連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第6回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第6回

「姉ちゃん、何をするつもり?」

「ムフフ。もっと気持ちいいことをしてあげるのよ」

「え? それってもしかして」

「う~んと、セックスじゃないのよ。でもね、健司が私としたいっていうのなら、セックスしてあげてもいいわよ」

「そんなのダメだよ。だって、俺たち姉弟だし」

「フフフ、そう言うと思った。だからまだセックスはしません。でも、セックスに近いことをしてあげるから、楽しみにしていなさい」

一体、それは何であろうか?

ドキドキとしながら、健司は有希を見つめる。

「健司、私の後ろに立って」

「後ろに立てばいいの?」

「そう。早くして」

「うん、わかったよ」

全裸になった姉弟の間に、しっとりとした空気が流れていく。

有希の後ろに健司が立ち、覆い被さるような姿勢をとった。

「これでいいの? 姉ちゃん??」

「そう。それで私の腰に手を当てて」

「腰に……、これって何か後ろから挿れるみたいだけど……」

「実際には挿れないの。でも、挿れたみたいに気持ちよくなるんだって」

「そうなんだ。それで、俺はどうすればいいの?」

「私が股を閉じるから、その股に向かっておちん×んを挿れなさい」

「股に向かって。それって、えっと……なんて言うんだっけ?」

「素股。聞いたことあるでしょ」

「うん。聞いたことあるけど、実際に経験したことはないよ」

「私もないわ。今回が初めてなのよ。本当はセックスしてもいいんだけど、健司の気持ちがまだみたいだから、素股で我慢してあげる。お姉ちゃんの股の間におちん×んを挿れて、シコシコしなさい」

「シコシコって……、ホントにするの? 俺たち姉弟なのにさ」

「あんたの童貞を守るために、仕方なくやってるのよ。このままじゃ、あの泥棒猫に取られてしまうかもしれないから」

「取られるって、俺はモノじゃないのに」

「もちろんわかってるわ。私はね、ただ健司が心配なのよ。変な女に引っ掛かって、悲しい目に遭わないように、守ってあげないとならないの。あの泥棒猫はね、健司を誑かして、ポイっと棄てる気よ。そんな風になったら、あんただって嫌でしょ?」

「美香ちゃんは、そんな子じゃないと思うんだけどなぁ。優しいしさ。姉ちゃん気にし過ぎだよ」

「黙りなさい。あんたは私の言うことを聞いていればいいのよ。そうすれば、すべて上手くいくんだから。さぁ、早くおちん×んシコシコしなさない。気持ちよくなれるから。そうすれば、あの女のことだって忘れるはずよ」

「股の間に挿れればいいんだね」

「そう。おちん×んの先っぽからヌメヌメした液体が出てるでしょ? それを股にくっ付けて、シコシコしなさい。スムーズに動くはずだから」

興奮している健司は、何となく素股に興味が湧いた。

実の姉と、いけないことをしているという背徳感が、彼の興奮に火を付けて行く。

「じゃあ、姉ちゃん挿れるよ。いいんだね」

「うん。やってみて、私もどうなるか楽しみなの」

「わかった。やってみるよ」

健司は有希の臀部に手を置いて、股の間にペニスを挿れていく。

プニプニとした柔らかい内腿の感触が、剛直に伝わっていくのであった。

「はぐぅ、姉ちゃんの股の間、凄く温かいよ」

「股は体温が高いっていうからね。おま×この中みたいでしょ?」

「俺、童貞だから、わからないよ」

「あ、そうだったわね、おま×この中はもっと気持ちいいけど、今はこれで満足しなさい。いつか、覚悟ができたら、私が相手してあげるから」

「ね、姉ちゃん……」

「ほら、早くおちん×んをズボズボしなさい」

「う、うん。こうかな……?」

股の間にペニスを差し込み、ゆっくりと動かしていく。

先端からカウパーが滲み出し、それが内腿に付着し、潤滑油となっていくのであった。

(うぉぉ……、何か凄く気持ちいい、プニプニとして温かくて、最高だよ)

程よい悦楽が、健司を包み込んでいく。

マスターベーションとは違った感触が、ペニスを通じて全身に広がっていった。

「はぅ……、私も気持ちいいわ。おま×この入り口におち×ぽが当たるの。凄くヌメヌメしていて卑猥よ……。もっと、動いてもいいからね。お姉ちゃんの股で気持ちよくなっていいのよ」

「うん……、ち×ぽが凄く気持ちいい……、おま×この中はもっと気持ちいいの?」

「当然でしょ? おま×この中はもっと最高よ。どう? 挿れたくなっちゃった?」

「ぐくぅ……、でもダメだよ……、そんなの……、近親相姦なんて、絶対ダメだ」

あくまでも頑なに性行為を拒絶する健司。

しかし、その想いの牙城は、徐々に崩れていくようであった。

(参ったな……、凄く気持ちよくて、自分を抑えきれない)

と、健司は感じていた。

股の隙間を怒張が出入りしていき、じわじわと快感が広がっていくのであった。

「健司、おっぱい触りたくない?」

「え? おっぱい……、そ、それは……」

「正直に言いなさい。あの女はきっと貧乳だから、触らせてもらえないわよ。その点、私はDカップもあるから、揉みごたえがあるの。さぁ、私のおっぱい揉んでぇ」

激しい誘惑に、健司は抗えなかった。

スッと手を伸ばし、姉の乳房に触れていく。

(あぁ、姉ちゃんのおっぱい、凄く柔らかい……。こ、これが女の人のおっぱいなんだ)

初めて感じる乳房の感触に、健司は思わず感動していた。

予想以上に柔らかく、まるでマシュマロのような質感である。

「姉ちゃん、おっぱい揉まれると気持ちいいの?」

「うん。気持ちいいわ……、健司の手つき、凄くいやらしくて堪らない……。もっと触って、いやらしく触って、お姉ちゃんを興奮させて」

「はぐぅ……、姉ちゃん……、おっぱいが柔らかすぎて、俺、止まらない……」

「我慢しなくていいの。触りたいだけ触ってもいいのよ。健司さえよければ、いつだって触らせてあげるんだからね。だから、あの女についていっちゃダメよ。私のところにいれば好きにさせてあげるから」

それはまさに、悪魔の囁きにも感じられる。

姉の元を離れて、美香と仲良くなりたい気持ちはある。けれど、有希も魅力的なのだ。

(お、俺……、どうしたらいいんだろう? このままじゃ不味いかもしれないけれど、ダメだ、止まらない。頭がエッチなことに支配されて、指が止まらないよ……)

懸命に有希の乳房を揉みしだく健司。

すると、有希の淫裂からじゅわっと淫蜜が噴き出してきた。

「姉ちゃん、股がヌルヌルしてきたよ。もしかして濡れてるの?」

「はぅん……、そうよ、お姉ちゃんのおま×こ、興奮して濡れてるの。それがお股に垂れて、ヌメヌメとしちゃってるのよ」

「姉ちゃん、俺に素股をして興奮してるの? 俺におっぱい触られて興奮してるの?」

「あぁん、もちろん。当たり前でしょ? ここまでいやらしく触られて、興奮しない女はいないわ。健司、とってもイイ感じ。もっとおっぱい触って、おち×ぽズボズボしなさい」

「ぐぅぅ……、姉ちゃん、気持ちいいよ……、ち×ぽが気持ちよすぎて、ビクビクしてる」

「そうみたいね。おちん×んがビクンビクンって動いてるわ……。健司、イキたくなったらいつでもイッていいからね。お姉ちゃんのお股でたくさんイッてぇ」

「うん、わかった。たくさん精子出すからね」

必死になって抽送を続ける健司。

しとどに溢れるカウパー腺液、愛蜜が融合し、股の間は大洪水になっていった。

「健司、今度は横になりなさい」

「え? 横に?」

「そう。おま×この入り口で、おち×ぽ気持ちよくしてあげるから」

「う、うん、わかったよ。俺、もっと気持ちよくなりたい」

「そうでしょ。お姉ちゃんがたくさん気持ちよくしてあげるからね。ほら、早く仰向けになって」

言われるままに、健司は仰向けに寝そべった。

部屋の床に寝そべると、ダイレクトに床の硬さを感じる。

「ムフフ、今度はこうやって気持ちよくしてあげる」

有希は、騎乗位のような体勢を取り、局部にペニスを押し当て、シコシコと擦りあげていく。おま×この入り口に、ペニスが当たり、心地いい刺激が発生していくのであった。

「アァツ……、こ、これ気持ちいい……、さっきよりもイイよ。姉ちゃん、あぁ、俺、ち×ぽが気持ちよくなってる……」

「この体勢ね、お姉ちゃんも気持ちいいの、だってね、クリトリスにおちん×んが当たるから……。どんどんエッチなお汁が出ちゃうわぁ……」

腰をフリフリと振って、ペニスを股に密着させて扱いていく。

たっぷりと淫蜜で満たされた局部は、ヌメヌメと滑っており、ペニスをスムーズに動かしていくのであった。

「はぐぅ……、姉ちゃん、気持ちいいよ……、凄くイイ……」

「あぁん、お姉ちゃんも気持ちいいのぉ……、おち×ぽがおま×こに当たって最高。もしかすると、誤っておま×この中に、おち×ぽが入ってしまうかもね……」

「う、うぅぅ……、俺、セックスはしたことないけど、セックスしてるみたいだよ……。姉ちゃんといけないことしてるのに……、ホントはこんなことしちゃダメなのに……、お、俺、凄く興奮してるよ……、あぁ、姉ちゃん、俺を許して」

「安心しなさい、何もいけないことじゃないのよ。姉弟でエッチなことしても、全く問題じゃないわ。世間の姉弟は皆やってるんだから」

滅茶苦茶の理論であったが、健司は頭が沸騰していたため、納得してしまう。

心地いい刺激が、全身を貫いていくのであった。

「健司、今度は私にキスしなさい。これは命令よ」

「え? キス、姉ちゃんに?」

「そうよ、お姉ちゃんにキスしなさい。できるでしょ?」

「うん、できるけど、……でも、そんな……」

躊躇する健司を尻目に、有希は姿勢を倒していき、彼の身体に密着させた。

そして、局部をクニクニと動かしながら、健司の唇と奪う。

「にちょ……ちゅちゅ……、っちゅっちゅ……」

キスの雨を降らしていく有希。

健司の初キスは、こうして姉である有希に奪われたのであった。

(お、俺、姉ちゃんとキスしてる……、あぁ、凄く唇が柔らかくて……、プニプニしてるよ……。これが女の人の唇なんだ)

「キスしながら、素股するの気持ちいでしょ? 健司、そろそろイキたくなってきたんじゃない?」

その言葉を受け、健司は激しい射精感を覚えた。

ゾクゾクとしたアクメが、全身を心地よく包み込んでいく。

「はぁう……、うん、姉ちゃん……、お、俺、イキたいよ。ち×ぽから精子が出そうだ」

「たくさん出していいのよ。お姉ちゃんの股にたくさん精子出してぇ」

「いいんだね。射精しても、股の間に精子出すよ」

「うん、出してぇ、熱い精子が欲しいの……、健司の精子をたくさん頂戴ぃ……」

精子を強請る有希の姿は、まるで淫魔のようでもあった。

次第にアクメが強くなり、欲望を抑えきれなくなる。

「アァッ! 姉ちゃん、ダメだ! 俺、イクよ。精子が出る」

「出しなさい、ビュルビュルって精子を出すの。いいわね」

「はぐぅ……、イクゥ―」

健司は高らかに叫んだ。

次の瞬間、ドクドクと白濁色のスペルマが尿道から放出された。

「ブピュ、ドピィ、ドピュピュ……、ビュル、ビュル、ビュビュック!!」

「はぁん、熱いぃ、熱い精子がたくさん出てるのぉ、あぁん、気持ちいいわ……、お股に射精されて、私、感じちゃってる」

ビクビクと体を震わせ、有希もアクメを迎える。

圧倒的な解放感が襲ってきて、有希を満足させるのであった。

「姉ちゃん、俺、精子出しちゃった。姉ちゃんの股に……」

「いいのよ。気持ちよかったでしょ。凄い量の精子が出たわね」

「うん。ゴメン、こんなに出しちゃって」

「謝らなくていいのよ。私もこれを望んでいたんだから」

「姉ちゃん……」

「健司、何度も言って諄いかもしれないけど、あんたに女の子の友達はいらないわ。私がいるんだから」

懸命に、健司を説得する有希。

対する健司は、心地いい射精の余韻に浸り、もう身体は動かなかった。

(姉ちゃんとこんなことして……、本当にいいのかな……)

迷いはある。しかし、有希ともっと気持ちよくなりたい気持ちもあるのだ。

(このままじゃ、俺、姉ちゃんとセックスしてしまうかもしれないよ)

悶々とした気分を胸に、健司は己の行く末がどうなるか、必死に考えていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました