連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第14回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第14回

(初めてのアナルセックス……、一体、どんな感じなんだろう?)

期待感で胸が高鳴る一方の健司。

この時、有希も強い衝動を覚えていたのである。

(あぁん、私、弟のおち×ぽでお尻の穴をホジホジされてしまうのね……。何だかとっても興奮するわ……)

「姉ちゃん、お尻にち×ぽ挿れるよ」

「う、うん。イイわ。やってみて」

「わかった……。それじゃぁ早速……」

姿勢は正常位。その状態でアヌスに挿れるためには、足を大きく持ち上げる必要がある。

彼は、まんぐり返しに近い体勢にさせ、アヌスを開帳させると、そのまま淫らな穴に向かってペニスを押し当てていく。

「ずぶ、めり……、ずぶずぶ……、めりぃ……」

ゆっくりと怒張がアヌスの中に吸い込まれていく。

入り口は激しく窮屈であり、ペニス全体を著しく締め付ける。

「うわぁ、凄いよ、姉ちゃん。ち×ぽが……、ち×ぽが……」

「ぐぐぅ、ああぁん、熱い……、お尻の穴が凄く熱いの……。あぁ、裂けちゃいそうよ。ふぐぅ……」

有希は挿入と同時に激しい排泄感を覚えた。唐突にもよおした感覚が広がり、彼女を動揺させる。

(これが、アナルセックスなのか……、凄い締め付けだよ……、本当にち×ぽが噛み千切られそうだよ……)

挿入部はキュッと閉じており、剛直をグググっと締め付ける。

淫裂の締め付けは違い、ゴムで縛られているような感覚になるのであった。

「健司……。お尻が熱いのぉ……、もっと、もっとゆっくり動いてぇ」

「ゴメン。あまりに気持ちよくて、調子に乗っちゃった……」

「ふぐぅ……、キツイわ……、本当にキツくて、お尻が焼けちゃいそう……、んんぁ……、あぁん」

「姉ちゃん、お尻は気持ちいいの? どんな感じなの?」

「ふぅ……、はぁ、はぁ……、わかんない……、よくわかんないのぉ……、ただ、物凄く出ちゃいそう。我慢するのが大変なのぉ」

「出ちゃうって何が?」

「ば、馬鹿! そんなこと言わせないで……。決まってるでしょ、お尻の穴から出るものよ」

「姉ちゃん、少し我慢してね。きっとその内気持ちよくなると思うから」

根拠は全くなかったのであるが、健司はとりあえずそう言っておいた。

同時に、緩やかなペースで抽送を続ける。

「はぐぅ……、うぐぅ……、んんん……、お尻が……、お尻がぁ……」

「姉ちゃんのお尻、最高だよ……、本当に気持ちいい……」

「ふふぅ……、はぁ、気持ちいいのね……、健司は気持ちいいのね?」

「うん、そうだよ。凄く気持ちよくて、蕩けちゃいそうだよ」

「おま×こと、お尻、どっちがイイの?」

「う~ん。どうだろう? どっちもイイよ。決められないや……」

「はぅん……、んん……。あぁん。私、まだ、よくわかんないけど、何か興奮してるの……、弟にお尻の穴ほじられて、興奮しちゃってる。うわぁ、堪んないのぉ……」

「姉ちゃんも早く気持ちよくなって、そうすると、俺も嬉しいから」

「はぁん、わかんない……。ううぅ、でも、これがアナルセックスなのね……。初めて感じる感覚よ……。お尻が熱くて、ぐんぐん切り開かれてる」

大きな怒張で直腸内を開拓されていくと、徐々に快感のようなものが降り注いでくるのがわかった。突きの一撃が大きくなると、その分悦楽も高まっていく。

「んん……、健司、あぁん、健司……、私も、私も少し気持ちいいかもしれないわ……。お尻をズボズボされると、何か気持ちいいのぉ……」

「姉ちゃんも気持ちよくなってきたんだね? 俺も気持ちいいから一緒だよ……。一緒に気持ちよくなって、楽しもうよ……」

二人共、アナルセックスは初めてである。

しかし、その初めての体験が心地良く、次第に虜になっていくのであった。

「はがぁ……、う、うぅん……、あぁん……、お尻、もっとホジホジしてぇ、おち×ぽで思い切り貫かれると気持ちいいのぉ……」

「もっと激しく突いていいんだね? 激しいのがいいんだね? わかった、もう少し強めにいくよ」

「うん。お願い……、慣れてきたから、激しいのがイイの。そっちの方が気持ちよくなれるのぉ……」

必死になって哀願する有希。彼女もまたアナルセックス特有の快感に溺れ始めていた。

アヌスを思い切りほじられているのに、蜜壺からしっとりと淫蜜が噴き出してくるのがわかった。

「姉ちゃん、おま×こも濡れてる……、おま×こ汁が、溢れてる……」

「だってぇ、だってぇ、そんな風にホジホジされたら、おま×こ濡れちゃうのぉ……。気持ちいいから仕方ないのぉ……」

有希は快感のあまり、喘いでいく。その淫声を聞いていると、健司もどんどん興奮していくのであった。

「はぁん……、健司……、お尻のセックスってこんな感じなのね。おちん×んを引き抜かれる時、凄く気持ちいいの」

「引き抜く時がイイの?」

「そう、グイって、無理矢理引き抜かれると、凄く気持ちいいのぉ、お尻全体が心地良くなっちゃって感じちゃうのぉ」

「わかった。じゃあもっと引き抜いてあげるね。そして、気持ちよくしてあげます」

「あぁん、お願い……、健司……、健司ぃ、もっとしてぇ……」

健司は、怒張を奥深くまで導くと、そのまま一気に引き抜いた。

じゅりゅ……、めりゅ……、じゅるん……。

「きゃぁー、そ、それイイの……、気持ちいいのぉ……。ずりゅって引き抜かれるの気持ちいいぃ……、癖になっちゃう……。それにお尻の穴が広がっちゃうよぉ……」

「広がっていいんだよ。そっちの方がち×ぽに絡みつくからね。姉ちゃんのお尻、おま×ことは違うんだけど、凄く気持ちいいよ……」

アヌスへの挿入は、挿入口だけがキュッと狭い感覚である。

一旦奥に入れると、空洞になっているケースが多いのであるが、有希の場合は、奥に挿れてもピッタリと怒張に吸いついてくる。

「あぁ、姉ちゃんのお尻、とにかく気持ちいい……、激しく突いてるのに、吸い付くようにち×ぽを包み込んでくれるんだ……。あぁ、最高だよ……、俺、おかしくなりそう」

「私もおかしくなりそうなのぃ。お尻の穴を突かれて、どんどん変になっちゃうわ……。でも、イイの……。気持ちいいからイイの……、もっと、もっとぉ、してぇ、お尻をズボズボって突いて欲しいのぉ……」

「もちろんだよ。たくさん突いて気持ちよくしてあげる……」

ここで、健司は少し体位を変えることにした。

正常位でのアヌスへの挿入は、挿入の角度がタイトで、抽送し辛いのである。

「姉ちゃん、後ろ向いて、今度は後ろから突いてあげるから」

「え? う、後ろから?? 後ろから挿れたいの?」

「うん。後ろから思い切り突いてあげるから……」

「わかったわ。ちょっと待ってね」

ここで一旦ペニスを引き抜く健司。

それを確認した有希は素早く四つん這いになると、お尻を高く突き上げる。

「健司、恥ずかしいけど……、これでイイの?」

「OK。これで挿れやすいよ。じゃあ、もう一度挿れるからね」

「はぐぅ……、早くしてぇ、恥ずかしい体勢でおちん×んを挿れられたいのぉ」

「ククク……、姉ちゃんはホント変態だなぁ、四つ這いになって、ち×ぽをせがむなんて、なかなか卑猥だよ」

「そんな意地悪言っちゃダメェ……。健司のおちん×ん気持ちいいから、仕方ないの……、大きなおち×ぽでズボズボされると、お尻が気持ちよくなって耐え切れなくなっちゃう」

「我慢しないでいいからね。イキたくなったら、いつでもイッていいから」

有希も少しずつアクメを覚え始めた。

ゾクゾクとする悦楽を、全身で受け止め、更なる快感を求めていく。

「姉ちゃん……、後ろから挿れると奥まで届くよ。どう? さっきと違う感じ?」

「はぁん……、さっきと違う……、んんぁ、奥まで当たって気持ちいいのぉ、そこからグイッて引き抜いてぇ……、めりゅって引き抜かれると気持ちよくなっちゃうからぁ」

「わかった。思いっきり引き抜いてあげる」

「うほぉ……、それ、それイイの……、あぁん、堪んない……、お尻が気持ちよくなって、失神しそう……」

アヌスに挿入され、そこから一気に引き抜かれると、排泄の時の心地いい刺激に近い感覚になるのである。そして、その悦楽の虜になりつつあった。

「うぉぉ……、姉ちゃん……、姉ちゃん……、俺、姉ちゃんのお尻を犯してるんだね? 姉ちゃんのお尻を征服してるんだ……、あぁ、何か興奮する……うほぉ……」

「そうよ。私を征服してるの……、お姉ちゃんを征服していい気分でしょ……。私も、無理矢理されてるみたいで気持ちいいのぉ……、お尻を犯されてると、レイプされてるみたいになっちゃうのぉ」

「もっと激しくしてもイイ? 姉ちゃんは激しいのがイイんだよね?」

「激しくしてもイイわ……。お尻をズンズンって突きまくってぇ」

健司は、必死になって抽送を続ける。

次第にそのペースが速くなり、結合部分から淫猥な音が鳴り響く。

「あぁん、お尻が裂けちゃいそう……、なのに気持ちいい……、乱暴にされると、興奮しちゃうのぉ……。うぐぅ、あぁ、んんぁ、堪んない……、ホントに最高……、お尻をおちん×んで激しく突かれるの気持ちいいのぉ……」

「俺もだよ。姉ちゃんのお尻の穴で心地よくなってる……。おま×ことは違った感覚で、頗る気持ちいいんだ……。うぐぅ……、はぁ……、姉ちゃん、精子が出そうになったら、お尻の中に出してもイイよね?」

「もちろんよ。私のお尻に中にたくさん精子出してぇ、そして気持ちよくなりなさい……。私もお尻の中に精子を出されたいの……」

「ぎぎぃ……、わかった、精子たくさん出すからね」

激しい抽送の連続で、健司の吐精感もしとどに高まっていく。

一突き一突きが重くなり、ペニス全体が、鋭い悦楽に包まれていくのであった。

(健司のおちん×んが、ヒクヒクしてる……、イキそうなのね?)

と、有希は感じていた。

そして、アヌスにキュッと力入れて、いきり立った怒張を締め付ける。

「姉ちゃん、そんなに締めたら、俺、イッちゃうよ……」

「イッてイイのよ? お姉ちゃんもイキそうだから……」

「ホント? なら、一緒にイコう。そうなると、俺も嬉しいよ……」

「わかったわ。一緒にイキましょう……、んんぁ、あぁん、気持ちいいのぉ」

有希も大きなアクメを覚え始めた。アヌスを通じて、圧倒的な快感が、全身に広がっていくのである。通常の膣内性交とは違った感覚が、彼女を襲うのであった。

「姉ちゃん、もうダメだ! イキそうだよ。精子出ちゃう……」

「出してぇ、濃いザーメンがたくさん欲しいのぉ……、私のお尻の中を精液でドロドロにしてぇ……、お願い、そうされると興奮しちゃうのぉ……」

「わかったよ。たくさん注いであげるからね。う、うぅぅ……、うぉぉぉぉー」

健司は力を振り絞って突きの一撃を繰り出す。

すると、不意にオルガスムスが襲ってきて、全身が心地良くなる。

「うぉぉぉ、イク! 姉ちゃん、精子出すよ!!」

「あぁん、いっぱい出してぇ……、そして私を感じさせてぇ……」

次の瞬間、激しい性の爆発があった。牡の欲望が一気に炸裂したのである。

「ブピュ……、ピュピュブ……ビュプ……、プピョプ……、ブピィピョ……、ドピュピュ……」

白濁色の子種が、有希の直腸内に注がれていく。

その感覚は、どこまでも素晴らしく、有希を恍惚とさせていくのであった。

「んなぁ……、あぁん、精子が出てる……、たくさん私のお尻の中に……、あぁん、気持ちいいの……、お尻にビュプって精子出されるの最高……、最後の一滴まで搾り取ってあげる……」

アヌスに力を入れ、ペニスを搾り取り、精液を毟り取っていく。

ギリギリまで精を吸い取られた健司は、ガクッと項垂れ、有希に倒れ掛かった。

「姉ちゃん、凄く気持ちよかったよ……。本当に」

「私もよ。これがアナルセックスなのね……」

「姉ちゃんのお尻、癖になりそうだよ」

「そんなに言うなら、またしてあげてもいいわ。その代わり、今度こそちゃんと約束を守りなさいよ……」

約束――。

それは美香のことだろう。

(俺、美香ちゃんとも一緒に居たいよ。二人を選べって言われても無理なんだ)

健司は、微妙な心境を覚えながら、有希をヒシッと抱きしめたのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました