告白手記『パンスト狂い』第2回

告白手記

告白手記『パンスト狂い』第2回

「んんぁ、ちょっと気持ちいいかも……」

クリトリスをいじられると、結構感じます。

だから、私は結構これが好きだったりするのです。

「たくさん濡れてきたね」

「うん。だって、そんな風にいじるから……」

「そろそろ挿れたくなってきちゃった」

「いいよ。挿れても」

「わかった。じゃあ、挿れるね」

そう言うと、裕二君は私の脚を下ろし、ベーシックな正常位の体勢にさせます。

そして、いきり立ったペニスを私のあそこに押し当てていったのでした。

ずぶずぶずぶ……。

めり込むようにして、私の膣内に、裕二君のアレが入ってきます。

窮屈な感じがするのと同時に、ほのかな快感が広がっていくのでした。

「んんぁ……。お、大きい……」

「梨花ちゃんの中、すごくトロトロになってる。それに温かいよ」

「それだけ感じてるの……。ねぇ、もっと動いて」

「大丈夫、少しずつ動いていくからね」

そう言うと、裕二君は私の脚を垂直に持ち上げました。そして、両足をぴったりくっつけると、顔の付近まで持っていって、足の匂いをかぎ始めました。

「な、何してるの、裕君……」

「梨花ちゃんの足の匂いをかぎたいんだ。パンストに包まれた足の匂いってたまらないんだよ」

興奮しまくっている裕二君は、ワンちゃんのように、クンクンと私の足の匂いをかいでいきます。

パンストをはくときは、靴下とかは、はきません。だから、靴の中で結構蒸れてしまうのです。

そのため、匂いは結構強烈というか、そんなにいいものではないはずです。

なのに、裕二君はその匂いが大好きなのです。パンストをはいて蒸れた足のにおいを、ただ必死になってかいでいくのでした。

「裕君、恥ずかしいよ。臭いでしょ?」

「臭くないよ。いい匂いだよ」

一応、足の嫌な臭いを防止するために、スプレーはしてあります。それでも、臭かったら嫌だなと、不安になってしまうのです。

私の足の匂いをかぎながら、裕二君はペニスを動かしていきます。

彼のおちん×んは、結構大きいです。

私は、裕二君以外にも、男性と付き合ったことがあります。

そして、当然その男性とセックスもしてきたのです。その人のイチモツと比べると、裕二君のアレは、1.5倍くらい大きいような気がします。

だからこそ、膣内の奥まで届くのです。

また、カリの部分も大きく張り出していて、膣壁をひっかくように擦りあげていくので、とても気持ちよくなれます。

「お、奥まで届いてる……。裕君のおち×ぽ……、奥まで届いてるよ」

「奥に当たると気持ちいい?」

「うん」

「なら、よかった……。俺も気持ちいいよ」

一定のリズムを刻みながら、裕二君は抽送をくりかえしていきます。

やがて、彼は足の匂いをかぐのに満足したのか、今度は、足をスリスリと擦り始めました。

裕二君はパンストが好きです。

そして、その手触りも気に入っているのです。

パンストはテカテカとしてるというか、独特のシャリ感があります。

その感覚が好きのようです。

裕二君はパンストに包まれた足を、手でじっくりと摩りながら、おちん×んを動かしていくのでした。

「裕君。気持ちいい……、すごく気持ちいいの……」

「俺も、俺もだよ。ねぇ、中に出してもいい?」

「え? 中に……。んん……。いいよ」

私は彼と結婚してもいいと思ってるので、中出しされても問題ありません。

仮に赤ちゃんができてしまっても、裕二君はしっかり責任をとってくれるでしょう。この点は安心しています。

「ありがとう、梨花ちゃんのおま×この中に精子出すからね」

裕二君の腰の動きが速くなっていきました。

ずんずんと、ペニスを動かし、最後の仕上げにかかっているようでした。

「うううぅ……、梨花ちゃん、お、俺、もうダメ……、イキそう……」

うめくように裕二君が言いました。

限界が近いのでしょう。

彼を見上げると、額にうっすらと汗が浮かび上がっていました。

「イッてイイよ。私のおま×この中にたくさん精子出して……」

「うぉぉぉ、イク! 出る!!」

裕二君の欲望がとうとう弾けました。

私の膣内に、ドクドクと子種が放出されたのです。

正直な話、中に精子を出されても、よくわかりません。

官能小説とかだと、感じる描写があるのですが、私はあんまりわからないのでした。

でも、何となく中に出されると、包まれていくような気分になります。裕二君も嬉しいし、その姿を見る私も喜びに包まれます。

こうして、私は裕二君とセックスをして、楽しんだのでした。

翌日――。

裕二君からこんなお願いをされました。

それが、結構恥ずかしいお願いなんです。

「梨花ちゃん。おしっこした後、あそこを拭かないで」

「え? どうして?」

「パンティはかないで、パンストを直にはくのはそのまま続けて欲しいんだけど。トイレした後、そのままにして欲しいんだ」

私は正直困惑しました。

男性のおしっこと違い、女性はトイレットペーパーで拭かないと、おしっこがついてしまいます。

「パンストにおしっこついちゃうよ」

「それがイイんだよ」

「もしかして、その匂いをかごうとしてるの?」

「うん。俺、少しおしっこの匂いが好きなんだよね」

裕二君が変態になってしまう。

私はそんな風に感じました。

パンストを直にはかせるのは、まだ我慢できます。

でも、おしっこした後に、ふかないで、さらにその匂いをかいで喜ぶなんて、変態ではないですか……。

しかし……。

私は断られません。

私は裕二君が好きです。

だから、彼に嫌われたくないのです。もしも、ここで拒絶すれば、彼はきっとショックを受けるでしょう。できるなら、彼の欲望に応えてあげたい。

そんな風に思ったのでした。

「わかった、いいよ」

と、私は言いました。

すると、裕二君は花が咲いたように喜びます。

「ホント! ありがとう、梨花ちゃん。じゃあ、おしっこした後、そのままにしてね。最初は気持ち悪いかもしれないけど、すぐ慣れるから」

果たして慣れるかどうかはわかりません。

こんな風にして、私は彼の困ってお願いを聞いたのでした。

会社に行き、私は仕事を始めます。

事務員なので、基本的にはパソコンを使った作業が中心です。あと、電話が来たら出る。そのくらいなのです。

今日もノーパンにパンストをはいています。いつもは肌色のパンストをはいていましたが、今日は黒を選びました。

裕二君は黒のパンストも結構好きなのです。私はそれを知っているから、時折、黒のパンストをはきます。

彼に喜んでもらいたいから……。

お昼休み――。

私はトイレに向かいました。

おしっこをして、いつもなら拭くのですが、今日は拭きません。そのまま直にパンストをはきました。

尿道に残っていたおしっこが、僅かにパンストにしみこんでいき、少し不快な感じがしました。

(これじゃ、絶対匂っちゃう……)

と、私は思いました。

でも、裕二君との約束です。

私は仕事中、何度かおしっこしましたが、一度も拭かずにパンストを直にはいたのでした。

仕事を終えて、私は帰宅します。

今日は、私の家に裕二君が来る番です。

私の家も普通のワンルームマンションなのですが、裕二君の家に比べると、ややセキュリティが強化されています。

マンションの入り口は、オートロックになっており、暗証番号を入れないと中に入れないのです。

私は部屋に入るなり、ゴロリとベッドの上に横になります。

ベッド、机、棚。

このくらいしかものがありません。

だから、あまり女らしい部屋ではないのです。

しばらく横になっていると、インターフォンが鳴りました。

裕二君がやって来たのでしょう。

私は飛び起きました。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました