連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第9回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第9回

「ローターってどうやって使うの?」

と、理沙がたずねる。

とはいっても、拓人もそれほど詳しいわけじゃない。

「とりあえず、おま×この中に挿れてみようか……」

「うん。お兄ちゃんがしたいなら、してもいいよ」

「あのさ、一つ提案なんだけどいいかな?」

「提案?」

「そう。このローター、リモコンで操作できるんだ」

「操作って、動くの?」

「うん。振動するんだ。それで、おま×こを刺激するって仕組み。だから、これを挿れて、俺がリモコンで操作するから、理沙はそれに耐えて欲しい」

「なんか、変な感じ……。でもイイよ。私も興味あるし……」

「わかった。ありがとう、じゃあ挿れてみて」

と、拓人はローターを理沙に渡した。

理沙はピンク色の小ぶりなローターを見つめると、恥ずかしそうに陰部に挿れていく。

「どう? どんな感じ??」

「えっと、どうだろう。今のところよくわかんない。生理用品を挿れたみたいな感じかな……」

「じゃあ、リモコンのスイッチを入れてみるね」

「うん、やってみて」

理沙の言葉を聞くと、拓人はすぐにローターのスイッチを入れた。

すると、ヴヴヴヴという振動音が室内に鳴り響いた。

「え、あぁ……、ダメ、ダメだよぅ、こんなの刺激が強すぎる」

「ゴメン。力を入れすぎたよ。じゃあ、このくらいは?」

拓人は振動のレベルを下げた。

それでも、理沙にとっては十分な刺激があったのである。

「いやぁ、こんなの無理だよ、立ってられない……」

「ダメだよ、立ってみて。今日はそれを入れてすごすんだから」

「ええぇぇ。挿れっぱなしなのぉ? そんなことしたら、私、絶対におかしくなる……」

「おかしくなっていいよ。おかしくなった理沙も見てみたいし」

最近、どんどん自分が変態化していくような気がする。

何しろ、今日は兄の前で放尿しているのだから。

「お兄ちゃん、一旦スイッチ止めて、耐えられない……」

陰部から、ドプっと愛液がにじみ出し、太ももを伝って流れ出ていく。

「ローターが抜けちゃうと悪いから、その上にパンストはこうか。そうすれば、落ちないですむし」

「えぇぇ、また、パンストはくの?」

「そうだよ。だって俺、理沙のノーパンパンスト好きだから……」

理沙は言われるままに、黒のパンストをはく。

拓人がパンスト好きということがわかり、彼女もストックしてあるのだ。

「上にTシャツとかは着てもいいけど、下は何もはかないでね。ノーパンパンストだけだよ」

「えぇぇ、そんなぁ、スース―するよ……、それに、こんな姿誰かに見られたら……」

「大丈夫だよ。父さんや母さんは帰りが遅くなるし、日中は誰も来ないよ。仮に誰か来ても、俺が対応するから、その点は心配しないで」

「はぅぅ……、お兄ちゃん、と、とにかく、ローターのスイッチ切って、もう耐えられないの」

「仕方ないなぁ。じゃあちょっとだけだよ」

拓人はローターのスイッチを切った。

そして、理沙を連れてリビングに向かう。

「とりあえず朝ごはん食べようか? 理沙はパンでいい?」

「うん。パンでいいかな?」

「牛乳は飲む? それとも野菜ジュース?」

「うんと、じゃあ野菜ジュースで」

拓人はたんたんと朝食を準備し、テーブルの上に置いていく。

食パンを軽くトーストして、その上にマーガリンをぬる。後は野菜ジュースである。

「じゃあ食べようか」

「ありがと……」

「えい!」

と、拓人は唐突に言った。彼は、ローターのスイッチを入れたのである。

途端、理沙のカラダがビクッと跳ねた。

「きゃぁ……、ちょ、ちょっと、いきなりスイッチ入れないで……。し、刺激が強すぎるよぉ……」

「ほら、ご飯食べて……。冷めちゃうよ」

「で、でもぉ、こんな状態じゃ食べられない……、うぅ、スイッチ止めて……、お願いだから」

「ダメだよ。ちゃんと食べるまで、スイッチは止めないから」

「そ、そんなぁ……、お兄ちゃんひどいよぉ」

理沙は、陰部に直撃する刺激に耐えながら、食パンを食べていく。

しかし、味は全くわからない。全神経はあそこに集中していた。

「そんなに刺激が強いの? パワーは弱めだよ」

「ダメだよ、だって、こんなの……耐えられない……」

「理沙、立ってみて」

「え? 立つの……」

「そう」

理沙はイスから立ち上がった。

すると、座っていたところが微かに濡れているのがわかる。

「理沙、お漏らししたみたいに、濡れてるんだね。イスに水たまりができてる」

「はぅ……、だってぇ……、こんな風にスイッチ入れられたら、おま×こが濡れちゃうに決まってるよぉ」

「ホントエッチだね。ローター挿れて、パン食べて、それでおま×こ濡らしてる。でも、それがいいんだよ。理沙、すごく可愛いよ」

「こんな状態じゃ、とても一日持たないよ。と、とにかくスイッチ止めて……、変になっちゃう」

「わかったよ、じゃあスイッチ止めてあげる」

拓人は素直にローターを止めた。

朝食は何とか終わったが、二人の淫らな時間はまだまだ終わらない。

(ローターがすごすぎて、耐えられない……。また、スイッチを入れられたら、多分イッちゃうよぉ)

と、理沙は感じていた。

同時に、初めて挿入するローターの快感に、驚くばかりであった。

「ヴヴヴヴヴ……」

「んぁ……、お、お兄ちゃん、スイッチ入れる時は言ってよぉ」

「不意打ちしたかったんだよね」

朝食を終えた二人は、リビングでテレビを見ていた。

お互いにソファに座り、昼間のワイドショーをながめる。

「んんん……、お兄ちゃん、ちょっと待って、おしっこ、おしっこ出ちゃいそう」

「なら、ここでして、ペットシーツ敷くから」

「イヤだよぉ、トイレくらい行かせてよ」

「俺、理沙のお漏らしするところが見たいな。ここで漏らしてみて……。大丈夫、もらいしても俺がキレイにするから……」

「そ、そんなぁ、ダメだよ、もう高校生なのにおしっこ漏らすなんて……、できないよぉ」

それでも拓人の暴走は止まらない。

ローターの強さを一段階上げ、刺激を強めていった。

「きゃぁ……、だ、ダメ……、もうダメ……、出ちゃう……」

理沙のカラダがガクガクと震える……。そして、陰部からちょろちょろと子宮頸管粘液があふれ出した。

「いやぁぁ、見ないでぇ、止まらないよぉ……」

「多分、おしっこじゃなくて潮吹きだと思う。だから安心しなよ……」

「うぅ……、恥ずかしい……、お兄ちゃんの前でお漏らししちゃったよぉ」

パンストをはいているので、陰部の周りがくっきりと濡れて、ソファの上に愛蜜を垂らしていく。

「ちゃんと、俺が拭いてあげるからね」

拓人は、理沙をM字開脚させて座らせると、舌をペロッとだして淫裂をなめ始めた。

「ダメだよ……、お兄ちゃん、そんなとこなめたら……絶対汚いし……それに匂っちゃうよ」

「大丈夫、臭くないし、汚くなんかないよ。キレイだから安心して……」

「はぐぅ……、ダメ……、お兄ちゃんにおま×こなめられると、気持ちよくなっちゃう」

ローターのスイッチを入れながら、さらに淫裂をなめられている。

その時の快感は、すさまじいものがあり、理沙を恍惚とさせていくのであった。

「理沙、今度は、おま×この中にローターを挿れるんじゃなくて、クリに当ててみようか? そうすると、刺激が変わると思うし……」

「く、クリに当てるの? でも、こんなに強いのに、敏感な部分に当てたら、耐えられないよ、きっと……」

「とにかく当ててみるからね」

拓人はパンストの中に手を突っ込み、女壺からローターを引き抜いた。

たっぷりと淫蜜で満たされたローターは、ピカピカと光り輝いている。

(こんなに刺激が強いのに、クリに当てられてら、絶対変になる……、どうしよう……)

と、理沙は感じていた。

拓人は、陰核にローターを当てると、再びパンストをはかせて固定し、そのままスイッチを入れた。

「きゃぁ……、ダメ……、これはダメだよ……、刺激が……、あぁん……、んんん……、耐えられない」

理沙はカラダをガクガクと震わせた。

あまりの快感に、もはや何も考えられない……。

「お兄ちゃん、イク……、イッちゃうよぉ」

「イッていいよ。イクところを俺に見せて。ローターをクリに当てられて、理沙はイッちゃうんだ。うぉぉ、興奮するなぁ……」

拓人は嬉々としてローターを操作する。

パワーをあげていくと、理沙は鋭いオルガスムスを覚えた。

「あぁん、あん……、い、イク……! イッちゃう……、ダメェェェ……」

理沙は強く叫び、そのまま激しく痙攣していった。

そして、ソファの上にガクッと崩れ落ちると、ピクピクと小刻みに震えていった。

「イッたんだね。理沙……。じゃあ、スイッチ止めてあげる……」

「うん。ねぇお兄ちゃん、シャワー浴びたい。もう、おま×こぐちょぐちょだし……」

「そうだね、じゃあ一緒にお風呂に入ろうか? そうだ、パンストははいたままシャワーしてみて、俺、濡れたパンストも結構好きなんだよね」

「そ、それはいいけど……、じゃあ、一緒にお風呂入ろ」

若干の恥ずかしさもあるが、既に放尿しているところも見られているのである。

今さら一緒にお風呂に入るくらい、問題はなかった。

(お兄ちゃんと一緒にお風呂……、何かドキドキするよぉ)

理沙は高鳴る興奮を抑えながら、拓人と共に浴室に向かうのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました