古き良きAV女優 第71回『仁科ひとみ』

古き良きAV女優紹介

古き良きAV女優 第71回『仁科ひとみ』

 

今回紹介するAV女優は1990年代の初頭に活躍した方です。

その名は、『仁科ひとみ』

 

活動期間はごくわずかですが、記憶に残るAV女優でした。

蛞睡々
蛞睡々

本記事では、1990年代に活躍したAV女優、仁科ひとみを紹介します。

 

仁科ひとみの詳しい背景を紹介しながら、オススメの作品をまとめていくので確認しましょう。

一体、仁科ひとみとはどんなAV女優だったのでしょうか?

 

それでは、早速見ていきましょう!

 

□90年代を席巻したAV女優『仁科ひとみ』とは?

 

仁科ひとみは、1972年3月6日の生まれのAV女優です。

出身は大阪府、血液型はA型となっています。

 

仁科ひとみは、身長やスリーサイズも公表しています。

そのデータによると――。

 

「身長:158㎝」

「スリーサイズ:B86-W57-H84」

 

となっています。

身長はそこまで高くありません。

また、どちらかというとスレンダーな体型をされています。

 

デビューは1990年です。

アロックスというAVメーカーの、「リアル仁科ひとみ」という作品でデビューしています。

 

抜群のルックスとは、バランスの取れたボディを武器に、たちまち人気になりました。

その後しばらくは、アロックスの女優として作品に出演します。

 

例えば――。

 

  • 電気くらげに御用心
  • HELP! 覚えたての絶叫
  • 極太マカロニつくつん

 

などの作品に出演します。

人気が出てきたので、その後、シャイ企画、宇宙企画、アリスJAPANといった人気AVメーカーの作品にも出演するようになるのです。

 

  • 濡れたひとみにスペシウム
  • フラッシュパラダイス

 

これらの作品に出演し、人気を不動のモノにします。

但し、活動期間はかなり短いです。

 

1990年にデビューし、1年後の1991年に引退してしまうのです。

ただ、仁科ひとみは2010年に戻ってきます。

 

これはAV女優に復活したのではなく、ブログを始めたのです。

そのブログを――。

 

「ひとみの 忘れたい記憶と残したい記憶・・・」

 

といいます。

 

伏字で仁〇ひとみとされているのですが、恐らく仁科ひとみで間違いないでしょう。

このブログは、現在は更新されていないのですが、いろいろすごいです。

 

例えば――。

 

  • 覚せい剤漬けの日々
  • AV女優時代のギャラ
  • 逮捕された過去

 

などなど、かなりぶっ飛んだ内容を赤裸々に語っているのです。

ですから、開設と同時に人気になり、話題を集めるブログになりました。

 

ブログによると、かなり凄い過去を持っているようです。

 

19歳当時、仁科ひとみの付き合っていたホストの彼が、4,000万の借金を背負ったため、彼女はその肩代わりとしていわゆる「ヤクザ」に売られたらしいです。

 

今どきテレビドラマでもありえない展開ですが、事実らしいので驚き。

当時、仁科ひとみは、水商売で働いていましたが、お店を辞めさせられ、クスリを打たれ、AV事務所に入ることになったと告白しています。

 

蛞睡々
蛞睡々

このような過去などをかなり大胆に告白しているのです。

AV女優の裏側がわかる、貴重なブログとなっているので、気になる方は覗いてみて下さい。

 

□女教師を演じる仁科ひとみが可愛い

 

仁科ひとみの作品は、今でもFANZAなどの動画サイトで視聴が可能です。

その中で、個人的によかったものを抜粋してご紹介します。

 

まずは、「狙われた女教師 仁科ひとみ」からです。

こちらは、シャイ企画というAVメーカーから1991年に発売されました。

 

人気があったのか、2011年に動画サイトで配信が開始されているのです。

生徒の前で、生徒に犯されるシーンが、かなり魅力的です。

感じてはいけないと思いながら、感じていく姿が非常にそそられます。

 

また、こんな口コミがあります。

 

  • 『90年代作品なのでソフト路線ですが当時はそれで充分でした。仁科ひとみ先生が不良生徒に脅されて教室でレ●プされてしまうシーンがお勧め。』

 

高評価の声が多いので、一見の価値がある作品と言えるでしょう。

 

コチラの作品はここで購入できます↓
狙われた女教師 仁科ひとみ

 

□ナースに扮した仁科ひとみのドラマ仕立ての作品

 

次の紹介するのは、「絶頂カルテ 仁科ひとみ」です。

コチラの作品はシャイ企画より、1991年に発売されました。

 

この作品も人気があったため、2011年に動画サイトで配信が始まっています。

自分の不注意で患者を死なせてしまった、ナースの仁科ひとみが主人公。

 

罪の意識を抱える彼女に対し、担当医が脅しをかけます。

 

「俺の言う事が聞けるか?書き方一つでどうにでも…」

 

脅しに屈した仁科ひとみは、どんどん堕ちていくのです。

コチラの作品は、事実を元に制作されているらしく、結構リアルになっています。

 

ドラマ仕立てになっているので、なかなか見ごたえのある作品に仕上がっているのです。

 

コチラの作品はここで購入できます↓
絶頂カルテ 仁科ひとみ

 

□いろいろと凄い過去を持つ仁科ひとみに注目しよう!

 

いかがだったでしょうか?

蛞睡々
蛞睡々

今回は1990年代の初頭に活躍したAV女優『仁科ひとみ』を紹介しました。

 

デビューからわずか1年で引退したAV女優ですが、記憶に残るAV女優だったと言えるでしょう。

 

本記事では、仁科ひとみの詳しい背景を紹介しながら、オススメの作品をまとめました。

仁科ひとみは、ブログで赤裸々に過去を語っています。

かなり凄い過去なので、1つの読み物としても楽しめるブログになっているのです。

 

仁科ひとみのブログを見ながら、作品を視聴すると、彼女の気持ちがよくわかるような気がします。

ぜひ、ブログの方も参考にして、彼女の作品を視聴してみて下さい。

 

いずれにしても、素晴らしい作品を多く残してくれたので、今見ても楽しめます!

本記事を参考にして、人気のあった仁科ひとみの作品を堪能してください。

 

それでは、次回の古き良きAV女優でお会いしましょう。ではでは……。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました