連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第14回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第14回

「イリアさん、もう挿れますよ……。ホント我慢できないんです……。さっきまでのレズプレイを見ていて、すごく興奮していて……」

「はぁん……、で、でもイッたばかりだから、優しくしてください……、はぁ、うぅん♡」

「もちろん優しくしますよ。だから大丈夫です……」

「私も洋一さんともう一度結ばれたいと思っていたんです。だから、挿れてください。そして、たくさん気持ちよくしてください……」

洋一はペニスを陰部に押し当て、そのままゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ……。

「あぁ、入っていく。俺のち×ぽが、イリアさんの中に……」

「そうです……、私の中を堪能してください……、うぅ……、はぁん♡」

「イリアさんの中、凄く気持ちいいです。襞があって、それがペニスに絡みつくんです」

「私も気持ちいい……、洋一さんのおち×ぽ、大きいから、おま×こにピッタリと、ハマるんです。んなぁ……。うぅん気持ちいい♪」

「イッたばかりだから、おま×こヒクついてる……。それでいて、心地よくペニスを締め付けます……」

「はぁん……、そうです。イッたばかりだから、おま×こが勝手に震えちゃうんですぅ……、あぁん……、わざとじゃないのぉ♡」

洋一は、胎内の感触をじっくりと味わいながら、少しずつ抽送のリズムをあげていく。

動けば動くほど、淫蜜が噴き出してきて、ペニスに絡みつくのであった。

「おま×こからエッチなお汁がたくさん出てる……、ち×ぽがヌルヌルだ……」

「だってぇ、あまりにも気持ちいいから、自然と濡れちゃうんです……、はぁん……、凄い刺激……、やっぱりち×ぽは気持ちいいですぅ♪」

「極太のディルドもいいけど、やっぱりち×ぽがいいでしょ? 俺のち×ぽでイキ狂わせてあげますよ……」

「きゃぁ……、嬉しいですぅ……、もっと、もっとぉ……、気持ちよくしてくださいぃ♡」「うぉぉぉ……、突きまくってやりますよ……、おおおおぉー」

ハイペースで腰を穿っていくと、しとどに快感の塊が降ってきて、悦楽を覚え始める。

レズプレイを見て興奮しているから、心地よさもひとしおであった。

「イリアさん、こんな体勢はどうです?」

そう言うと、洋一はイリアの脚を大きく持ち上げ、まんぐり返しに近い体勢にさせた。そして、上から下に突き刺すように抽送を繰り出していく。

「きゃー、こ、こんな体勢……。恥ずかしすぎますぅ♡」

「恥ずかしい格好の方が興奮するでしょ? おま×こがキュッと締まったような気がしますよ」

「はぐぅ……、エッチな格好させられると、物凄く興奮しちゃう……、それに、さっきよりも気持ちいいのぉ♡」

「そうでしょ……、やっぱりイリアさんはエッチなことが好きだから、大胆なポーズの方が似合いますよ……、うぅ……ホントに堪らない……」

ずんずん……、ずちょ……、めちゅ……。

突くほどに結合部から淫蜜が噴き出し、さらに淫猥な音が発生していく。

洋一は、淫らな音を聞きながら、さらに興奮を高めていくのであった。

「あぐぅ……、深い……、ち×ぽが深くまで刺さりますぅ……、ああん……、さっきのディルドもよかったけど、こっちも凄くイイの……、生チン最高……、生のおちん×んで突かれると気持ちよくなっちゃうのぉ♡」

「俺もいい感じですよ……、この体勢すると、変則的な正常位になるから、挿入が深くなるんですよ……、その分、膣壁を擦っていて、気持ちよくなるんです……。イリアさんのおま×こ……、本当に最高ですよ……」

「はぁん♡ ……んんあぁ……、気持ちいい……、おち×ぽが深くまで刺さると、耐えられなくなるぅ、イッたばかり敏感おま×こがビクビク反応してますぅ」

先ほど、極太のディルドにイカされたばかりなのに、早くもアクメを覚え始めた。

ゾクゾクと……、身体が芯から震えていくような快感が直走る。

「はぅ……、うぅぅー……、おま×こが……子宮がぁ、とっても喜んでますぅ♪ 洋一さんのおち×ぽがおま×こにピッタンコで気持ちいいのぉ♡」

「同時にクリトリスも弄ってあげますよ……」

「クリを? クリを弄ってくれるんですかぁ……、はぁ……、はぁ……、嬉しいです……、これでもっと気持ちよくなれますぅ♫」

「イリアさんのクリトリス、大きくしてあげます……」

洋一はペニスを挿入しながら、器用に手指を使って、陰核を刺激し始めた。

包皮を剥くと、白い雌芯が露になり、ヒクヒクと小刻みに震えている。

「小さいクリトリス、可愛いですね……、もっと悪戯したくなっちゃう……」

「たくさん弄ってください……、そうすると、もっと気持ちよくなれますからぁ♫」

「クリクリすると、おま×こが締まりますね……、ち×ぽが心地よく締め付けられます……、んんん、これは凄いぞ……、ホントに堪らない……」

「クリは敏感だから、触られるとビクッとなっちゃうんです♬ 頭がフワフワしてきて、何も考えられなくなりますぅ♡」

「エッチなことだけに没頭すればいいんです。そっちの方が自然な流れですから……、今まで性交が禁止されていたんだから、その分、弾けないとダメです。俺が相手の限り、ダークエルフにはなりませんから、しっかり快感を味わってください」

「はい、洋一さんは特別なんです……、救世主だからぁ……、洋一さんとならセックスできるんですぅ……、ハァん♡ 堪らないですぅ♪」

「イリアさん、今度は後ろから挿れたいんですけど、イイですか?」

「はぅ……、後ろからですかぁ、いいですよぉ……、洋一さんの好きにしてください」

「ありがとうございます。じゃあ、後ろから一気に貫いてあげます……」

洋一は一旦怒張を引き抜くと、素早くイリアを四つん這いにさせた。

そして、お尻を高く上げてもらい、その状態で淫裂に向かってペニスを押し入れる。

「ずりゅ……めちゅ……、ちゅっるん……、めりゅん……」

膣壁を、剛直が一気に貫いていく。メリメリと胎内を開拓していくと、心地いい締め付けを感じ始め、身も心も恍惚としていくのであった。

「はぐぅ……、んんぁ♡ ……さっきよりも深いですぅ……、おま×この奥まで当たります……」

「子宮に直撃するくらいの勢いで突いてあげますからね……」

「し、子宮に……、届いちゃうのぉ♩ はぁん、この動き、本当に癖になっちゃいますぅ♡」

「膣襞をち×ぽが擦っていて、とにかく気持ちよくなります……、俺も癖になりそうですよ。でも安心してください。俺がいる限り、毎日でも相手してあげますから」

「ひゃん……、嬉しいですぅ♡ 毎日セックスできると思うと、心が浮き立ってしまいますぅ♫」

「もっと、速く動きますよ、少し乱暴な方が、イリアさんも興奮するでしょ?」

「ふぅ……、ハァハァ……興奮します……、乱暴なセックス最高なのぉ……、無理矢理されてるみたいでぇ、堪んない……、ハァん♡ 乱暴なセックスって犯されてるみたいで、ゾクゾクぞしちゃうぅ♬」

洋一はパンパンパンとリズミカルに音をあげながら、腰を振り続ける。

抽送のリズムは、一気に引き上がり、しとどに快感が降り注いでくる。

(うぉ……、気持ちよくて……早くもイキそうになってきた……、もう少し我慢しないと……)

勢いよく、怒張で胎内を掻きまわしていく。淫蜜により、膣内は大洪水となっており、動きがスムーズになっている。また、同時に大きなアクメを覚え始めた。

「洋一さん、激しいですぅ……、んんぁ……、激しい……、んんんー♡ おま×こが壊れちゃいますぅ……♡」

「大丈夫ですよ……、このくらいじゃ壊れません、それに、壊れるくらい激しい方が気持ちいいはずです……。ガンガンつくと、イリアさんがビクビクと震えて愛らしいですよ……」

「はぁん……、こんなの……、こんな快感……、この間のセックスよりも気持ちいいですぅ♡ 私、セックスの虜になっちゃいますぅ♪ このままだと、洋一さんなしではいられなくなっちゃいますぅ♡」

「俺なしでいられなくても大丈夫ですよ。俺がいつでも相手してあげますから、だから安心してください」

「きゃん……、嬉しいです……、洋一さんと毎日セックスができるぅ♬ それだけでホントに悦びに包まれますぅ♫」

後背位で激しく性交をしていき、洋一はさらに体勢を変えた。

イリアの腕を持つと、自分の方に引き寄せ、彼女の身体を弓なりにさせる。

「きゃぁー よ、洋一さん何を……?」

「この体勢も興奮するでしょ? 身体が弓なりになって、獣みたいだ……」

「はくぅ……、うぅん♡ 動物の交尾みたいです……、ぁあん♬ 交尾みたいなセックスして、私、気持ちよくなってますぅ♫」

「今度は胸を弄ってあげますよ……」

洋一は腰を激しく動かしんがら、手を前に持っていき、彼女の乳房を揉み始めた。

かなり強引な体勢になり、イリアの心も浮き立っていく。

「ぁはん……、何か凄い……、無理矢理されてる感じが心地いいですぅ♡」

「イリアさんはレイプ願望があるのかもしれませんね。今までずっと我慢してたから、きっと性欲が歪んじゃったんです」

「きゃわぁ……、そ、そんなぁ……、そんな意地悪言わないでくださいぃ……、私は、ホワイトエルフだから、これまではセックスできなかったんですぅ♡ 決して歪んでるわけじゃ」

「どっちでもいいですよ。俺はイリアさんが興奮してくれて、気持ちよくなればそれでイイですから」

乱暴な手つきで乳房を揉みしだいていく。

クニクニと乳首を指で捏ね繰り回すと、イリアの身体がビクビクと跳ねた。

「はぁん……、んんんー♪ おっぱい弄られながらおちん×んで突かれるの最高なの……、とにかく堪らない……、あぁん、洋一さん、そろそろ私イキそうです……、おま×こ気持ちよすぎてイッちゃそうですぅ♡」

「俺もイキそうだ……、よし、イリアさん、一緒にイキましょう」

「はぐぅ……うぅぅ……、一緒に、一緒にイキたいのぉ♡」

激しい吐精感が洋一を支配していく。同時にイリアも大きなアクメを覚え始め、全身が性感帯になったかのように過敏に反応していくのであった。

「バックでイクのって興奮します……、イリアさん、もちろん中に出しますけど、イイですよね?」

「はい! 中に出してぇ……、私、中出しセックスが大好きなんですぅ♡ この間、洋一さんに中出しされて、物凄く気持ちよかったのぉ……、ビュルビュルドピュって精子出されるの好きぃ♬」

「わかりました。たくさん精子を出してあげますからね」

洋一は一突き一突きに力を入れて、最後の仕上げにかかる。

すると、圧倒的なオルガスムスに包まれて、ペニスが心地よくなっていった。そして、

「ビュル……、トプピュ……、ドピョピュ……、ピュピュっ!!」

勢いよくスペルマがイリアの胎内に放出される。吐精の心地いい感覚を味わいながら、洋一は最後の一滴まで精を絞り出していく。

「はぁん……、中出しセックス気持ちいい……、精子がビュッビュッ! って出るのが凄く気持ちいいのぉ♡」

「俺も気持ちよかったですよ。最高のセックスでした」

ペニスを女壺が引き抜くと、ゴポリと白濁の牡汁が噴き出してくる。それは、どこまでも淫らな光景であった。また、洋一がセックスの余韻に浸っていると、それを見ていたイザベラが口を出す。

「洋一、これで終わりじゃないぞ、まだ、私の相手をしてもらないと困るからな」

洋一は身体を起こし、イザベラを見つめる。

「もちろんですよ。俺はまだまだイケます」

「その意気だ……、なら、早く挿れてくれ……、私ももう我慢できないんだ」

イザベラはM字開脚で座り込むと、秘部を開帳し、淫らに腰を振り始める。

その姿を見て、イッたばかりの洋一の剛直は、再び硬さを取り戻していくのであった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました