連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第18回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』第18回

「おま×こ、濡れますね……」

「はぁん……、だって、おっぱいをいやらしく触られたんですもの……、濡れてしまうに決まってますわ♡」

「凄くトロトロになって、ホントにエッチです……」

「洋一様の所為ですよ。洋一様が私をエッチな女にしたんです。ねぇ、エッチな女はお嫌いですか?」

「いえ。むしろエッチな方が好きですよ。だって、そっちの方が楽しめるじゃないですか」

「よかったですぅ♡ 私、妊婦になっているというのに、エッチなことがしたくてたまらないんです。とにかく頭の中が淫らなことでいっぱいになります」

「カノンさんは、もしかすると淫乱の血が流れているのかもしれませんね」

「淫乱の血?」

「はい。それか、ホワイトエルフはこれまでずっと性交を我慢してたでしょ? だから、欲求が凝り固まって、一気に放出してしまったとか」

「私が淫乱……、そ、そんな、嘘ですわ……」

「そうですかね? 淫乱な感じがしますけど。でも、淫乱でもいいじゃないですか? 貪欲に俺のち×ぽを求めていく姿は、見ているだけで興奮しますけど……」

「洋一様……、はぁん、意地悪しないでください、早く、あそこを……、おま×こ弄ってくださいまし」

「もちろんですよ」

そう言うと、洋一は秘唇に指先を当てていく。

そこはしっとりと濡れており、それでいて仄かに温かかった。

「おま×こがこんなにヌルヌルになってる。ホントに興奮してたんですね。おっぱいを触っただけなのに、ここがこんな風になっちゃうなんて、凄く可愛いですよ」

「洋一様に可愛いと言ってもらえて嬉しいです……。おっぱい弄られた時、早くおま×こも触って欲しかったんです。考えるだけでゾクゾクして。洋一様の太い指でクリクリされるのを想うと、もうダメです……、頗る興奮しちゃって……、とにかく耐えきれません……」

「そう言ってもらえると嬉しいですよ……、俺も触り甲斐があります。たっぷりと弄ってあげますからね」

「はぁ……、はぁ……、洋一様の指がおま×こに当たって、あぁん♡ ホントに気持ちいい……」

「まだ少し触れただけですよ。これからが本番なのに……」

「きゃぁん……、もちろんですわ。もっと、触って欲しいのぉ……、おかしくなるくらい、おま×こを滅茶苦茶にしてぇ♫」

「指がしっとり濡れて、スムーズに動きます。それに、おま×この中温かいですよ」

「ヌレヌレになったあそこを弄られるの最高なのぉ……、んんぁ……、ああぁん♪ もっと、もっとぉ……、指でたくさん気持ちよくしてください……」

「指に膣襞が吸いつくような感じです。それに締め付けも強い」

「はい。こんな風に弄られると、自然とおま×こが締まっちゃうんです……。あそこが……、あそこが悦んでますぅ♡」

「指が二本くらい入りそうですね。挿れてみてもいいですか?」

「指を二本? ですか……、はい、挿れてください。二本の指で、あそこを広げて気持ちよくしてくださいぃ♩」

「よぉし、じゃあ、挿れてあげます」

洋一は、人差し指と中指をくっつけて、同時に胎内に入れていく。

ずぶずぶずぶと、めり込むように指が吸い込まれていくのであった。

「はぁん……、おま×こが広がっちゃう、どんどん広げられていきますぅ♪」

「指をずっぽり咥えこんで、ホントにエッチだ。ますますおま×こ汁が溢れてきて、指がヌルヌルになってしまいます」

「んんぁ……、うぅ……、あそこがどんどん濡れていきます♫ もう耐えられない……。おま×こ気持ちいいですぅ♡」

「膣襞を引っ掻いてあげますね。きっと、擦った方が気持ちよくなりますから」

膣襞を爪先を使ってカリカリと掻いていく。

ただ、傷つけないように丁寧に扱いながら、洋一は胎内の感触を味わっていくのであった。

「きゃぁ……♡ 気持ちいい……、んんぁ……、あぁ……、んんぁ……はぁはぁ……、おま×こカリカリされるの最高ぅ♫ 洋一様、ホントに凄い感覚ですぅ♡」

「この状態で、クリトリスを弄ったらどうなりますか?」

「はぅ……、く、クリを? クリを弄っちゃうんですかぁ??」

「そうですよ。カノンさん、クリトリス弄られるの好きでしょ?」

「はぁん♡ 好きです。クリちゃん、クリクリされるの好きぃ……、だからたくさん弄ってくださいぃ♬」

「クリトリスの皮を剥いてあげます」

丁寧に指先で陰核の包皮を剥いていく。

すると、ヒクヒクと震える白い雌芯が露になった。

「クリトリス、触ってあげますね……、どうなるんだろう??」

「きっとおかしくなってしまいますわ……。んん……、はぁん♩」

陰核を指で抓っていくと、ほのかに赤く充血していく。

白かった女豆が、みるみるピンク色になっていき、キレイな色合いが広がっていった。

「クリトリス、大きくなってきました」

「はぁん……、それだけ興奮してるんです……、クリちゃん弄られるの気持ちいいですぅ……」

「もっと気持ちよくしてあげますからね……、これで終わりじゃないですよ」

「う、嬉しいですぅ……、あそこもクリも両方気持ちいいです……、ハァハァ……、このままだとおかしくなってしまいます……、私、あぁん♡ 女王なのに……、この国の象徴なのにぃ、こんな風に快感に狂ってしまうんですぅ♬」

「狂ってしまった方が自然ですよ。きっと国民だってわかってくれます。むしろ、エルフらしいと肯定的に見てくれるはずですよ」

雌芯を弄られて、カノンの身体がビクビクと震えていく。

かつてないほどの快感を覚え、カノンは身も心も蕩けていくのであった。

「クリトリス、少し強く抓ってみますよ」

「は、はぅ……、強くですか?」

「はい。そっちの方が気持ちよくなりますよ? カノンさんももっと快感に包まれたいでしょ?」

「もちろんです……、凄い感覚なんです。もう、ホントに狂っちゃうくらいです……、そ、それに、こんなのを味わっちゃうと、もう二度と戻れないような気がして、少し怖くも感じますぅ」

「大丈夫ですよ、俺は何があってもカノンさんの味方です。それに、毎晩抱いてあげますから、それは約束しますよ……」

「私が年老いても、抱いてくれるのですか? 若いエルフに行かず、あたしを抱いてくれますか?」

「当たり前じゃないですか? 俺はカノンさんが大切です。だから、歳をとったからとって、他のエルフに行ったりはしません。もちろん、国民に精を注ぐのが仕事ですから、その仕事はするつもりですが」

「洋一様……、んんぁ……、嬉しいですぅ……、ずっと愛してくださいまし……、私も洋一様に愛される女でいられるように努力しますから」

陰核を強めに弄ると、鋭い悦楽がカノンを包み込んでいた。

ビクッと弓なりに体を反らせ、快感を全身で表現していく。

「んんぁ……、はぁん……、しゅ、しゅごい……、ホントにしゅごい感覚れすぅ……」

カノンはあまりに快感により、呂律が回らなくなっている。

しかし、洋一は指先の動きを緩めなかった。

「クリがヒクヒクして可愛いです……。いい感じですよ……、俺も物凄く興奮してきました。こんなエッチな姿を見ていると、とにかくち×ぽが破裂しそうです」

「おちん×んも挿れてほしいれすぅ♫ トロトロになったあそこに、大きくなった洋一様のおち×ぽが入ってきたから、きっと最高の感覚を味わえます……」

「もう少ししたら、俺のち×ぽを挿れてあげますから、よし、最後の仕上げとして、クンニしてあげます」

「はぐぅ……、うううぅ……、おま×こ舐めてくれるんれすね……、ぁはぁ……、嬉しいれすぅ♬」

洋一は顔を秘部に近づけてく。

トロリと蜜が噴き出した淫裂は、仄かに酸っぱい香りがするが、それはまるで熟れた果物のような香りであった。

「カノンさんのおま×こ、凄くいい匂いがします」

「やぁ、おま×こにニオイ嗅いじゃらめなのぉ……、不潔れすぅー」

「こんなにいい匂いがするのに、不潔なわけないじゃないですか……、すぅ、ハァ、クンクン……、あぁ堪んない……、おま×この匂い、俺大好きですよ」

「うぐくぅ……、恥ずかしい……、私をあんまりイジメないでください」

「イジメてないでしょ。むしろ逆です。褒めているんです」

「でもでも、匂いを嗅がれるのってホント恥ずかしいんです……、あぁん♡ だから止めてくらさいぃー」

嫌がるカノンであったが、洋一は性器の匂いを嗅ぎまわり、さらにベロべロと舐めまわしていった。

「んんんー、おま×こ舐められてます……、舌先が温かくて……、んんぁ、気持ちいいれす……♡」

「んぢゅる……、ぢゅるる……、ぢゅぢゅ……、ちゅぱちょぱ……、ぢゅるん……」

淫音を高らかに鳴り響かせ、洋一は性器を舐め回していく。

しとどに興奮が襲ってきて、とにかく彼も心地よくなっていくのであった。

「よ、洋一様、んんぁ……、はぁん♡ イキたい! イキたいれすぅ♪ イッてもイイれすかぁ??」

「いいですよ、イキたくなったらイッて下さい。俺が見届けますから」

ガクガクと身体を震わせていくカノン。

アクメが強くなり、そして、身体中が快感の塊で包まれていく。

「んんぁ……、あぁん♡ ……も、もうらめ! らめぇぇー」

アヘ顔を決めて、白目を剥いて感じ続けるカノン。

ビクビクと小刻みに身体を動かし、オルガスムスを覚えていくのであった。

「カノンさん、イッたんですね? 気持ちよかったですか?」

クンニリングスの余韻に浸りながら、カノンはうっとりとした表情を浮かべた。

「はい。とっても気持ちよかったです……、素晴らしい快感でしたわ」

「それはよかったです。だけど、カノンさん、これで終わりじゃないですよ。俺のち×ぽ、こんなになっているんです」

そこで、洋一はボクサーパンツを脱ぎ、いきり立った怒張を解放した。

下腹部にペシっと当たる勢いで、肉竿は屹立していく、

「凄く、大きくなってます……」

「はい、カノンさんのエッチな姿を見て、興奮しちゃったんです、それに、早くおま×こに挿れたいって言って、止まらないです。挿れてもいいですか?」

「うぅ……♡ もちろんです……、挿れて下さい……」

「少し休まなくても大丈夫ですか?」

「大丈夫です。私は問題ありません」

「わかりました。それじゃおま×この中に、俺のち×ぽを挿れますから」

洋一は、カノンを仰向けに寝かせて、ゆっくりと両足を左右に広げていった――。

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました