連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第16回

連載官能小説

連載官能小説『好き好き大好きお兄ちゃん愛してる』第16回

(拓人のおち×ぽ、すごい大きくなってる……)

暗くてよく見えなかったが、それでもペニスがいきり立っているのはわかる。

拓人は理沙を仰向けに寝かせると、そのまま足を開いていった。

「理沙、挿れるよ」

「うん、きてぇ……」

拓人はペニスを淫裂に押し当て、ゆっくりと貫いていく。

ずぶずぶずぶ……。

「うぅん……、は、入ってきたぁ……」

「入ってる。ち×ぽ、理沙のおま×この中に入ってるよ……」

「きゃぁ、イッたばかりだから、おま×こが敏感になってる……、んん……んぁ……」

挿入した瞬間、理沙のカラダがビクッと跳ねた。

イッたばかりなので、些細な刺激で過敏に反応してしまうようである。

「理沙、俺、すごく気持ちいい……、ち×ぽがとろけそう」

「私も気持ちいいよ……、拓人、もっと動いて……」

「わかった、少しずつ動いていくからね」

拓人は一定のリズムで抽送を続けていたが、緩やかなペースを上げていった。

ペニス全体が心地よくなっていき、自然と顔も穏やかになる。

「んぅ……、んっ……、ぁあん……、んん……、気持ちいい……、拓人、おま×こがおかしくなっちゃう」

「おま×こがビクビク締まってるよ。ち×ぽにからみついてくる。それに、エッチなおっしこでヌレヌレになってるんだ」

「だってぇ。こんな風に突かれたら、誰だって気持ちよくなっちゃうよぉ……」

「ヌルヌルで、温かくて……、ホントに最高だ……、理沙のおま×こ……、すごいイイ感じだよ」

ずんずんと勢いよく怒張を突き立てると、膣ヒダをペニスが擦り上げていき、圧倒的な快感を発生させるのであった。

「拓人……、奥……、奥がいいのぉ。奥をもっと突いてぇ」

「奥がいいんだね。わかった、たくさん突いてあげるよ」

拓人は挿入を深くし、めりゅっと音を上げながら奥の方を突き上げていく。

二回浅く突き、三度目で一気に深めに突いていく。リズミカルにピストンを生み出すと、より一層気持ちよくなっていくのであった。

「理沙は激しいのも好きなんだよね?」

「はぅ……、は、激しいの……? うん、好きぃ……、激しくされるのが大好きだよ……」「なら、激しくしてあげるよ」

「きゃあ……、でも優しくしてね……、痛いのはイヤだからね」

「大丈夫、痛くしないから。それに気持ちよくなると思う……」

拓人はここで姿勢を前傾にさせた。

そして、理沙に覆いかぶさるような体勢になり、ずんずんとペニスを突き立てていくのだ。

「んぐ……、んんぁ……、激しい……、拓人、激しいよ」

「どう? 激しいのがいいんでしょ? 何か、犯してるって感じがするよ」

「はぅ……、私、拓人に犯されてるのぉ……、あぁん……、興奮しちゃう……」

激しくされると、どことなく無理矢理されている感じがする。

その感覚が、新しい悦楽を生み出し、理沙を心地よくしていくのであった。

「拓人……、き、キス……、キスして、お願い……」

「キスして欲しいの? わかった。してあげる」

拓人は理沙に抱き付くと、顔を近づけていき、そのまま唇を奪った。

「んちゅ……ちゅ、ぬちちゅ……、にちゅん」

(あぁ、キスされながら、エッチするの最高。愛されてるような気がする……。すごくイイ感じ……)

と、理沙は感じていた。

続けて、拓人は自らの舌を理沙の口腔内に入れて絡めていく。

「んちゅ……、あぁん……、ちゅちゅん……、くちゅぱ……」

激しい淫音が鳴り響く。

甘くとろけるようなキスをされ、理沙は身も心も満足していった。

「んんじゅ……、ちゅぱ……、ちゅぱん……、拓人ぉ……、拓人ぉ、キスされるの、気持ちいい……、ベロチューされるの最高だよぉ」

「んちゅ……、俺も、ちゅぱ……ちゅぱん……、理沙とキスするの好きだよ……、頭がフワフワとしてとろけそうになるよ」

「そうなの……、何も考えられない……。あぁん……」

「次はおっぱいいじってあげるよ」

拓人は理沙の着ていたデニムジャケットを脱がすと、ワンピースの上から胸を触わる。

ブラの感じが意外と硬く、触り心地は悪い。

「理沙、ワンピース脱げる?」

「え? ここで脱ぐの? 外なのに??」

「大丈夫。いざとなったら俺が守ってやるから……」

「拓人ぉ……、恥ずかしいけど、いいよ」

理沙は起き上がると、一旦ペニスを抜き、そのままワンピースを脱いだ。

まさか、公園という外の環境で全裸になるとは思わなかった。しかし――、

(なんか興奮する……、外で裸になってるのに……、どうしてか興奮しちゃうの……。んんぁたまんないよぉ)

外で全裸になると、どういうわけか解放感に包まれた。

何だか癖になる感覚だと、理沙は感じていた。

「理沙のおっぱい触ってあげるから……」

拓人はそう言うと、乳首を指でこねくり始めた。

「んん……、乳首ダメェ……」

「どうして? 理沙、乳首も好きでしょ……??」

「だってぇ、敏感だから、感じすぎちゃうの」

「いいじゃん。もっと感じてよ。それに乳首をいじったら、プクっと立ってきたよ」

乳首をこねくり回され、花の蕾のように硬くなっている。

同時に、敏感に反応して、興奮してしまうのであった。

「胸をいじってると、おま×この締まりもよくなるね。うん、イイ感じだ……」

「んんぐ……、ぁあぁん……、ダメ……、感じすぎちゃう……、乳首、気持ちいいのぉ……」

「おっぱいなめてあげるね」

「えぇぇ、なめるの……そんなのダメだよぉ……」

「無理だよ、だって、こんなにエッチなんだもん。もう俺、我慢できない……」

と、拓人は告げると、顔を乳房に近づけ、舌先でなぞるように触れ始めた。

ビクビクッとした淡い感覚が、理沙のカラダ中に広がっていく。

「ちゅっぱ……、ちゅちゅ……、ちゅぱん……。理沙のおっぱい、美味しいよ……」

「いやぁ、そんな風になめちゃダメなのぉ……、んんぁ……、刺激が強すぎるよぉ……」

「もっと興奮して……、俺もたくさん気持ちよくしてあげるから」

「拓人……、拓人ぉの舌がぁ……、おっぱいに当たって……、んんぁ……、ビクビクしちゃうよぉ……」

拓人は乳房をもみしだきながら、抽送を続けていく。

正常位はベーシックな体位だが、少しだけマンネリ化している気がした。

「理沙、今日は騎乗位にチャレンジしてみない?」

「え? 騎乗位??」

「そう。理沙が上になるんだ……。やってみようよ」

「まぁ、いいけど、んん……」

一転して、拓人が下になり、理沙が上になった。

そして、理沙は腰をフリフリといやらしく振りながら、快感をむさぼり始める。

「んん……、奥まで当たるぅ。すごく挿入が深いよ、拓人ぉ……」

「うん、騎乗位だから、ち×ぽが奥まで当たるんだ……、気持ちいいでしょ? 理沙??」

「はぐぅ……、き、気持ちいいけど、こんなとこ人に見られたら……」

「大丈夫だよ……、誰も来ないって……」

「ハァん……、ハァハァ……。おま×こ気持ちいい……、子宮の入り口をコンコンされる感じで、すっごく気持ちいいのぉ……」

挿入が深くなり、ペニスが膣道をスリスリと擦り上げていく。

鋭い刺激が襲ってきて、拓人も理沙は二人して絶頂を迎えつつあった。

「理沙、こっちに来て……、俺に抱きついて」

「うん。わかった。こう??」

「そんな感じ」

二人は密着騎乗位の形になり、深く愛し合った。

結合部分から、淫蜜がふき出し、ヌルヌルとした糸を引いている。

「拓人……、気持ちいい……、おち×ぽ、奥まで当たるよぉ……」

「うん、俺も気持ちいい……、精子出そうだよ」

「拓人、イキそうなの?」

「そう、そろそろ限界、イッてもイイかな?」

「私もイキたい、拓人、一緒にイコ!」

「わかった。じゃあ一緒にイコう。よし、理沙もっと腰を動かして……、俺も下から突き上げるから」

「はぅん……、わかったぁ……腰をたくさん動かすねぇ……」

理沙はしゃがみ込むような体勢になると、ズボズボと腰を上下に動かし、ペニスを咥えこんでいった。

「理沙、いい感じだよ……、すごく気持ちいい……、ち×ぽがとろけそうだよ」

「きゃぁ……、あぁん……んんん……、もう、もうダメかも……、おま×こ気持ちよすぎて……、おかしくなっちゃう……」

「理沙ぁ……、アァ……出る……、精子出るよ……、中に出してもイイよね?」

「イイよ、中に出して……、中で拓人を感じたいの……、それにね、中出しセックス気持ちいいから、たっぷり味わいたいのぉ……」

「よし、それじゃ、中にたくさん出すから」

ペニスがキュッと収縮を始める。

どうやら、イク兆候があらわれたようである。

「うぉぉぉ……、ダメだ! 出る……、イクよ!! 理沙!!」

「うん、来てぇ……、拓人ぉ……、私もイッちゃいそうだからぁ」

拓人は最後の突きの一撃を繰り出した。

すると、圧倒的なオルガスムスが襲ってきて、途端、牡の欲望が弾ける。

「うぉ……、出てる……、精子が止まらないよ」

「きゃぁ……、んん……、拓人の精液が、私の中に……、んんぁ……、私、今日、何度も種付けされてるぅ……」

「理沙のおま×この中、ホントに気持ちいい……、精子がどんどん出てくる……」

「最後の一滴まで搾り取ってあげるからね、んん……」

理沙は淫裂をキュッと締めると、拓人の精液を搾り取っていく。

長すぎる射精を終えると、拓人は理沙に抱きつき、甘い口づけをかわした。

「理沙、すごくよかった。最高に気持ちよかったよ……」

「私も、私もよかったよぉ……、最高に誕生日になったかな……」

「そう言ってくれると、俺も嬉しいかな……。今日はありがとね」

「うん。拓人、大好きだから……」

二人は固く抱き合い、中出しエッチの余韻に浸るのであった――。

〈続く〉



Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました