連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第15回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第15回

「イザベラさん、いきますよ!」

「あぁ、早くしてくれ……、もう、あそこが疼いて仕方ない」

イザベラの秘部は、既にしっとりと濡れていた。

全体的にぬらついており、蕩けそうなくらいトロトロとしている。

(イザベラさんのあそこ、すごく濡れてる……、はぁ、こんなおま×こにち×ぽを挿れられるなんて、ホントに嬉しいや……)

洋一は、女壺にペニスを押し当てていった。

姿勢は正常位。ベーシックな体位である。そして、ゆっくりと腰を動かし、肉竿を胎内に導いていく。

「あぁ、入ってくる……、洋一のち×ぽがおま×こにぃ♬」

「そうですよ。俺のち×ぽが入っているんです。気持ちいいでしょ??」

「あぁん、凄くイイ、レズプレイで興奮してるから、特に気持ちいいよぉ♡」

「十分に俺のち×ぽの感触を味わってください。それに、俺も気持ちいいんです……。イリアさんのおま×ことは違った感覚がして、これはこれで堪りません!」

「私のおま×こは名器だからな。襞がたくさんついていて、ち×ぽを絡みとるんだ……。洋一のち×ぽ、しっかり咥えこんで離さないからな」

「うぐぅ……、凄い刺激だ。イザベラさんのおま×この中、ホントに最高です」

少しずつ、抽送のスピードを上げていく洋一。既に一度イッたばかりであるが、心地よい刺激が襲ってきて、再び射精感を覚えるのであった。

「洋一、もっと激しくてもイイぞ。私は激しいのが好きなんだ」

「激しいのがイイんですね……。わかりました。もっと強めに動きますからね」

「んんぁ……、あぁ……、気持ちいい……、おま×こが蕩けそうになってしまうぅ……。速くち×ぽで突かれると、もっと心地よくなってしまうぅ……、はぁん、洋一ぃ、洋一ぃ♡」

洋一の名前を連呼し、快感に身を委ねるイザベラ。

性器全体が悦楽に包まれ、鋭いアクメを覚え始める。

(イリアとのレズプレイもよかったが、やはり、ち×ぽは最高だな。流石は救世主だ。きっと、洋一はホワイトエルフだけでなく、ダークエルフも救ってくれるだろう)

ずんずん……、パンパンパン……。

リズミカルの腰を振り続ける洋一。しとどに快感を覚え、動くのがしんどくなってくる。

それでも、悦楽を貪るために、洋一は必死になって腰を動かし続けた。

「イザベラさん、おま×この奥までち×ぽが入ってますよ……、もう、あそこがグチョヌレで、ち×ぽがトロトロになってます」

「あぁん……はぁ、それだけ興奮してるんだ……、洋一のち×ぽが激しすぎて、自然とおま×こが濡れてしまうのぉ……、だから、洋一、その調子で突き続けてくれ……、そうすれば、私もイリアみたいに、アクメを迎えられる」

「もちろんですよ。イキ狂わせてあげますよ……。俺もさっき以上に気持ちよくなりたいし、何度でも射精できるんです。性欲の強さだけがとりえみたいなものですから」

「やはり、救世主だな。その性なる力さえあれば、きっとカノンを救えるだろう」

「もう、カノンさんは救いました。だから大丈夫です……」

「ふぐぅ……、んんぁ♡ ち×ぽが奥まで当たるぅ。子宮の入り口を、ち×ぽがコンコンってノックしてるのぉ♪ これって凄い感覚だぞ、なかなか味わえるものじゃない」

「俺にち×ぽはデカいですからね。きっと子宮に届いちゃいますよ……、ええぃ、もっと激しくいきますよ……、イイですね?」

「あぁ、私は大丈夫だ。必死に突いてくれ……、私もそれに合わせて腰を動かすから……」

洋一のリズミカルな腰の動きに対し、イザベラも腰囲をクイクイと動かし、ペニスを搾り取っていく。溢れる快感を前に、洋一の射精感も強まっていくのであった。

(んんん……、凄い感覚だ。さっきイッたばかりなのに、もうイキたくなってる。だけどダメだ。もっと我慢しないと……。そうすれば、たくさん気持ちよくなれるんだ……)

ペニスが快感の塊に包まれ、洋一も表情も恍惚としていく。

イリアとのセックスも素晴らしかったが、経験豊富なイザベラとのプレイも楽しめるのであった。

「洋一、今度は後ろから……、後ろから突いてくれ……」

「後ろからですね? バックがイイんですね??」

「あぁ、後ろから激しく突かれたい……、そっちのほうが犯されるような感覚になって興奮するんだ……」

「イリアさんと同じことを言いますね? エルフは犯され願望があるんですか?」

「そうかもしれない、ダークエルフとて、そんなに頻繁にセックスできるわけじゃないだ。男はセックスをすると、精神力がなくなり、死んでしまう。だから命がけになる。それ故に、セックスできる環境は貴重なんだよ。だけど、洋一はそんな制限がない。何度精を放っても大丈夫だし、死ぬこともない。はぁん♡ 堪んない、こんなチートみたいな存在。本当に最高だよ♬」

「俺はセックスしたくらいじゃ死にません。何度だってできるんです。だから安心して下さい。きっと、あまりたくさんセックスできないから、性欲が歪んじゃうんですね? きっと、犯され願望も、セックスを我慢してる弊害だと思います……」

「うぐぅ……、そうかもしれないぃ……、洋一のち×ぽで突かれてると、とにかく何も考えられなくなる。それだけ気持ちいいのぉ……、はぁん、洋一ぃ、洋一のち×ぽの虜になってしまうぅ♡」

「俺のち×ぽの虜になってください。俺は何度でも相手をしてあげますから……」

「はぁん♩ そう言ってくれると嬉しいぞ。よし、洋一、後ろから激しく突いてくれ」

洋一は、後背位で挿入し、ずんずんと怒張を奥まで導いていく。

膣壁をペニスが擦りあげていき、途轍もない快感が二人を襲っていくのであった。

「はぁん……、イイ……、後ろから突かれるの最高……、おち×ぽが奥まで当たって、とにかく気持ちいいの……、う、うぅん♡ 洋一のち×ぽ、大きいからおま×こをメリメリ切り開いていって、心地いいのぉ……♪」

「俺も気持ちいいですよ。バックから挿れると、やっぱり違いますね。挿入の角度が変わって……、快感のレベルが段違いだ」

「ひゃん……、う、うぐぅ……、はぁぁん……、おま×こ……だめぇ……、ハァハァ♩ も、もう、耐えられないぃ……、おま×こ、ジンジンしちゃってぇ♫」

「後ろから突くほどに、おま×こがキュッと締まります……、イリアさん、興奮してるんですね?」

「あぁ、興奮してる……、後ろからエッチな格好で突かれて、とにかく興奮してるのぉ……、はぁん……、んんんー……、なぁ……、おま×こが蕩けちゃう……、はぁ……、もう耐えるのがしんどい……、気持ちよくなっちゃってぇ♩ 耐えられないのぉ♫」

イザベラのアクメも次第に強まっていく。レズプレイで激しく昇天を迎えたが、やはりセックスはレベルが違う。生のペニスの質感が、イザベラを興奮させていくのであった。

「生ち×ぽ最高なのぉ……、ディルドもよかったけど、やっぱり生チンには敵わないのぉ♬ おま×この中、ち×ぽでたくさん掻き回してぇ♡」

「イザベラさんのおま×こ、もう大洪水になってますよ。エッチなお汁で満たされて、ヌルヌルが凄いです」

「はぁん♡ だってぇ、だってぇ、そんな風に突かれたらおま×こ濡れちゃうに決まってるだろぉ……、はぁ……、んんぁ……、洋一のおち×ぽがおま×こを掻き回してくれるのぉ……、トロトロになったあそこを滅茶苦茶にされると、とにかく気持ちいいのぉ♪」

「イザベラさん、騎乗位、騎乗位も試してみませんか?」

「ん? 騎乗位? イイだろう。私が主体で動くんだな?」

「そうです。俺、体感してみたいんです」

一旦ペニスを引き抜き、洋一は仰向けに寝そべった。

そして、その上にイザベラが跨り、ゆっくりと腰を落としていく。

「うぉ……、騎乗位だと、挿入が深くなりますね。さっきよりもち×ぽが深く刺さります」

「はぐぅ……、そうなの……、挿入が深くなるのが騎乗位なんだぞ……、はぁん♡ 子宮が悦んでる。子宮の入り口に、ち×ぽが当たってぇ、はぁん、もうダメェ……、こんな感覚味わっちゃうのとぉ、もう止まらないのぉ♪」

嬉々として腰を振り続けるイザベラ。

彼女は脚をM字に開き、淫猥な腰の動きで快感を貪っていく。

「うぐぅ……、ち×ぽが深い……、深く刺さるのぉ……、はぁん♡ 洋一、どうだ? 騎乗位は気持ちいかぁ??」

「はい! 気持ちいいです、おま×この襞が、ち×ぽに絡みついて、さっきよりも刺激が強くなった感じです。これが騎乗位なんですね……。奥までずっぽり刺さって、擦れる面積が広くなるから、とにかく気持ちいいです」

「それはよかったぞ……、私も洋一が気持ちよくなってくれると嬉しい……、それに、洋一、そろそろ私はイキそうなんだ。洋一はどうだ?」

「俺、俺ですか? 俺ももう少しでイケそうです。ち×ぽが気持ちよくて、蕩けてしまいそうです」

「イキたくなったら、いつでもおま×この中に出していいからな。中出しされると、エルフの力が高まるんだ」

濃密な騎乗位でセックスを続けていくと、洋一の射精感も堪えがたくなっていく。

ゾクゾクとする快感の塊が、ペニスを包み込んでいき、とにかく耐えるのがしんどくなるのである。

「イザベラさん、気持ちいい! 気持ちよすぎます……、はぁはぁ……、ち×ぽが破裂しそうだ。さっき精子を出したばかりなの……、たくさん出そうです」

「たくさん出してもいいんだぞ……。おま×この中にたっぷり精液を出すんだ。精液を出せば、洋一も気持ちよくなるし、私も力が高まるぅ♡」

「イザベラさん、ダメだ、俺、そろそろ限界です。イザベラさんは?」

「私も、私もイキたいぃ♡ 気持ちよくなりすぎて、おま×こがおかしくなっちゃいそう……、やぁ、ダメ、ダメェェ、イク! イッちゃう!!」

「二人で一緒にイキましょう、そうすれば、俺も嬉しいです……」

「はぁん♬ 一緒にぃ……、洋一と一緒にイクのぉ……、私も一緒にイキたいぃ♡」

二人の興奮もピークを迎えた。

同時に、洋一の青い欲望が一気に弾ける。

「ビュル……ビュルル……、ドピュピュ……ピュピュ……、ドピュン……、ピュピュピュ……ビュルク……」

「あぁ、出てるぅ♬ 精子がたくさん私のおま×この中に……、ビュルビュルドピュって中出しされるの気持ちいいぃ♪ うぅん……力が漲ってくるぅ……♡」

「うぉぉぉ! 精子がどんどん出てくる。もう、止まりません……、凄い勢いで精子が出てきます」

「たくさん出していいんだぞ! 最後の一滴まで精子を搾り取ってやるからなぁ♡」

キュキュと陰部を締め付け、イザベラはスペルマを最後のまで搾り取っていく。

圧倒的な快感を覚えながら、洋一はセックスの余韻に浸っていくのであった。

「イザベラさん、とても気持ちよかったです……。とにかく、最高のセックスでした」

「私もだ。力が一気に高まる……。やはり、洋一とのセックスは格別だな……。ありがとう……」

救世主となった洋一。彼はたくさんのエルフを救う力があるのだ。

そして、そんな彼の脳裏にある考えが浮かび上がった……。

(俺の力を、もっと多くのエルフに使いたい……。そのためには……)

「イザベラさん、イリアさんありがとうございました。俺、これからカノンさんに会ってきます」

その言葉に答えたのはイリアである。

「カノン様にお会いになるのですか? もしかして、カノン様ともセックスを……」

「まぁ、それもしたいんですが、いい考えが浮かんだんです。それを話してきます」

洋一は服を着用すると、カノンの元に向かうのであった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました