連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第4回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第4回

(理沙のおま×こに挿れるんだ……)

と、拓人は高鳴る興奮を抑えきれずにいた。

初めてするセックス……。一体、どんな感じがするのだろうか?

「理沙、挿れるよ、ホントにいいんだね?」

「うん、いいの。私、お兄ちゃんが好きだから、初めてはお兄ちゃんがいいなって思ってたの」

「そんなに俺のことが……」

妹に告白され、正直困惑していた拓人であったが、やはり嬉しさがこみ上げてくる。

「じゃあ、挿れるから」

「うん、きてぇ」

拓人は理沙の足を左右に広げると、秘部を押し広げていった。

そして、ヌラヌラと光る淫裂に向かって、ペニスを押し当てていく。

「あぁ。入る……ち×ぽがおま×この中に……」

と、拓人はささやいた。

ずぶずぶずぶと、ペニスが膣内にめり込んでいく。

(あぁん、お兄ちゃんが入ってくる……、これがセックスなの……)

ペニスが奥まで入ると、瞬間、「ブチ」という音が聞こえたような気がした。

姦通により、処女膜が破れたようである。

「理沙、大丈夫? 痛くない?」

女の子の初めてが痛いというのは、拓人も知識として知っている。

だからこそ、あまり無理して動きたくなかった。

「う、うん、大丈夫、ちょっと痛いけど、我慢できるかな?」

「痛いなら、一旦抜こうか?」

「やだよぉ。抜かないでぇ。せっかくつながったんだからぁ」

「でも、痛いのを我慢するのって辛くないのか?」

「私は大丈夫だから……、でも、最初はゆっくり動いてくれると嬉しいかな」

「わかった。じゃあゆっくり動くからな」

と、拓人はいい、ゆったりとしたペースで腰を動かし始める。

結合部に視線を注ぐと、わずかに血がにじんでいるのがわかった。

どうやら、破瓜の衝撃により出血したようである。

(理沙のおま×こから血が……)

と、拓人は妹が痛みをこらえてセックスをしてくれることに、感動し始めた。

「理沙のおま×この中……、気持ちいい……。すごく温かくて、トロトロしてて……。こんな感覚初めてだよ」

「お兄ちゃんが気持ちよくなってくれて嬉しい……。私は大丈夫だから、もっと気持ちよくなって……」

「うん。でも、俺ばっかりが気持ちよくなるのって、なんか不公平だな。俺は理沙にも気持ちよくなってもらいたいよ」

「ありがとう。多分、慣れれば痛みもなくなると思うし、それに気持ちよくなると思う」

「よし、なるべく長くできるように頑張るよ。すぐにイキそうになるけど、耐えないとな」

と、拓人はいい、ほとばしる射精感を必死になって抑え込んでいた。

膣ヒダがピッタリとペニスに絡みつき、それを擦っていくと、気持ちよくなっていく。

これは、マスターベーションでは味わえない感覚である。

(これがセックス……。こんな感じなんだなぁ……)

思わず感動する拓人。

彼は依然としてゆっくりとしたペースでピストン運動を続けている。

「んんぁ……、んん……、お、お兄ちゃん、き、キス、キスして……」

「キス? わかった、イイぞ」

拓人は姿勢を前傾にさせ、抱きしめるように理沙に覆い被さると、そのまま唇を奪った。

先ほどもキスしたが、挿入しながらの接吻は格別なものがある。

「んんぐ……、んんちゅ……、ちゅちゅ……」

口元から淫靡な音が零れ落ちる。

キスされながら、ペニスで突かれると、どこか包まれていくような感じがするのだ。

(お兄ちゃんにキスされてる……、それでおちん×んであそこを突かれてる……。んんん。ホント、交わってるって感じがする……)

と、理沙は感じていた。破瓜の痛みは依然としてあったが、耐えられないほどではない。

「理沙、んちゅ……、ううぅ……、んちゅちゅ……」

拓人は、キスしながら理沙の名前を叫んだ。

そして、今度は自らの舌を絡めていった。

(うわぁ、お兄ちゃんの舌が入ってきたぁ……、ねっとりとして、気持ちいいかも……)

二人は、ディープなキスを展開し、濃厚なセックスを堪能していくのであった。

キスを終えると、再びセックスに集中する。

「理沙、少しずつ速く動くけど大丈夫?」

「うん、大丈夫だと思う、私も結構慣れてきたから」

「そうか、それならよかった。奥までち×ぽを挿れてあげるから」

「はぅん……、うん、たくさん突いて……、お兄ちゃんが気持ちよくなると、私も嬉しいからぁ」

少しずつ、抽送のペースを上げていく拓人。

すると、先程よりも快感が強くなり、甘美なる衝撃が襲ってくるようになる。

「んんぁ……、ハァ……、ハァ……、お兄ちゃん、おち×ぽ奥まで当たってる」

「うん、さっきよりも、深めに挿入してるから。こっちのほうが気持ちいかもしれない。おま×この壁にち×ぽが擦れる感じがして、すごくイイよ」

「私のおま×こ気持ちいい……? 気持ちよくなってくれてる?」

「すごくイイ感じだよ。理沙の方こそ、大丈夫か? 痛かったらちゃんと言わないとダメだぞ。俺は痛がる理沙を見たくないし、二人で気持ちよくならないと、ちゃんとしたセックスにならないから」

拓人はどこまでも優しい。

男の子の中には、自分本位に動いて、自分だけが気持ちよくなればいいというタイプもいる。

(だけど、お兄ちゃんは、私のことを考えてくれてる)

挿入が深くなり、ペニスが奥の方まで届く。

ずんずんと奥深くまで突かれると、浅めの挿入に比べて快感が強くなる。

(あぁん、なんだか、私も気持ちよくなってきたかも……)

姦通時の痛みは、次第になくなってきている。

ただ、その代わり、じんわりとして、温かみのある悦楽が降り注いできたのだ。

「理沙、おっぱいいじるぞ」

「はぁん、いじって、おっぱいたくさん触ってぇ」

拓人は一定のリズムでピストンしながら、理沙の小ぶりなバストをもみ始めた。

マシュマロのように柔らかい理沙の乳房が、拓人の手の中でぐにゃりとつぶれる。

「お兄ちゃん。私も段々気持ちよくなってきたかも……、おま×こが熱くなって……、突かれると気持ちいいの……」

「ホント? よかったよ、どうしたらもっと気持ちよくなれる?」

「わかんない。でもおっぱいをいじられながら、おちん×んで突かれると、結構心地いいかも……」

「わかった。このまま胸をもみながら挿入を続けるよ」

「はぁん……、うん……、あぁ……、さっきイッたばかりなのに、またイキそうになってる……」

理沙は断続的なアクメを覚え始める。

ペニスで女壺を掻き回されると、その分アクメが強くなっていくのであった。

(まいったな。俺もイキそうだ……、まだ、続けたいのに……)

拓人の限界も次第に近くなっている。

やはり、初めてのセックスということもあり、長く続けるのが難しいようである。

「お兄ちゃん、お兄ちゃんはイキそう?」

「俺も、もう少しでイッちゃうかも……、結構気持ちよくて、耐えるのがしんどいよ」

「私もイケそうだから、一緒にイキたい。私、お兄ちゃんと一緒にイキたいよ」

「うん。じゃあ、一緒にイコう」

拓人は、ずんずんとペニスを動かしていき、射精に向けて準備していく。

ふと結合部をのぞくと、淫蜜がしとどに溢れ出し、トロトロになっているのがわかった。

「あぁん……、ホント気持ちいい……、私も気持ちいい……、お兄ちゃんとセックスできて嬉しいのぉ」

「俺も嬉しいよ……、理沙とエッチできて……」

断続的なアクメの感覚が、徐々に狭まっていく。

理沙は、心地いい刺激を感じながら、拓人の首に手をまわした。

「理沙……」

「最後はお兄ちゃんに抱きしめられながらイキたい」

「よし、最後は抱き合ってイコう」

拓人も姿勢を前傾にさせ、理沙を抱きしめる。

そして、最後の仕上げと言わんばかりの勢いで、激しく突き続けた。

「あぁん……激しい……、お兄ちゃん……、おちん×んが奥まで刺さって、最高……、もう耐えられない……」

「俺も限界……、ねぇ、どこに出せばいい?」

「中に出して……、お兄ちゃんを感じていたいの」

「中に? でもそんなことしたら……」

「今日は安全な日だから、中に出しても大丈夫なの。だから、中出ししてぇ」

と、理沙は甘い声でささやく。

その言葉を受け、拓人も承諾する。

「イイんだな、中に出すからね」

「うん、来てぇ」

「うぉぉぉ……、ダメだ、イク、もう出る!」

拓人は最後に叫んだ。

数秒遅れて、激しいオルガスムスを感じる。

「ビュル、ビュルル……ビュク……、ドピュピュ……」

勢いよく、理沙の膣内にスペルマが注がれていく。

「んなぁ……、お兄ちゃんの精液が入ってきてる……、んんん……、中出しされてるのね……、あはぁん、気持ちいい……、中出しセックス気持ちいいよぉ……」

「どんどん精子が出てくる。止まらないよ」

「最後の一滴まで搾り取ってあげるからね」

理沙は淫裂をキュッと締め上げると、ペニスを甘締めしていった。

こうして、二人の甘い初体験は終わりを告げたのである。

「理沙、すごく気持ちよかった、最高の初体験だったよ」

「私も嬉しい……、その、お兄ちゃんとエッチできて」

「俺たち、兄妹なのにな……、イイのかな? こんな関係になっても」

「私とお兄ちゃんだけの秘密だよ、誰にも言わなきゃわからないから大丈夫だよ」

と、理沙は告げた。

その言葉を受け、拓人は理沙を強く抱きしめるのであった――。

〈了〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました