連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』第1回

連載官能小説

連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』第1回

「昨日、彼氏とパコっちゃってさぁ、どうして、男ってあんなにがっつくんだろ」

「そうそう。一回許しちゃうと、とにかく求めてくるんだよねぇ」

「そんな感じ。んで、理沙はどうなの?」

クラスのビッチたちが、そんな会話をしている。

その会話を、古城正樹は黙って聞いていた。

(全く、なんて会話してるんだよ。恥ずかしくないのか?)

そんな中、一人のビッチが理沙という少女に話を振った。

話を振られた理沙は、少し恥ずかしそうな顔をしたが、すんなりと答える。

「う、う~ん、あたしもそんな感じ、かな……」

「理沙は可愛いから男とヤリまくりなんじゃないの?」

「え、えぇ? えぇと、まぁ流れでヤッちゃうこともあるけど」

その会話を、わなわなと震えながら正樹は聞いている。

実は、正樹と理沙は幼なじみなのである。

(理沙の奴、やっぱり彼氏とかいるのかな?)

正樹は密かに理沙に対して憧れを持っている。

小さい時から一緒で、気づくと女の子として意識し始めたのである。

(理沙が、俺以外の男とヤリまくりなんて……、考えたくもないよ)

そこで、正樹はチラリと理沙の方を向いた。

すると、理沙と視線が合う。しかし、理沙はポッと顔を赤くさせるとプイと横を向いてしまった。

(なんであいつ、ビッチの癖に顔が真っ赤なんだ? おかしな奴だな……。まぁ俺には関係ないけど……)

暫くすると、一人のビッチがさらに過激な会話を始めた。

「そう言えばさ、私の彼氏、やたらと、クリを弄ってくるんだけど、理沙は、クリと中だったらどっちがイイ?」

「え、えぇぇ! えっと、あたしは、な、中かな、クリも感じるけど」

「ふ~ん、そうなんだ。執拗にクリトリス弄られると、気持ちよくなりすぎて困っちゃうんだよねぇ。そうか、でも、理沙は中が感じるんだぁ……。それはそれでいいよねぇ。どんな風に感じるわけ?」

「え、えっと、そ、その、う~ん、頭がフワフワする感じかな」

「へぇ、よくわかんないけど、理沙はそんな風に感じるんだね。流石経験豊富なだけあるよ」

「あ、ありがとう。こ、こんなの当然よ」

正樹は、理沙が中で感じる姿を妄想し始める。

すると、制服のズボンの中でペニスがムクムク大きくなってくる。

(学校でこんな会話するなよな、全く……)

正樹はわなわなと震え始めた。

すると、それを見ていたビッチの一人が正樹に向かって言った。

「おい、古城、勝手に話聞いてんじゃねぇよ」

「聞きたくて聞いたんじゃないよ。声がでかいんだよ。ここは学校だぞ」

「童貞の癖に偉そうな口叩くなよな。古城の奴、うちらの話聞いて勃起してんじゃね?」

「ば、馬鹿! そんなことあるか。お、俺はもう行くからな」

からかわれて、居心地が悪くなった正樹は、早々に教室を後にした。

学校が終わり、正樹は帰宅する。

(はぁ、やっと学校が終わったか。全く大変な一日だったよ)

自室で一人、漫画を読んでいると、不意にトビラがノックされた。

「正樹、いる?」

それは、母の声であった。

「いるよ。何か用?」

ガラッとトビラが開き、母親が入ってくる。手にはタッパーを持っていた。

「ちょっと理沙ちゃんの家に行ってくれる?」

「理沙の家? どうして??」

「理沙ちゃんのご両親、旅行でいないんですって、だからお惣菜作ったの。これ、持って行ってあげて」

「まぁ、いいけどさ」

結局、正樹は漫画を読むのをやめ、理沙の家に母親が作ったお惣菜を届けに行くことになった。

理沙の家は、正樹の家から近い。徒歩で2分ほどである。

「理沙ぁ、いるかぁ……」

玄関のインターフォンを押すが反応がない。

(あれ、まだ帰ってきていないのかな)

試しにドアノブを捻ってみる。すると、鍵がかかっていなかった。

(おや、開いてる? なのに反応がないのは何故だ? もしかして、強盗に縛られてるとか?)

そんな妄想を広げた正樹は、慌てて理沙の家の中に入っていく。

この時、不法侵入とか、そんなことは全く考えなかった。ただ、理沙が心配だったのである。

「理沙ぁ、大丈夫かぁ!」

勢いよく理沙の部屋を開ける。すると、そこには予想もしない光景が広がっていた。

「きゃー、な、なに、正樹何でここに?」

理沙はイヤホンをして、スカートを捲り上げながら、マスターベーションに耽っていたのである。

「あ、あれ、理沙……、捕まってるんじゃ」

「馬鹿ぁ! なんで勝手に入ってくんのよ。犯罪だよ。訴えてもいいの?」

「ご、ゴメン、インターフォン押したのに反応がなくて、それで鍵が開いていたから、心配になって……、もしかして強盗に掴まってるじゃないかって」

「し、心配してくれたの?」

「うん」

「まぁ、それなら、いいけど」

「で、お前何してんだ?」

理沙は、そこで自分がマスターベーションをしていたことに気づく。

そして、顔を真っ赤にさせて叫んだ!。

「で、出てけぇ、馬鹿正樹ぃ!」

「うわぁ、ゴメンさいぃ……」

落ち着いた理沙は、正樹を部屋に呼び、必死に弁解した。

「あたし、何もしてないわ。それにあんたも何も見てない。そうよね」

「は、はいそうです」

「それならいいけど。もう勝手に入ってこないでよね」

「お、俺はただ心配で……、まぁゴメン」

「まぁいいけど」

「なぁ、理沙ってやっぱりその……、経験豊富なのか?」

唐突な問いかけに、理沙は驚いたようである。

目を大きく見開き、再び顔を朱色に染めた。

「あ、当たり前でしょ。経験豊富よ。この間だって仕方なく男と寝たんだから」

その言葉を聞き、正樹はシュンとしてしまう。

憧れの理沙が、ヤリマンだった。これは大きな衝撃を与えるのである。

「そ、そっか……、そうなんだ……、はぁ」

「何で溜息ついてんのよ。あんたはどうなのよ。エッチくらいしたことあるでしょ?」

「ないよ。俺、童貞だもん」

「ふぇ、そ、そうなんだ。へぇ~」

正樹がそう言うと、何故か理沙は嬉しそうに微笑んだ。

「お前、嬉しそうだな。俺が童貞なのが、そんなに笑えるか? 俺は最初のセックスは好きな人としたいんだ。お前みたいに、誰でもいいから寝るなんて、考えられない」

「ふ、ふん、今時エッチもしたことないなんてダサすぎ。それにさ、正樹って、あたしたちの会話を盗み聞いて、絶対興奮してるよね? 隠れスケベなんだ?」

「ち、違うよ。お前たちの声が大きいから勝手に耳に入ってくるんだよ」

「で、でも、話を聞いて、興奮してるんでしょ? もしかして勃起しちゃった?」

「そ、そんなこと……」

本当は勃起している、とは言えなかった。

それと同時に、理沙とこのような会話をしていると、どういうわけか興奮してしまい、ペニスがいきり立ってくるのである。

「ねぇ、正樹、どうして股間を抑えてるの?」

「そ、それはその……」

「手をどけて」

「嫌だよ」

「ダメよ。早く手をどけなさい!」

理沙は、正樹に近づくと、強引に手を持って、股間から離した。

すると、ズボンはテントを張り、勃起していることが見つかってしまったのである。

「えぇぇ、ほ、ホントに立ってるの?」

理沙は心底驚いたような口をあげる。

正樹は恥ずかしさでいっぱいになりながら、必死に弁明する。

「これは、男の生理現象だ」

「開き直るのね」

「もういいだろ。恥ずかしいよ」

「あたしの恥ずかしい所も見たんだから、少しくらい我慢して。ね、ねぇ、勃起したおちん×んってどうなってるの?」

「はぁ、そのくらい見たことあるだろ? 経験豊富なくせに」

「も、もちろん見たことあるわ。嫌というほど見てるの。でも、正樹のは知らないから、見てみたなぁって思っただけで……」

「お、俺、ち×ぽ見せるのなんて嫌だよ」

「あ、あたしの、お、オナニー見たくせに」

「あれは不可抗力でだな。それに忘れるよ」

「信じられない。もしかして、あたしのオナニー姿をおかずに、あんたもオナニーするんじゃ?」

「馬鹿! そんなことしないよ。とにかく用事は済んだから帰るよ」

「ダメ! 勃起したおちん×ん見せて。そうしないと、あんたのお母さんに、酷いことされそうになったって言ってやるからね」

「そ、そんな。止めてよ。そんなことされたら、俺……」

「変態のレッテルを貼られるわよ。それでもいいの?」

「よくないよ」

「じゃあ、おちん×ん見せなさい」

かなり強引であったが、ここは言うことを聞いておいた方がよさそうである。

覚悟を決めた正樹は、徐にズボンを脱ぎ始めた。

「わかった、見せればいいんだろ」

「そ、そうよ。わかってるじゃない」

正樹は、ボクサーパンツをも脱ぎ捨て、勃起したペニスを解放する。

下腹部に押し当たる勢いで、剛直がグンと立ち上がった。

「え、う、嘘でしょ……、こ、こんなに大きいの」

理沙は、目を大きく見開いて、正樹の臨戦態勢になったペニスを見つめる。

予想以上に大きかったようである。

「見せたよ。もう満足か?」

「まだよ。お、オナニー、オナニー見せなさい」

「はぁ? なんでだよ」

「あたしのオナニーみたんだから、あんたのオナニーを見ないと不公平でしょ」

「まぁそうかもしれないけど」

「嫌って言うなら、ホントにあんたのお母さんに付け口するからね」

「オナニー見せてもいいけど、条件がある」

「は? 条件??」

「そう。理沙がエッチなポーズを取ってくれたら、オナニーできるよ。そうしないと、オナニーできないよ」

「な、何ですって?」

「だからさ、エッチなポーズを見せて欲しいんだ。経験豊富なら、男を誘惑することくらい朝飯前だろ?」

「ま、まぁそうだけど……。どんなポーズがイイの?」

「それは自分で考えてよ。俺を興奮させるポーズを取ればいいんだよ」

「そ、そんなこと言ったって」

理沙は慌てながら、必死に考えているようだった。

そして、直立不動になると、徐に、穿いていたスカートを捲り上げた。

「パンツ見せてあげる。これなら興奮するでしょ?」

理沙は何故か自信満々だった。

純白のショーツは、あまりヤリマンという雰囲気がしない、シンプルなものである。

「う~ん、何か違うんだよなぁ。ねぇ、理沙、ホントに経験豊富なの? 下着もそんなに遊んでるって感じじゃないし。あの、もしかして理沙って、ニセビッチ?」

「に、ニセ……、ですって?」

「うん。ホントは経験ないとか」

理沙はわなわなと震えた。

そして、目に涙をたっぷりと溜めて言い放つ。

「ない……」

「え?」

「だから、あんたの読み通り。私、経験ないの」

「ほ、ホントに……。じゃあ、どうしてビッチな会話をしてるの?」

「そうしないと、友達になってもらえないと思って。」

「女の世界も大変なんだな。そっか、経験ないんだ。よかったぁ」

「なんであんたが悦ぶのよ?」

「だって、同じだなって思って。そうだ、いい方法があるよ」

「いい方法?」

「理沙はさ、ビッチになりたいんでしょ?」

「まぁそうね。そうすれば、友達とも話が合うし」

「でもさ、今のままだと、何れボロが出るよ。そうなったら理沙も困るでしょ?」

「うん、そうだけど」

「だから、俺がお前を立派なビッチにしてやるよ」

「はぁ? あんた何を言って」

「俺の言う通りにすればいんだ。う~ん。そうだなぁ、まずはフェラチオから覚えていこうか?」

「フェラチオって、おちん×ん舐める行為でしょ?」

「そうだよ。それに、ビッチならできて当然だよ。ビッチになるためには、まずはフェラを覚えないと」

「覚えるって言っても、どうやって」

「俺のち×ぽを使わせてあげる。試しに俺のち×ぽを舐めてみてよ」

「え? そ、そんなこと……、できるわけ……」

「ここでしないと、ビッチになれないよ。友達にがっかりされるかもよ、ニセビッチだったってね。もしかすると、友達でいられなくなるかもしれない。そうなったら理沙だって嫌でしょ」

「嫌だけど……。あんたがあたしに舐め欲しいだけじゃないの?」

図星だったが、正樹はあえて冷静さを保ちながら、

「違うよ。俺はお前の役に立ちたい。立派なビッチに育て上げ、友達と仲良くしてほしいんだ」

「ほ、ホントにそう思ってるの?」

「思ってるよ。だから、俺のち×ぽでフェラしてみるんだ。イイね?」

「あぁ、もう、わかったわよ、やってあげる。その代わり、ちゃんとビッチにしてよね?」

「もちろん、俺にかかれば、すぐに立派なビッチになるだろうよ」

妙な自信が湧いてくる正樹であった。

彼は、いきり立ったペニスを理沙の顔の前に持っていく。

(うぅぅ、おちん×ん、かなり大きい……)

理沙は初めて見る勃起したペニスにただただ驚いていた。

「それじゃレッスンを始めます。イイね、理沙?」

「わかったわよ、すればいいんでしょ?」

こうして、正樹は理沙をビッチにするために、立ち上がったのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました