連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第4回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第4回

翌日――。

「洋一さんは、目立つので、ここにいてください」

「えっと、イリアさんはどこかに行くの?」

「はい。私は仕事があるので、王国に行きます」

「そうなんですか。じゃあ、俺はここにいればいいんですね?」

「そうです。今後の方針は、今日帰ってから一緒に考えましょう」

「ありがとうございます。それで、何時ごろ帰ってくるんですか?」

「んと、夕方には戻ってこれると思います。多分、6時ごろですかね」

「わかりました。待ってますね」

「食事は、キッチンにあるので適当に何か食べてください。あ、あと、誰か来ても出なくていいですからね。それじゃ、私はいってきます」

「はい、いってらっしゃい」

洋一がそう言うと、イリアはにっこりと笑みを浮かべて出て行った。

一人、部屋に残される洋一。さて、何をして過ごそうか……。

「外に出れないからなぁ。ずっと家にいるってのも暇だよな」

彼は自室でゴロゴロとしていた。やることがないと、時間が進むのが酷くゆっくりに感じられた。

ガサゴソ……。ガチャガチャ。

不意に玄関の方から物音が聞こえた。

(ん? 何の音だろう?)

気になった洋一は、バッと起き上がり、玄関に向かった。

すると、そこには褐色のエルフがいたのである。

「だ、誰!」

つい、洋一は声を出してしまった。褐色のエルフはビクッと背筋を震わせる。

「き、貴様こそ何者だ?」

褐色の女の子は、エルフらしく耳がピンと尖っている。おまけに、とんでもなく美少女なのだ。肌を黒く染めたギャルという感じだ。それに格好もセクシーである。剣士のような格好をしているのだが、肌を覆う面積が少なく、水着のようにも見える。

「お、俺は楠田洋一。ちょっと、わけあって、ここにいるんだけど」

「人間の男がなぜこんなところに……」

「だから、ちょっと色々あるんだって」

「不穏な奴、成敗してくれるわ」

と、エルフは何やら呪文を唱え、スッと細長い剣を顕現させた。

そして、それを洋一に向けると、勇猛果敢に襲いかかってくる。

「ちょ、ちょっと待って、俺は怪しい人間じゃないんだ……」

突進してきたエルフだったが、床に躓き、転んでしまった。起き上がろうとした時、胸の谷間が一気に見えてしまい、それを見た洋一のイチモツが反応を示した。

(あ、ヤバ! ち×ぽが立っちゃうよ……)

「うぅぅ……、痛いぃ……。く、おのれぇ、人間の分際でぇ」

「俺は何もしてないよ。そっちが勝手に転んだんだ」

鋭い剣を見て、洋一は呆然と立ち尽くす。それでも息子は元気であり、エルフの谷間を見ていきり立ってしまったのである。

「き、貴様……、って、えぇぇぇぇー」

エルフも洋一の股間部の変化に気が付く。

それだけ、猛々しく勃起しているのである。

「そんなところに武器を隠しているのか?」

「え? 武器??」

「そうだ。股が膨らんでるぞ」

「あ、これは、違うよ……、まぁ、確かに男の武器かもしれないけど……」

「フン。知っておるわ。しかし、この状況で勃起するなど、余程能天気なのだな。まぁ、どうでもいい、姿を見られた以上、生かしてはおけぬ。ここで死んでもらうぞ」

そう言い、褐色のエルフが剣を持ち近づいてくる。

万事休すなのか? 洋一はどうしていいのかわからなかった。しかし……。

「ん、何だこの匂いは?」

「匂い?」

「そうだ、物凄い淫らな匂いがするぞ」

褐色のエルフは、洋一の下半身に視線を注ぐと、もっこりと膨らんだ股間を指さした。

「ここだ。ここから淫らな匂いがするぞ」

「そ、それはまぁ、ち×ぽだからね」

エルフは匂いを嗅いでクラクラしているようであった。同時に、これをチャンスと感じた洋一は、スッとズボンを脱ぎ、ペニスを解放し、思い切り匂いを嗅がせた。

「くはぁ……あぁん、凄い匂い……、あぁ……、でも、堪んないのぉ。おち×ぽの逞しい香りがするわぁ♡」

「俺のち×ぽ、そんなにいい匂いなの?」

「黙れ! 切られたくなかった言うことを聞け」

「わかりました……」

「貴様、洋一と言ったな。そして、人間で間違いないな」

「そうだよ。君は?」

「私か? 私はダークエルフのイザベラ。この辺りでは有名な盗賊だ」

盗賊が名乗ってもいいのかは、置いておいて、洋一はイザベラという美少女を見つめる。

恐らく、歳はあまり自分と変わらないだろう。肌が褐色だから、その分大人びて見えるが、少女の面影があるのだ。

「こんなにち×ぽを立たせて、貴様はアホなのか?」

「アホ、かもしれません。でも、殺さないで……、俺、この世界に来たばかりなんです」

「来たばかり? 何を言ってる??」

「信じてもらえるかわからないけど……」

そこで洋一はここに来た背景を説明した。つまり、地球で死に、この世界に転生した事実を告げたのである。

「俄には信じられぬ話だ。しかし、貴様の容姿はこの世界に人間とも少し違う」

「とにかく、君のことは見逃すから、殺さないで欲しい……」

「それは無理だな。その理由を知っているだろう?」

「理由?」

「そうだ。子種はもらっていくという意味だ」

「子種? 一体何を??」

「貴様はこの世界の人間ではないからわからないかもしれないが、ダークエルフは牡の欲望を欲しているんだ。つまり、精液だな……。貴様は牡汁を献上、そして死んでいくのだ」

「え? 精液を渡す?? そんなことでいいの? それなら別に構わないよ」

「言ったな? 後悔するなよ」

「後悔なんてしないよ。俺の精子でよければいつでもあげるよ」

その言葉を聞いたイザベラは、スッと屈みこむと、洋一のイチモツを指で弄り始めた。

「うほぉ……、何て匂いなんだ。こんなに脳内を直撃する匂い……、嗅いだことがないぞ」

「イザベラさん。ねぇ、扱いて……、俺のち×ぽを扱いて……、そうすれば精子が出るから」

「扱く? 仕方ないな。精子を貰うためにやってやろう」

イザベラは洋一のペニスを握りしめると、シコシコと上下に動かし始める。

生死のはざまだというのに、イチモツの先っぽからカウパー腺液が滲み出していた。

「んぐ……先端から我慢汁が……。それにこんなにたくさん……」

嬉々としてイザベラは怒張を弄り続ける。

先日、洋一はイリアに手コキをしてもらったが、まだまだ初々しい手つきだった。それに比べ、

(イザベラさんの手コキは手慣れてる感じだ。とにかく気持ちいいよ……)

そう、イザベラは手慣れているのだ。

恐らく、彼女がダークエルフなのだからだろう。

(確か、イリアさんの話では、ダークエルフは交わるんだよな……。ってことは、俺もイザベラさんと交われるのか?)

期待で胸が高鳴る……。

ふと、イザベラを見つめると、彼女はせっせとペニスを扱いているのであった。

「あぁ、イザベラさん、気持ちいいです……」

「当然だ。私がやっているんだからな。通常のエルフではできないことだろうし」

「そ、その、イザベラさんはダークエルフなんですよね?」

「そうだ。容姿でわかるだろう?」

「はい。ってことは、セックスとか、経験豊富なんですか?」

「フフフ……、私の餌食になった男は多いぞ」

「そうなんですか……、でも、餌食って、大袈裟ですよね?」

「大げさではない。ダークエルフの繁殖は命を懸ける。つまり、男の生命力を頂き、女は身籠るのだ」

「え? セックスすると死んじゃうんですか?」

「貴様は何も知らないんだな……。基本、男は命を懸けてセックスをする。しかし、確実に死ぬわけではない。ほとんどのエルフは死ぬが、中には生き残る奴もいるわ」

「そ、そうなんですか……、それは知りませんでした」

セックスは気持ちいいと聞くが、それで死んだという話は聞いたことがない。

どうやら、この世界のセックスは命がけのようである。

(だから、イリアさんはセックスを否定しているんだ。人が死んじゃうから……)

「いずれにしても、貴様はココで終わりだ……。私に精液を奪われ、無様に死ぬのだ」

「精液を奪われると死ぬんですか?」

「否、そう言うわけはない。しかし、性交すると話は別だ。性交は牡のエネルギーを最大に奪う。そうなると、死ぬ輩が多いんだよ。だから、人間の生贄がある」

「生贄?」

「そうだ。私たちに牡汁を献上する、献体とも言えるかな。ダークエルフは男と交わるが、エルフの男と交わってばかりいると、エルフの男が激減してしまう。だからこそ、人間の男が生贄としてダークエルフに献上されるのだ。そのくらい知っているだろう?」

「いえ、知りませんでした。それに、イリアさんも」

「イリアと言うのはエルフの娘だな。あいつは何も知らないんだよ。まぁ、いい。貴様は私に精を奪われて、ここで死ぬのだからな」

イザベラはそう言うと、必死になって手コキを続けていった。

恍惚とした心地よさが、下半身を襲っていく。

(うわぁ、とにかく気持ちいいや……。しかし、セックスをして死ぬなんてあり得るのかな……。多分、俺はこの世界の人間じゃないから、死なないと思うけど……)

根拠があるわけではない。しかし、この世界の男と、異世界から来た男では、きっと精力が違うであろう。少なくとも、自分は死なない。と、洋一は考えていた。

「イザベラさん、そ、その、ち×ぽを舐めてもらえませんか?」

「舐めて欲しいのか?」

「はい。お願いします」

「うむ、いいだろう。どうせ死ぬのだからな……、冥途の土産というヤツだ」

ここで、イザベラは一旦手コキを止めた、その代わり、舌先を亀頭に当てると、レロレロと舐め始めた。

「うぐぅ……、き、気持ちいい……、はぁ、堪んないです……」

「んちゅ……、んちゅん……、にちゅ……、洋一、いい声で啼くじゃないか。もっと声を聞かせろ」

「はぐぅ。イザベラさん気持ちいい……、イザベラさんのフェラ、最高ですよ」

「当たり前だ。私のテクニックは、ダークエルフの中でもトップクラスなんだぞ。そんな私に弄ばれているのだ。光栄に思えよ、洋一……」

「はいぃ、光栄です……。も、もっと、もっと舐めてください……」

「じゅぼ、じゅるる……、じゅぼぼ……、洋一の我慢汁、とっても濃い味がするぞ……。美味だ……」

「はうぁぁ……、イザベラさん、そ、その、イキそうです……。イッてもいいですか?」

「張り合いのない奴だな。もうイキそうなのか?」

「はい。あまりに気持ちよすぎて……、もう耐えられないです……」

「仕方ないな……それじゃ、ここで止めるか……」

「え? どうしてですか? どうして止めるんですか?」

「貴様の精子は、ここに注いでもらわぬと困る」

イザベラは蠱惑的な笑みを浮かべると、陰部を指さした。

興奮しているのか、ビキニのショーツのような衣類には、薄っすらと染みができているようであった。

(イザベラさん、もしかして濡れてるのか……、うおぉぉぉー、もう我慢できない……)

我慢の限界を超えた洋一は、勢いよくイザベラに抱き付いた。

「きゃぁ……、な、何をする……、離せ、離さんか……」

「イザベラさん、俺、我慢できません。俺に、おま×こ弄らせてください……」

「私のあそこを弄りたいんだな?」

「そうです。ダメですか?」

「イイだろう。まずは弄らせて、その後、性交をして命を奪ってやる。最後の宴だと思うのだな……」

「イイんですね……、おま×こたくさん弄っちゃいますからね……」

「鼻息が荒いぞ……。本当に性欲が強い奴だ。まさに不思議な男……。とにかく命を奪ってやるから後悔するなよ」

「後悔なんてしません。それに、俺は死にませんから……」

洋一はそう言うと、イザベラの淫裂に手を伸ばしていくのであった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました