連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第12回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第12回

(俺、美香ちゃんとセックスするんだ……、はぁ、堪らないよ)

美香を仰向けに寝かせ、そして脚を左右に広げていく。

すると、膣部が押し開かれ、トロトロになった局部が見え始める。

(おま×こ、たくさん舐めたり弄ったりしたから、しとどに濡れてる……。濡れ光るおま×こってやっぱり卑猥だよなぁ。物凄く興奮するよ)

女性は興奮すると濡れる。その神秘的な作用に、健司は感動していたのであった。

陰部にペニスを押し当て、そのままゆっくりと挿入していく。

「ずぶ……、ずぶずぶ……、じゅぷ、じゅぷぷ」

静かに、ペニスが胎内に吸い込まれていくのであった。

美香の膣内は、既にトロリと熱く、それでいてねっとりとしている。

「美香ちゃんの中、凄く気持ちいいよ。ち×ぽが甘締めされるんだ。キュキュっと締まって、ち×ぽが心地いいよ」

「はぅん……、うぐぅ……、あぁん」

挿入の瞬間、僅かに「ブチッ」という音が聞こえたような気がした。

その途端、美香の顔が苦痛に歪む。

(美香ちゃん、初めてだから痛いんだ。これは姉ちゃんと一緒だな。やっぱり、女の子の初体験って痛いんだなぁ。それが男と違う点だな)

あまりオーバーペースにならないように、ややゆったりとしたペースでペニスを穿つ健司。

対する美香は、あまりの痛さに驚いていたが、それでも健司と一つになれて、とても嬉しく感じていた。

「美香ちゃん、大丈夫? 初めての時って痛いらしいから」

「はふぅん……、う、うん、痛いけど、大丈夫だよ。健司君は気にしないで。ただ最初は少しゆっくり動いてくれると嬉しいかな」

「うん。俺も無理はしないよ。痛みが酷いようだったら言ってね。ち×ぽ抜いてもイイから」

「あぐぅ、抜くのはいやぁー。健司君と繋がっていたいの……、私は大丈夫だからぁ」

「美香ちゃん……。そんなに俺のことを」

「うぐぅ……、健司君が好きだから大丈夫なの。このくらい全然痛くないんだから」

必死に強がる美香が、愛おしい。

健司は姿勢を前傾に倒していくと、そのまま彼女を強く抱きしめた。

「美香ちゃん、好きだよ……、大好き……」

美香は健司に抱きしめられ、恍惚とした表情を浮かべる。

「私も、私も好きぃ……、健司君が大好きなのぉ……。この気持ちは、絶対お姉さんに負けないのぉ……。だから健司君、私のところに来てぇ。お姉さんじゃなくて、私を見て欲しいのぉ……」

姉である有希と、クラスのマドンナである美香。

この二人の内、どちらかを選べと言われても、選べそうにない。

(俺、どうしたらいいんだろう? 二人共幸せにしたい)

健司は、そんな風に考えながら抽送を続ける。

「ににゅ、ちゅく……チュンチュッ……、にちゅん、んちゅん……、ちゅん、ちゅぱん」

結合部分から淫猥な音が聞こえ始め、それが静かな室内に響き渡っていく。

ペニスを動かせば動かすほど、耐えがたい快感が降ってきて、健司を満足させるのであった。

「美香ちゃんのおま×この中、ちょっとざらついていて、ち×ぽに絡みつくんだ。独特の感覚で気持ちいいよ」

「はぅん、うん。お姉さんよりもいいでしょ? 私のほうが、健司君を気持ちよくさせられるんだからね……。だから、もっと気持ちよくなってぇ、私のおま×こで、健司君が気持ちよくなってくれると、物凄く嬉しいの」

「ありがとう、美香ちゃん。俺、感動してるよ。こんなに気持ちよくなって、嬉しくて堪らない。頗る気分がいいというか、一つになれて悦びを感じてる……、あぁ、美香ちゃん、美香ちゃん……」

美香の名前を連呼し、快感に身を捩らせる健司。

彼女の胎内の中で、さらに怒張が大きくなっていくのであった。

「あぁん、健司君のおち×ぽ、私の中でもっと大きくなってる。ビクビクってしてるよ。はぁん、逞しいおち×ぽ、私をズボズボしてくれて、嬉しいのぉ……」

「うん。たくさんズボズボしてあげるよ。でも、痛みはどう? まだ痛い? それとも、もっとゆっくりがいいのかな?」

「大丈夫、段々痛みがなくなってきたから、もう少し速く動いても大丈夫だよ。はぁん、んんぁ……、んん……、なぁん……」

姦通時の破瓜の痛みは、今では少しずつ薄らいでいる。

同時に、徐々に快感が襲い掛かってきて、断続的なアクメを感じるのであった。

(きゃぁ、おま×こ気持ちよくなってる……。健司君の大きなおちん×んで突かれて、とっても気持ちいいのぉ……、んんなぁ……)

「美香ちゃん、少しずつペースを上げていくよ。うぉぉ、俺も気持ちいい……、頗る気持ちよくて、ち×ぽを動かす腰が止まらないよ」

「あふぅん、もっと動いてもいいからね。私は大丈夫だから、んんぁ……はぁん。おち×ぽで突いて……、突いてくれると、私のおま×こキュンキュンしちゃうのぉ」

いきり立った剛直で突かれると、しとどに淫蜜が溢れてきて、陰部を濡らしていく。

トロリと溢れ出した愛蜜が、シーツの上に流れ出し、くっきりと水たまりを作るのであった。

「ズン、ズン……、パパン……パン……パン……、チュチュン……、くちゅ……にちゅ……」

リズミカルに腰を動かし、更なる快感を生み出していく健司。

彼もまた、激しい射精感を抑えながら、抽送を続けるのであった。

「うぐぅ、ち×ぽが気持ちいい……、あぁ、気持ちよすぎて堪らない……」

「んんん、私もだよ……、私も健司君のおち×ぽで、おま×こをズボズボされて気持ちよくなってるの……、あぁん、堪んない。これが……、これがセックスなのね。私、大人の女になってるぅ……、大人の階段を登ってるのぉ」

「そうだよ。これが男女の交わりなんだ。そして、それだけ気持ちいいのがセックスなんだよ。あぁ、俺のち×ぽも暴発寸前になってる。美香ちゃんのおま×こ、ホントに最高だよ」

アヌスにキュッと力を入れ、健司は強引に吐精の想いを押さえ込む。

幾分か楽になるが、まだ予断は許さない。気を許すと、忽ち暴発しそうになるのだ。

「美香ちゃん、体位を変えてみたいんだけど、イイかな?」

「え? 体位? どんなのがイイの?」

「美香ちゃんのおま×こを、後ろから突きたいんだ。俺、まだそういうのしたことないから」

「イイよ。健司君がしたいなら、私はそれを受け入れる。それに後ろからってお姉さんにはしてないんでしょ?」

「うん、姉ちゃんにもしてないよ」

「なら、私が一番乗りだね。早くしてぇ、後ろからバコバコって突いて欲しいのぃ……」

「わかった、ありがとう、じゃあ後ろから突くからね」

健司は一旦ペニスを引き抜いた。すると、ねっとり絡みつく半透明の淫蜜が付着しているのがわかった。そして、そのしとどに濡れ光るペニスを駆り立てる。

「美香ちゃん、それじゃあ、一旦四つん這いになってくれる?」

「四つん這い? 恥ずかしいけど、してあげる……、これでイイの?」

美香は言われるままに、姿勢を四つん這いに変えた。

こうすると、お尻がキュッと高くなり、アヌスまで丸見えになる。

「きゃぁ、恥ずかしすぎるよ、この体勢……、お尻の穴まで見えちゃう」

「美香ちゃんのお尻の穴も可愛いよ。キュッと締まってヒクヒクしてる」

「やぁ、見ちゃダメェ……、そんな穴、見ちゃダメだよぉ」

「美香ちゃんのお尻の穴も凄い素敵だ、弄りたくなっちゃうよ」

「ダメだったらダメぇ、そこは違う穴でしょぉ」

必死になって抵抗する美香。

健司は、とりあえずアナル責めは置いておいて、膣部に向かって怒張を突き立てる。

「美香ちゃん、後ろから挿れるからね」

「うん、挿れてぇ、後ろから挿れられるの楽しみなのぉ」

「よぉし、今、挿れてあげるから、うぉぉぉー」

健司は美香の臀部に手を置いて、そのままゆっくりとペニスを挿入していく。

ずぶずぶずぶと、めり込むように剛直が吸い込まれていくのであった。

「はぅん……、後ろからおち×ぽが入ってる……、んんぁ、何か無理矢理されてるみたい……、あぁん、犯されてるみたいだよぉ……」

「犯されてるみたいで興奮するでしょ? 美香ちゃんのおま×こ、後ろから挿れたら、キュッと締まったよ。正常位の時よりも、締まりがイイみたいだ」

「ひゃん、だって、こんなエッチな体勢でおちん×ん挿れられたら、おま×こが自然と締まっちゃうのぉ……、あぁん、おま×こが……、おま×こが悦んでる……、後ろから強引に入れられて、おま×こが気持ちいい……」

「うぐぅ、俺も気持ちいい、奥までち×ぽが入って、膣の壁をコシコシって擦っていくんだ。そうすると、ち×ぽが甘く締められて、心地よくなっちゃう……、あぁ、これが後背位での挿入なんだね。初めて感じる感覚だよ」

「健司君、健司君……、たくさん突いてぇ……、トロトロに濡れたおま×こを、おちん×んで突いて欲しいのぉ……、おち×ぽでおま×こに蓋をしてぇ」

「うおぉぉぉ、突きまくって、イキ狂わせてあげるよ。たくさん気持ちよくなってね、美香ちゃん……。俺も、限界までいくから」

ずりゅ、めりゅっと、膣襞をペニスが擦りあげていく。

健司も美香も、鋭いアクメを覚え始め、快感の極みに達しようとしている。

「あぁ、美香ちゃんのおま×この中、気持ちよすぎて、俺、イッちゃいそうだよ。ち×ぽから、精子が出そうになってる」

「んぐぁ……、おちん×ん汁が出そうなの? 健司君、出そうなの??」

「うん、もうあまり持たないよ。心地よすぎて耐え切れない……、うぐぅ……」

立ち昇る射精感を前に、健司は歯を食いしばって耐えていた。

アクメが強くなり、頭がフワフワとしてきて、考えが曖昧になる。

「ふぐぅ……、健司君、出してもイイよ。実はね、私もイキそうなの。だから一緒に、イコう。二人で一緒に気持ちよくなろう!」

「わかった、二人でイコう。そうすると、俺も嬉しいよ」

健司は残された力を振り絞って、ピストン運動を続けた。

ぐちゅ、にちゅん、ちゅちゅん、パンパン……、パコパコ……、パパン……。

「ねぇ、美香ちゃん、どこに出せばいい? 精子どこに出して欲しいの?」

「お姉さんの時はどうしたの?」

「姉ちゃんの時は中に出しちゃったけど……、安全日らしかったから」

「なら、私にも同じことして。そうしないと許さないんだから」

「え? 中に出してもいいの?」

「そう。中に出してぇ、お姉さんに負けたくないの……。それにね、健司君の精子を、お腹の中でずっと感じていたいの」

「わかった、中に出すよ。たくさん出すからね……、うぉぉぉー!」

一突き一突きが重くなり、やがてオルガスムスを覚え始める。

身体中が心地良くなったと感じた瞬間、とうとう牡の欲望が弾けるのであった。

「プピュ……、ピィピョプ……ブプピュ……、ドピュ……ピュッピュッ……」

激しい吐精をして、健司は身も心も満足していた。

対する美香は、ドクドクと流れ出す精液を身体中で感じている。

「あぁん、健司君の精液が私のお腹の中に流れてる……、んんぁ、気持ちいいよぉ……、中出しセックス気持ちいいのぉ……」

「俺も気持ちいい……、精子がどんどん出て……、あぁ、堪んないよ」

「うん、たくさん出してぇ……、お腹の中が熱くて、とっても心地いいの……、満たされてるって感じなのぉ……」

大量のスペルマを放出し、健司は美香の上に崩れ落ちた。

二人はそのまま濃密に抱き合うと、チュッチュッと唇を重ねた。

「キスも気持ちいいよ、健司君」

「うん、セックス中はできなかったけどね。たくさんキスしたいな」

「ありがとう、健司君、私幸せだよ。ホントに……」

蕩けるようなキスをして、二人は熱く抱擁を交わす。

健司はセックスの余韻に浸りながら、美香の馨しい香りを嗅いでいくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました