連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第17回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』第17回

「それじゃ、姉ちゃん、挿れるよ……」

「うん。いいよぉ。早く挿れてぇ」

健司は、その言葉を聞き、有希の脚を持ち、左右に広げた。

くぱぁと、押し惹かれた淫裂は、しとどに濡れており、早く挿れて欲しそうな表情を浮かべている。

(姉ちゃんのおま×こ、本当にトロトロだよ)

発情しきった女の秘裂を見て、健司も興奮していく。

そして、ペニスを女壺に押し当てると、そのままゆっくりと貫いていった。

「ずぶ……、ずぶぶ……、にちょり」

ペニスがめり込むように胎内に吸い込まれていく。

ねっとりとした膣襞が、執拗に剛直に絡みつき、堪えようのない、快感を生み出していくのであった。

「あぐぅ……、健司のおち×ぽが入ってきたぁ……んんん。んん、大きくて、私のおま×こを押し開いていくの。んんぁ……、あぁん。さぁ動いて、動いて私を気持ちよくさせて」

「わかってるよ。今動いてあげるからね」

健司は、ゆったりとしたペースで抽送を開始する。

少し動かすだけでも、淫蜜のおかげでペニスがスムーズに動いていく。

「んぐ……、あぁん、気持ちいい、それ、凄くイイの……。あぁ、もっと、もっと突いて、健司、激しく突いて欲しいのぉ」

「うん。激しくすればいいんだね」

「そう。思いっきりおち×ぽシコシコして、おま×こをおち×ぽが擦ると、とにかく気持ちよくなっちゃうからぁ」

「うぉぉぉ……、姉ちゃんのおま×この中、トロトロで最高だよ。少し動かすだけでも、忽ち気持ちよくなっちゃう……」

「そうよ。私のおま×こは最高なの。きっと健司と相性がいいのよ……。だから、いっぱい突いて、私を気持ちよくさせてぇ」

健司は少しずつ抽送のリズムを押し上げていく。

パン、パッパン……、パパン……パン……、

健司の恥骨と、有希の臀部がぶつかり合い、リズミカルな音が発生する。

「姉ちゃんのおま×こ、キュッと締まって、ち×ぽに絡みついてくるよ」

「うんぁ……、ぐぅ……、そうよ、それだけ気持ちよくなってる……、だから、おち×ぽにおま×こがくっついちゃうのよぉ」

「凄く気持ちいい……、あぁ、姉ちゃんのおま×この中、最高過ぎる……、このままだと俺、どんどんおかしくなってしまいそうだよ」

「いいのよ。おかしくなってぇ……、私も興奮しまくりで発情してるの……。おま×こ汁を巻き散らして、いやらしく腰を振って、興奮しちゃってるのよ。だから、健司もおかしくなりなさい。そうすれば、もっと気持ちよくなれるから」

「うん。姉ちゃんのおま×こを突きまくって、俺もおかしくなるよ」

姉弟という、禁断の壁を乗り越えて、二人は熱く結ばれている。

禁忌を犯しているという、背徳感が、余計に二人を燃え上がらせるのである。

「姉ちゃん、こんな体位はどうかな?」

「え? な、何をするの……、健司」

慌てる有希を尻目に、健司は有希の脚を大きく持ち上げると、上方持っていく。

そして、おむつを替えるような姿勢を取らせ、上から下に突き刺すように挿入していったのである。

「あぐぅ……、な、なんて格好させるの……、こ、これじゃすべてが丸見えじゃないの」

「おま×こはもちろんだけど、お尻の穴までくっきりだよ」

「きゃぁ、恥ずかしい……、や、止めて、こんな体勢、恥ずかしくて死にそうよ」

「でも、気持ちいいでしょ? 姉ちゃん恥ずかしがってる割に、おま×こが閉まってるもん。きっと、恥ずかしい格好させられて、余計に興奮してるんだね。可愛いなぁ……」

「ぐぐぅ、おち×ぽが深くまで刺さるわ。子宮に届きそう……」

「そうだよ。子宮に届く勢いで突いてるからね。それに、さっきよりも奥深くまで挿入されるでしょ?」

「はぅん……、深いの好きぃ……、おちん×んがおま×この奥深くまで刺さって気持ちいいのぉ……、とにかく奥をズボズボされると気持ちいい……、んんぁ……、あぁん」

「姉ちゃん、俺も気持ちいいよ……、どんどんち×ぽが気持ちよくなってるよ」

「私のおま×こで気持ちよくなって……そうすると、私も嬉しいからぁ……」

「姉ちゃん、姉ちゃん……」

健司はそう連呼し、快感を高めていくのであった。

やがて、健司は有希を四つん這いにさせると、後背位の体勢で突き始める。

「後ろから挿れるよ、姉ちゃん」

「後ろからしたいのね? いいわ、来てぇ、そして、おま×こをぐちょ濡れにして欲しいのぉ……」

「もうとっくにくちょ濡れだよ。でも、もっと濡らしてあげるよ……、そっちの方が気持ちよくなれるんでしょ?」

「そう、そうなの……、気持ちよくなっちゃうと、濡れちゃうの……、だから、濡れているっていうのは、気持ちいい証拠なのぉ……」

後背位での挿入は、正常位に比べると、幾分か深くなる。

そのため、膣奥でペニスの脈動を感じながら、有希は快感に身を躍らせるのであった。

「とにかく深いわ、おま×この奥までおち×ぽが刺さるの……、んんぁ、この刺激、堪らない……。もっと、してぇ、健司ぃ」

「うん。後ろから挿れると、何だか犯してる気分になってくるよ。姉ちゃんを無理矢理レイプしてるみたいだ」

「はぐぅ、れ、レイプだなんて、そんな言葉を使わないでぇ、でも、感じちゃう。無理矢理されてるみたいで感じちゃうのぉ」

「姉ちゃんのおま×こがち×ぽにピッタリと絡みついて、とにかく気持ちいい……、あぁ、凄い衝撃だよ……、お、俺、もう耐えられない……」

次第に、射精感がせり上がってくる。

その吐精を必死に押さえながら、健司は抽送を続けるのであった。

「んんぁ……、健司、イイ感じよ。その調子で突いて。激しくされればされるほど、燃え上がるんだから」

「俺もだよ。姉ちゃんとセックスしてると、いけないことしてるみたいで、興奮しちゃうんだ。あぁ、凄い刺激だ……、本当に気持ちいい」

「おま×この奥をズボズボされると、とっても気持ちいいの……、健司の大きなち×ぽで突かれてると、安心して気持ちよくなれるのぉ……」

「うん、俺のデカチンで気持ちよくなってね。俺も、限界まで突き続けるから」

ここで、健司は右手を結合部分に持っていった。

そして、陰核を擦り始める。激しく突かれた状態でクリトリスを触られると、鋭い快感が襲ってくるのである。

「きゃあー、く、クリを弄らないでぇ」

「どうして? 姉ちゃんクリトリス好きでしょ? こうして弄られるのが好きなんでしょ?」

「そうだけど、そこを弄られると、敏感だからすぐにイッちゃうのぉ……、忽ち気持ちよくなって気絶しそうになるのぉ」

「気絶してもイイよ。白目になって、アクメ中の顔が見たいよ」

後背位で挿入しているので、お互いの顔は見えないが、それでも興奮する。

全身が性感帯になったかのようで、止めどない刺激が襲ってくるのであった。

「クリを弄ってたら、ますますおま×こが濡れてきたね。それに締まりもよくなったみたいだ」

「そこは、敏感だから、優しく弄られないとダメなのぉ……、そうしないと、感じすぎちゃって、狂っちゃいそうになるのぉ……」

「狂っていいよ。俺がイキ狂わせてあげるからね」

クリトリスを指で捏ね繰り回しながら、同時に膣奥を激しく突いていく。

このダブルの刺激に、有希もとうとう耐えられなくなった。

「け、健司……、私、そろそろイッちゃいそう。もう我慢できないのぉ……」

「もうちょっと、もうちょっと待って……、俺も後少しでイケそうだから。そうしたら、一緒にイコう」

「一緒にイキたい……。一緒にイキたいのぉ、健司と合わせてイケれば最高なのぉ……」

「姉ちゃん。一緒にイクんだよ。だから、もう少し我慢して」

ガクガクと身体を震わせて、有希はアクメを覚えている。

性器がじんわりと熱くなり、フワフワとした心地よさが襲ってくるのであった。

(あぁ、俺も、イキそうだ。姉ちゃんのおま×この中に、精子出したい)

と、健司は感じていた。

そして、最後の力を振り絞って突きの一撃を繰り出していく。

「姉ちゃん、俺もイキそうだ。中に……、中に出してもイイよね?」

「うん、中に出してぇ。いっぱい精子が欲しいのぉ……、ドロドロに精子で、私のお腹の中を満たし欲しいのぉ……」

「わかった。たくさん注いであげるからね。中出しセックス最高だよ」

「あぁん、中出しセックス気持ちいいから、好きぃ……、大好きなのぉ……」

突きの一撃をどんどん送り続けていくと、恐ろしい吐精感が襲ってくる。

最早、我慢できそうにない。

「姉ちゃん、出すよ! 精子出すからね!!」

「出してぇ……、濃い精子をビュプって中に出して欲しいのぉ……」

「わかった、イクよ! うぉぉぉぉー、イクゥ―!」

健司の身体がブルンと震えた。

尿道を、スペルマが駆け巡っていき、止めどない精液が放出される。

「プピュ……、ピュピュピ……、プピョプ……、ビュピョ……、ビュルビュル、ドピィ……」

「あぁん、出てる、私のお腹の中に、たくさんのザーメンが……、あぁ、中出しされるの気持ちいいのぉ……、熱い精子がいっぱいお腹の中に溢れて、気持ちよくなっちゃうのぉ……、あぁん、こんなの味わったら、癖になって中出し以外受け入れられなくなるぅ」

「俺も、気持ちいいよ。あまりに気持ちよくて、精子がどんどん出てくるんだ。あぁ、気持ちいよ。姉ちゃんのおま×こに中出しして、俺満足してるよ」

最後の一滴まで精子を絞り出すと、彼は、淫裂からペニスを引き抜いた。

すると、ゴボリとザーメンが溢れ出し、淫らな光景が広がっていく。

「精子がおま×こから零れちゃう……、あぁ、もったいないぃ」

「姉ちゃん、凄くキレイだよ。弟に精子を注がれて激しくイッちゃったんだね」

「そうよ。弟のザーメンを感じて、激しくイッちゃったの」

二人のセックスを見ていた美香が、ここでようやく声を出す。

「健司君、次は私の番よ。わかってるわよね?」

「もちろん、大丈夫だよ。次は美香ちゃんに挿れてあげるよ」

「うん。早く挿れて欲しいの。健司君とお姉さんのセックス見てたら、本当に気持ちよさそうなんだもん。おま×こが疼いて仕方ないよ」

健司は美香と向かい合わせになると、彼女の肩を抱きしめ、ゆっくりと押し倒していく。

三人の淫らな集いは、まだまだ終わりそうにない――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました