連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第7回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第7回

「トリスタニア城には、ホワイトエルフの長、カノン女王がいる」

と、イザベラが言った。

トリスタニア城に関して、洋一は全く詳しくない。

「ダークエルフのイザベラさんが、どうして、ホワイトエルフの女王に会うんですか?」

「うむ。それはまぁ色々あってだな……。まぁいい、付いてくるんだ」

イザベラは外に馬を繋いでいたらしく、それに洋一を乗せて走りだした。

イリアの自宅から、王国までおよそ10分ほどである。

「それで、王国には何をしに?」

「カノン女王に会う。実はね、彼女は今窮地に陥っているだ」

「窮地に? 一体なぜ……?」

「それは王国についたら説明しよう。今は急がないとならない」

「わかりました」

一行は無事王国に辿り着き、城門を潜った。

洋一は、初めて見る巨大なお城の存在感にただただたじろいでいた。

「お城って大きいんですね。俺、初めて見ました」

「不思議な奴だな。トリスタニアで暮らしているのに、王国を知らないなんて」

「まぁそれには深い訳がありまして」

「そうか、まぁイイだろう。貴様に付いて来てもらったのは、洋一の力を使ってもらいたいからなんだ」

「俺の力?」

「そう。つまり、性なる力だ。洋一の性力はとにかく凄まじい。これは、私が身をもって体感したからわかるんだ」

「つまり、俺にエッチなことをしろというわけですね?」

「まぁ、早い話そうなる」

「相手は誰です?」

「うむ、それがな、カノン女王なんだよ」

「女王様と……。そ、そんな、恐れ多いですよ……」

「カノン女王は。ダークエルフにも理解があってな。なかなかいい女王なんだ。しかし、今窮地に陥っている」

「そういえばそう言ってましたね。一体どんな理由があるんですか?」

「ホワイトエルフの繁殖方法は知っているか?」

「はい。えっと、神樹を使った奇跡の繁殖って聞いたことがあります」

「そう。神樹と呼ばれる大木のエネルギーを利用し、繁殖していくんだ。また、神樹の力を使って、体力や精神力を維持している。しかしだな……」

「何かあるんですね」

「そう。実はな、神樹の力が弱まっているんだ」

「力が弱まる……」

「あぁ、そうなると、ホワイトエルフたちは窮地に陥る。特に、神樹のエネルギーを使って、女王がホワイトエルフたちに、力を注ぐから、女王が弱ると、ホワイトエルフも弱まるんだ」

「カノン女王が弱っている。それはつまり、神樹の力が弱まっているからですね?」

「その通り、このままでは、ホワイトエルフは死滅するだろう」

洋一の知識では、確かホワイトエルフとダークエルフは敵対しているはずである。

そうなると、気になるのが……。

「えっと、どうしてイザベラさんは、敵対するホワイトエルフを助けようとするんですか?」

「そこにも理由がある」

「その理由、教えてもらえませんか?」

「いいだろう。実はな、カノン女王は私の姉なのだ」

「姉? 姉妹なんですか?」

「母親が違うのだがな……。カノン女王は正規の血筋を引く、由緒正しい存在だ。しかし、私は違う。私は前国王であるアークライト国王の妾との間に生まれた子供なんだ」

王族の詳しい血筋に関しては、洋一は全く詳しくない。

それでも、きっとイザベラというエルフは苦労してきたのだろう。それは見てわかった。「お姉さんを救いたいんですね?」

「そうだ。協力してくれるか?」

「したい気持ちはあるんですけど、可能なんですか? だって、ホワイトエルフたちは、交わるのを拒否してるんでしょ? そうなると、俺がいくら頑張っても無意味なんじゃ……」

「女王の説得は私がする。洋一は精液を注いでくれればそれでいいんだ」

「だけど、ホワイトエルフが交わると、ダークエルフになっちゃうんでしょ? 一国の女王がダークエルフになったら不味いんじゃ……」

「確かにな……。しかし、その点は大丈夫だ」

「え? 大丈夫ってどうして?」

「洋一は不思議な存在らしい。この手を見てみろ」

イザベラはそう言うと、右手の甲を掲げてみせた。

すると、手の甲に何か彫ってあるのがわかる。刻印のような模様が描かれているのである。

「それは?」

「ダークエルフの刻印だ……。エルフが交わりを持つと、右手の甲に刻印が生まれる。そして、性交を重ねるごとに、この刻印の輝きが強くなる。しかし、洋一と寝た時は、この刻印が全く反応しなかった。つまり、洋一は交わりの対象としてカウントされないんだ」

「それはたぶん、俺がこの世界の住民じゃないからですよ」

「そういえば、そう言っていたな。洋一は確か、異世界からやって来たんだよな?」

「そうです。俺は、日本に東京っていう街から来たんです。だから、トリスタニアとか王国とかそんなことは全く知りません」

「恐らくだが、この世界の人間ではないから、性の対象者としてカウントされないのだろう。つまり、洋一、貴様は救世主だ。私に協力して欲しい」

そう言うと、イザベラはぺこりと頭を下げた。

高圧的な態度であったが彼女が、ここまで変化している。だからこそ、洋一は協力したくなったのである。

「わかりました。やってみます」

「ありがとう。洋一……、では行こう」

城門を潜ろうとすると、目の前に衛兵がいるのがわかった。

そして、その衛兵は洋一の姿を見て、キッと槍を向ける。

「人間の男が王国に何の用だ? それにダークエルフまで、通さんぞ」

すると、イザベラが蠱惑的な表情を浮かべて、

「強行突破だ!」

素早く呪文を唱え、イザベラは衛兵をなぎ倒す。そして、洋一の手を取って、一気に王国の中に侵入して行った。

「イザベラさん、イイんですか? こんな乱暴な……」

「こっそり入らなかっただけでもありがたいと思って欲しいな。女王の間は知っている。そこに行くぞ」

当然、女王の間の前にも複数の衛兵が警備している。

しかし、洋一の精液を注がれ、極限まで力が高まったイザベラの敵ではなかった。

「ファイア! 火の精よ。私に力を与えよ」

瞬く間に呪文を唱えると、火の玉を顕現され、あっという間に、衛兵を打倒した。

そして、女王の間に入っていく。

(こんなに強引に入って……、イザベラさん、どこまで本気なんだろう?)

不安は尽きない。しかし、賽は投げられたのである。突き進むしかないだろう。

「カノン女王。突然の来訪失礼致します」

丁寧に言うが、彼女は既に何人もの衛兵を倒している。

「イザベラですね?」

女王の間には、大きな玉座があり、そこにはぐったりとした一人の女性が座っているのがわかった。

(あの人が、カノン女王……、何てキレイな人なんだ)

と、洋一は感じていた。

イザベラと姉妹ということであるが、カノンは桃色の髪の毛をしている。この辺はイザベラと全く違っていた。

「カノン女王。救世主を連れてきました」

と、イザベラは告げる。

救世主という言葉を聞き、カノンの目がカッと見開く。

「救世主。それは予言に書かれている奇跡の存在ですか?」

「そうです。奇跡の存在です。これがその救世主、洋一です」

と、無理矢理玉座の前に、連れられて、洋一は困ってしまった。

カノンは、興味深そうに視線を注いでいる。

「人間の男性ですね? 彼が救世主なんですか?」

「そうです。カノン女王を救ってくれるでしょう」

「神樹の力が日に日に弱まっています。このままではホワイトエルフは滅びるでしょう」

「そうならないために、私が救世主を連れてきました」

「救世主を使って、あなたは何をしようとするのですか?」

「洋一の性なる力を使います。彼の精液には、エルフを活性化させる強い力があるのです」

「イザベラ、あなたもわかっているでしょう? 私はホワイトエルフの女王です。つまり、交わることは許されない」

「もちろん、そう言うのはわかっていました。だからこそ……」

そこまで言うと、跪いていたイザベラがすっくと立ち上がり、風のように俊敏に動き、カノンの頭に手刀を食らわせた。

「カノン女王。少し強引にいきますよ。ですが仕方ないのです」

ぶつくさとイザベラはそう言った。

そして、次に洋一の方を見つめ、

「強引な方法だが仕方ない。ここは強行突破するしかないのだ」

その言葉を受け、洋一は不安になってきた。

女王にこんなことをすれば、ただでは済まないだろう。きっと自分も共犯者として捕らわれるに違いない。

「あの、イザベラさん、何をすればいいんですか?」

「彼女の胎内に、精液を注ぐんだ」

「え? でも、イイんですか? 気絶してるのに……」

「言っただろ。このままではホワイトエルフたちは死滅する。救世主が現れない限りはな」

「さっきも言ってましたけど、救世主って?」

「エルフの聖典『トリス』に書かれている予言だ。ホワイトエルフの神樹の力が弱まった時、奇跡の存在が現れると予言されているんだ。そして、その救世主が洋一だ。救ってくれ! この国を……、お前の力で……」

イザベラは必死であった。

彼女の表情を見る限り、本気のレベルが伝わってくる。やはり、動くしかないだろう。

「わかりましたよ。俺が救世主かどうかはわかりませんが、やってみます……。でも、眠っている女の子を犯すのは、ちょっと気が引けるなぁ……」

「私は部屋の外で見張っている。洋一はカノン女王の胎内に精液を注いでくれればいい。そうすれば、この世界の平和は守られる」

「イザベラさん……」

ダークエルフのイザベラが、ホワイトエルフを守ろうとしている。

そこにはきっと、深い理由があるのだろう。

「洋一、カノン女王を頼む。貴様の力で、この世界を救ってくれ」

「やってみます。不安ですけど……」

いつの間にか、救世主と祀り上げられて、王国の女王と結ばれようとしている。

それも、普通のセックスではなく、夜這いに近い感じなのだ。

(カノンさん、凄くキレイな人だな……)

気を失っているカノンの顔を見つめる洋一。

あまりの美貌に、ムクムクとペニスが反応してくる。

「私は女王の間の外で見張る。すべてが終わったら、呼んで欲しい。わかったな?」

「はい、とにかくやってみますよ。俺の精子を注げばいいんですよね?」

「その通りだ、それで世界は救われる。洋一、貴様は救世主なのだからな……」

そう言うと、イザベラは外に出て行った。残された洋一は、倒れているカノンに視線を注ぎ、自らの分身を解放していくのであった。

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました