連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第6回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第6回

理沙はフェラチオや手コキの経験がない。

前、エッチした時は、ほとんど拓人に任せていたから、フル勃起したペニスを知らなかった。

「理沙、まずは手でしごいてくれる?」

「うん。しごくってどうやって?」

「握ってみて」

「握ればいいの?」

「そう」

言われるままに、理沙は拓人のペニスを握りしめた。

すると、ドクドクと脈打っているのがわかる。

「お兄ちゃんのおちん×ん。すごく熱い……」

「うん。それだけ興奮してるんだ。理沙のせいだよ」

「私のせい……、なんかゴメンナサイ」

「謝らないでよ。俺、理沙とエッチなことできて嬉しいよ」

「私も、そ、それでどうすればいいの?」

「手で握ったら、それを上下に動かすんだ」

「上下に……」

理沙はゆっくりとペニスをしごき始めた。

慣れない手つきであるが、なるべく優しくするように心がける。

「いい感じだよ。そのままシコシコって動きを速めていくんだ」

「わかった。やってみる」

一定のリズムを刻みながら、理沙は手コキを続けていく。

剛直の熱は、どんどん高まっていき、火傷しそうなくらいである。

「ねぇ、何か先っぽから出てきたけど、イイの?」

「あぁ、それは我慢汁だよ」

「え? 我慢汁??」

「そう。男の子が興奮すると出す精子みたいなもの。確かカウパー腺液って言うんだったかな」

「ふ~ん。そうなんだ。じゃあ、お兄ちゃんは気持ちいいのね?」

「すごくね。上手だよ、理沙」

手コキを褒められて、理沙は少し嬉しくなる。

ペニスを弄る手も少しずつ力が入っていくのであった。

「お兄ちゃんのおちん×ん、すごく大きくなってる……、これが私の中に入ったんだよね?」

「そうだよ。理沙のおま×この中に入ったんだ。すごく気持ちよかったよ」

「私も気持ちよかった。セックスってやっぱりいいよね。私ね、ずっとお兄ちゃんとエッチしたいなぁって思ってたから」

「理沙はホントにエッチだなぁ、兄とセックスしたいなんて……」

「だってぇ、それだけ好きだったから……。だからね、この間オナニーしてるとこ見られて、絶対嫌われたって思ったもん」

「そんなことないよ。俺も、理沙の気持ちに気づけなかったら責任はあるよね。でも大丈夫。理沙の気持ちは受け取ったから」

「このままずっと愛し合ってくれる?」

このままずっと……。

果たしてそれが叶うだろうか? 二人の関係は完全に禁忌なのだから。

「ずっと、いられたらいいね」

と、拓人は曖昧に答えた。

理沙は少し不満だったが、今はそれで満足するしかない。

「理沙、少し手の動きを速めてみて」

「うん。わかった。こんな感じ?」

拓人の指示通り、理沙はペニスを動かす手を速めていった。

にちゅ、にちょ……と、淫猥な音が鳴り響いていく。

「我慢汁がすごいあふれてきたよ」

「うぐぅ……、うん、刺激が強すぎて、我慢するのがしんどいんだ」

「我慢しなくてもイイよ。精子が出そうになったら出して。私が受け止めてあげるから」

「ありがとう。でも、もう少しこの気持ちよさを味わっていたいんだ。だから、我慢するよ」

と、拓人は告げる。

同時に、下半身にギュッと力を入れて、立ちのぼる射精感を抑え込んだ。

「ねぇ、理沙、おま×こ見せて」

「イイよ。こう?」

理沙は手コキをしながら、足を広げて見せた。

陰部がくぱぁと顔を出し、サーモンピンクの膣口がきらめいて見える。

「理沙のおま×こ、キレイだよね。神秘的だよ」

「自分じゃよくわからないけど」

「俺も、他の女の子のおま×こは見たことないけど、理沙のはキレイだと思う。けがれがないっていうか、そんな感じ……」

「お兄ちゃんにおま×こ見られるの恥ずかしいよ」

「ノーパンパンストで、奥におま×こが見えるっていうのは興奮するよ……。もう、パンストがぐしょ濡れだね」

「うん。おま×こ濡れ濡れになってるの。それに、さっきイッたばかりなのに、興奮しちゃって、あそこが疼いちゃう……」

「自分でオナニーしながら、俺のち×ぽいじれる?」

「う~ん、どうだろ、やってみるね」

理沙は右手で拓人のペニスをしごき、左手で自分の淫裂をいじり始めた。

その光景は、どこまでも淫らであり、拓人を興奮させていく。

「うん、すごくエッチだよ、ち×ぽいじりながらオナニーしてるのって卑猥すぎるよ」

「やぁ、おま×こすごく濡れてる……。自分でもびっくりしちゃう」

陰部に指を当て、くりくりと動かすと、つつーと、糸が伸びた。

淫蜜がしとどに噴き出し、淫猥な糸が伸びてそれがまた官能的に見える。

「おま×こからエッチな糸が出てるね」

「うん。もうヌルヌルなの……、早くエッチしたいよぉ」

「まだだよ、もう少し我慢して……、ちゃんと最後にエッチしてあげるから……」

「絶対だよぉ……、お兄ちゃんのおちん×んであそこを掻き回されると、とにかく気持ちいいの。オナニーとは全然違う感じ……」

「俺もそうだよ。こんな快感は他にないと思う……。そうだ。理沙、今度はフェラしてくれるかな」

「うん。イイよ。でも、したことないから、上手くできるかわかんないよ」

「とりあえず歯を立てないようにすれば大丈夫だと思う。やってみて」

「わかった」

理沙は、小さな口を大きく開けて、ペニスをカプッと咥えこんだ。

何だか、ほのかに苦みのある味わいを感じたが、決して不快ではなかった。

「うぉ、気持ちいい……、フェラってこんな感じなんだ……」

あまりの心地よさに、思わず感動の言葉を出す拓人。

それを見た理沙は、しゅぼしゅぼと音を出しながらフェラチオを続ける。

「んちゅ……、じゅる……、じゅるん……、お兄ちゃんのおちん×ん、どんどんおっきくなってるぅ」

「理沙、あぁ、たまんないよ。このままだと俺イッちゃいそう」

「じゅる……、じゅるん……、イイよ。イキたい時にイッて……」

初めてのフェラチオは、拓人にとっては刺激が強すぎた。

射精感は一層強くなり、最早耐えるのが難しい。

「理沙……、ダメだ、イク……、イッちゃうよ」

「うん……じゅる……、くちゅん……、きてぇ……、精子出してぇ」

とうとう、拓人の中で牡の欲望が炸裂する。

ビュプ……ビュク……ビュルビュル……ドピュピュ……ピュク……。

「うぉぉ、精子が止まらない。ダメだぁ……」

拓人は激しい吐精をして、鋭いオルガスムスを覚え始めた。

凄まじい快感がカラダ中を貫き、心地よくなっていくのである。

「ふご……、んん……んじゅる……、じゅるん」

対する理沙は、吐き出されたスペルマをすべて口の中で受け止めると、それを一気に飲み下していった。

「んん……、じゅる……、じゅるん……、じゅく……、ゴックン」

精飲する理沙の姿を見て、拓人は心の底から嬉しくなった。

「理沙、精子飲んでくれたの?」

「うん、だってお兄ちゃんの精液だもん、吐き出すなんてもったいないよぉ……」

「ありがとう。俺、幸せだよ」

そう言い、拓人はヒシっと理沙を抱きしめた。

そして、軽く口づけをすると、彼女をゆっくりと押し倒していく。

「おまちどうさま。これからち×ぽをおま×こに挿れてあげるからね」

「きゃぁ……、早く……、早く挿れて……、おま×こにおちん×んでフタをして欲しいのぉ」

「わかってるよ、今、挿れるから」

拓人はそう言うと、いきり立った剛直を、パンストに包まれたヌルヌルのあそこに向かって押し当てていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました