連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』第9回

連載官能小説

連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』第9回

(俺、今日セックスするんだ……)

レッスンといい、先生ぶっているものの、正樹は童貞である。

それ故に、興奮は高鳴っているのだ。

「理沙、まずは正常位でやるぞ。いいか?」

「うん♡ いいよ。あたし、ちゃんと正常位って言葉くらい知ってるから」

「じゃあ、挿れるからな……」

理沙の脚を広げると、トロトロになった淫裂が顔を出す。

局部は少しだけヒクヒクとしており、サーモンピンクの粘膜がとても美しく感じられる。

(理沙のおま×この中、どんな感じなんだろう……。楽しみだ)

正樹は肉竿を手で握りしめると、膣口に押し当てていった。

「あぁん、正樹のおち×ぽが入ってるくぅ♪」

「そうだぞ。俺のち×ぽがお前のおま×この中に入ってるんだ。うぉぉー。凄くキツい……。んんん」

挿入してペニスを奥深くまで導くと、僅かに「ブチっ」という音が聞こえた。

破瓜の音である。その瞬間、理沙の顔が苦痛に歪む。もちろん、その表情の変化に正樹も気づいた。

「理沙。大丈夫か?」

「あ、あぁん、ちょっと、痛いかも……、んんぁ……」

「痛いのか? じゃあ、抜こうか? どうする?」

「やぁ、抜いちゃ嫌なのぉ……。折角ぅ、正樹と一つになれたのにぃ♡ あたしは大丈夫だから抜かないでぇ」

「で、でも痛そうだし……」

「大丈夫って言ってるでしょ……、このくらいなんでもないわ。ただ、最初はゆっくり動いてぇ、そうすれば大丈夫だからぁ♡」

「わかった、じゃあゆっくり動くよ」

酷くゆったりとしたペースで、抽送を始める正樹。

膣内のねっとりとした感触が、怒張を包み込んでいく。

(これが、おま×この中……、トロトロで、キツくて、ヌメヌメして、とにかく最高だよ……。セックスがこんなに気持ちよかったなんて……。まるで違う……、オナニーとはまるで違うよ)

あまりの快感に、正樹は頗る感動していた。ゆっくりとしたペースだが、女壺に肉竿を包まれると、キュッと甘締めされたような感覚になり、途轍もなく気持ちいいのである。

「ま、正樹、気持ちいい? あたしのおま×こ気持ちいいの?」

「うん、気持ちいいよ。理沙のおま×この中、最高だよ。こんな感覚初めてだよ」

「ホント? よかったぁ♡ あたしは大丈夫だから、そのままおち×ぽシコシコしていいからね」

「ありがとう。でも理沙。本当に大丈夫か?」

「うん。その内慣れてくると思うし。今のペースだったら、大丈夫だよ。でも、これじゃ物足りないよね? 少しくらいなら、速く動いてもイイよ。徐々にペースを上げていって」

「よし、そうするよ。だけど、痛かったら言えよ。俺はお前が痛がるのを見たくないから」

「正樹♡ ありがと。でも、ホントに大丈夫だから」

理沙の言葉を胸に、正樹は少しずつ抽送のリズムを押し上げていく。

ふと、結合部分を見ると、僅かに血が滲んでいる様子が見える。破瓜の衝撃により、出血したようであった。

「理沙のおま×この中、少しざらついて、ち×ぽに絡みつくよ」

「ざらつく? 確か前に、名器って言ったよね?」

「そう。理沙のおま×こって、きっとち×ぽを気持ちよくするためにある感じだよ。とにかく気持ちよくて、耐えるのがしんどくなるんだ」

「うぐぅ♡ あたしのおま×こで気持ちよくなっていいからね……、正樹が気持ちいいって言うとあたしも嬉しいからぁ♪」

ずんずんと、怒張を膣内の奥まで挿れ込み、ゆっくりと引き抜いていく。

すると、ペニスが膣壁を擦りあげ、圧倒的な心地よさが襲ってくるのであった。

「うわぁ……、セックス凄いよ……、こんなに気持ちいいんだ……、理沙ぁ、はぁ、堪らないよ」

「あ、あたしも気持ちいいかも……、何かゾクゾクする感じぃ♡」

「痛みはどうだ? まだ痛いか?」

「うん。少し痛いけど、もう大丈夫だよ、段々気持ちよくなってきた感じぃ♪」

破瓜の痛みは、最初は鋭く永続的に感じるかと思われたが、少しずつ痛みは引いてくる。

同時に、痛みが消失する代わりに、少しずつ快感が降り注いでくるのであった。

「んんぁ♡ 正樹ぃのおち×ぽがぁ、奥まで当たってるのぉ♡ ずりゅっておち×ぽ突き刺されちゃってるぅ♪」

「うぉ。ホントに、気持ちいいよ……。理沙は奥を突かれるのが好きなのか? 奥がいいのか??」

「はふぅん♡ わかんない……、わかんないよぉ……、でも、奥をコンコンって突かれると気持ちいいの。舐められるのも気持ちよかったけれど、おち×ぽで突かれるのは、もっと気持ちいいのぉ♡」

「じゃあ、もっと突いてあげるよ。俺も段々調子が出てきたんだ。ち×ぽをおま×この奥まで挿れると、凄く気持ちいいんだよ……」

「うぅん♡ 突いてぇ♪ もっと突いて欲しいのぉ……」

「わかってる……、やってやるから……。どんどん突いてやるからな」

正樹の抽送のスピードがますます上がっていく。膣襞の独特なザラつきが、ペニスを心地よく包み込み、鋭い悦楽を発生させていく。

「理沙のおま×こ、キュッと締まってるよ。気持ちいいのか? 気持ちいいから反応してるのか?」

「はぁん♡ そうなの……、おま×こ奥まで突かれると、すっごく気持ちよくてぇ……、自然とおま×こが締まっちゃうのぉ。あそこがヒクヒクってヒクついちゃってるぅ♪ それだけ感じてるのぉ♡」

「ちょっと、体位を変えてみるからな。いいな?」

正樹は理沙の脚を大きく持ち上げると、まんぐり返しに近い体勢にさせた。

そして、上から下に突き刺すように抽送を続けたのである。

「きゃあー。な、何て格好させるのよ……、恥ずかしいじゃないのぉ♡」

「恥ずかしい格好になった方が、気持ちよくなれるかと思って……。理沙のおま×こ、丸見えになってるよ」

「やぁ、やぁなの……、止めてぇ……、恥ずかしいから普通の体勢にしてぇ……」

「こっちの方がち×ぽが奥まで入る気がするよ。ズンズン吸い込まれていくんだ」

「はぅん♡ おち×ぽ、突き刺さっちゃってる。あたし、すっごく恥ずかしいい格好でおちん×ん挿れられてるのぉ」

「さっきよりもおま×こが締まったような気がするよ。理沙、恥ずかしがってる割に、感じてるんだな? 最高に可愛いよ」

「だってぇ、だってぇ、こんな格好でも、おま×こにおちん×んでフタされたら、気持ちいいに決まってるじゃん♡ これは仕方ないのぉ。あたしの所為じゃないんだからね」

「理沙のおま×この中、本当にトロトロで堪んない……。ち×ぽが蕩けてしまいそうだよ」

「そんなに気持ちいいの? あたしのおま×この中、そんなにいいわけ?」

「うん、最高だよ……。もう止まらないよ」

ずりゅ、めりゅと、ペニスが秘唇に突き刺さっていく。

結合部から、しとどに淫蜜が噴き出し、抽送のリズムをスムーズにしていくのであった。

「今度は、こんな格好にさせてやるよ」

正樹はそう言うと、理沙の脚を真っすぐ垂直に上げた。

こうすると、挿入の角度が変わり、さらに内部の形状が少しずつ変わり始めるのだ。

「あぁん♡ 何か、変な感じ……。脚を閉じて上にあげただけなのに、こんなに快感って変わるんだぁ♪ とにかく、あたしも気持ちいいよぉ♡」

「うん。おま×この形状が変わったみたいだよ。なんか、更に締まりが強くなった気がする。ち×ぽをギュギュっと締め付けて、俺を心地よくさせるんだ」

「はぐぅ♡ 気持ちいいぃ……、正樹のおち×ぽ、すっごく気持ちいいのぉ……。んんぁ……、あぁん♡ もう、身体中が熱くなって、変になっちゃいそう♪」

「変になってイイんだぞ。ビッチなら、蕩けるくらいに感じないとダメだ。俺のち×ぽを最高に感じてみろ。そうすれば、きっと真のビッチになれるから」

「はふぅん……、んんぁ……、正樹のおち×ぽ、あたしの中でビクビクしてる。その熱を感じるのぉ♡ 正樹、イキそう? まだ大丈夫よね??」

「うん、さっきイッたばかりだから、まだ余力はあるよ。それにさ、正常位だけでは終わらせないよ。まだまだ試したい体位がたくさんあるんだ」

「色々試してぇ……、そして、あたしをいっぱい気持ちよくしてほしいのぉ」

ここで、正樹は一旦スタンダードな正常位に戻した。

その代わり、姿勢を前傾にさせていき、理沙の唇を奪う。

「んちゅ……、ちゅちゅ……、ちゅっ……」

キスの雨を降らせていく正樹。

対する理沙は、興奮のあまり正樹の首の後ろに手を回し、彼を抱きしめると、そのまま深いディープキスを展開していった。

(あぁん♡ あたし正樹とべろちゅーしてるのぉ……、すっごく気持ちいい……、おま×こにおちん×ん挿れられながら、キスされるの最高……、はぁん♡ 蕩けちゃいそう)

恍惚とした表情を浮かべる理沙。

舌同士を絡めていくと、お互いの唾液を啜り合うようになる。

(あぁ。理沙とキスすると、本当に身体中に力が漲るよ。それに、唾液がほんのりと甘くて、ハチミツを舐めてるみたいだ)

二人の口元から、しとしとと、唾液が流れ落ちていく。そして、零れ出した唾液はシーツの上に落下し、小さな水たまりを作っていくのであった。

(正樹のキス……、嬉しい……、何か愛されてるって感じがする♡ やっぱり、あたし正樹が好きかも……、好きだからこんなに感じちゃうのかもぉ♪)

溢れ出す愛の気持ちを、止めることができない。

理沙は気持ちを押し隠すように、ただ必死に唇を重ね、さらに激しく抱擁していくのであった。

「んちゅぱ……、ちゅちゅん……、ちゅぱちゅぱ……、にちゅん……」

濃厚なキスを重ねていくと、淫靡な音がこだましていく。

この淫猥な音を感じていると、身体中の細胞が目を覚まし、活性化していくようであった。

「ぷはぁ……、り、理沙ぁ……、好きだ……、俺、理沙が好きだよ」

興奮のあまり、頭が沸騰した正樹は、愛の告白をする。

理沙もゾクゾクとした気持ちを抱えているので、その告白を受け入れる。

「あ、あたしもぉ……、あたしも正樹のことが好きなのぉ……」

「俺たち、お互いに好き合ってるんだ。もう、レッスンとか、そんなことは関係ないよ、好きだから、セックスするんだ。理沙ぁ……、好きだぁぁぁぁー」

正樹は大きく叫んだ。そして、理沙を固く抱きしめて、抽送を続ける。

フワフワとした甘い膜に包まれたような感覚が広がり、全体的に心地よくなっていく。

「んぐぁ……、はぁん♡ 正樹ぃ、正樹ぃ♡ あたしも好きぃ……、好きだからおま×こ突きまくってぇ♪ 溜まんないの♡」

「ち×ぽが蕩けそうだ。理沙のおま×こに包まれると、すっげぇ気持ちいいんだよ」

「あたしも気持ちいいのぉ……、二人で一緒に気持ちよくなろぉ♡ はぁん……」

激しい正常位でのセックスを続けていると、違った体位も試したくなる。

ビッチになるためには、正常位だけでは物足りないだろう。

「理沙、次は、後ろから挿れたいんだけど、いいかな?」

「ふぇ? う、後ろから挿れるの? 別にいいけど」

「やっぱり、ビッチになるんだから、色々な体位を経験しないとダメだぞ」

「うん、わかったぁ♡ 今度は後ろから突いてぇ……、後ろからズボズボおま×こ突いて欲しいのぉ」

正樹は一旦ペニスを引き抜くと、理沙を起こし、体勢を四つん這いにさせた。

そして、お尻を高く上げてもらい、ヌラヌラ光る淫裂に向かってペニスを導いていく。

「理沙、それじゃ、後ろから挿れるからな」

「はぁん♡ 来てぇ、後ろからたくさん突いてぇ♪」

二人のセックスは、まだまだとどまることを知らない――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました