連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第13回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第13回

「ホントに挿れるの? イザベラ??」

「当たり前だ。そうしないと、レズプレイがじっくり堪能できないだろ」

「それはそうかもしれないけど……、そんなに太いの……」

「安心しろ。すんなり入るはずだから……」

イザベラは、そう言うと、自分の秘唇をイリアの方に向けた。

「これを挿れるために、私も準備しないとならない。イリア舐めてくれるか?」

「イザベラのおま×こを舐めればいいの?」

「そうだ。できるだろ? 初めてじゃないんだから」

「うぅ……、やってみるぅ……」

イリアは、舌先をイザベラの淫裂に押し当てていった。

すると、微かに塩気を感じ、さらにねっとりとして蜜が舌先に付着する。

「イザベラのおま×こ、凄く濡れてる……」

「あぁ。イリアのあそこを弄っていたから、私も興奮してるんだ……」

「はぁん、トロトロになっている……。エッチぃお汁がたくさん……」

「早く舐めてくれ。私も、もう、我慢できないんだ……」

「わかったぁ♡ やってあげるねぇ」

イリアは犬のようにペロペロと舌先を動かし、イザベラを心地よくしていく。

イザベラ自身、久しぶりのレズプレイにかなり興奮していた。

「イリア、いい感じだ……、凄く気持ちいいぞ」

「うん。どんどん、エッチなお汁が出てくるよぉ……」

「ふぅ……、イリアの舌先が、私のおま×こを気持ちよくしてくれるんだ……、フフフ……、イリアはホントにエッチだな。嬉々として舌を動かしてる」

「はうぅ……、意地悪言わないでぇ、ホワイトエルフは交われないから、ストレスが溜まっちゃうのぉ……。だから、女の子とエッチぃことに走っちゃうのぉ……」

「イリア、クリも、クリも舐めてくれ……、そうするともっと気持ちよくなれるから」

「んじゅ……、じゅちゅ……、ちゅぱ……、クリも舐める……、舐めてあげるぅ……」

イリアは、淫裂を舐めつつ、さらに、サーモンピンクの小陰唇の上方に位置する陰核を刺激する。

「はぁん……、イイぞ……、イリア……、クリトリスも気持ちいい……」

「うん、クリちゃん、ヒクヒクしてるよ……、生き物みたいぃ……」

「犬のように、女の子のおま×こ舐めて、イリア、どんな感じだ?」

「はぐぅ……、わかんない、……でも、興奮しちゃう……。私もおま×こ気持ちよくなってるぅ……」

「ちゃんと、私を気持ちよくしたら、極太のディルドを挿れてやるから心配するな……」

「はぁはぁ……、あんなに太いの挿れられたら、きっとおかしくなっちゃうのぉ」

「ククク……、私もイリアと気持ちよくなりたいぞ……、あはぁ……、クリもおま×こも最高だ」

「んちゅ……、にちゅん……、ちゅぱ……、ちゅぱん……、クリトリス、大きくなってきたねぇ♡」

「んんん……。それだけ興奮してるんだよ。イリアの舌先を気持ちいいぞ……」

「うふぅん♡ イザベラのクリトリス、仄かにピンク色になって可愛い……。ヒクヒク震えてるし」

イザベラ自身、アクメを覚え始めていた。

ゾクゾクとした悦楽が彼女を包み込んでいく。

「よし、イリア、そろそろいいだろう。私も準備も整ったぞ、これで、極太のディルドが入るはずだ」

「はぅ……、なんかドキドキするぅ……、ホントに入るのかなぁ……」

「イリアもおま×こも、もうトロトロだから問題なく入るはずだよ」

イザベラは、極太のディルドを用意し、それを自分の淫裂に挿れていった。そして、半分ほど胎内に挿入すると、残りの半分をイリアのあそこに導いていく。

「あぐくぅ……、入ってくる……、大きいディルドが入ってくるぅ……」

「どうだ、イリア気持ちいいか? 私も気持ちいいぞ……」

脚を広げ、そしてお互いの脚をクロスさせ絡みつけていく。

「イリア、腰を動かせ。そうするともっと気持ちよくなれるぞ」

「はぁん……、もっと、動くぅ、動くと気持ちいいの……」

「ディルドがヌルヌルしてきて、スムーズに動くな……、うぅん♡ 気持ちいい……、極太のディルドを購入したのは正解だったな。これでイリアともっと親密になれる」

「洋一さんが見てるのに……、男の人が見てる前で、私レズプレイしてる……、はぁ、見られると恥ずかしいのにぃ……、とにかく興奮しちゃうのぉ♬」

「見られると興奮するというのは、いい傾向だぞ、私も見られて心地よくなってる……。もっと、洋一に見せつけてやるんだ。洋一が興奮しておかしくなるくらいに……」

と、イザベラは言った。

もちろん、二人のレズプレイを見て、洋一も興奮しまくっていた。

(二人共凄くエッチだ……、これが女の子同士のセックスなんだ)

初めて見るレズプレイを前に、洋一は深く感動していた。

あまりに官能的な姿に、彼のイチモツは暴発寸前なくらい膨れ上がっている。

「はぁん♡ イザベラ、もっとぉもっとぉ動いて欲しいのぉ……、おま×こ気持ちいいよぉ……」

「ぐぅ……、動くほどに快感が高まるな……、まさかここまでとは……、うぅん……、よし、もっと速く動くぞ」

イザベラはそう言うと、より一層腰を速く動かし始めた。

また、同時に姿勢を起こし、イリアの陰核を刺激していく。

「どうだ、極太のディルドを挿れられながら、クリを弄られると、気持ちいいだろう?」

「きゃぁ♡ 気持ちいい……、んんぁ……、気持ちいいのぉ♩ おま×ことクリをセットで弄られるの最高ぉ♬」

「イリアのクリも大きくなってるぞ……、それにおま×こがヌルヌルだ……」

「イザベラのおま×こもヌレヌレになってるのぉ……、私だけじゃないのぉ……」

「よし、イリア、後ろを向くんだ」

「え? 後ろを?」

「私も後ろを向くから、後背位で極太のディルドを楽しもう。お互いのお尻をぶつけ合うようにすれば、もっと気持ちよくなれるはずだ」

「わかったぁ……、後ろ向くのぉ♡」

イリアとイザベラは、極太のディルドを挿れたまま、器用に四つん這いになった。

そして、お互いの臀部をぶつけ合うように、ガンガン腰を動かし始める。

「きゃぁ……、お、奥まで……奥まで入るの……。極太のディルドがおま×この奥までぇ、子宮が悦んでるのぉ……」

「後背位にしたから、さっきよりも奥まで入るんだ……。うぅ、堪らないな……、この衝撃は……」

ずんずんと、お互いの尻をぶつけ合い、快感に身を委ねていく。

膣道を極太のディルドが出入りして、とにかく気持ちよくなっていくのである。

「はぁん、奥まで当たるぅ♡ すっごく気持ちいいのぉ……、はぁん、私、イッちゃいそう……」

と、イリアは断続的なアクメを覚え始めた。

そのアクメは、腰を動かすほど強まっていき、彼女を快感に虜にしていくのである。

(うぅ……、ダメだ……、我慢できない……)

咄嗟に、洋一が動いた。

彼は着ている衣類を脱ぎ全裸になった後、イリアの前に立つ。

「イリアさん、俺のち×ぽを舐めてください……、俺も気持ちよくなりたい……

「えぇぇぇ。おま×こ突かれながら、おち×ぽ舐めるんですかぁ……」

「そうです。イリアさんならできるでしょ?」

二人のやり取りを聞いていたイザベラは口を挟む。

「イリア、洋一のち×ぽを舐めてやれ。おま×こに極太のディルドが入りながら、おち×ぽを舐めるのは格別だぞ」

「わかったぁ……、舐めるのぉ……、洋一さんのおち×ぽ舐めるぅ♡」

洋一の怒張は、張り裂けそうなほど膨れ上がっている。

そして、そのイチモツをイリアは口に含んだ。そして、シコシコと口腔内で動かしていく。

「うぉ……、イリアさん、それ気持ちいい……、二人のレズプレイを見ながら、フェラされるなんて最高です……」

「んじゅる……、じゅちゅ……。洋一さんのおち×ぽもエッチなお汁が出てきてますぅ」

「我慢汁ですよ……、とにかく気持ちいい……」

イザベラは激しく腰を動かし、快感を貪っていく。

すると、彼女もアクメを覚え始めて、やがて耐えるのがしんどくなっていった。

「イリア、私はそろそろ限界だ。イキたい、イッてもいいか?」

その言葉を受け、イリアも劈くような声を上げた。

「私も……、私もイッちゃう。イッちゃいそうなのぉ♡ イザベラ、一緒にイコう! 一緒にイキたいのぉ♪」

ゾクゾクとする鋭いオルガスムスが、二人の女を包み込んでいく。

長くねっとりとした快感が降り注ぎ、心地よさはピークを迎えた。

「だ、ダメェ……、イッちゃう……、イザベラ、イッちゃうよぉ♡」

「私もだ、私もイキそう」

この時、イリアはほとんどフェラできなかった。あまりに心地よさに肉棒を愛撫する余力がなかったのである。

「「イクゥゥゥ―!!!」」

二人の声が重なり、お互いに昇天してしまう。

圧倒的な快感が身体中を貫き、ガクガクと震え始めた。

(二人共イッてるんだ。二人のおま×この中に、俺のち×ぽを挿れたいよ……)

と、洋一は感じていた。

そして、イッて身体を震わせている二人と見つめ、

「イリアさん、イザベラさん、今度は三人でしませんか?」

それに答えたのはイザベラである。

「三人で……? 私は構わないが……、イリアはいいのか? 男と交わっても……」

「洋一さんは特別だから、交わっての大丈夫なの……、だからしてもいいよぉ♡」

その言葉を聞き、洋一も嬉しくなる。

「ありがとうございます。じゃあ、まずはイリアさんのおま×こにち×ぽ挿れますね」

「待ってぇ、イッたばかりだからぁ……」

「イッたばかりの敏感おま×こに挿れたいんです。イイですね? これは救世主である俺からの命令です……」

「はぅ……、わかりましたぁ……洋一さんのおち×ぽ挿れてくださいぃ♪」

極太のディルドを引き抜くと、ビクビクと媚肉が震えているのがわかった。

(イリアさんのおま×こ……、トロトロで凄いことになってる……)

洋一は、しとどに濡れたイリアの淫裂に、ペニスを導いていくのであった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました