連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第16回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第16回

「じゃあ、まずは姉ちゃんからいくよ」

「うん、早くおま×こ弄って欲しいのぉ……。健司のおちん×ん舐めて興奮しちゃってるからぁ」

「わかった。じゃあ、弄ってあげます」

仰向けになった有希の脚を持ち上げ、健司は秘部に指を当てていく。

トロっとした淫蜜が指に付着し、ヌルヌルとして指をスムーズに動かしていくのであった。

「姉ちゃんのおま×こ、もう、こんなに濡れてる」

「当たり前でしょ。だって興奮してるんだから」

「俺のち×ぽを舐めておま×こ濡らすなんて、姉ちゃんも結構エッチだよね」

「そんな風に言わないで……。恥ずかしいんだから。ほら、ああだこうだ、言ってないで、早くおま×こを弄ってぇ」

「うん。これだけ濡れてるんだから、弄り甲斐があるよ」

淫裂に指を当て、コシコシを擦っていく。

すると、じゅわっと愛蜜が噴き出し、陰部は大洪水になる。

「姉ちゃんのおま×こ、どんどんエッチなお汁が出てくるよ。弟に弄られて気持ちいい?」

「うん、気持ちいいの……、弟のおま×こ弄られるの最高……、堪らなく興奮するわ」

「俺たち、姉弟なのに、いけないことをしてるんだよ。それに、今は美香ちゃんもいるのに……」

「だけど、だけど、我慢できないのぉ……。とにかく発情しちゃって、堪らないのぉ」

「わかってるよ。たくさん弄ってあげるからね」

二人のやり取りを聞いていた美香が、物欲しそうに告げた。

「健司君、ちゃんと私も気持ちよくしてよね」

「大丈夫、美香ちゃんのおま×こもちゃんと弄るから。安心して欲しいな……」

「はぅん……、早くしてねぇ。おま×こ疼いて仕方ないからぁ」

「少し待って……、まずは姉ちゃんから責めるから」

そう言い、健司は有希の淫裂に指を押入れ、胎内の感触を味わっていく。

有希の蜜壺は、キュッと締まっており、指に絡みついてくるのだ。

「姉ちゃん、おま×こが締まって指を咥えこんでるよ」

「はぅん……、だって、そんな風に弄られたら、自然とおま×こが締まっちゃうの……、これはね、自然現象なのぉ……」

「ククク……、姉ちゃんはホントいやらしいね。でも、そんな姉ちゃんが好きだよ。ほら、こんな風にしてもっと弄ってあげるよ」

健司は指を膣内の奥深くまで挿入していった。

胎内はトロリとしており、更に燃えるように熱い。

「うわぁ、姉ちゃんのおま×この中、凄く熱くなってる。それにエッチなお汁もこんなにたくさん」

「きゃあ……、健司の指が奥まで入ってくる……、奥をズボズボってしてぇ、激しく掻きまわして欲しいのぉ」

「姉ちゃんは激しいのが好きなんだよね? わかった、ちょっと強めに弄ってあげます。

健司は、指の動きを強めていき、段々スピードを上げていく。

対する有希は、心地いい快感に囚われながら、悦楽を味わっていくのであった。

「健司、それイイ。凄く気持ちいいのぉ……。おま×この奥深くを指で弄られると、頭がフワフワして、何か気持ちいいの……。だから、もっとしてぇ、もっとたくさん弄って、私を気持ちよくさせてぇ」

「おま×こがヒクヒクいってきたね。まるで生き物みたいだ」

「はぐぅ……、気持ちよすぎて、おま×こがヒクついちゃうの……、ヒクヒクしてるのは、気持ちいい証拠なのぉ……」

「うん、もっと気持ちよくなってね。俺もたくさん弄ってあげるから」

健司は指を二本挿入し、さらに激しく動かしていった。

窮屈だった陰部は、徐々に広がりを見せ、すんなりと指を吸い込んでいく。

「あぁ、二本も指を咥えこんで、姉ちゃん、凄くエッチだよ……」

「健司の太い指が、私のおま×この中で暴れてるの……、でもね、それが凄くイイ感じ……、だから、もっとたくさんして欲しいのぉ……」

「もちろんだよ。姉ちゃんをイキ狂わせてあげるから」

「はぐぅ……、おま×こゾクゾクしちゃう……。それに、段々イキそうになってきてるの。おま×こがビクビク震えて大変。健司、イキたくなったらイッてもイイよね?」

「うん、イキたい時にイッてイイからね。俺は全てを受け入れるから」

「ううう……、健司ぃ……、健司ぃ」

念仏のように弟の名前を連呼する有希。

徐々にアクメが強くなり、形容しがたい快感が襲ってくるのであった。

(お姉さん、ホントに気持ちよさそう……)

と、美香は感じていた。

彼女は、有希の隣で二人の淫らなプレイを見ているのである。

(あぁん、早く私のおま×こも弄って欲しい……、もう我慢できないよ……)

まだ、秘部を触られたわけではないのに、既にぐっしょりと濡れていた。

同紙に、秘裂はズキリと疼き、我慢するのがしんどいほどである。

「姉ちゃん、最後の仕上げにクリトリスを弄ってあげるよ」

「え? クリを弄るの……。うん、やってぇ、私クリトリス弄られるの大好きなのぉ」

「フフ……、姉ちゃんはホント淫らなだなぁ……、弟にクリトリスを弄って欲しいって言うなんて。でも、可愛いから弄ってあげます」

健司は親指で陰核包皮を剥くと、女豆を露出させ、そこをクリクリと刺激していく。

すると、有希の身体がビクンと跳ねて、快感を最大に表現していくのであった。

「あぁん、ダメェ! クリを弄られると、おかしくなっちゃう……、はぁん、気持ちよすぎて、本当に変になるわぁ」

「変になっていいよ。姉ちゃんのおかしくなった姿を俺に見せて欲しい……」

有希はガクガクと震え始め、同時にアクメも強くなっていく。

あまりの刺激に、身も心も奪われていくのであった。

「健司……、ダメ……、私、もうイッちゃう! おま×こ気持ちよくなって、イッちゃいそうなの」

「イッてイイよ。激しくイッてよ姉ちゃん!」

健司が叫んだ瞬間、有希は思い切り体を震わせた。

ゾクゾクとするオルガスムスが全身を貫き、快感の頂点を迎える。

「きゃー、イク! イクゥー」

有希はガクッと項垂れ、長い悦楽を感じ続ける。

身体中が性感帯になったかのように、鋭い刺激が襲ってくるのであった。

「姉ちゃん、イッちゃったんだね。凄く気持ちよさそうだったよ」

「うん。最高だった。弟にイカされちゃったんだね……。でも気持ちよかったら、嬉しいわ」

「姉ちゃんにそう言ってもらえると、俺もよかったよ。

二人の間にしんみりした空気が流れる。

そして、その光景を見ていた美香がそっと声を出した。

「健司君、次は私の番だよ」

「そうだね。わかってるよ。次は美香ちゃんのおま×こを弄ってあげます」

「うん。健司君、あのね、舐めて欲しいの……。おま×こをペロペロって舐めてぇ。そっちの方が気持ちよくなれるから」

「よし、じゃあ、美香ちゃんのおま×こを舐めるよ。それでイイ?」

「ホント! 嬉しいよぉ、じゃあ、早く舐めてぇ、もう我慢できないのぉ……」

美香は自ら脚を広げて秘部を開帳していく。

その淫らな姿を見た健司は、ゴクリと生唾を飲み込んだ。

(美香ちゃんのおま×こ、凄くイイ匂いがする……)

健司は、クンカクンカと鼻を動かし、立ち昇る女臭を感じ取っていく。

ツンとした酸っぱい匂いと、ふんわりとした香りが入り混じり、高貴な匂いになっていた。

「美香ちゃん、おま×こからエッチな匂いがするよ」

「やぁ、匂い嗅いじゃダメだよ、恥ずかしいしぃ……」

「恥ずかしがってる姿が可愛んだよ……。それに、凄くイイ匂いだから、堪らなく興奮するんだ」

性器に鼻先をくっ付け、貪るように匂いを嗅いでいく。

熟れた果物のような香りが鼻を突き、満足感に包まれていくのであった。

「それじゃ、おま×こ舐めるね」

「うん、お願い。早く舐めて欲しいのぉ……」

「んじゅ……、じゅる……、じゅぱ……、くちゅん……、ちゅぱ、ちゅうちゅう……」

淫音を鳴り響かせながら、健司は女壺を舐め回していく。

しとどに愛蜜が溢れてきて、それが舌の上で踊るのである。

「美香ちゃんのおま×こ汁、エッチな味がするよ……」

「んんぁ……、そ、そんなの飲んじゃダメだよ……、汚いかもしれないし……」

「美香ちゃんの身体はどこもキレイだよ。だから心配しないで……」

「あぁん、おま×こ舐められるの気持ちいい……、ゾクゾクしちゃうの……。舌先でベロベロって舐め回して欲しいのぉ……、そうすると、もっと気持ちよくなれるからぁ」

「わかった。たくさん舐めてあげるからね。きっと満足させてあげる」

「きゃぁ、ワンちゃんみたいにベロベロされるの好きなのぉ……、おま×こ舐めてぇ……、ぐちょぐちょのヌレヌレにして欲しいのぉ……」

淫語を放ちながら、美香は心地よさに心を奪われていく。

小さなアクメを断続的に感じ始め、その感覚が次第に短くなっていくのであった。

(あぁ、私、おま×こ舐められて感じちゃってる。こんなに脚を広げて、おま×こを丸見えにさせて、恥ずかしい格好になってるのに、どうしてか感じちゃうの……、うぅ、堪らないよぉ……)

「美香ちゃんのおま×こ、キュキュっと締まってイイ感じだよ。舌先に膣襞が絡みついて、俺の舌も喜んでるよ」

「んん……、私も、私のおま×こも喜んでるの……、健司君に大事な部分を舐められて、喜んじゃってるのぉ……、だから、だからもっとしてぇ、お願い……、私も狂わせてぇ」

膣口をレロレロと舐めまわしていき、さらに胎内にも少しだけ舌を挿入していく。

胎内は熱を帯びており、舌先にねっとりと絡みついてくるのであった。

「んじゅ……じゅるん……じゅるる……、ちゅぱ……ちゅちゅぱ……、ちゅぱん……」

ピチャピチャとして、淫音が鳴り響き、健司はますます興奮していった。

女壺を舐めれば舐めるほど、愛蜜が流れ出し、局部はぐしょ濡れになるのであった。

「美香ちゃん、おま×こが濡れまくって凄いことになってるよ。そんなに気持ちいいの?」

「だってぇ、だってぇ……、舐められると感じちゃって、自然と濡れちゃうの……、それに、凄く気持ちよくて、自分を押さえられない……。あぁ、感じちゃうぅ……」

「もっと感じて気持ちよくなってね。そうだ、美香ちゃんのクリも弄ってあげる。姉ちゃんと一緒で、美香ちゃんもここが感じるでしょ?」

「はぐぅ……、クリちゃん弄るの? うん、イイわ、弄って……、クリトリスを弄られるの好きだし、お姉さんにもしたんだから、私にもしないとダメよ。はぁん……」

健司は、舌先をクリトリスに向けた。

ぷっくりと膨らんだ陰核を指で押すと、ピュッと飛び出してきて、ヒクヒクと震え始める。

「美香ちゃんのクリトリス、大きくなってるね。じゃあ、ここを舐め舐めしてあげます」

「はぐぅ……、舐めてぇ……、舐め舐めしてぇ……」

「ちゃぷ……、ちょぴ……くちょん……、くちゅちゅ……チュッチュ……」

(あぁん、クリトリス舐められちゃってる……健司君が、私のクリを舐めてる……、はぁん、何か凄く気持ちいい……、クリを弄られるのホント気持ちいいよぉ、癖になっちゃいそう)

身体を捩らせながら、美香は快感を覚えていく。

敏感な女豆を弄られて、どんどん興奮していくのであった。

「クリトリス気持ちいいんでしょ? 何かおま×こが痙攣してきたよ。美香ちゃん……」

「あぐくぅ……、うぅ……、クリは敏感だから、執拗に弄られると、すぐに限界を超えちゃいそう……、あはぁん……、気持ちいいぃー」

「イキたくなったらいつでもイッてイイからね? 姉ちゃんと同じように、たくさん気持ちよくなって欲しいから」

「はぁん、うん、イキたい! 激しくイッて、気持ちよくなりたいのぉ……、だから、健司君、クリトリスベロベロしてぇ。お願いぃ」

執拗な陰核攻めに、美香はクラクラとしてきた。

圧倒的な快感に襲われて、耐えるのがしんどくなるのだ。

「健司君、ダメ! 私、そろそろ限界かも……」

「イキそうなの? 美香ちゃん??」

「うん、イキそう……おま×こ弾けちゃいそうだよ」

「イッて! 俺がイクところを見てあげるから。イッてごらん」

「きゃー、ホントにダメ! もうダメだよ! イク、イッちゃう!!」

美香は過敏に身体を蠢かすと、大きなオルガスムスを覚え始めた。

身体中が快感に包まれて、夢見心地な感覚になっていく。

「あぁあ……、うぅぅ……、おま×こがジンジンじてぇ、もうダメェェェ―……」

とうとう美香は昇天を迎えた。

ガクッと身体を跳ねさせると、そのままぐったりとしてしまう。

「美香ちゃん、イッちゃったんだね。おま×こが凄い震えたもん」

「うん。イッたみたい。凄く気持ちよかったよぉ……」

「それはよかった。姉ちゃんも美香ちゃんも、どっちも気持ちよくなれたよね」

健司は深く安堵していた。

すると、それを見ていた有希が、目を光らせて声を上げる。

「健司、これで終わりじゃないわ。おま×こにおちん×ん挿れなきゃダメよ」

「大丈夫だよ。俺もそのつもりだから」

「なら、私のおま×こにおち×ぽ挿れて……、そしてぐちょぐちょにして欲しいぉ……」

有希は必死に哀願する。

彼女の淫らな姿を見て、健司は剛直を扱き、興奮を高めていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました