告白手記『パンスト狂い』最終回

告白手記

告白手記『パンスト狂い』最終回

「裕君。早かったね」

玄関のトビラを開けると、スーツ姿の裕二君が立っています。

彼がスーツを着るのは、結構珍しいので、私は驚きました。

「仕事が早く終わったんだ」

「今日はスーツなの?」

「うん。ちょっと取引先でプレゼンしなくちゃならなくてね。それでスーツなの」

「ふ~ん。お疲れさま」

「ありがとう。それで梨花ちゃん、ちゃんと約束守ってくれた?」

約束。

それはもちろん、パンストをはいて、さらにおしっこした後に拭いちゃダメという約束でしょう。

「うん、一応守ったけど」

「よかったよ。じゃあ、部屋に入るね」

「うん」

嬉々として裕二君は部屋に上がりました。

そして、すぐに私をベッドに寝かせます。

「梨花ちゃん、俺シャワー入った方がいい?」

「私は大丈夫だよ。それに、私もシャワー浴びてないし」

「梨花ちゃんはいいんだよ。シャワー浴びたら、匂いが消えちゃうもん」

「恥ずかしいから、あんまり匂いとかかいでほしくないの」

「どうして? すごくいい匂いなのに」

「今日は絶対ダメだよ。だって、多分臭いし」

何しろ、おしっこしてから陰部を拭いていないのです。

ですから、尿が若干ですかしみついています。

(そうしたら、絶対嫌な臭いがするよ)

と、私は考えていました。

「大丈夫だよ、俺は梨花ちゃんの匂い好きだから」

と、平然と裕二君は言います。

そして、私のはいていたスカートを脱がし、パンスト姿にさせました。

裕二君は、あまりおっぱいとかに興味はないようです。

セックスの時、少し揉んでくれますが、あんまり長くありません。彼の興味は、がぜんパンストと、その匂いにあるのでした。

じかにパンストをはき、さらにそれで一日いたので、かなり蒸れています。スカートを脱ぐと、ムワッとして、ツンとするリコッタチーズのような匂いが漂いました。

自分でも、決していい匂いだとは思いません。

でも、裕二君は喜んで匂いをかいでいくのです。

「くんくん……、あぁ、梨花ちゃん堪らないよ。やっぱり、ちょっとおしっこの匂いがするね」

「だめぇ、かがないで……、やっぱり恥ずかしすぎる」

「ダメだよ、こんなにいい匂いかがないわけにはいかないよ」

裕二君は、私の足を開き、M字にさせると、陰部に鼻を押し付け、思い切り匂いをかいでいくのでした。

彼の鼻先が膣口に当たって、少しくすぐったいです。

「梨花ちゃん、おま×こ濡れてきたね」

「だって、裕君がエッチなことするから」

「おしっこの匂いがするおま×こをかがれてどんな感じ?」

「バカ! 恥ずかしいに決まってるでしょ。ホントはシャワーを浴びてキレイにしたいのに」

「梨花ちゃんのカラダはどこもキレイだよ。汚くなんかないから安心しなよ」

裕二君はそう言うと、私のあそこを指でなぞりはじめました。

ゾクッとする感覚が全身を貫きます。

恥ずかしいのに、気持ちよくなってしまう。

そんな思いで支配されるのでした。

私も、変態なのでしょうか?

裕二君は、私の股の間に顔を入れると、今度は足を閉じさせ、自分の顔を、私の足でサンドイッチにしました。

そして、パンストのシャリ感を堪能していくのです。

裕二君は獣のように、パンストに顔をこすりつけて、独特の感触を味わっていきます。

私もその姿をみて、何というか、興奮してきました。パンストを直にはいて、おしっこした後も拭かずに、一日いて、さらに、その匂いをかがれる。

かなり恥ずかしいのですが、その羞恥心が、どういうわけか心地よくなっていくのです。

やがて、裕二君は陰部を舌で舐め始めました。

「んんぁ……、裕君の舌、気持ちいい……」

「んちゅ……、どんどん、おま×こ濡らしてあげるからね……、ちゅちゅ……」

淫音が室内に響き渡ります。

その音を聞いていると、ますます奮い立つというか、気持ちよくなっていくのです。

彼の舌が膣口に当たり、ほのかな温かさを感じます。

レロレロとワンちゃんのように陰部を舐めていく裕二君は、ホントに幸せそうでした。私のその姿を見て、嬉しくなるのです。

「梨花ちゃん。挿れてもいい?」

「うん。いいよ。きてぇ」

「わかった。挿れてあげるからね」

いつものとおり、裕二君はパンストのおま×こが当たる部分を、少しだけ破ります。

決してビリビリにしないのが、彼のポリシーなのです。

私のあそこは、とっくにヌレヌレになっており、リコッタチーズのようなツンとする匂いが漂っています。

早く挿れてほしい。

私の興奮も徐々に高鳴っていくのでした。

「梨花ちゃん、挿れるよ」

「うん」

次の瞬間、裕二君のペニスが私の中に入ってきました。

ずぶずぶずぶと、めり込むようにおちん×んが入ってきて、膣壁をメリメリと切り開いていくのです。

カリの部分で、膣襞をこすられると、私も気持ちよくなります。

「んんぁ……、あぁん」

思わず、エッチな声が出てしまいました。

それだけ、気持ちいいのです。

裕二君は私の足を手でなでまわしながら、さらにペニスを出し入れしてきます。

結合部分からは、エッチなお汁が流れ出していて、ぶくぶくと泡をふいていました。

「梨花ちゃん……、あぁ、凄く気持ちいいよ。最高だ……」

恍惚とした表情を浮かべながら、裕二君は声をあげます。

裕二君の大きなおちん×んで突かれていると、私も心地よくなっていくのです。

ただ、そこで問題が起きました。

唐突におしっこしたくなったのです。

「ねぇ、裕君、ちょっとトイレ行きたい」

セックスを止めるのは嫌でしたが、我慢できそうにありません。

しかし、裕二君は――。

「そうだ。梨花ちゃん、おしっこしてるとこ見せて」

「そ、そんな……、嫌だよ」

「じゃあ、このままトイレに行かせないよ」

「ダメだよ、漏れちゃう」

「じゃあここでおしっこして」

私は尿意を我慢できそうにありませんでした。

裕二君は一旦セックスを止めると、浴室の方にいき、そこから洗面器を持ってきました。

「ここにおしっこして」

「ほ、ホントにするの」

「うん、梨花ちゃんのおしっこするとこみたいんだ」

おしっこを漏らすのが嫌だったので、私は仕方なく洗面器に向かっておしっこすることにしました。

「梨花ちゃん。パンストは脱いじゃダメだよ、そのままでするんだ」

「でも、そんなことしたら」

「ちゃんと少しだけ穴が開いているから大丈夫だよ。ほら、早く見せて」

私は洗面器の前にしゃがみこみました。

もう、我慢できません。見られて恥ずかしいのはわかっているのですが、私は人前でおしっこしてしまいました。

チョロ……チョロロ……。

おしっこは少しずつしか出ません。

同時に、とにかく恥ずかしいのです。

「梨花ちゃんがおしっこしてる……、うわぁ、最高だよ」

裕二君は喜んでいます。

私は、彼の前でおしっこをしてしまったのです。

そうして、用を足すなり、裕二君は私を押し倒し、あそこをベロベロ舐めるのです。拭いていない、おしっこしたばかりのあそこを舐められて、私は動揺していました。

こんな変態的なプレイ……。

絶対ダメなのに……。

でも、私は快感に支配されていました。人前でおしっこして、さらにおま×こを舐められる。その行為が、どこか心地いいのです。

「裕君……、ダメ! イッちゃう……」

おしっこしたばかりで、あそこは敏感になっていました。私はガクガクと体を震わせ、オルガスムスを感じていったのです。

結局、私はイカされてしまいました。

パンストを直にはき、さらにおしっこまでして、感じてしまったのです。

だけど、不思議と嫌な気持になりませんでした。

何となく、癖になりそう……。

そんな風に感じたのです。

私と裕二君の少し変態的なセックスは、これからも続きそうです。

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました