告白手記『インターン生』第2回

告白手記

告白手記『インターン生』第2回

人前で性器を見せるなんて、昔の彼氏とエッチした時以外ありません。

それに、こんな会社で……。

でも、不思議と迷いはありませんでした。私も興奮していたので、尾崎くんの前でおま×こをみせて、どんな感じになるのか試したかったんです。

ふと、私は尾崎くんを見つめました。

彼は、食い入るように私を凝視しています。その熱い瞳を感じていると、ゾクゾクと気分が高揚してくるのがわかりました。

このまま尾崎くんに犯されてもいい……。

そんなレイプ願望のような思いが湧き出してきたのです。

私は、パンストを脱ぎ、さらにショーツも下ろしました。一応、尾崎くんを誘惑するために、セクシーな下着を身に着けてきました。黒のレースで、こんなのを穿いていたら、遊んでいそうと思われても不思議ではありません。

「尾崎くん、女の人のあそこみたことあるでしょ?」

と、私は尋ねました。

すると、尾崎くんは恥ずかしそうに首元をポリポリとかきながら、

「いえ、ないんです」

「え? そうなの?? じゃあ、尾崎くんって童貞なの?」

「そうです。もう二十一歳になるのに、まだ童貞なんです。笑ってください」

と、尾崎くんは自分を卑下するように告げました。

尾崎くんは、とてもイケメンです。

何しろ、山下智久くんに雰囲気が似てるのですから。

そんな彼が、童貞である。

これは、私を大きく驚かせました。

私は、童貞と淫らな関係になったことがありません。

私と付き合った男性は、皆経験豊な人たちでした。だから、どう扱えばいいのか、迷ってしまったのです。

しかし……。

 

(これはチャンスかもしれない)

 

と、私は考えました。

尾崎くんほどカッコいい男の子の初めてを、もらえるかもしれない。

そう考えると、心が浮き立つのでした。

「女のあそこなんて、そんなキレイなモノじゃないのよ。それでも見たいの?」

「はい、見たいです」

「見せてもいいけど、触っちゃダメよ。約束できる?」

「わかりました」

尾崎くんは素直でした。

私はもう一つ折りたたみのパイプ椅子を出すと、そこに座り、脚を広げました。

既にショーツは脱いでいるので、いわゆるヴィーナスの丘や陰毛は丸見えです。それなりにVラインの処理もしているので、見られても平気です。

ただ、少し恥ずかしい……。

年下の男の子の前で、おま×こを広げているのですから。

「これが、女のあそこよ。どんな感じ?」

私は大陰唇を指で広げ、小陰唇を露出させました。見られて興奮しているのか、薄っすらと潤みを帯びています。

尾崎くんは、食い入るように私の性器を見つめているのです。

その熱い視線を感じると、私はますます興奮していくのでした。

「すごく……、キレイです……」

と、尾崎くんは言いました。

それを聞き、私は少し嬉しくなります。

彼は私の性器を見ながら、ペニスをしごき始めました。その姿は、オナニーを覚えたサルのようにも見えます。

私は少しイタズラしたくなりました。

「尾崎くん、ち×ぽ弄っちゃダメ」

「え? そんな……。どうしてですか?」

「言ったでしょ? 見るだけって」

「で、でも、我慢できないんです」

「ダメよ。我慢しないと」

尾崎くんは、素直にイチモツをしごくのを止めました。しかし、消化不良のようで、下唇を噛みしめているのです。

その仕草がとても可愛い。

もっと焦らせて、狂わせてやりたい。

そんな風に感じました……。

私はさらに小陰唇を広げていきます。肉襞がくぱぁと開き、膣口の様子までよく見えてしまいます。

(あぁ、凄く興奮する……)

私の興奮も徐々に高まっていきます。

「尾崎くん、私のおま×こ濡れてきちゃった」

「え?」

「知ってるでしょ? 女の人って興奮するとあそこを濡らすのよ」

「はい。聞いたことがあります」

「ほら、見て……、こんなに濡れてる」

私のあそこは既にたっぷりと蜜をふいていました。

こんなにあそこを濡らすのは、本当に久しぶりです。

前の彼氏と別れてから既に一年以上が経っています。その期間、私はセックスをしていないのです。

ですから、過去の性交の体験がよみがえり、私を恍惚とさせていくのでした。

「明智さんのおま×こ……、すごく濡れてます……」

「そうよ。尾崎くんに見られて興奮してるの」

「俺に見られて……」

「うん。それにほら……」

私はそう言うと、人差し指をあそこに挿れました。そして、ピチャピチャと淫猥な音を聞かせたのです。

その効果はてきめんでした。

尾崎くんはゴクリと生唾を飲み込み、カラダを前のめりにさせていくのです。

「明智さん、すみません……」

と、突然尾崎くんは謝りました。

そして、次の瞬間、私に襲い掛かってきたのです」

「明智さん、俺、もう我慢できません……」

彼は、私の性器にむしゃぶりついてきました。

鼻息を荒くし、肩で息をしています。

「あぁ、明智さんのおま×こ、凄くイイ匂いがする」

「ダメよ。離れて……、大声出してもいいの?」

「もう無理です。俺、止まりません」

尾崎くんは欲望に忠実でした。

流石、若いだけあって性欲が強いのでしょう。自分自身を抑えられないようでした。

やがて、尾崎くんの舌先が、私の性器に当たります。

「あぁ、ダメ! ダメだったらぁ……」

「んちゅ、じゅるる……、じゅぱ」

尾崎くんは舌をフルに動かし、私の性器を舐め回していくのです。

クンニリングスをされるのも、本当にしさしぶりです。

私はおま×こを舐められるのが好きです。

舌のねっとりとした質感が、とても魅力的で、私を虜にしていきます。

「明智さんのおま×こ……、美味しいです……、それにエッチな匂いがして……」

「匂いが嗅がないで……、洗ってないし、汚いわよ」

「明智さんのカラダに汚い部分なんてありませんよ。少しおしっこの匂いがするけど、それも魅力的なんです」

私は、性器を犬のようにベロベロ舐められて、心地よくなっていきました。

ここで大声を出すこともできるでしょう。

しかし、そんな選択肢は私の中ではありませんでした。

尾崎くんと一緒に、いくところまでいきたい。

と、そんな風な思いで包まれていったのです。

興奮しきった尾崎くんは、性欲に取り憑かれた魔獣のようでした。

しかし、私はまったく嫌ではありません。

むしろ逆に、好意的に彼を迎え入れたのでした。

「尾崎くん、クリトリスって知ってる?」

「はい、知ってます」

「場所はわかる?」

「えっと。何となくですけど」

「ここよ」

私は、指先で陰核に触れました。

まだ包皮に包まれています。

「皮を剥いて、ここを舐めてぇ」

私は甘い声でささやきます。

尾崎くんはクリトリスの皮をむき、そこを舌先で舐めました。

途端、私のカラダがビクッと跳ねます。

「あぁん、クリは敏感だから、そんなに強く舐めちゃダメよ」

「す、すみません、加減がわからなくて」

「フフフ……、丁寧に舐めるの。できる?」

「やってみます」

尾崎くんはペロペロと陰核を舐めていきます。

さっきよりも舐め方が丁寧です。同時に、心地いい快感が私を包み込むのでした。

「尾崎くん、いい感じヨ。凄く上手」

「んじゅ……、ちゅちゅ……、ちゅぱ……、ありがとうございます。クリトリス、ヒクヒクしてますね」

「そうよ。そこは敏感だから、すぐにヒクついちゃうの……。んんぁ……、あぁん」

私の声も徐々に艶を帯びていきます。

こんなあられもない声を出して……。

もしかすると誰かに聞かれているかもしれないのに……。

でも、そんな緊迫感が、一層興奮をあおっていくのでした。

同時に、私も我慢できなくなっていきました。

「尾崎くん、私とおま×こしたい?」

「え? それってつまり……」

「おま×このおち×ぽ挿れたいのか聞いてるの?」

「いいんですか?」

「見るだけって約束だったけれど、私も興奮してるの。だからいいわよ」

〈続く〉

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました