた方が、気持ちよくなれると思いますよ。それに、いつまでも正常位だと飽きますしね。四つん這いになって、お尻を突き出してください……」

「あぅあぅ……恥ずかしいですぅ……」

恥ずかしさでいっぱいになる加奈であったが、快感には抗えない。

特に四つん這いになって淫らなポーズを取ると、自然と女壺が疼いてしまうのであった。

「四つん這いになった先生も素敵です。お尻の穴まで丸見えだ」

「きゃぁー、そんなところ見ないで……、恥ずかしいですよぉ……」

「恥ずかしがってる姿がいいんです。お尻も弄ってあげたいなぁ」

「だ、ダメです、お尻なんて絶対ダメ!」

必死になって抵抗する加奈であったが、抵抗すればするほど、勝の興奮を誘ってしまうのであった。

勝は、淫裂にペニスを押し当て、貫いていくと、同時に指先を濡らし菊筋に触れた。

「や、やぁ、……ダメですぅ……、お尻の穴弄らないでぇ」

「どうしても弄りたくなっちゃうんです。ちょっとだけ、ねぇ、先生イイでしょう?

勝にお願いされると、断り切れなくなってしまう。なんというか、強いオーラみたいなものが感じられるのである。

「勝さん、ダメ、ダメだったらぁ……」

「先生のアナル、ヒクヒクしていて、可愛いんです。少しだけ指を挿れちゃいます」

「あぁん、おほぉ、ほぉ……」

人差し指の第一関節まで挿れていく。

途端、アヌスがキュッと締まり、指先を激しく締め上げていった。

「凄い、先生のお尻の穴、締め付けが段違いだ」

「あぐぅ……、止めてぇ……、指を抜いてください……」

「ホントは気持ちいいんじゃないですか? おま×こもキュンキュンしてるみたいですよ」

「そ、そんな気もちよくなんか……、あぁん」

これは嘘だった。ただ、初めて感じるアヌスへの愛撫に、動揺しているだけなのだ。

同時に、恐ろしいほどの快感が降り注いでくる。

「お尻の穴を刺激しながら、ち×ぽでおま×こ突いてあげます」

「はぐぅ……、あぁん、ますます変態になってしまいますぅ……」

「正直に言ってください。お尻も気持ちいいって……」

「やぁ、やぁです……、お尻をクリクリするの反則ですぅ」

「先生は強情ですね。でも、感じてるんですよね。全く可愛い人だなぁ……、お尻も気持ちいいって認めれば、もっとち×ぽで突いてあげるのに……」

「勝さんは意地悪ですぅ。先生をイジメて楽しんでるんですね、酷いです……」

「イジメてないですよ。ただ、先生の口からエッチな言葉を聞きたいんです。ほら、もっと言ってください。お尻が気持ちいいって……」

理性が吹き飛びそうになるが、快感に身を委ねたい。

その思いが身体中に流れていく。

「はぅ……、んんぁ、気持ちいいのぉ……、お尻、気持ちいいです……」

「よく言えました。ご褒美にたくさん突いてあげます」

勝は、肉竿を奮い立て、ずんずんと勢いよく胎内を掻き回していく。

これには、加奈も堪らなくなる。アクメが強くなり、全身を貫かれる。

「きゃぁ……、あぁん、イク……、イッちゃいますぅ……」

「先生、俺もイキそうですよ。加奈先生の小っちゃいおま×こに、たくさん精子を注ぎたいです。いいですか?」

「精子出して……。精子出してもいいから、気持ちよくしてくださいぃ……」

徐々に吐精感がせり上がってくる。

ペニス全体が熱く反応し、ビクビクと痙攣していくのであった。

「あぁ、先生、凄く気持ちいです。俺も限界……、精子出したいです……」

「出してぇ……、おま×この中に精子をビュッビュッって出してください」

「わかりました。たくさん出しますよ……。たっぷり気持ちよくなってください」

最後の力を振り絞って、勝は激しく抽送を続けていく。

大きなオルガスムスを感じ、とうとう彼は果ててしまう。

「うぉぉぉ、先生、イク……、精子出ます!」

「私もイキそうです……、んんぁ、らめぇぇぇー」

二人の声がシンクロした瞬間、ビュルビュルドピュと牡の欲望が発散される。

白濁色のねっとりしたスペルマが、ドボドボと胎内に注がれていく。

「きゃぁー。出てる……、たくさん精子が出てますぅ……。んなぁ、中出しセックス気持ちいいですぅ……」

「俺も気持ちいいです……、気持ちよすぎて、精子がどんどん出てくる」

最後の一滴までザーメンを絞り尽くすと、勝は加奈に覆い被さるように崩れ落ちた。

ベッドの上で、二人は放心状態になり、肩で息をしていた。

「勝さんと、またエッチぃことしちゃいました。私、先生なのに……」

「大丈夫ですよ、加奈先生はいい先生だから、俺の成績は上がってます。だから自信を持ってください」

「勝さんといると、エッチな気分になっちゃいます。はぁ、どうしてなんだろう??」

「いいじゃないですか。エッチなことして気分もスッキリしたでしょ? そうすれば、また勉強するやる気も出てきます。先生、ありがとうございました」

勝は加奈に優しく口づけすると、その小さな身体をヒシっと抱きしめた――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました