連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第11回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第11回

理沙の部屋で、拓人と理沙はベッドの上で向かい合う。

「お兄ちゃん、好き……、大好き」

「俺も……」

二人はヒシっと熱い抱擁をかわす。

そして、そのままねっとりとした口づけをした。

「んちゅ、にちゅ……」

(やっぱり、お兄ちゃんとキスするの嬉しい……、たまんないよ)

と、理沙は感じていた。

拓人の腕にも力が入り、理沙をギュッと抱きしめながら、とろけるようなキスを展開していく。

「理沙、挿れたい……。ち×ぽ挿れたいよ」

「うん。いいよ。私のおま×こで気持ちよくなって」

「ありがとう、じゃあ挿れるからね」

と、拓人はいい、ゆっくりと理沙を押し倒していく。

理沙を仰向けにして、拓人は彼女の足を左右に広げていった。

「いくよ。理沙」

「うん。きてぇ」

パンストのクロッチ部分を、少しだけ破き、挿入のための穴を開ける。

「やっぱり、パンストははいたままがいいよね。シャワー入って濡れてるけど、大丈夫?」

「大丈夫、ちょっと冷たいけど、すぐ慣れると思う」

「それはよかったよ。ちょっと濡れているパンストも、テカテカと光っていてセクシーだと思う」

「お兄ちゃんはホントにパンストが好きなんだね……、まぁいいけど……」

「これでよし、それじゃいくからね」

拓人はそう言うと、淫裂にペニスを押し当て、挿れこんでいく。

ずぶずぶずぶ……。

「あぁ、入ってきたぁ、お兄ちゃんのおちん×ん……、んんぁ、大きいよ」

「理沙のおま×こ、ホントにトロトロだよ。すごい感覚だ……」

「お兄ちゃんのおちん×んがぁ、私の中にぃ……、嬉しい……、つながってるんだね」

「そうだよ。俺たちはつながってるんだ。少しずつ動いていくからね」

「うん。激しくしてもいいからね。もうエッチにも慣れたから、激しくても大丈夫だと思う」

「理沙は激しいのが好きなの?」

「う~ん、どうなんだろう? よくわかんないけど、おちん×んで素早くおま×こをシコシコされると、気持ちいいかな……」

「そうなんだ……、なら、速く動いてあげるよ」

拓人は、抽送のリズムを一段階引き上げた。

ふと、結合部分を見ると、淫猥な白い糸が、つつーと伸びているのがわかった。

「理沙のおま×こ、エッチなおしっこがたくさん出てるよ」

「やぁ、そんなこと言っちゃダメなのぉ……、だってぇ、感じるんだもん」

「理沙はホントに可愛いな……、イタズラしたくなっちゃうよ……」

「イタズラしてもいいんだよ。私、お兄ちゃんが相手なら、なんだってできるんだから」

兄に愛されているような感じがして、理沙は心の底から嬉しくなった。

大きな怒張で、陰部をかき回されると、心地いい刺激が襲ってくるのである。

「理沙……、あぁ、すごい……、気持ちいいよ……、ち×ぽがおま×この壁を擦って、最高だ……。前のセックスもよかったけど、今回もいい感じだよ……。理沙はどう?」

「私も……、私も気持ちいいのぉ……。んんあぁ……あぁん……」

ずんずんとペニスを奥深くまで挿入し、膣ヒダのねっとりとして感触を味わっていく。

まだ、挿れてから間もないというのに、拓人はすでに射精感を覚え始めていた。

「お兄ちゃん、奥がイイ! 奥が気持ちいいの……」

「奥がイイの? こんな感じ?」

拓人は、二回浅く突き、三度目でググっと奥深くまでペニスを挿れこんでいった。

いきり立った剛直が、理沙の胎内で暴れていく。

「うん、それイイ……、そこがいいの……、すっごく気持ちいい……、おかしくなっちゃいそう」

「おかしくなっていいよ。俺もだ……、俺も変になってしまいそうだよ……」

拓人はココで、少し体位を変えてみた。

理沙の足を大きく持ち上げると、まんぐり返しに近い体勢させて、上から下に突き刺すように抽送を繰り出していった。

「き、きゃあ……、何するのお兄ちゃん。こんな格好恥ずかしすぎるよぉ……」

「でも、気持ちいいでしょ? 理沙は恥ずかしい体勢の方が感じるんじゃない? おま×こがキュッと締まったよ」

「はぁん……、気持ちいけど、こんな体勢……、すごく恥ずかしいのぉ……」

「そうだ、こんなのはどう?」

と、拓人は言うと、そばに置いてあったローターを取り出し、スイッチを入れて陰核に押し当てていった。

「あぁん……、そ、そんな……、クリはダメだよ。敏感だからぁ……」

「ローターをクリに当てたら、おま×この締まりが強くなったよ、感じてるんだね」

「はぁん……、んんぁ、クリが……、ローターで刺激されて、んんん……、もうダメ……、耐えられない……」

理沙の陰部から、ドプっと子宮頸管粘液があふれ出す。

グチョヌレになった淫裂から、お尻の方に向かって淫蜜が流れ出していった。

「理沙のおま×こ、ホントにヌレヌレだよ。エッチなおしっこがたくさん出てきた」

「だってぇ、感じすぎちゃって、出ちゃうのぉ……、エッチなおっしこがいっぱい出ちゃうぅ……」

「ねぇ理沙、今度は後ろから挿れてみたいんだけど……」

「後ろから? イイよ、好きにしてぇ」

「じゃあ、一旦ち×ぽ抜くから、四つん這いなってくれる」

「うん、わかったぁ……」

拓人は一旦ペニスを引き抜いた。彼の怒張は、淫蜜やカウパー汁が入り混じり、テカテカと光り輝いていた。

「四つん這いになった理沙、すごく魅力的だよ。お尻の穴まで丸見えだ」

「ダメェ……、そんなとこ見ないで……、恥ずかしすぎるぅ」

「理沙はおま×こに毛が生えていないし、お尻の穴もすごくキレイだね。なんていうか、ホント卑猥だよ」

「イヤイヤぁ……、見ないでぇ、ダメだったらぁ……。お兄ちゃんの変態ぃ」

「変態でもいいよ。そうだ、ローターでお尻を刺激してあげるよ」

「えぇぇ、お尻はいいよぉ、そんな穴、エッチなことに使っちゃダメェ」

「お尻はエッチなことにも使えるんだよ。ほら、アナルセックスとか言うでしょ」

「そ、それは……、そんなの知らないもん……、お尻はエッチなことに使っちゃダメなのぉ……」

「もう無理。俺、我慢できない。理沙のお尻もどんな感じなのか試してみたい」

嫌がる理沙を尻目に、拓人はピンクローターを、アヌスに押し当てていった。

ヴヴヴヴと、ローターが稼働していきアヌスに心地いい刺激を与えていく。

「んんんー……、ダメ……、ダメだよ……、こんなの……、お、お尻が……、変になっちゃう……、おほぉ……」

「お尻の穴がヒクヒクしてる……。感じてるの?」

「そんな、感じてるなんて……、そんなはずないのに……」

「ち×ぽをおま×こに挿れられながら、同時にお尻をいじられるのってどんな感じ?」

「うほぉ……、お尻が熱い……、こんなのダメだよぉ……、変態になっちゃう」

「いいじゃん、変態になろうよ。俺は変態になった理沙も好きだよ」

「うううぅ……、お兄ちゃんのいじわるぅ……」

「お尻が嫌なら、いじるの止めるけど、それでもいいの?」

「え? 止めちゃうの……、そ、それは……」

「ホントは止めて欲しくないんでしょ? 気持ちいいはずだよ。だって、お尻をいじったら、おま×こがビクビクと震えてるもん」

「お兄ちゃんがいじりたいなら、やってもいいけど……」

「理沙は強情だなぁ……、お尻が気持ちいいって言ってごらん。そうすればいじってあげるからね」

理沙は恥ずかしさでいっぱいになっていた。

何しろ、出す穴を刺激されて気持ちよくなっているのだ。

「う、うぅ……、気持ちいい……、お尻も気持ちいいのぉ、だから、もっといじってぇ」

「よく言えました。じゃあ、お尻をいじりながら、ち×ぽで奥まで突いてあげるから」

と、拓人はいい、スムーズなペースで抽送を続けていく。

正常位に比べると、若干であるが挿入が深くなり、膣壁を擦り上げていくのであった。

「あぁ……、後ろからされる好きぃ……、無理矢理されてる感じがするのぉ」

「理沙は、無理矢理されるのが好きなの?」

「ちょっと興奮しちゃうかも……、でも、相手がお兄ちゃんだからだよ。だから、少しくらいなら激しくされても感じられるの……」

「それはよかったよ……、俺も激しいのは好きだよ。ホントに交わってる気がするからね。理沙……、俺、そろそろイキそうだけど、中に出してもイイよね?」

「うん、イイよ、中出しセックス好きなのぉ……、ビュルビュルドピュって精子をおま×こに出されると、感じちゃうのぉ……」

「よし、じゃあたくさん中に出すからね……」

「はぅぅ来てぇ……」

理沙も心地いいアクメを覚え、ガクガクとカラダを震わせて言った。

お尻はもちろん気持ちいいが、おま×こも悦楽に包まれている。

「うぉぉぉ……、ダメだ……、精子出る! イクよ! 理沙!!」

と、拓人が大きく叫んだ。

最後の仕上げに一突き一突きを大きくしていき、鋭いストロークを展開していく。

「お兄ちゃん……、私も、ダメ! イッちゃうよぉ……」

理沙も叫んだ。

次の瞬間、拓人の中で牡の欲望が弾けた。

「ビュプ……ビュク……ビュルビュルドピュ……、ドピィピュ……」

白濁色の子種が、理沙のおま×こに注がれていく。

たっぷりと精子を受け止めると、理沙は心地よくなっていった。

「あぁ、私、中出しされてる……、お兄ちゃんに種付けされてるのぉ……、でもダメェ……、すごく気持ちよくて、癖になっちゃう」

「俺も最高だよ……、中出しすると、ホントにセックスしてる感じがするね」

「うん、お兄ちゃん大好きだよぉ……」

二人はベッドの上に崩れ落ちると、激しくキスをしながら、セックスの余韻に浸っていった。

そして、理沙が言う。

「お兄ちゃん、今日はまだまだ終わらないよ。私、これじゃ満足できない……」

「わかってるよ。俺もまだできるから。今日はとことんやろう」

こうして、二人のセックスはエンドレスに続いていくのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました