連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第11回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第11回

(美香ちゃんのおま×こ……、姉ちゃんのとは少し違ってるな)

美香の性器を見るのは、これが二度目である。

但し、何度見ても、興奮するのであった。

「美香ちゃん、おま×こ濡れてるね」

「う、うん。だって、健司君のおちん×んを舐めていたら興奮しちゃって。だから、濡れて当然なのよ。ねぇ、早く触って。……トロトロになった、私のおま×こをクリクリして欲しいの」

「大丈夫。今、弄ってあげるからね」

健司はスッと指先を伸ばし、淫裂に押し当てていく。

全体的にヌメヌメとしており、愛蜜に包まれた指先がスムーズに動いていくのであった。

「くぅん……、はぁ、おま×こ触られてる……。んんぁ……、優しいタッチで、はぁん……、気持ちいいよ」

「おま×こに触ると、どんどん濡れてくるよ。興奮してるんだね。美香ちゃん……」

「うぐぅ……、だって、だってぇ、健司君はいやらしく弄るからぁ。どんどん濡れちゃうの……。あはぁん、んんん。もっと、もっと触ってぇ、もっと触って私を感じさせてぇ」

「もちろんだよ。たっぷり触って感じさせてあげる」

必死になって、陰部を弄り回す健司。膣口を指で擦っていくと、どんどん淫蜜が溢れてきて。馨しい性臭が漂っていくのであった。

「おま×この中に指挿れてほしい?」

「うん。挿れてほしい。指でおま×こズボズボして欲しいの」

「じゃあ、してあげる。美香ちゃんは、おま×こを指で捏ね繰り回されるのが好きなんだね。あぁ、可愛いなぁ。ホント美香ちゃん最高だよ」

「恥ずかしいけど、私オナニーする時は、指を奥まで挿れるの。だから、奥まで指を挿れて掻き回してぇ。そうすると、もっと気持ちよくなれるから」

「奥がいいんだね。なら、奥までたくさん指を挿れて、突いてあげる」

健司は人差し指を、陰部に導いていく。

そして、ずりゅっと奥までめり込ませると、膣壁を擦るように刺激し始めた。

「んんぁ……、あぁん、指が奥まで……、あぁん、気持ちいい……、奥をズボズボされるの気持ちいいのぉ……」

「奥まで指を挿れたら、おま×こがキュッと締まったよ……、美香ちゃん興奮してるの? クラスメイトに、おま×こクリクリされて、美香ちゃんは興奮してるんだ……。あぁ、堪らないよ。興奮してる美香ちゃん、凄く魅力的だよ」

「はぐぅ……、興奮しちゃうの。健司君におま×こ弄られると、凄く興奮して、おかしくなっちゃいそう……、あぁん……、気持ちいい……、そのまま奥を掻き回して……、思いっきりぐちょぐちょにしてほしいの」

「ぐちょぐちょにして欲しいんだ。凄く変態的だよ。美香ちゃんがヨガって、俺の指を求めている。あぁ、どこまでも淫らな光景だよ……、んん、最高だ。美香ちゃんのおま×こをどんどん弄って興奮させたくなるよ」

「うん。もっと、興奮させてぇ。私、変態なのかもしれない……、おま×この奥を弄られて、思いっきりぐちょぐちょにされると、心地よくなっちゃうの……、エッチな音が聞こえてるのに、もう我慢できないぃ……」

女壺を、指で弄られていくと、小さなアクメが断続的に襲ってくる。

ほっこりとした淡い快感が降ってきて、彼女を心地よくさせるのであった。

「美香ちゃんのおま×こ、俺の指をキュッと咥えこんで離さないんだ。あぁ、凄いよ、凄い締め付けだ。これでち×ぽを挿れたら、どれだけ気持ちいいんだろう」

「後でたくさんおち×ぽ挿れてね。たくさん私のおま×こで気持ちよくしてあげるから……、んんぁ……、健司君、私ね、今、凄く感じてるの? この間、視聴覚室で、エッチぃことした時も感じたけど、今はそれ以上……、こんな感覚初めて……、オナニーとは全然違うよぉ」

アンアンと、淫声を轟かせながら、快感を全身で表現していく美香。

美香の妖艶な姿を見ていると、健司も頗る興奮が高まり、満足感に包まれるのであった。

「美香ちゃん、今度はクリトリスを弄ってあげるよ」

「ふ、ふぇ……、く、クリを……、クリを弄るの?」

「そうだよ、美香ちゃん、クリトリス弄られるの好きでしょ?」

「あはぅん……、好きかどうかわからないけど、クリは敏感なのぉ、ジンジンって気持ちよくなっちゃうのぉ……」

「たくさん気持ちよくなりたいでしょ? だからクリを弄ってあげます」

やや強引に、指先を陰核に向ける健司。

包皮に包まれた、クリトリスを指で押していき、プクっと露出させる。

「クリトリス弄ったら、プクって大きくなって、飛び出してきちゃったよ」

「はぁん……、クリちゃん弄ったら、大きくなっちゃうのぉ……、敏感だから、優しくしてぇ、健司君……」

「優しく弄ってあげるからね。それに、美香ちゃんのクリトリス、ヒクヒク震えてるよ。まだ触ってないのに感じてるみたいだ。何か生き物みたいで可愛いな」

「クリちゃん、たっぷり弄ってぇ、そうすると、気持ちよくなって、イッちゃいそうになるから……」

「うん。たくさん弄ってあげる。ほら、こんなのはどう?」

健司は親指の腹を使って陰核を押していく。

クニクニとクリトリスと刺激すると、ビクビクッと美香の身体を蠢く。

「きゃぁ……、そ、それイイ! 気持ちいいのぉ……、健司君にクリちゃん弄られて、私、気持ちよくなってる……。ああはぁん……、こんな感覚味わっちゃうと、もう元に戻れないよ。おかしくなっちゃうぅ」

「おかしくなっていいんだよ。おかしくなった姿を俺に見せて……、それに、快感に身を捩らせる美香ちゃん、とても淫乱で可愛いよ、ホントに……」

やがて、健司は陰核を抓り上げ、さらに刺激を強めていく。

これには美香も堪らなくなったようで、身体をガクガクと震わせながら、感じていくのであった。

「健司君の指使い、本当に気持ちいい……。ねぇ、お姉さんのおま×こもこんな風にして弄ったの……」

「そ、それは、その……」

「嫉妬しちゃうよ。お姉さんばかりズルいわ。私だって健司君が好きなのに……、だから健司君、私にはお姉さんにした以上に気持ちよくして」

美香の本心を聞き、健司はどこまでも嬉しくなる。

クラスのマドンナに、告白のようなことをされ、悦びの極みに達した。

「美香ちゃん、次は、おま×こを舐めてあげるよ……。ベロベロって、たくさんおま×こ舐めてあげる」

「きゃわぁ……、お、おま×こ舐めるの……、そんなのダメだよ、だって、汚いかもしれないし」

「汚くなんかないよ。美香ちゃんの身体は、どこもキレイだよ。それに、俺も興奮してきて、美香ちゃんのおま×こを舐め回したんだ。舌先でレロレロして刺激してあげたい。きっと、今以上に気持ちよくなれるから」

「うん、してぇ、おま×こ舐め舐めしてぇ……、私もたくさん気持ちよくなりたいのぉ……。んんぁ、早くぅ、お願い……、おま×こ舐めて、私を狂わせてぇ」

「わかった。おま×こベロベロって舐めてあげます」

健司は淫裂に顔を近づけていく。

すると、ツンとしたヨーグルト臭が漂ってきた。その香りは、決して不快ではなく、むしろ逆に興奮を誘う高貴な匂いであると感じられる。

「美香ちゃんのおま×こ、とってもいい匂いがするよ……、すぅ、はぁ……、クンクン……、あぁ堪んない、おしっこの匂いが逆に興奮させるんだ」

「やぁ、匂い嗅いじゃダメェ……、恥ずかしすぎるぅ……、止めてぇ」

「無理だよ。こんなにいい匂いがするんだ。止められるわけないよ……あぁ、美香ちゃん、もっとおま×この匂いを嗅がせて」

恥ずかしがる美香を尻目に、健司はクンカクンカと淫裂の匂いを嗅ぎまくる。

こうすると、ますます興奮していって、舌先にも力が入っていくのであった。

「んちちゅ……、ちゅちゅ……、ちゅぱん……、くちゅにちゅ……」

淫らな音を鳴り響かせながら、健司はクンニリングスを展開していく。

舐めるほどに淫蜜が噴き出し、局部は大洪水となっていくのだ。

「あぁん、おま×こ舐められちゃってる……、んんあぁ、でも気持ちいいのぃ……、おま×こベロベロってされると、堪らなくなっちゃう……、んんん……、健司君、もっとしてぇ、もっと舐め回してぇ」

「んちゅ……、にちゅ……くちゅん……、美香ちゃんのおま×こ、凄く美味しい……、んちゅちゅ……、チュッチュッ……」

舌先を膣内の奥まで入れていくと、膣襞のざらついた感触を感じることができる。

思いっきり舌を出し挿れすると、それだけで美香は大きなアクメを覚え始めた。

「あぐぅ、健司君、気持ちいい……、あぁん……、おま×こが変になりそう……、あまりに気持ちよくて失神しちゃいそうだよ」

「美香ちゃんのおま×こ、さっきよりも敏感にヒクヒクしてきたよ。もしかしてイキそう? 俺の舌で気持ちよくなって、イキそうなの?」

「はぁん……、イキそう……、おま×こイッちゃう……。んんあぁ、健司君、ダメだよ、このままじゃ私イッちゃう……」

「イッてイイよ。俺にイクところを見せて。美香ちゃんが激しくイクところが見たいんだ」

「あぁん、んんん……きゃん……、ダメ! 私、そろそろ限界だよぉ」

「最後の仕上げに、クリトリスも舐めてあげるね……」

「きゃぁ、そんなことされたら、もう耐えられない……、んんんー、気持ちよすぎるよ……」

健司は、舌先を陰核に向け、優しく刺激し始めた。

痛烈な快感が美香を貫く。その圧倒的な悦楽に、美香は耐え切れなくなった。

「あぁ、ダメ、ダメだよ!! 健司君、私、イッちゃう……、激しくイッちゃいそう……、おま×こが気持ちよくなって。意識が吹き飛びそうなのぉ……、んんんぁ……、ひぃ……、はぁ、はぁ……、あぁ、健司君ー」

「ちゅる……、にちゅ……、ちゅぱちゅぱ……、にちょん……、くちゅちゅ……、チュッチュッ、ちゅるるん……」

やや乱暴にクリトリスを舐め上げると、とうとう美香は限界を迎えたようである。

ガクガクと身体を蠢かせ、彼女は快感の極みに達した。

「きゃー、い、イク―……、イッちゃうよぉ……、健司君……」

大きなオルガスムスが全身を包み込み、長くねっとりした悦楽を運んでくる。

女の昇天は、男の射精とは違い、長い傾向があるのだ。

「あぐぅ……、私、イッちゃってる……。健司君にクリちゃん舐められて、激しくイッてるのぉ……、んんん、あぁん、堪らない……、おま×こ舐められるの気持ちいいのぉ……」

美香は激しくイッてしまい、ベッドの上に崩れ落ちた。

健司はそれを優しく支え、彼女の頭を丁寧に撫でる。

「美香ちゃん、凄く可愛かったよ」

「健司君、ありがとう、こんなに気持ちよくなったのは初めてかもしれないわ」

「それはよかった。俺もたくさん興奮できたよ」

「んん。ねぇ、それじゃこのまま私の初めてを貰ってくれる?」

「ホントに……、ホントにイイんだね? 俺が初めての相手でも」

「うん。初めては健司君がイイの。だからお願い、おち×ぽをおま×こに挿れて、コシコシして欲しいのぉ」

「わかった。それじゃセックスしよう。俺も、美香ちゃんみたいな可愛い子と結ばれたい」

「健司君、大好きだよ……」

「ありがとう、俺も美香ちゃんが好き……」

二人はベッドの上で熱く抱擁を交わす。

柔らかく、それでいて艶やかな空気が、室内に流れていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました