連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第12回 

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第12回 

理沙の誕生日が近い。

拓人は、理沙に対して何かしてやりたかった。

「理沙、もうすぐ誕生日だけど、何か欲しいものある?」

理沙の自室で、二人は向かい合わせになって座っていた。

「う~ん。なんでもいいの?」

「そんなに高いものは買えないけど、できる限り叶えてあげるよ」

「じゃあ、私、お兄ちゃんとデートしたい」

「デート?」

「うん。ダメかな?」

「え、いや、別にいいけど……。意外だよ。もっと大きな願いを言われるかと思ったから」

「お兄ちゃんと二人で遊びに行くってあんまりないから。行ってみたいな……」

「そうだね。じゃあ、デートしよう」

理沙の誕生日は、今週の土曜日である。

今木曜日だから、明後日であった。

「じゃあ土曜日デートしよう。何時ごろ出発しようか?」

「あのね、実はね、待ち合わせもしてみたいの」

「待ち合わせ?」

「そう。兄妹としてデートするんじゃなくて、その、あの、つまり、男女の関係でデートしたいなって思って……。それでね、待ち合わせとかすれば、結構盛り上がるし……」

「理沙がしたいなら、俺は別に構わないけど、じゃあ、どこで待ち合わせする?」

「う~ん。駅がイイかな」

「じゃあ、駅前のロータリーで待ち合わせしよう。時間はどうしようか? お昼とかも一緒に食べたいよね? なら、十一時くらいにする?」

「わかった。じゃあ、十一時にしよ。それで決まり……」

こうして、二人はデートすることになった。

土曜日――。

(今日は、お兄ちゃんデート……。楽しみぃ)

理沙は自室でお化粧をしていた。

今日は気合を入れてメイクをする。なぜなら、兄とのデートなのだから。

(デートプランはお兄ちゃんが考えてくれるみたいだし……。どこに行くんだろう?)

そんな風に考えながら、理沙は支度を進めるのであった。

十一時十分前。駅前のロータリー――。

(ちょっと早く着ちゃったかな……)

先に待ち合わせ場所に着いたのは拓人であった。

いつもは制服だが、今日は私服である。ジャケットにデニムというよそ行きの服装だ。

(理沙、楽しんでくれるといいけど……)

今回のデートプランは拓人が考えている。

理沙を悦ばすために、いろいろと考えてきたのである。

(大丈夫……、きっと理沙と一緒なら、楽しめるよ……)

待ち合わせ時間になり、理沙がやってきた。

シフォン生地の白のワンピースに、デニムのジャケットを羽織っている。

「ゴメン、お兄ちゃん待った?」

「待ってないよ。今着たとこ」

「うわぁ、なんか、定番のシチュエーションって感じ……、ホントにデートするんだよね? 夢じゃないよね??」

「大丈夫だよ。これは現実だよ。さて、行こうか?」

「まずはどこに行くの?」

「お昼まで時間があるから、ちょっとカフェにね。少し話をして、その後、食事って流れかな。午後からはまた行くところがあるから」

「うん、わかった。じゃあカフェに行こ」

「そうしよう」

二人は歩き出した。

しかし、理沙の様子がおかしい。何やらもじもじしているのである。

「理沙、どうかした?」

「あ、あの……、手、つなぎたい。ダメかな? 変かな??」

「いや、いいけど、兄妹だとちょっと恥ずかしいよね」

「今日は兄妹じゃないの、恋人同士なの……、だから手をつなぐのは普通だと思う」

「なら、手をつなごう。ほら」

そう言い、拓人は自分の手を差し出し、理沙の手をギュッと握りしめた。

(お兄ちゃんの手、温かい)

「これでいい?」

「うん。あと、今日は私、お兄ちゃんのこと拓人って呼ぶからね」

「いいよ。恋人って設定だもんね」

「そ、その、拓人……、どこのカフェに行くの?」

「うん。ここから近いんだけど、純喫茶みたいなオシャレなカフェがあるんだ。そこに行くつもり」

二人は駅からほど近い、こじゃれた純喫茶に向かった。

そのお店は、どこか昭和レトロな雰囲気があり、クラシックがかかっていて居心地がよさそうである。

「素敵なお店だね」

「そうだね。前から来てみたいと思ってたんだ」

「ふ~ん」

二人はテーブル席に座り、コーヒーを注文する。

ほのかに酸味の効いたキリマンジャロのコーヒーであった。

「拓人、お昼はどこで食べるの?」

「フフフ……。ハンバーグレストラン。理沙、ハンバーグ好きでしょ?」

「うん。好き! そっかぁ、ハンバーグかぁ……。高いレストランだったらどうしようかと思った」

「そういうところもいいけど、俺たちはまだ高校生だし、身分相応の場所がいいと思って。でもね、結構いい感じのお店だよ。ネットで調べみて、評価もよかったし」

「そうなんだ。楽しみだなぁ……」

二人はコーヒーを飲み、その後ハンバーグレストランに向かった――。

「美味しいハンバーグだね。拓人」

「うん。人気があるみたいだし、お店も混んできたね」

少し早めにハンバーグレストランに入ったため、すんなりと座れたが、十二時を過ぎると混み始めてきた。

「拓人、午後からどこに行くの?」

「ちょっと散歩して、お腹が落ち着いたらプールに行こうと思って」

「え? プール? 水着持ってないよ」

「大丈夫。俺がプレゼントしてあげるから」

拓人はそう言うと、カバンの中から何やら紙袋を取り出した。

そこには、事前に買っておいた理沙のための水着が入っている。

「理沙ならきっと似合うよ」

「中身見ていい?」

「うん、いいよ」

拓人が用意した水着は白のビキニで、フリルが多用されたファンシーなデザインであった。

「私、ビキニなんて着れるかなぁ……」

「大丈夫だよ。理沙はスタイルがイイから、似合うって……」

「ううむぅ……、だといいけど……。でもありがと。嬉しいよ」

理沙は笑顔になる。その笑顔を見て、拓人ともホッと胸をなでおろすのであった。

食事を終え、軽く散歩した後、お腹も落ち着いたので二人はプールに向かった。

(拓人とプール……。どうなっちゃうんだろう……)

徐々に興奮してくる理沙。

プールは土曜日ということもあり、それなりに混雑していた。

二人はまず、室内にある流れるプールに入って、仲良く水の流れに乗り漂っていた。

「理沙、その水着よく似合ってる」

「恥ずかしいからあんまり見ちゃダメだよ」

「どうして? 凄く似合ってるのに」

拓人はそう言うと、理沙の後ろに回り、軽くお尻を触った。

「きゃぁ、拓人、何するの?」

「俺、理沙のビキニ姿みたら興奮しちゃって。ちょっとイタズラしたい」

「だ、ダメだよ。こんなとこ人に見られたら……」

確かに人は多い。しかし。水の中に入っていれば、お尻を触って周りから見えない。

「大丈夫。俺に任せて」

と、拓人は理沙の水着の中に手を突っ込み、淫裂をなぞりはじめる。

あまりに大胆な行動に、理沙は驚くが、いけないことをしているみたいで、徐々に興奮してくるのであった。

「理沙、おま×こ濡れてる」

「だってぇ、拓人が触るから」

「俺のち×ぽもすごいことになってるよ」

そう言い、拓人は理沙のお尻に、いきり立った肉棒を押し当てた。

水着を着ているものの、その大きさははっきりとわかる。

(お兄ちゃんのおち×ぽ、大きくなってる。こんな人が見てるかもしれないのに)

「理沙、可愛いよ……、ホントに……」

「拓人、やっぱりマズいよ、こんなの……、ダメだって」

「安心しなよ、大丈夫だから」

拓人は、理沙のおま×こをいじり続けて、そして、彼女をイカせてしまった。

(あぁん、声が出せないけど、気持ちいい……)

「理沙、おま×こヒクヒクしてるよ? イッたの?」

「うん、イッちゃったみたい……、こんなプールの中で……」

「それはよかったよ」

「拓人こそ、おちん×ん大丈夫なの? 大きいままで」

「俺も我慢できないかな。ねぇ、このまま挿れてもいい?」

「え、えぇぇぇぇー、そ、そんなのダメだよ」

「大丈夫だから。俺に任せて……」

拓人の欲望はとどまることを知らない。

拓人と理沙の二人は、プールの中で結ばれようとしているのであった――。

〈続く〉


Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました