連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第7回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第7回

元々、有希の健司に対する過保護ぶりは、目を見張るところがあったが、それが日に日に強くなっていった。同時に、その状況を抱え、健司は辟易としていく。

(なんか、前よりも増して姉ちゃんが、色々言うようになったよな……)

半ば、うんざりしながら毎日を送っていたのであった。

有希があまりにもうるさいため、美香との仲はあまり進展していない。

(せっかく友達になったのにな……。姉ちゃんの所為で、全然話せないや)

学校を終え、健司が帰宅すると、有希は店に立ち、古本の整理をしている所だった。

「あ、健司帰ってきたのね。ちょうどいいわ、店番手伝って」

「えぇぇ、面倒だなぁ、今日平日だよ」

「いいから、早く来なさい。平日でも色々忙しいんだからね」

「わかったよ。カバン置いて着替えたら行くから」

「うん。そうして頂戴」

健司が自室へ行き、カバンを置き、制服から私服に着替えようとした時、突如ガラッとトビラが開いた。勿論、トビラを開けたのは他でもない有希である。

「ちょ、ちょっと姉ちゃん、今着替え中だよ」

「心配になっちゃって。あの女と如何わしいことしていなわよね?」

「してないよ。姉ちゃんの所為で、全然話せていなんだから」

「そう。それならいいけど……。でも、心配ね。ちょっとチェックさせなさい」

そう言い、有希は強引に着替え中の健司のボクサーパンツを脱がし、ペニスを露出させる。そして、クンクンと匂いを嗅ぎ、女の匂いがないかチェックし始めた。

「ね、姉ちゃん、何するんだよ」

「言ったでしょ。毎日おちん×んチェックしないと不安なの。それにね、これはあんたのためでもあるのよ」

「俺のためって……、何でさ?」

「あんたが変な女に引っ掛からないか、こうしてチェックしてるの。うん、今日も大丈夫そうね。無事、童貞を守って何よりだわ」

「当たり前だよ。とにかく、もうこんなの止めてよ」

「ダメよ。だって心配なんだもん」

断固として、有希は聞き入れないのであった。

彼女の過保護ぶりは、これに留まらない。

(はぁ、姉ちゃん、ホントに参ったなぁ。これじゃ束縛どころの問題じゃないよ)

例えば、古本屋で店番をしていて、女の子のお客が来ると、キッと目を光らせて、健司を奥に下がらせるのである。また、それだけではない。それは、彼がお風呂に入っていた時だった。

(やっぱり、風呂は最高だな、疲れが吹き飛ぶよ……)

「健司、入るわよ。イイわね?」

「ちょっと、なんでだよ、入ってくるなよ」

「いいじゃない、姉弟なんだから」

「恥ずかしいよ、出て行ってよ」

「なんでそんなに嫌がるの? 拒絶されたら、私悲しいわ」

「悲しいのは俺の方だよ。少しは一人にさせてよ。最近、姉ちゃん俺を束縛しすぎだよ。これじゃ息が詰まっちゃう」

「私はただ、あんたが心配で」

「心配し過ぎだよ」

「健司がちゃんと童貞でいるかどうか、チェックしないと、我慢できないの。だから協力しなさい」

「心配しなくても、俺は童貞だよ。そんなに簡単に卒業なんかできないと思うよ」

「だけど、あの女がいるわ。この間、学校で乳繰り合っていたじゃない」

「あ、あれは……、そ、その……、たまたまだよ。それに、さっきも言ったけれど、今は全然話していないんだ。そんなエッチな関係にはならないよ」

「それに、今日お客さんで女の子が来たでしょ。その子のこと、ずっと見てたわ」

「見てないよ。第一、お客さんが入ってきたら、確認するのは当然でしょ」

「凄くいやらしい目で見てた。女の子って、男のそう言う視線に敏感なんだからね」

「はぁ、そんな目で見てないよ。姉ちゃん、最近おかしいよ。前みたいに、普通の姉ちゃんに戻ってよ」

「私は普通よ。何も変わってないわ」

「変わり過ぎだよ。これ以上、姉ちゃんが俺を束縛するなら、俺、姉ちゃんが嫌いになっちゃうと思う」

それは、まさに爆弾発言であった。

愛しの弟から嫌われる。それは有希にとって大きな恐怖だったのである。

「な、なぁ……、き、嫌いになる……、ですって」

口をパクパクさせながら、有希は繰り返す。

対する健司は、心を鬼にして告げるのであった。

「だから、これ以上束縛すると、嫌いになるって言ったんだよ。それでもいいの? 姉ちゃん」

「よくないわ。私、健司に嫌われたら死んじゃう」

「死んじゃうは大げさかもしれないけど、とにかくさ、俺をこれ以上失望させないでよ。前みたいな姉ちゃんに戻ってくれると、俺は嬉しいな」

「はぅ……、わかったわよ。そんなに喧々しないでよね。ただ心配してるだけなんだから」

「その心配が行き過ぎなんだよ。俺は大丈夫だし、暫く童貞だよ」

一旦、有希は引き下がった。

これで一件落着と思った健司であったが、考えが甘かったようである。

(明日の準備はこれでよし。さて、寝るか……)

翌日の学校の準備を終え、ベッドに入る健司。部屋の電気を消して、微睡んでいると、何となく人の気配を感じた。

「だ、誰!?」

気配を感じ、健司は跳ね起きた。

すると、そろそろと身を小さくして部屋に入ってくる有希が見えた。

「姉ちゃん、何してるんだよ? 勝手に入ってくるなよな」

「もしかしたら、一人寂しくオナニーでもしてるかと思って。お姉ちゃんが手伝ってあげようか?」

「どこの世界にオナニーの手伝いをする姉がいるんだよ。もう止めてよ」

「お姉ちゃんと気持ちいいことしたくないの」

「もういい! 姉ちゃんなんて嫌いだ。もう話したくもない!!」

痛烈な言葉を放つ健司。

その言葉を聞いた有希は、脳天をぶっ叩かれたような衝撃を覚える。

「え、ぇぇぇ、今何て言ったの、健司?」

「うるさい! 姉ちゃんなんて嫌いだ。もう出てってよ。帰れ!!」

弟の圧倒的な拒絶。これは、大いに有希を困惑させた。

あまりに衝撃的過ぎて、有希は亡霊のようにその場から消えていったのである。

(ようやく出て行ったか……。う~ん、少し言いすぎたかなぁ? でも、このくらい言っておかないとダメだよな。俺のプライベートがなくなっちゃう)

翌日――。

朝ごはんの時、有希は起きてこなかった。少しだけ、心配になったが健司は気にせず学校へ向かった。

(姉ちゃん、俺に嫌いって言われたから、よっぽど堪えたんだな。まぁいい薬だよ。このくらい)

姉を元通りにするためには、このくらいの荒療治が必要である。

そう感じた健司は、一人学校に向かうのであった。

(今日は、店の手伝いか……。面倒だけど仕方ないな……)

学校を終え、店の前に行く。すると、店のシャッターが下りたままで、開店していない。

今日は平日だが、定休日ではない。なのに、どうして店が閉まっているのだろうか?

「ただいま。店閉まってるけど、きょう臨時休業にしたの?」

すると、父親が出てきてこう言った。

「あぁ、有希が調子悪くてな。今日は大事をとって休みにしたんだ」

「姉ちゃん、風邪でも引いたの?」

「よくわからん。ただ起きてこないんだよ」

「ちょっと行ってみるよ」

姉のショックは、どうやら健司の予想を遥かに超えていたようであった。

健司は、有希の部屋の前に立つと、深呼吸をしてからトビラをノックする。

「姉ちゃん、健司だけど、どうしたの?」

「……」

反応がない。流石に心配になった健司は、ゆっくりとドアノブを捻った。

「姉ちゃん、入るよ」

ギィと蝶番の軋る音が聞こえ、トビラが開かれる。

部屋の中は、カーテンが閉められており、さらに電気も付いていない。

「姉ちゃん、調子悪いの? 大丈夫??」

「私、もうダメ……、もうダメなの……」

「もうダメってどうしてさ」

ベッドの上で、毛布をかぶって有希は震えていた。

そして、念仏のように囁く。

「だって、私、健司に嫌われちゃったし。もうダメよ」

「あれは、姉ちゃんがしつこいからでしょ。それさえなくなれば、俺だってまた姉ちゃんを慕うよ」

「私はただ、健司が純潔を守ってるかどうかが気になるの……。だから、チェックしないと、気が済まないのよ」

有希は本当に健司を心配しているようであった。

ここまで心配されると、どこか申し訳なくなる。

(姉ちゃんを立ち直らせるには……、俺が動かなきゃダメだな……)

健司は、グッと拳を握りしめると、固く覚悟を決めた。

「姉ちゃん。しよう……」

「え?」

「だから、俺としよう」

「するって何を?」

「えっと、俺とセックスしようってこと」

「ふ、ふぇ……」

心底驚いたように有希が震えた。

そして、毛布を跳ね除けると、ぴょこっと顔を出す。

「姉ちゃんは俺の童貞が気になるんでしょ? ならさ、俺の童貞を姉ちゃんにあげるから、元通りになってよ」

「け、健司……、あんた、ホントに言ってるの?」

「俺は本気だよ、だって、姉ちゃんがいつまで塞ぎ込んでたら、俺も困るし、店だって繁盛しないとやっていけないでしょ」

「で、でもでも、健司は私のことが嫌いなんでしょ?」

「ちょっと過保護すぎてうんざりしただけだよ。でも、本心じゃない」

「ホント? 信じてもいいのね」

「うん。俺を信じてよ」

もそっと起き上がると、有希はベッドから出てきて健司を抱きしめた。

姉の腕の中で、健司はむぅと丸くなる。

「ね、姉ちゃん苦しいよ……」

「私、健司がいないとダメなの……。だから過保護になっちゃうの」

「俺が童貞を捧げれば、姉ちゃんだって満足するだろ」

「いいのね、私が童貞を貰っても」

「いいよ。それで姉ちゃんが立ち直るのなら、俺は協力するよ」

健司がそう言った瞬間、有希は彼に対し優しくキスをした。

ぷちゅっと唇同士が密着し、ふんわりとした女臭が鼻を擽る。

「まずは、おちん×ん大きくしてあげる」

「う、うん……、姉ちゃん、俺のち×ぽ触って」

有希は健司のズボンとボクサーパンツを下ろし、怒張を解放させる。

まだ臨戦態勢ではない剛直を手で握りしめ、ゆっくりと上下に扱いていく。

「はぅ……、姉ちゃん、気持ちいいよ……」

「おちん×ん、少しずつ大きくなってきたよ」

「だって、姉ちゃんがいやらしく触るから」

「フフフ……、もっと気持ちよくしてあげる」

有希はしゃがみ込むと、カプッとペニスを咥えこんだ。

そして、しゅぼしゅぼと淫音を轟かせながら、フェラチオを開始する。

「あぁ、姉ちゃん、激しい……、ち×ぽが……ち×ぽが心地いい……」

「んじゅる……、じゅぼじゅぼ……、じゅるる……、じゅる……んじゅるんじゅ……」

ねっとりとした口腔の粘膜に包まれると、本当に心地よくなってしまう。

あまりの快感に、健司は立っているのが辛くなるのであった。

「姉ちゃんのフェラ、凄く気持ちいい……」

「そうでしょ。健司のためにたくさん練習したんだからね」

「姉ちゃん……」

「タマタマも弄ってあげるね」

「うん、お願い……、タマを弄られると気持ちいいから」

「フフフ、そうでしょ? タマタマとおちん×んをダブルで刺激してあげる」

有希はペニスを咥えこみ、激しく吸い付きながら、さらに睾丸を指で軽く揉み始める。

ずんずんと、鋭い快感が襲ってくる。立ち昇る悦楽に、健司はガクガクと膝を震わせた。

「姉ちゃん、このままじゃイッちゃうよ……、気持ちよすぎて堪らない」

「んじゅ……じゅるる……、まだよ、まだイッちゃダメ。イクのは私のおま×この中にして」

有希は、そこでフェラチオを止めた。

突然のお預けに、消化不良の想いを抱く健司。

「健司、セックスする時はね、ちゃんと前戯しないとダメなのよ。だから、今度は私を気持ちよくしてくれる?」

「俺が姉ちゃんを?」

「そう、お姉ちゃんのおま×こクリクリしなさい。イイわね?」

「うん、俺、姉ちゃんのおま×こ弄りたい」

「ウフフ、正直ね。そんな健司が好きよ。私の大切な部分見せてあげる」

有希はそう言うと、スルスルとパジャマを脱いでいった。

セクシーなレースの施されたショーツとブラを脱ぎ捨てると、女神のようなボディが露になる。

「姉ちゃん、凄くキレイだよ」

「恥ずかしいからあんまり見ないでね」

二人はベッドの上に移動し、そこで熱く抱擁を交わす。

その後、健司は有希をゆっくりと押し倒していく。

「姉ちゃんのおま×こ見せて。俺が気持ちよくしてあげるから」

「うん。健司……、私のおま×こ舐めてぇ……」

妖艶な有希の声が、静かな室内に染み渡っていくのであった――。

 

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました