連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』最終回

連載官能小説

連載官能小説『エルフにエッチを教えたらあっという間に人気になれました』最終回

(カノンさんのおま×こ、ホントにトロトロになってる……)

たっぷりと蜜で満たされたカノンの陰部は、さながらジューシーな果実を思わせる。

亀頭を秘唇に押し当てると、にちょっとした質感が襲ってきて、堪らなくなる。

「それじゃ、カノンさん、挿れますよ?」

「はい。挿れて下さいまし……」

その言葉を聞き、洋一は静かに腰を動かしていく。

しっかり、ペニスを女壺に押し当て、そのまま貫いていくのだ。

「んんぁ……、洋一様のおち×ぽが入ってきました……、うぐぅ……大きいですぅ♫」

「最初はゆっくり動きますからね」

ペニス全体で、カノンの胎内をじっくりと味わっていく。

肉襞が怒張に絡みつき、途轍もない心地よさを感じ始める。

(やっぱり、カノンさんのおま×こは最高だ……、本当に癖になるよ……)

と、洋一は感じていた。

それだけ、カノンの秘部は魅力的なのである。

「洋一様のおち×ぽが奥まで入ってきてます。んんぁ……、あぐぅ……、深い……、挿入がとっても深いんです……」

「俺のち×ぽはデカいから、きっと正常位でも奥まで届いちゃうんですよね。多分、バックや騎乗位にしたら、子宮に届いちゃうかもしれませんよ」

「子宮を突く勢いで腰を動かしてください……、そっちの方が気持ちよくなれますから……」

「わかりました。奥を突くように、ち×ぽを動かしますから……」

「はぐぅ……、嬉しいです……、洋一様のおち×ぽ、私のおま×こにピッタリなんです……、だから、突かれるほどに気持ちよくなってしまいますぅ♡」

ヌルヌルに滑っている胎内を、ペニスでメリメリと開拓していく。

膣道をペニスが擦りあげていき、かなり気持ちよくなっていくのであった。

「カノンさん、こんな体勢はどうですか?」

「え? な、何を……、何をするんですか? 洋一さん……」

「恥ずかしい体勢にしてあげますよ」

洋一はそう言うと、カノンの脚を大きく掲げ、まんぐり返しに近い形にさせた。

上から下に突き刺すように、挿入を繰り出し、カノンを誘惑していく。

「きゃぁ……、こ、こんな恥ずかしい格好……、や、止めてください」

「どうしてですか? 淫乱なカノンさんならこんな体勢も好きでしょ?」

「そんな、淫乱なんて……、違いますぅ……」

「カノンさんは淫乱のド変態ですよ。だって、俺に少し触られただけで、おま×こをぐっしょり濡らしますからね。それに今だって、ち×ぽをちょっと挿れただけで、大洪水になっている。ホントは、もっとエッチなことがしたいんでしょ? だからド変態なんです」

「うぅ……、洋一様……、酷いですぅ……、ド変態なんて、私はこれでも女王なのに……」

「女王様って、結構鬱憤が溜まるから、性的に歪んじゃうんですよ……。でも、そんなカノンさんも好きですよ……」

あられもない体勢なり、カノンは顔を真っ赤にさせた。

しかし、洋一の言う通り、どこか心地よくなってしまう自分がいるのだ。

(私、こんな恥ずかしい体勢になってるのに……、興奮しちゃってる……。恥ずかしいのにぃ、我慢できないぃ♡)

ずんずんとペニスを突き刺すように挿入すると、結合部分から、ぐちょぶちょとした淫音が響き渡っていくのである。

(やぁ……、エッチな音が出ちゃってる……、んんぁ、ホントに淫乱になったみたい……)

「カノンさん、おま×こからどんどんエッチなお汁が……、もう大洪水ですよ……」

「うぅ、恥ずかしいから、そんなこと言わないでくださいぃ……。んん……、あぁん、で、でも、凄く気持ちいいです……、癖になってしまいますわぁ♪」

「俺も気持ちいいですよ……。やっぱりカノンさんとのセックスが一番最高です。俺たち、きっと身体の相性がいいんですよ。だから、こんなに二人して恍惚とできるんです」

「そ、そうかもしれません。嬉しいです……、洋一様にそう言ってもらえて……」

「カノンさん、今日はちょっと試したいことがあるんです」

「え? 試したいこと?? ですか?」

「はい。ちょっと四つん這いになってもらえますか?」

「恥ずかしいですけど、洋一様がそう言うなら、なって差し上げますわ……」

「ありがとうございます」

洋一は一旦ペニスを引き抜いた。すると、ヌラヌラと肉胴が蜜でテカっている。

そして、カノンは洋一の指示通り四つん這いになった。

「お尻まで丸見えになってしまいますぅ……」

「お尻の穴、ヒクヒクしてますよ」

「きゃぁ……、そんなとこ見ないでください。恥ずかしすぎますぅ……」

「恥ずかしがってる姿が可愛いんです。それに俺、お尻にも興味があるんですよね」

「え? 洋一様、何を……、何を言ってるんですか?」

「今日は、お尻の穴にち×ぽを挿れてみたいんです」

「そんな、そんなとこ、性交に使う穴ではありません。汚いですよ」

「大丈夫ですよ。カノンさんの身体に穢い部分なんてありませんよ。それに、俺の欲望を叶えさせてください」

洋一の必死な懇願に、カノンは困ってしまう。

できるなら、洋一の願いを聞いてあげたい……、しかし……。

(お尻の穴を性交に使うなんて……、本当に変態になってしまいます……)

躊躇の気持ちが、カノンを襲っていく。

ただ、どこかアナルセックスに対する興味もあったのである。

「カノンさん、まずは指を挿れてみます」

「えぇぇえー、ちょ、ちょっと待って」

カノンの抵抗を遮るように、洋一は指先を菊孔に挿れていく。

「ああぁ、あぁふぅん……、き、キツイ……キツイです……」

「カノンさん、凄い締まりですよ。おま×この比じゃない」

キュッと窄まった尻孔は、どこまでも窮屈であり、指を噛みちぎるのではないかと思えるくらい強い力があった。

「よ、洋一様、抜いてください……、キツすぎます」

「その内、広がっていきますから、最初は少し我慢してください」

そう言い、洋一はシコシコと指を動かしていく。

カノンは肛虐されているというのに、どこか心地よくなってしまい、嬌声を上げ始めた。

「カノンさん、気持ちいいですか?」

「はぐぅ……、はい、凄くキツくて大変なんですけど、少し気持ちいいです……」

「それはよかったです。それじゃ、ち×ぽを挿れてみますよ」

「え? そんな大きなもの入らないですぅ……、や、止めてぇぇぇー」

カノンの抵抗虚しく、洋一は強引にペニスを菊門に導いていった。

そして、メリメリと開拓するように直腸内の感触を味わってく。

「うぉ……、凄い締め付け……、これがアナルセックスかぁ……、気持ちいい……」

初めて感じるアナルの締めつけに、洋一は深く感動していた。

特に入り口の締めつけがキツく、内部は仄かに甘締めしてくる。

(これは、癖になりそうだ……。おま×ことは全然違うな……、だけど、最高だ……)

「ぐぅ……、うぅ、洋一様、お尻が裂けてしまいますぅ……」

「大丈夫ですよ、今のところ問題なく入ってます。その内広がっていきますから、もっと気持ちよくなるはずです」

「ハァハァ……、んんぁ……、お、お尻が……お尻がぁ……、熱い……、火傷しちゃいそうですぅ♪」

「アナルの締めつけってホント凄いですよ……、ち×ぽが心地よく締められます……、よぉし、少しずつ動いていきますからね」

洋一は、徐々に抽送のリズムを押し上げていった。

じゅる、めりゅる……、と、ペニスが直腸内を進んでいく。

「はぁん……、洋一様……、激しい……、激しすぎます……、んんーお尻が……、お尻が熱いですぅ……」

「そろそろ気持ちよくなってきたんじゃないですか? 身体がガクガク震えていますよ」

「やぁ……、私、お尻で気持ちよくなってる……、信じられません……、こんなにお尻が気持ちよくなってしまうんなんて……」

「もっと気持ちよくなっていいですよ。そっちの方が俺も嬉しいですから」

勢いよく、ペニスを穿っていき、カノンを心地よくさせていく。

最初は、痛烈な排泄感があったが、今では消失し、代わりに圧倒的な快感を覚えるのであった。

「洋一様、気持ちいい……、お尻……気持ちいいです……、あぁん♡ これで、ホントに変態になってしまいましたぁ……、お尻で感じるなんて……、ホントに淫乱ですぅ♫」

「イイじゃないですか。淫乱な方がセックスを楽しめますよ。それに、やっぱりカノンさんはド変態だ、俺の予想通りお尻が気に入ってくれましたね」

「そうなのぉ……、お尻の穴におち×ぽ挿れられるの最高……、んんぁ……、あぁん♡ お尻って凄く気持ちいいの。特に引き抜かれる時が最高ですぅ、めちゅめちゅって凄く快感なのぉ♪」

「引き抜かれる時がイイんですね? わかりました、引き抜くとき力を入れてあげます」

「はぅ……、嬉しいです……、洋一様のおち×ぽが私のお尻を気持ちよくしてくれますぅ♡」

洋一は深く挿入を繰り出すと、その勢いを利用して一気に引き抜いた。

じゅりゅ、めりゅと、菊孔からペニスが引き抜かれ、鋭い快感がカノンを襲っていくのであた。

「洋一様……、んん……、ぁぁあ……、んんぁ♪ 私、もう限界ですぅ、お尻でぇ……、お尻でぇ、イッちゃいますぅ、イキたい! イッてもいいですかぁ?」

「俺もイキそうなんで、一緒にイキましょう。あまりにアナルの締めつけに、俺のち×ぽも限界です」

「はぐぅ……、うぐぅ……、イク……ダメ! ホントに限界ですぅ……」

カノンの身体がガクガクと痙攣していく。

どうやら、強いオルガスムスを覚えているようである。

(カノンさん、イッてるんだ……、よしもそれもたくさん精子を出すぞ!)

「カノンさん、お尻の中に精子出しますからね?」

「はい! 出してぇ……、たくさん精子欲しいのぉ♩」

次の瞬間、洋一の欲望が一気に弾けた。

「ビュルビュルドピュ、ビュクピュルピュ、ドピィピュ」

勢いよく、白濁色の子種がカノンの直腸に注がれていく。

「あぁん♡ お尻に精子出されるの気持ちいですぅ……、あぁ、堪んないぃ♬」

二人はこうして昇天を迎え、ベッドに上に崩れ落ちた。

洋一は優しくカノンを抱きしめ、アナルセックスの余韻に浸っていく。

「カノンさん、凄くよかったです、ありがとうございます」

「私も、私もこんなに気持ちよくなってしまって……、お尻、癖になっちゃいます」

「またしてあげますよ。毎日でもいいくらいです……」

「はぐぅ……、嬉しいですぅ……、洋一様ぁ♡」

カノンは洋一にキスの雨を降らした。

ラブラブセックスは、こうして終わりを告げた――。

 

 

(俺、国王になっちゃった!)

そう。妊婦になったカノンの代わりに、洋一が新しい国王として、君臨したのである。

もちろん、ホワイトエルフたちへの力を注ぐという名の種付けも忘れない。

「洋一様、これからも宜しくお願いしますね」

と、カノンが告げた。

二人は今、国王の間で一緒に公務に勤しんでいる。

「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」

トリスタニアに転生した洋一の新しい人生は、こうして続いていく。

カノンを始め、ホワイトエルフたちに種付けしながら、彼は最高の国王として認められるのであった――。

(俺、最高に幸せだ……)

洋一はそう思いを馳せる。

彼の国王としての日々は、これからも続く――。

〈了〉

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました