連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』最終回

連載官能小説

連載官能小説『姉ちゃんは弟に首ったけ』最終回

(美香ちゃんのおま×こも、トロトロになってる。俺は、イッたばかりだけど、また興奮してきちゃったぞ)

いきり立った怒張は、ビクビクと脈打ちながら、蠢いている。

そして、健司は美香の脚を大きく広げると、陰部にペニスを押し当てていった。

「美香ちゃん、挿れるよ、イイね?」

「うん。挿れて欲しいのぉ……。だから、早く来てぇ」

「わかった。挿れてあげます」

膣口に剛直を押し当て、そのまま勢いよく貫いていく。

「ずぶ……、ずぶぶ……、ねちゅ……、ねりゅん……」

美香の胎内は、どこまでも温かく、ねっとりとしており、さらにペニスをキュッと甘締めしていく。程よい心地よさに、心を奪われながら、健司は抽送を開始する。

「美香ちゃんのおま×この中、トロトロで気持ちいいよ」

「んはぁ……、んん……、だって、ずっと我慢してたんだもん……。ヌレヌレになっちゃうのは仕方ないのぉ……」

「ゴメンね。待たせちゃって。でも、今度は美香ちゃんをたくさん気持ちよくするから」

「うん。ありがとう健司君。おま×この中を、たくさん掻き回してくれると嬉しいな。そうすると、本当に気持ちよくなっちゃうの……。だから、もっとズボズボっておちん×ん動かしてぇ」

「わかった。なるべくち×ぽを動かして気持ちよくするよ」

既に一度イッている健司は、まだ力に余力があった。

そのため、一気にペースを上げて突きの一撃を大きく繰り出していく。

「美香ちゃん、奥まで入ってるよ……。ち×ぽが奥まで届いてる……、うぉぉ、凄く気持ちいい……」

「はぁん、う、うん、奥まで入ってる。おま×こ全体でおち×ぽの脈動を感じちゃうの……、あぁん、おちん×んがビクビクしてる……。健司君も気持ちいんだね?」

「当然だよ。セックスは気持ちよすぎるよ。特に美香ちゃんのおま×こはキュキュっと小さくて、ち×ぽに絡みついてくるんだ。だから、凄く心地いい……」

「はぅん……、健司君のおち×ぽが気持ちよすぎて、勝手締まっちゃうの、それだけ子宮が悦んでいるっていう証拠なのぉ……」

「あぁ、美香ちゃん、凄い……、本当に気持ちいい……、どうしたら、もっと気持ちよくなれる?」

「んんぁ、じゃ、じゃあ……、キスして、おち×ぽをシコシコしながら、キスして欲しいの……、おま×こ突かれまくって、さらにキスされたら、もっと気持ちよくなると思うし」

「わかった、じゃあ、キスしてあげるよ」

健司は、そこで姿勢を前傾にさせていった。

覆い被さるような体勢になり、美香の唇を奪う。

「んちゅ……、にちゅ……、ちゅちゅ……、ちゅぱ……」

一度だけのキスでは終わらない。何度もキスを施し、雨のように接吻を重ねていく。

あまりに愛心のある行為に、美香は心の底から嬉しくなった。

(あぁん、私、キスされてる……、愛されるのよね?)

濃密なキスを受けると、頭がフワフワとしてくる。

同時に、ゾクゾクとした電撃のような悦楽が走り、彼女を心地よくさせていく。

(あ、健司君の舌が入ってきた。私の舌に絡みついてくるぅ)

「んじゅる……、じゅぱ……じゅぱぱ……、じゅるん……、チューチュー……、チュッパ……」

ねっとりとしたキスを重ねていくと、健司もますます興奮してくるのであった。

牝フェロモン臭を最大に感じ取り、身も心も満足していく。

(俺、美香ちゃんとべろちゅーしてる。あぁ、堪んないよ……。本当に最高だ……)

健司は蕩けるようなキスを堪能すると、一旦キスを止め、今度は乳房に照準を移した。

「健司君、何をするの?」

「今度はおっぱいを弄ってあげるよ。おっぱい弄られるの好きでしょ?」

「好きだけど、私、あんまり胸が大きくないし。だ、だから恥ずかしいよぉ」

「胸は小さい方が感度がイイっていうのからね。きっと、気持ちよくなれると思うよ」

「はぐぅ……、わかった……、健司君がしたいようにしてぇ。私はそれを受け入れるからぁ」

「ありがとう。じゃあ、胸を揉み揉みしてあげます」

健司はこう言うと、素早く美香の乳房に触れて、丁寧な所作で揉み始めた。

美香のおっぱいは、小ぶりであるが、乳首がツンと上を向いており、美乳と呼べるだろう。

「きゃー。健司君が私のおっぱい触ってる……、んんんー、何か気持ちいい……、おっぱい弄られながら、おま×こ突かれるのって、凄く気持ちいいんだね」

「そうだよ。美香ちゃんなら、気に入ってくれると思ったよ。それ、乳首も弄ってあげるからね」

コリコリと乳首を摘まむように抓ると、プクっと大きくなっていった。

まるで花の蕾のようになり。適度な弾力が、健司の指先に伝わっていく。

「美香ちゃん、乳首が立っちゃったよ。興奮してるの?」

「う、うぅぅ……、興奮してる……、だって、健司君がいやらしい手つきで触るんだもん、こんな風に弄られたら、興奮するに決まってるわ」

「もっと、興奮していいんだよ……。おま×こ汁を垂れ流すくらいに興奮したら、頗る気持ちよくなると思うよ……」

「おま×こかエッチなお汁がどんどん出てくるのぉ、あぁん、止まらない……、健司君がエッチぃことするから、ますます濡れちゃうのぉ……」

「美香ちゃんのおま×こ、大洪水で凄いよ……、あぁ、俺も興奮しまくってる……。堪らないよ……」

興奮が高まってきた健司は、美香の乳房にしゃぶりついた。

ツンと立った乳首を舌の上で転がしながら、さらにおっぱい全体を舐めていく。

「美香ちゃんのおっぱい、いい匂いがするよ……。花の香りみたい」

「やぁ、そんな匂いを嗅がないで、汗掻いてるし、匂っちゃうからぁ……」

「全然臭くないよ。むしろいい匂いだって褒めてるんだよ。ふんわりとして、俺を興奮させてくれるんだ」

「うぐぅ……、は、恥ずかしい……、でも、健司君が悦ぶなら、許してあげる。匂い嗅いでもイイよ」

「うほぉ……、ありがとう、たっぷり嗅ぐからね」

クンカクンカと鼻を動かし、健司はたっぷりと匂いを嗅いでいく。

全体的に満たされた感覚が広がり、心地よくなっていくのであった。

(ち×ぽもますます大きくなってきたぞ。この調子で突きまくろう)

と、健司は感じていた。まだまだ精力には余力があるのだ。

「健司君、私も……、私も後ろから突いて欲しい……」

「え?」

「お姉さんにしてみたいに、私も後ろから突いてぇ」

「後ろからがいいんだね? わかった。じゃあやってあげるよ」

「きゃぁ、嬉しい……、後ろからパコって……、お願い、ズボズボして欲しいのぉ」

健司は、一旦ペニスを引き抜き、美香を四つん這いにさせた。

お尻を高く上げてもらうと、ヒクヒクと動く性器がくぱぁと顔を出し、早く挿れて欲しそうだった。

「美香ちゃん、後ろから挿れるよ? イイね?」

「うん、来てぇ、バックからハメて欲しいのぉ……、お願い、ずんずんって激しくしてぇ」

「わかった、やってあげるからね」

健司は、美香の臀部に手を置くと、淫裂に向かってペニスをあてがっていた。

そして、そのまま勢いよく貫いていく。

「あぁ、入ってる……、健司君のおち×ぽが私の中にぃ……、そ、それに、さっきよりも深い……、あん、奥まで当たって、この体位も気持ちいいのぉ……」

「バックは奥まで入るからね。子宮の入り口向かってち×ぽを扱いてあげるよ……」

「はぅん……、子宮におち×ぽが届いちゃう……、あぁ、子宮の入り口をコンコンってノックされてるの……、あはぁん、堪んない……、気持ちよすぎるよ健司君……」

アンアンと、淫声を轟かせながら、感じ続ける美香。

まるで、全身が性感帯になったかのように、快感が広がっていくのである。

「ふぁ……、んんぁ……、健司君のおち×ぽ、まだまだ大きくなってるみたい。私の中で、ムクムク膨れてるのぉ……」

「うん。それだけ興奮してるんだ。俺も、とにかく気持ちいいよ」

腰を激しく穿ち、健司は更なる刺激を生み出していく。

美香も健司のピストンの動きに合わせて、腰を振り始めた。

「は、激しい……、健司君の動きがどんどん激しくなってる……」

「激しいのがイイんでしょ? おま×こをズンズン突いてあげるからね」

「きゃぁ、おま×こが壊れちゃいそう……、で、でも気持ちいいのぉ……、激しくされると、ビクビク震えちゃうのぉ……」

「激しくしたら、おま×こがヒクヒクとしてきたね。もしかして、イキそう?」

「う、うぅ……、もうちょっと、あとちょっとでイケそう。健司君は?」

「俺も後少しかな。俺、美香ちゃんと一緒にイキたいよ」

「私も、私も健司君と一緒にイキたい」

「一緒にイコう。そうすれば、きっとさらに気持ちよくなれるよ」

「はぅ……、うん、一緒にイキたい……、あぁん、腰が勝手に動いちゃうん……、あまりに気持ちよくて、腰が勝手に動いちゃうのぉ」

「お尻をフリフリ動かす美香ちゃんも、凄く魅力的だよ。もっと、可愛がりたくなる」

「はぁん、もっと、もっと可愛がってぇ、私のおま×こをたくさん突いて、気持ちよくてして欲しいのぉ」

「もっと、気持ちよくするために、クリトリスを一緒に弄ってあげるよ」

「え? クリを弄るの? わぁ、嬉しいよぉ……、クリを弄られながら、おちん×んで突かれるの大好き。だから、もっとしてしてぇ」

健司は手を前に回すと、結合部分に持っていった。

そして、淫裂の上方部分にある陰核を指で摘まむと、そこをコリコリと刺激していく。

「んんぁ……、あぁん、それイイ……、あぁ、凄く気持ちいいのぉ、クリちゃんクリクリされるの最高……、健司君ももっとしてぇ」

「クリトリス弄ったら、更におま×こがヒクついてる。感じちゃってるんだね?」

「そうなの。クリを弄られながら、おま×こにおち×ぽ挿れられて、感じちゃってるの……。んんんー。もう、堪んないよぉ……」

「美香ちゃん、俺もイキそうになってきたよ。精子が暴発しそうだ」

じわじわと、射精感がせり上がってくる。それは、どこまでも心地いい感覚であった。

健司は、力を振り絞って、抽送を続け、最後に仕上げにかかっていく。

(健司君のおちん×んが、ビクビクしてる……、あぁ、イキそうなんだ。私のおま×この中でイッてくれるんだ。嬉しいよぉ)

と、美香は感じていた。

同時に、健司の突きを体いっぱいに受け止めて、アクメを覚えていく。

「美香ちゃん、中に出すけどイイよね? 俺、中に出したいよ」

「うん。いいよ。中にたくさん精子頂戴。ビュビュって出されるの気持ちいいのぉ……」

「たっぷり中に出してあげるからね」

次第に吐精感が強くなり、耐えがたくなっていく。

淡かったアクメの陶酔が、徐々に強くなり、やがてオルガスムスを迎える。

「あぁ、ダメだ、美香ちゃん、俺、イッちゃいそう。精子出すよ!!」

「出してぇ、思いっきり精子を出して欲しいの。お願いぃ……」

美香は叫んだ。同時に彼女も激しい興奮のピークを迎える。

ゾクゾクと電流が走ったかのような衝撃が、全身を貫いていく。

「美香ちゃん! イク! イクよ!」

「来てぇ。精子をたくさん頂戴ぃ。私のお腹の中に、ザーメンをたっぷりと注いでほしいのぉ、そうすると、気持ちよくなれるからぁ」

次の瞬間、健司の欲望が炸裂した。

ビュルビュルドピュと、白濁色の子種が、美香の子宮に向かって注がれていく。

「あぁん、出てる、たくさん精子が出てるわぁ……、うううぅ……、き、気持ちいい……、中出しセックス気持ちいいのぉ……。はぁん、堪んないよぉ……」

美香は全身を震わせながら、快感を表現していく。

ビリっとした痛烈な悦楽が広がっていき、満足感で支配される。

(あぁ、私中出しされてる……、でも、気持ちいいのぉ……、中出しセックスが気持ちよくて、おかしくなりそう)

「美香ちゃん、どんどん精子が出てくるよ。もう何発も出してるのに、止まらない」

「いいんだよ。たくさん出して、そして私を気持ちよくしてぇ……」

最後の一滴まで精子を出し尽くすと、健司は美香の上に崩れ落ちた。

二人は熱く抱擁を交わし、セックスの余韻に浸っていく。

「美香ちゃん、凄くよかった。最高のセックスだったよ」

「うん、私もよかった。ありがとう、健司君」

そんな二人のやり取りを見ていた有希が、横から口を出す。

「健司ぃ、お姉ちゃん、またしたくなっちゃった。おま×こにおちん×ん挿れてぇ」

「ね、姉ちゃん、全くしかたないなぁ、その代わり、美香ちゃんと仲良くしてね。そうしたら、挿れてあげます」

「ううぅ、わかったわ。この女と仲良くしてあげる。でも抜け駆けは許さないわよ。平等に健司を手に入れるの、イイわね?」

と、有希は美香に向かって言った。

それを向け、美香は答える。

「わかりました。じゃあこうしましょう。健司君は、私とお姉さんで共有する。そして、健司君は私たちを満足させないとならない」

「うん、それでいいわ。イイわね健司?」

「わかったよ。二人が仲良くなれば、俺はそれイイから」

こうして、有希と美香の間に奇妙な条約が結ばれ、健司を共有することになった。

三人はエンドレスに結ばれていくだろう。最後、健司は固く誓った。

(俺、姉ちゃんと美香ちゃんを気持ちよくするよ。そして、三人でいつまでもプレイするんだ)

健司の想いは確かに二人に届く。

そして、三人はいつまでも肉欲に溺れいくのであった――。

〈了〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました