連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』最終回

連載官能小説

連載官能小説『俺がお前を真のビッチにしてやるよ』最終回

理沙の臀部に手を置き、双肉をくいっと広げる。

すると、しとどに濡れた女壺が顔を出し、ヒクヒクと震えているのがわかった。

(バックってどんな感じなんだろう?)

初めての体験に、心が躍る正樹。

彼は、自分の分身を理沙の陰唇に押し当て、そのままゆっくりと挿入していった。

「はぁん……、んんん♡ 正樹のおち×ぽ、入ってきたぁ……」

「うん、奥まで挿れるよ。やっぱり、正常位とは違うな。挿入の角度が違うんだ……」

「エッチぃ格好して、おち×ぽ、挿れられてるのぉ……、恥ずかしいけど、気持ちいいのぉ♡」

「俺も気持ちいいぞ。正常位もよかったけど、バックにはバックの良さがあるんだ」

「はふぅん♡ もっと、突いてぇ……、お願い、たくさん突いて欲しいのぉ♪」

腰をゆっくりとグラインドさせ、快感を生み出していく。

ペニス全体が、膣内の粘膜に包まれて、心地よくなっていくのであった。

「うぐぅ……、んんぁ……、あぁん♡ 正樹ぃ……、あたしのおま×こどう? あたし、もうビッチになれたよね?」

「そうだな。ここまで淫らに乱れれば、きっとビッチになったと言ってもいいかもしれない。それに、お前のおま×こ凄くイイ感じだよ。さっきも言ったけど、少しざらついていて、ち×ぽが擦れると気持ちいいんだ」

「はぁん……、そうなんだ……、おま×この壁をおち×ぽで擦られると、あたしも気持ちいいよぉ、メリメリって無理矢理広げられてる感じがして興奮するのぉ♡」

「もっと、興奮してもいいんだからな。俺がち×ぽを突くから、それに合わせて腰を動かしてみろ。ビッチなら、それができるはずだ……」

「腰を……、腰を動かせばいいのぉ? フリフリ動かしちゃうよぉ……、だってぇ、それだけ気持ちいいんだもん♡」

正樹の抽送のリズムはそれほど速くはないが、一定のペースを刻んでいる。

そして、その突きの一撃に合わせて、理沙は腰をフリフリと振っていった。

(理沙が腰を振ってる……、あぁ、なんてエッチな光景なんだろう。とにかく興奮するよ)

ゾクゾクとする、激しい悦楽が正樹を包み込んでいく。

突けば突くほど、ペニスは気持ちよくなり、耐えるのがしんどくなるのである。

「少しずつ、動きを速めるぞ。理沙、もう痛くないか?」

「はぁはぁ……、うぅん、もう大丈夫、痛くないのぉ……、その代わり、すっごく気持ちよくて困っちゃう……。正樹ぃ、速く動いても大丈夫だよぉ」

「よし、それならペースを上げていくからな!」

「うん、来てぇ、たくさんおま×こ突いて欲しいのぉ……、ズボズボっておま×こ突かれると、気持ちよくておかしくなりそうぅ♡」

正樹の腰の動きが速まっていく。ズンズンとペニスを動かしていくと、メリメリと膣壁を開拓していき、押し広げていくのである。膣道が少しずつ広がりを見せ、ミチミチと音をあげる。

「やぁん、おま×こ広がっちゃう……、恥ずかしい体勢で、いっぱい突かれ、おま×こが悦んでるのぉ……あぁん、堪んないよぉ♪」

「理沙、後ろから挿れられると、どんな感じだ?」

「あん♡ 後ろからぁ? んんぁ、んんと、気持ちいいよ……、何か恥ずかしいけど、無理矢理されてるみたいで興奮するの? だから、もっと激しくしてもイイよぉ♡」

「無理矢理されて興奮してるなんて、いよいよ本格的なビッチになってきたな。いい傾向だぞ。俺のち×ぽで突き刺されて、いやらしく腰を振っているんだ。理沙、理沙ぁ、あぁ、最高だ!」

「あたし、どんどんビッチになってる……。ホントのビッチになったような気がするの♡ これも正樹のおかげだね。うううぅん♡ あぁん、気持ちよく過ぎて、失神しちゃいそうだよぉ♡」

「少し体勢を変えてみるぞ。いいな?」

「うん♪ いいよ。正樹の好きなようにしてぇ……」

ここで正樹は姿勢をやや前傾にさせた。

そして、理沙に覆い被さるような体勢になり、獣のように突き始める。

「んなぁ♡ なんか卑猥な体勢……、動物の交尾みたいなのぉ」

「これは交尾だぞ。だから問題ないはずだ。それに、姿勢を前傾にさせたら、もっと奥まで入る気がするよ」

「奥が気持ちいいのぉ……、んんぁ♡ ズボズボおま×こ突かれると、ホントに気持ちいいのぉ♪」

「おっぱいも弄ってやるよ……、もっと感じるんだ、理沙!」

正樹は手を前に回し、理沙の乳房を揉み始める。

手ごろな大きさの理沙の胸の膨らみが、正樹の手のひらに弄ばれていく。

「きゃぁ……、おち×ぽ挿れられながら、おっぱい揉まれると、何か変な感じ……。で、でも、すっごく興奮するのぉ♡」

「理沙のおっぱい、柔らかくて気持ちいいよ。それに乳首がツンと立ってる。興奮してるんだな?」

「そうなの……、乳首がビンビンになるくらい興奮してるのぉ♡ おっぱいもおま×こも両方気持ちいい……、んんぁ……あぁん、堪んないよぉ♪」

「乳首を重点的に責めてやる。クリクリしてやるからなぁ」

手指を使って、正樹は胸の蕾を弄りまわしていく。

コリっと硬くなり、弄れば弄るほど、興奮のレベルが上がっていくのであった。

「乳首もいいかもしれないけど、もっと気持ちよくさせてやろうか?」

「え? 何をするの? 正樹ぃ……」

「おま×こにち×ぽ挿れながら、クリトリス弄ってやるんだよ」

「クリを弄るの……、んなぁ……、そんなことされたら、イッちゃうかもぉ♡」

「お前をイキ狂わせてやるからな。よし、いくぞ!」

正樹は乳房を弄るのを止め、今度は陰核に照準を移した。

雌芯の包皮を器用に剥くと、ヒクヒクと震える敏感な部分が露になる。

「どうだ? クリを弄られながら、おま×こにち×ぽ挿れられてるんだぞ……、気持ちいいだろ??」

「きゃあぁ……、んんん、クリを弄られるの気持ちいい♡ クリクリされると、おかしくなっちゃいそう♪」

「クリを弄ったら、おま×こがキュッと締まったぞ、リンクしてるみたいだ」

「んんん……、クリトリスは敏感だから、そんなに弄っちゃらめなのぉ♡」

「だけど気持ちいいんだろ? もっと弄ってやるよ」

手指をフルに使って、陰核を捏ね繰り回していく正樹。

鋭い刺激が理沙を襲い、断続的なアクメを覚え始める。

「あぁん♡ 正樹ぃ……イッちゃう……、んんあぁ、気持ちよくてイッちゃうよぉ♪」

「イッてイイんだぞ。たくさんイッて、狂った姿を俺に見せてくれ」

「ふぅふぅ……、はぁ……、らめ、おま×こがジンジンしちゃって……、あはぁん♡ もうらめだよぉ……」

理沙は身体を小刻みに震わせ始めた。目を白目になり、アヘ顔を決めている。

恍惚とする悦楽が、身体中を包み込み、理沙は昇天を迎えるのであった。

「きゃー♡ らめ! らめぇぇぇ! イクゥー」

理沙は激しくアクメを迎え、力なくへたり込む。

しかし、正樹はそれでは止まらない、ぐったりとした理沙の陰唇に向かってペニスを突き続ける。

「正樹ぃ、イッてるのぉ……、イッたばかりの敏感なおま×こ突かないでぇ♡」

「イキまくれ! どんどんイケばその分ビッチに近づけるぞ!」

「だけどぉ……、おま×こが敏感でぇ……、はぁん♡ これ以上突かれると、何か出ちゃう……」

「出る? 何が出そうなんだ?」

「わかんないのぉ……、で、でもぉ、おしっこが出そうなのぉ、正樹ぃ、もう止めてぇぇぇ」

「ここで止められるか……、もしかすると、たくさん突かれているから、潮吹きするのかもしれない、そのまま出していいぞ」

「やぁ、やぁなのぉ……、恥ずかしいから♡」

理沙は必死に抵抗するが、あまりの快感で力が入らない。

そして、とうとう陰部からピッピッと淫水が溢れ出した。

「いやぁ、出ちゃう……、出ちゃうってばぁ♡」

「ち×ぽでおま×こ突かれながら、潮吹いてるんだ……。うおぉぉ、堪らないよ、この光景……」

「うぐぅ……、恥ずかしいのにぃ……、正樹ったら酷いよぉ……」

「だけど、気持ちいいんだろ? 潮吹きしちゃうほど気持ちいいんだろ??」

「そうかもしれないけど……、あぁん……、また! またイク! らめぇぇぇー!」

再び、理沙はオルガスムスを覚える。ねっとりとした長いアクメが彼女を襲い、どんどん心地よくなっていくのであった。

「よし、理沙、次は理沙が主導で動いてみろ」

「え? あたしが主導? それってどいう意味?」

「女が主導の体位と言ったら騎乗位しかないだろう。俺が仰向けになるから、理沙が上から跨って、ち×ぽをシコシコするんだ」

「え、えぇぇぇー。そ。そんなのぉ。できるかなぁ……、よくわかんないよぉ」

「騎乗位は、ビッチの卒業試験みたいなもんだ。これができれば、真のビッチと呼べるだろう」

真のビッチと言われて、理沙の眼の色が変わる。

なんとかして、この試験をクリアしてみせる……。そんな決意が垣間見える。

「わかったぁ♡ やってみるのぉ。正樹の上に跨ればいいんでしょ?」

「そうだ。そして腰を動かして俺を気持ちよくしてみろ」

「はぁん……、恥ずかしいよぉ、おま×こくっきり見えちゃうじゃんー」

「おま×こ広げて騎乗位ができれば立派なビッチだ。いいからやってみろ」

正樹は仰向けに寝そべる。そして、その上に理沙が跨る。

彼女は恐る恐る腰を落とし、陰部にペニスを挿入し、動き始める。

「んんぁ……、下からおち×ぽが突き刺さるのぉ……、深い……、とっても深いのぉ♡」

「騎乗位は挿入が深いからな。腰をしっかり動かして、ペニスを咥えこむんだ。後、上下に動くのもアリだぞ。とにかく、自分が思うようにやってみるんだ」

「なんかぁ、難しいけど、やってみるね♡ ううん……、おち×ぽが奥まで当たって、子宮にぶつかっちゃいそう」

「子宮を突く勢いで、俺も動くからな。いいな。理沙、一緒に気持ちよくなろう!」

理沙は淫らな腰の動きで、膣口をキュッと引き締めペニスを包み込んでいく。

膣襞のざらついた感触が、直にペニスを直撃し、正樹も心地よくなっていくのであった。

「んんぁ♡ 正樹ぃ、気持ちいいのぉ……、おち×ぽが奥まで刺さってぇ……、もう耐えらないぃ♪ またイッちゃうよぉ……」

「イキまくってイイぞ。俺ももう少しでイケそうだから」

「正樹もイキそうなのぉ? なら、最後は一緒にイキたいのぉ♡」

理沙は、身体を起こしていたのであるが、あまりの快感により、その体勢を維持するのが難しくなった。正樹に覆い被さるように倒れ込むと、激しく抱擁を重ねていく。

「正樹ぃ、力が入らないのぉ、気持ちよすぎてぇ、もうらめなのぉ♡」

「密着騎乗位って体位だな。最後は二人でくっついてイコうか?」

「うん、くっつきあってイキたいのぉ♡ 正樹ぃ好きだよぉ♪」

「俺も好きだぞ! 理沙、あぁ、凄く気持ちいい……、ち×ぽが破裂しそうだ」

「うぐぅ……、正樹ぃキスしてぇ……♡」

その言葉を受け、正樹は唇を重ねる。

密着騎乗位の体位であるため、キスしながら挿入が可能なのである。

(はぁん、キスされながらおちん×ん挿れられてるぅ……、うぅん♡ 気持ちいい……♪)

「んちゃ、理沙……、俺も、そろそろイキそう……。精子、どこに出せばいい?」

「ううぅ……、正樹はどこに出していのぉ?」

「俺は、中に出したい。理沙のおま×この中に精子出したいよ」

「んんんぁ……イイよ、中に出しても……」

「いいのか? で、でも……」

「大丈夫だから……、あたしも正樹のすべてを身体中で感じたいの。だから中に出してぇ♡」

「わかった。中に出すぞ。イイんだな??」

「うん。きてぇ、正樹ぃ♡」

一突き一突きが重くなり、やがて正樹はオルガスムスに包まれる。

そして、とうとう牡の欲望を発射するのであった。

「うぉぉぉー! で、出る! 精子が出る!!」

ビュルビュルドピュと、勢いよく子種が放出される。

ドクドクとした白濁の男汁が、膣内に流れ込んでいくのであった。

「きゃあ♡ おま×この中にビュッビュッって精子が出てる……、んんあぁ中出しされるの気持ちいいのぉ♡」

「どんどん精子が出てくる。気持ちよすぎて止まらないよ……」

「いっぱい出してぇ、あたしのおま×こを精子でいっぱいにして欲しいのぉ♪」

吐精の心地いい感覚を味わいながら、正樹は理沙を力いっぱい抱きしめた。

そして、最後の一滴までスペルマを絞り出すと、そのまま横に崩れ落ちる。

「正樹ぃ、気持ちよかったよぉ……。あたし、ビッチになれたよね」

「そうだな。ここまでくればビッチって言ってもいいかもしれない」

「正樹ぃ♡ ありがと、ホントに最高だったよぉ」

「理沙、ビッチになってもいいけど、俺は少し複雑だな」

「複雑?」

「だって、ビッチになるってことは、俺以外の男とヤリまくるってことだろ? それって何か嫌だな」

すると、理沙はにっこりと笑みを浮かべた。

「大丈夫だよ正樹。あたしがビッチになるのは、正樹の前だけだから」

「え?」

「正樹以外の男の子とこんなことしたくないの。正樹だからしたいの」

「お、お前……。お、俺も、理沙がいい。理沙が好きだから」

「うん。正樹、これからも宜しくね。たくさんエッチぃことして、もっとあたしをビッチにしてぇ♡」

理沙はそう言うと、正樹の胸の中に飛び込んできた。

胸の中で小さく丸くなる理沙を、強く抱きしめながら、正樹はセックスの余韻に浸るのであった。

「理沙、好きだぞ!」

正樹は強く誓うと、理沙に優しく口づけする。

二人のエッチな関係は、まだまだ終わりそうにない――。

〈了〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました