連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第10回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第10回

浴室――。

拓人は全裸、理沙はパンストのみはき、後は脱いだ。

(お兄ちゃんってホント、パンスト好きなんだなぁ)

と、理沙は感じていた。

拓人はシャワーをひねると、お湯を出して、それを理沙にかける。

「理沙、お湯の温度は大丈夫?」

「うん。大丈夫……。パンストはいたままだから変な感じがするけど」

「それがいいんだよ」

濡れパンストは、きらびやかに光っている。

全体的にテカテカとして、より一層、淫猥に見えるのだ。

「シャワー、おま×こに当てると気持ちいのかな? やったことある?」

「おま×こ洗う時は、シャワーを当てるけど、そんなに意識したことはないかな」

「そうなんだ、じゃあ、とりあえずカラダを洗おうか。俺が背中洗ってあげるよ」

と、拓人はいい、ボディソープを手のひらに出すと、ごしごしと理沙の背中を洗い始める。

「ありがと、お兄ちゃん。私もお兄ちゃんのこと洗ってあげるよ。洗いっこしよ」

「そうだね」

二人は向かい合わせになって立った。

そして、お互いのカラダを洗い合う。この時、拓人のイチモツはかなり大きくなっていた。

「お兄ちゃんのおちん×ん、大きくなってるよ。まだ何もしてないのに」

「だって、理沙がエッチな姿になっているから。興奮するに決まってるじゃないか」

「私の裸を見て、興奮してるんだ。エッチなお兄ちゃんだなぁ」

「そういう理沙だって興奮してるんじゃないの? おま×こ濡れてるんじゃない?」

拓人の指が陰部に向かってくる。

パンスト越しであるが、陰部は微かに湿っていた。

「ほら、少し濡れてるよ」

「だってぇ、ノーパンでパンストはいて、シャワー浴びてるんだもん。興奮しちゃうよぉ」

「理沙も俺のち×ぽいじって……、気持ちよくなりたいんだ」

「うん。わかった」

理沙はいきり立ったペニスを握りしめ、上下にシコシコと動かし始める。

ドクドク、脈打っている怒張は、赤黒く変色し凶器のようにも見えた。

「お兄ちゃんのおち×ぽ。ドクドクしてるね。生き物みたい」

「そうかも、興奮しっぱなしで、早くイキたいんだよ」

「イキたいの?」

「そう。でも、まだ大丈夫だよ、そんなに簡単に射精したら、つまんないからね。理沙はどう? 気持ちいい?」

拓人の指先が、理沙の陰部をくすぐっていく。

理沙は心地いい快感を覚えていたのである。

「うん、気持ちいいよぉ。私ね、さっきイッたばかりなのに、またイキそうになってる」

「何回でもイッていいからね」

「私ばっかりイッてる気がする。だから、我慢するの。私、お兄ちゃんにも気持ちよくなってもらいたいから」

「一緒にイケたらいいね」

「うん」

そこで拓人は理沙の淫裂か手を外すと、キュッと彼女を抱きしめた。

理沙は不意に抱きしめられて、ほんわかとした気持ちに包まれていく。

「むぎゅ……、うぅ、お兄ちゃんに抱きしめられてる」

「抱きしめられるの嫌い?」

「ううん、嫌いじゃないよ、むしろ好きかな……、だって、愛されている感じがするから」

そう、愛されている感じがするのである。

拓人は抱きしめる力を強め、熱い抱擁をかわしていく。

「お兄ちゃん、ちょっと苦しいかな……」

「ゴメン、つい勢いで……、俺も理沙を抱きしめるの好きだよ」

「うん……、お兄ちゃん、これからも一緒だよね?」

「ん、そうだよ、一緒だよ」

「これがずっと続くといいんだけど……。私たち兄妹だから、結婚とかはできないよね」

「それはそうかもしれないけど、結婚だけがすべてじゃないよ」

と、拓人は告げる。

それを聞いた理沙は、不安になっていた想いを聞いてみる。

「ねぇ、お兄ちゃん、聞いてもいい?」

「うん、何?」

「お兄ちゃんは学校で好きな人とかいないの? 例えば可愛い子がいるとか……」

「学校に……、好きな人なんていないよ。まぁ、可愛い子とかいるけど、ほとんど関わりがないかな」

「ふ、ふ~ん、お兄ちゃんモテそうなのに……」

「そんなことないよ、全然モテない。だから理沙とエッチするまで童貞だったし、キスすらしたことなかったんだから。そう言う理沙はどうなの? クラスの男子に告白されたりしないの?」

「告白なんてないよ、私も学校じゃ結構一人でいる時が多いし。それにね、私はお兄ちゃん以外の男子なんてどうでもいいの……、お兄ちゃんがすべてなの……」

「理沙……」

あらためて妹の気持ちを知り、拓人は嬉しくなった。

家族とは言え、愛されているとわかると、感動するものである。

「ねぇ、理沙、おま×こなめたい……、なめさせて」

「うん、いいけど……。でも、ここお風呂だし」

「バスタブのふちに座って。そして足を広げるんだ」

「わかった。こう?」

理沙はバスタブのふちに座り込むと、足をくッと左右に広げた。

そして、ヌラヌラと光る淫裂に舌を伸ばしていくのであった。

「んちゅ、じゅる……じゅるる……、じゅん、ちゅぱん」

理沙のおま×こは、わずかに塩気が感じられ、エッチな香りがした。

ボディソープの香りと、性臭が入り混じり、高貴な香りへと変化している。

「理沙のおま×こ、ホントにいい匂いだよ、洗ってないおま×こも素敵だけど、洗ったおま×こも新鮮な感じがして好きかな」

「やぁ、匂いかいじゃダメなのぉ、恥ずかしすぎるぅ……」

「全然臭くないから安心しなよ、じゅる、じゅぱん……」

チュパチュパと淫猥な音を鳴り響かせながら、拓人は性器をなめていく。

パンストに包まれた、淫裂はしとどに濡れ始めて、あっという間にヌルヌルになっていった。

「お兄ちゃん、おま×こ気持ちいい……、もっとなめてぇ」

「んじゅ……、じゅる……、んん、もっとなめてあげるからね」

舌先をレロっと伸ばし、アイスをなめるような形で、淫裂を刺激していく。

なめられるほどに気持ちよくなり、理沙は身も心も満足していくのであった。

「クリトリスもいじってあげるよ。こんなのはどう?」

拓人は、陰核を舌でツンツンと押すように刺激していく。

すると、理沙のカラダがビクッと跳ねた。

「きゃぁ! そ、それ、ダメ……、気持ちよすぎる……」

「理沙はクリが弱いみたいだね。すごい敏感に反応する」

「だってぇ、そこは敏感な部分だから、あんまりいじっちゃダメなのぉ」

「どうして? いじらないと気持ちよくなれないよ。それでもいいの?」

「気持ちよくなりたい……、で、でもぉ、あんまりクリクリされると、おかしくなっちゃうよぉ」

「おかしくなってもイイよ。俺がちゃんと見届けてあげるから」

拓人はレロレロと舌を高速で動かし、理沙の陰核を責め続ける。

途端、理沙はアクメを覚えて、ブルブルと痙攣したように震えていった。

「理沙、イッたの?」

「わかんない……、でも、気持ちよすぎて意識が飛びそうになっちゃった」

理沙の陰部から、子宮頸管粘液がドプっと溢れ出した。

拓人はそれを確認すると、今度は理沙をしゃがませた。

「ねぇ、理沙、今度は俺のち×ぽをなめてくれる? 気持ちよくなりたいんだ」

「うん、いいよぉ……、なめてあげるぅ」

嬉々として理沙は拓人のイチモツしゃぶり始めた。

「じゅぼ、じゅるん、じゅぼぼ……。お兄ちゃん、気持ちいい?」

拓人は心地よさに心を奪われながら、恍惚とした表情を浮かべる。

理沙のフェラチオは、そこまで巧というわけではないが、愛がこもっており気分がよくなるのだ。

「理沙、うぉぉ、気持ちいいよ……、ち×ぽが破裂しそうだ……、んんん……」

途端、激しい射精感を覚える拓人。

下半身に力を入れて、必死にそれを抑え込もうとする。

(お兄ちゃんのちん×ん、ビクビクしてる……、きっと気持ちいいんだぁ)

と、理沙は感じていた。

やはり、愛しの兄が悦んでくれるのは嬉しい。

「んじゅる……、じゅぼ……、じゅぼぼ……、じゅぼん……」

「あぁ、理沙、すごいよ……、ち×ぽが気持ちよくて……、ああ……、変になりそうだ……、妹におち×ぽ舐められて、俺、すごく興奮してるんだよ……」

「お兄ちゃん、じゅぼ……、気持ちよくなってぇ……、じゅるん……じゅるる……」

立ち昇る吐精感は、次第に耐えがたくなる。

しとどに気持ちよくなり、耐えるのがしんどくなるのだ。

「理沙、俺、そろそろイキそう……、イキたいよ……」

「んんん……、イッて、イッてイイからぁ……、じゅるん、じゅぼぼ……」

理沙の小さな口をフルに使って、拓人のペニスをしゃぶり続けていく。

拓人自身、耐えるのが難しくなった。

「ダメだ……、理沙……、もう、精子出る……」

理沙の口の中で、ペニスが収縮を開始する。

どうやら、イク兆候があらわれたようである。理沙もその感覚を覚えていた。

「うおぉぉぉーイク! ダメだ!! 理沙出ちゃう……。精子出るぅ……」

次の瞬間、拓人は牡の欲望を放出させる。

ビュルビュルドピュと、勢いよく子種が理沙の口腔内に流れ込む。

(あぁん、お兄ちゃんの精子……、すごい熱い……。それにねっとりとしてる)

「うわぁ……、精子がどんどん出てくる。止まらないよ」

「んじゅ……じゅるん、んん……ごっくん」

理沙は迷わず拓人のスペルマを飲み下した。

のどの奥を、ねっとりと絡みつく精子が流れ込んでいく。

「理沙、精子飲んでくれたんだね」

「うん。そっちの方が嬉しいと思って」

「ありがとう、感動したよ……、でも、まだ足りないんだ。エッチもしたい……」

「私もお兄ちゃんとエッチしたい……。だからしよ……」

「そうしよう、じゃあ、部屋に移動しようか。そこでたっぷり楽しもう……」

二人は浴室を出て、理沙の部屋に向かったのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました