連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』最終回

連載官能小説

連載官能小説『エッチな家庭教師たちとラブラブレッスン』最終回

「じゃあ、最初は奏先生から、挿れますね」

「早くしてぇ。お願い。精子が欲しくて仕方ないの」

「わかってます。しっかり精子を注ぎますから」

奏を仰向けにさせると、勝は彼女の足をゆっくりと広げ、秘部を開帳していく。

ヌラヌラと濡れて秘唇が露になり、勝はゴクリと生唾を飲み込んだ。

「奏先生。挿れます……」

勝はそう言うと、いきり立った怒張を、秘裂に押し当て、そのまま貫いていった。

ずぶずぶずぶ。めり込むようにペニスが胎内に吸い込まれていく。

(あぁ、奏先生の中、凄く気持ちいい。トロトロになってるよ)

「んんぁ、おち×ぽが入ってきたぁ……。思いっきりズボズボしてぇ」

「もちろんです。激しくいきますよ」

挿入と同時に、勝は激しく腰をグラインドさせ、バシバシと肉竿を奥まで突きたてていく。

あまりの衝撃に、奏は驚いていたが、それもすぐに慣れ、むしろその激しさの虜になっていった。

「勝、激しい……、んんん、激しいのイイの、あはぁん、堪んないわ……、あぁ、もっと、突いて、激しく突いて、私を感じさせなさい」

「奏先生のおま×こ、ヌレヌレで凄く気持ちいいですよ。それにイッたばかりだから、少しヒクヒクしてて、ち×ぽに絡みつきます」

「イッたばかりの敏感おま×こを激しく突きなさい。そして、中出しするの。そうしないと、ダメなのよ。あんたは、私に中出しして、気持ちよくさせないとダメなのぉ……」

淫声を上げ、感じ続ける奏。キュキュキュッと秘唇が締まり、ペニスを甘締めしていく。

心地いい刺激に、勝も感動的な気分になり、抽送のペースも上がっていくのであった。

「アァツ……、あぁん、おち×ぽ、奥まで届いてるぅ……、んんんぁ……、おま×この中、ち×ぽが擦って気持ちいい……、凄い快感よ、勝!」

「俺も気持ちいいです。膣襞が、ち×ぽに絡みついて、凄い衝撃です。あぁ、奏先生最高ですよ」

「当たり前でしょ。何て言ったって、私のおま×こなんだから。気持ちよくなって当然よ……」

「はい。ありがたいです。この調子で、突き続けますよ」

「えぇ、そうして、できれば、もっと強く突いて、奥の奥まで突き続けて、子宮におち×ぽぶつけるくらいの勢いでしなさい」

「はい、頑張ります」

奏の言葉を受けて、勝は必死になってピストン運動を繰り出していく。

甘締めされたペニスが心地良く、どんどん力が漲ってくるのであった。

「奏先生、あぁ、気持ちいい……、ち×ぽが気持ちよくて、堪りません」

「はぁん……、私もよ、私も気持ちいいのぉ、おち×ぽがズンズン奥まで届いて、子宮が喜んでるわ」

姿勢を前傾にさせた勝は、奏に覆い被さると、自らの顔を近づけ、そのまま唇を奪った。

「んちゅ……、にちゅ……、チュチュッ」

キスの雨を降らしていく勝。興奮しきった奏も、彼の首に手を回し、濃密なキスを堪能していく。

(あぁん、私、勝にキスされながら、おち×ぽ挿れられてる。はぁん、凄く気持ちいい……、またイッちゃいそう……)

ずんずんとち×ぽを挿入され、じゅんと淫蜜が噴き出してくる。

断続的なアクメが襲ってきて、彼女はビクビクと身体を震わせていくのであった。

「あぁ、勝……、ダメ、私、またイッちゃう。はぁん……」

「奏先生、またイキそうなんですか?」

「そうなの、気持ちよすぎて、イッちゃいそう……。ねぇ勝、イッてもいいでしょ?」

「俺もイキたいです。先生の中に精子をたくさん出したい」

「出して。精子をたくさん出しなさい。そうしないと、ダメなんだからね」

「わかりました。たっぷり中出しします」

定期的に中出ししないと、奏たちは調子が悪くなってしまうのだ。

そんな宿命を抱えた三人の美女を救うため、勝は懸命に腰を振り続ける。

「うぉぉぉ、先生、イク! イキそうです」

「出しなさい。私のおま×この中に、たくさん精子を出して……、気持ちよくなってぇ」

「はぐぅ……、ううううぅ……、ダメだ、出る、イキます!」

勝の背筋が、ビクッと動いた。そして、激しいオルガスムスを感じる。

心地いい快感が全身を貫いていき、そのまま彼はドプドプと精を飛ばした。

「あぁん、出てる……、精子がたくさん……、私の中にぃ……、う、うぅぅ……、熱いのぉ……、熱い精子……、もっと注いでぇ……」

「どんどん精子が出てきます……、うわぁ、止まらない……」

牡汁をたっぷりと秘唇に出した勝は、激しい満足感を得ていた。

ただ、今回はこれで終わりではないのだ。瑞希、加奈の二人にもしっかり中出ししないとならない。

「奏君、イッたみたいだな。じゃあ次は私の番だよ。勝君、まだやれるだろ?」

と、瑞希が嬉しそうに尋ねてきた。

それを受け、勝は答える。

「もちろんです。まだまだ大丈夫ですよ。次は瑞希先生の番です。瑞希先生は後ろから挿れてあげます」

「後ろからか、イイだろう。後ろから思い切り突いてくれ。そして、私の中にもちゃんと精子を出すんだよ」

「わかりました。じゃあ挿れます」

瑞希は四つん這いになって、お尻を高く上げた。

ツンと突き出した豊満なヒップが素晴らしく、さらにヌレヌレになった淫裂まで丸見えである。

(四つ這いになった瑞希先生、すごく魅力的だなぁ)

「勝君、早く、早く挿れてくれ、もう我慢できないんだ」

「大丈夫ですよ。ちゃんと挿れてあげますから」

肉感のある臀部に手を置き、双肉を押し開き、淫裂を見つめる。

トロトロになった秘部に向かってペニスを突き立て、ゆっくりと挿入していった。

「うぉぉぉ……、先生のおま×この中、温かくて最高です……」

「ぐほぉ……、ほぉ……、おち×ぽが入ってきたぁ……」

後背位でペニスを挿れられ、瑞希の興奮も高まっていた。

後ろから挿入されると、何だか犯されてるみたいな気分になり、発情していくのである。

「瑞希先生のおま×こ、キュッと締まって凄いです。あぁ、俺、幸せです……」

「気持ちよすぎて、おま×こが締まっちゃうんだ……。んんあぁ、早く、突いて、激しく突き上げてくれ」

「わかってますよ。後ろからたくさん突いてあげます」

一定のリズムで、ペニスを突き続ける勝。

ずりゅ、めりゅと、膣襞を切り裂き、胎内の感触を味わっていく。

「んんー。ほぉ……、あぁん、おち×ぽ奥まで刺さって気持ちいい……。後ろか挿れられるの堪らないのぉ……」

「しっかり奥までち×ぽを挿れてあげますからね。瑞希先生、たっぷり気持ちよくなってください」

「はぐぅ……、はぁ、深い……、んんん、深いよ……、勝君、気持ちよくなったら、いつもで中出ししていいからね」

「はい。しっかり中出しするんで、安心して下さい。それが俺の役目ですから」

心地いい刺激が、ペニスを通じて、全身に広がっていく。

対する瑞希も、アンアンと淫声をあげながら、感じ続ける。

「瑞希先生、クリトリス弄ってあげます……」

「はぅ……、クリを……、そんなぁ……、敏感だから、優しくしてくれぇ」

「クリを弄られながら、ち×ぽで突かれると気持ちいいでしょ? だからやってあげます」

「うん、してくれ、クリを弄られるの好きなのぉ……、気持ちよくなっちゃうから、たくさん弄ってくれぇ」

手を前に回し、コソコソと陰核を弄り始める。

器用に包皮を剥き、女豆を露出させると、クニクニと、敏感な部分を刺激していく。

「んんあぁ……、あぁん、そ、それ、イイ! 凄く気持ちいいよ……。はぁん、勝君イッちゃいそうだよ」

「クリを弄られながら、おま×こ突かれて、イッちゃいそうなんですね? いいですよ、激しくイッて下さい。俺もたっぷり中出ししますから」

「んぐぅ……、んぁ……、気持ちいい……、おま×こ気持ちよすぎて、おかしくなりそうだ……、ハァハァ……、力が入らない……」

敏感になった淫裂がヒクヒクと痙攣を始める。イク兆候が現れ、瑞希は白目を剥いて感じ続けた。

「瑞希先生、俺も、俺もイキそうです……、ち×ぽから精子が出そうですよ……。出してもいいですか? おま×この中に、たくさん精子を出したいんです」

「はぅ……、出して……、出してくれ……、私のおま×この中に、たくさん精子を出すんだ……、それが勝君の役目だよ。しっかり中出しするんだ」

「う、うぅぅ……、わかりました。たくさん出しますからね……。俺の精子を感じ取ってください」

漲る勢力が、爆発寸前になっている。二度目の射精だが、まだまだたくさんの子種が出そうであった。勝は、フルフルと身体を小刻みに震わせると、力を振り絞って抽送を続けた。

「あぁ、出る! 瑞希先生、精子出ます」

「出してぇ、中にビュルビュルって精子を出してぇ……、熱い精子で私のおま×こを満たして欲しいのぉ」

二人の声がシンクロした瞬間、勝は牡の欲望を一気に放出させた。

ドクドクドクと、勢いよくスペルマが発射され、瑞希の胎内に流れ込んでいく。

「ほぉ……、うほぉ……、出てるよ。勝君、精子がたくさん……、私のおま×この中に……、う、うぐぅ……、気持ちいい……、中に出されるの気持ちいいのぉ……」

「俺も気持ちいいです。あまりに気持ちよすぎて、精子が止まりませんよ」

絶倫である勝のペニスは、精を吐き出しても尚、硬さを維持している。

結合部分から引き抜くと、彼の怒張は精液や淫蜜で塗れて、ヌラヌラと光っていた。

「勝さん、次は私ですよ。私にも中出ししてください」

頬を薄紅色に染めながら、加奈が叫んだ。

それを受け、勝は加奈のそばにより、優しくキスをする。

「もちろんです。次は加奈先生の番です。加奈先生、騎乗位でやりましょう。いいですか?」

「え? 騎乗位って私が上になるんですよね? 上手くできるか」

「大丈夫です。俺も下から突き上げますから。先生は腰を振って感じてください」

「わかりました。や、やってみます。じゃあ、勝さんは横になってください」

加奈の言葉を聞き、勝は仰向けに寝転ぶ。その上に加奈が跨り、ゆっくりと腰を落としていく。

勝の剛直は、度重なる射精を経ても、硬さを維持しており、すんなりと加奈の胎内に吸い込まれていった。

「はぐぅ……、深い……、おちん×んが深く刺さります」

「はい。騎乗位だから、ち×ぽが奥まで入るんです……。どうです? 気持ちいいでしょ??」

「はぁん、気持ちいいです。おま×この奥までおちん×んが入って、凄く気持ちいいんです……」

「下からち×ぽ突き上げてあげますからね。うぉぉぉー。加奈先生のおま×こ、小さいからち×ぽが激しく締め付けられます」

「おま×こ気持ちいい……。おちん×ん、子宮まで届きそうです……。深く刺さって……、あぁん……、んんぁ……」

勝はリズミカルに腰を突き上げ、快感を生み出していく。

一方、加奈も突き上げに合わせながら、腰をフリフリと振って興奮を高めていった。

「加奈先生。おっぱいも触ってあげます」

「きゃぁ……、おっぱいは小さいからダメですよ」

「そんな風に言わないでください。加奈先生の小さいおっぱい、凄く魅力的ですよ」

勝は身体を起こし、加奈と向かい合わせになると、対面式の密着騎乗位の体位になり、激しく胸を弄り始めた。

「はぐぅ……、おっぱい弄らないでぇ……。敏感なんですぅ……」

「小さい方が、感度がイイって言いますからね。それにパイパンおま×こも堪りません」

「ふぅ……、はぁ……、おっぱい弄られながら、おちん×ん突かれると、変な気分になっちゃいますぅ」

「おま×こがヒクヒクしてきましたね。加奈先生、イキそうなんですね……」

「だってぇ、だってぇ、勝さんがそんな風にいやらしくおちん×ん突くからぁ、気持ちよくなって、イッちゃいそうですぅ」

心地いいアクメを感じながら、加奈はアヘ顔を決めていく。

トロリとした表情が官能的であり、勝を一層興奮させていった。

「あぁ、加奈先生、俺もイキそうです。精子出しますよ……」

「はい。出してください……。私のおま×こに精液下さい……。たくさん出してぇ」

「うぉぉぉ……、イク! 精子が出ます……」

三度目の射精を前に、勝は大きく体を震わせた。

度重なる射精に、ズキリとした痛みがペニスに走るが、心地よさの方が優っている。

「勝さん、出してぇ、おま×こに精液頂戴ぃ」

「はい、出します! 精子が出る!!」

次の瞬間、勝は勢いよく子種を放出した。

ビュルビュルドピュと、べとついたスペルマが発射され、胎内を心地よく満たしていく。

「あぁ……、出てます……、おま×この中に、精液が出てますぅ……。それに、凄く熱いぃ」

「たくさん精子を注いであげますからね。たっぷり気持ちよくなってください、加奈先生」

「はぁん、気持ちいいのぉ……、中出しセックス気持ちいい……、最高ですぅ……」

最後の一滴までザーメンを絞り出すと、勝は心地いい疲れを感じ、そのまま崩れ落ちる。

加奈はその姿を見て、優しく彼の額を撫でた。

「勝さん、頑張りましたね」

「はい。凄く気持ちよかったです」

こうして、濃厚な4Pは終わりを告げる。

四人は、ベッドに腰掛け、これからどうするかを話し合っていた。

「定期的に中出ししないとダメなんでしょ? なら、毎回勉強する時に、セックスしなくちゃならないわね」

と、奏が告げる。

それを聞いた瑞希がさらに言葉を乗せていく。

「それに、週に一回程度は皆で集まってするっていうものアリだと思うが、勝君はどう思う?」

「俺の病気の所為で、先生たちに迷惑がかかってるわけだから、俺は、頑張りますよ」

すると、加奈がおずおずと声を出した。

「勝さんの所為じゃありませんよ。私たちは何も気にしてません。じゃあこうしたらどうですか? 今、週に一度家庭教師をしてますよね。その時にちゃんとエッチぃことして、さらに、土日のどちらかに皆で集まってするっていうのはどうですか?」

それを聞いた奏が頷きながら、

「それがいいかもね。私は賛成よ。勝、ちゃんと中出ししなさいよね」

「はい、それはもちろん」

最後に瑞希が締めくくる。

「それじゃ決まりだな。なに、その内いい解決方法がわかるかもしれない。そんなに悲観しないで、楽しむつもりで頑張ろう。それに、私は、勝君とセックスするの好きだよ」

「ありがとうございます。色々すみません」

勝と、奏、瑞希、加奈の間にエッチな条約が締結された。

四人は、エンドレスにセックスを楽しんでいくだろう。

(俺、頑張らなきゃな。それが俺の役目だ!)

勝は固く決意を固めると、三人の美女を前にして、にっこりと微笑んだ――。

 

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました